「ビジネスワイヤ」とは?

関連ニュース

RSAカンファレンス2019 APJ:官民の専門家の洞察に光を当て、サイバーセキュリティーの標準を引き上げるために地域での協力体制の強化を呼び掛け - 07月22日(月)18:41 

シンガポール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 情報セキュリティーに関する世界有数のカンファレンスおよび展示会であるRSAカンファレンスは本日、シンガポールにおける第7回地域イベントが閉幕したと発表しました。今年はより一層国際色豊かな顔ぶれが揃ったほか、地域の公共部門からの参加が増え、本イベントの意義が高まりました。 3日間にわたるカンファレンスでは、専門家による基調講演とトラックセッション、学習ラボ、セミナーなどのプログラムが実施され、データ・ガバナンスとプライバシー、基幹国家インフラ、人工知能、ブロックチェーンなど、地域のセキュリティー環境に影響を与えているテーマが重点的に取り上げられました。 RSAカンファレンスのシニアディレクター兼ゼネラルマネジャーのリンダ・グレイ・マーティンは、次のように述べています。「アジアは一貫して、世界のサイバーセキュリティーで重要な役割を果たしており、今年のRSAカンファレンスAPJは、当地域のダイナミックなエコシステムに光を当て、革新の最先端を歩み続けている様子を紹介しました。著名な来賓の方々、パートナー、来場者は今年
カテゴリー:

 インドネシアの不動産王のPo Sun Kokがインドネシアの2019年トップ不動産リーダー賞を受賞 - 07月22日(月)14:21 

ジャカルタ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- インドネシアの不動産王のPo Sun Kokが2019年インドネシア不動産賞(PIA)でインドネシア・トップ不動産リーダーの栄誉を得ました。この賞は、不動産業界で成功したビジネスリーダーを顕彰することを目的としています。このイベントは、「不動産エクセレンスのベンチマーク」をテーマとして2019年7月10日(水)にインター・コンチネンタル・ジャカルタ・ポンドック・インダのボールルームで開催されました。イベントは、Akbar Tanjung氏のオープニング・スピーチで始まり、続いてさまざまなカテゴリーのトロフィーが授与されました。 Po Sun Kokは、自らのグループの今年の優れた業績を評価してこの賞が与えられたことに深い感謝の意を表しました。トロフィーは、その業績とポラックス・グループ・インターナショナルが評価されたことの証しです。ポラックスは、顧客の信頼を獲得し、不動産事業の革新を継続してきました。 「このトロフィーは、ポラックス・グループ・インターナショナルの成果であるだけでなく、これからの約束でもあります
カテゴリー:

クアナジーと奇瑞が自律走行車とスマートシティーの新時代を推進するために提携関係を確立 - 07月19日(金)17:21 

米カリフォルニア州サニーベール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- LiDAR(光検出・測距)センサーとスマートセンシングソリューションを提供する一流企業のクアナジー・システムズは、中国最大の自動車メーカーの一角を占める奇瑞汽車(Chery Automobile)と提携したと発表しました。 2019年6月20日、奇瑞は新ブランド「奇瑞雄獅」(チェリーライオン、Chery Lion)のロゴを公表し、エコシステムにおける技術的課題を解決するために選定パートナーと協力する戦略計画について発表しました。クアナジーはLiDARパートナーとして奇瑞雄獅のスマートパートナープログラムに署名しました。これは中国で自律走行とスマートシティーを推進するための活動に取り組むためのものです。 奇瑞のインテリジェントビークル事業グループで副総経理を務める黄勇博士(Dr. Yong Huang)は、次のように述べています。「自律走行車産業が成熟するにつれ、信頼できるソリューションによって運輸ネットワークを支えるエコシステムを構築することが必須となります。私たちは奇瑞が進める自律走行車と
カテゴリー:

Graforce:排せつ物は未来のエネルギー源 - 07月19日(金)09:01 

ベルリン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 日本でのG20サミットにて、水素協議会は2050年までに水素が世界の総エネルギー需要の18%をまかない得ると予測しました。水素をプラズマ分解から得れば、潜在力はさらに高まります。ドイツ企業のGraforceはこの独自技術を開発しました。これはグリーン水素を動物やヒトの排せつ物や再生可能エネルギーから、CO2を排出することなく、低コスト・高効率で生産できるものです。 今日、農業は気候に悪影響を及ぼす因子として最悪と見なされています。それはCO2排出量が莫大で、高い硝酸塩濃度の液体肥料が土壌と地下水を相当に汚染するからです。Graforceは汚染物質を価値のあるエネルギー源に変える技術を開発したところです。従来の手法とは異なり、プラズマ分解は肥料やその他のヒト・動物由来バイオマスに含まれる窒素化合物と炭素化合物(例えばアンモニウム)を利用して、水素を生産します。これらはプラズマと呼ばれる高周波電界によって個々の原子に分解されます。これらの原子は再結合してグリーン水素と窒素が生成され、純水が「廃棄物」製品として残される
カテゴリー:

GSMAが3800万ポンドの資金提供提携契約を国際開発省と締結 - 07月19日(金)04:42 

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- GSMAは本日、英国の国際開発省(DFID)と3800万ポンドの提携契約を締結したと発表しました。この「包摂、革新、規模拡大のための提携(Partnership for Inclusion, Innovation and Scale)」は、GSMAの「開発のためのモバイル(Mobile for Development)」プログラムに資金を提供します。GSMAは、このプログラムを通じて、デジタル包摂、デジタル・アイデンティティー、エネルギー、水、衛生、モバイルにおけるジェンダー格差の縮小に取り組んでいます。また、新たに2つの注力分野である障害と気候も対象に含めます。 GSMA事務局長のマッツ・グランルッドは、次のように述べています。「この画期的なDFIDとの提携によって、官民の協力がもたらす協働の力と可能性を強化できるほか、デジタル革新を促進し、持続可能なビジネスを実現して、十分なサービスを受けられない人々のために大規模な社会・経済的影響をもたらすという重要な役割を、今後も確実に果たすことができます。このプロジェク
カテゴリー:

シュルンベルジェがオリビエ・ル・プェッシュを最高経営責任者(CEO)に任命 - 07月22日(月)18:01 

パリ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- シュルンベルジェ・リミテッド(NYSE:SLB)は本日、当社取締役会が、2019年8月1日付で、オリビエ・ル・プェッシュをシュルンベルジェの最高経営責任者(CEO)および取締役に任命したと発表しました。ル・プェッシュは、同日付けで最高経営責任者(CEO)を退任するポール・キブスガードの後任となります。同じく8月1日付けで、キブスガードは取締役会長も辞任し、取締役を退任します。キブスガードは、当社での22年にわたる勤務を終えて退職します。その間、8年間最高経営責任者を務め、4年間会長を務めました。同日付けで、現在非独立取締役であるマーク・G・パパが非業務執行取締役会長となります。ペーター・キュリーは引き続き取締役会の筆頭独立取締役を務めます。 ル・プェッシュは当社に32年間勤務し、その間さまざまなグローバル管理職を歴任しました。これには、貯留層&インフラストラクチャー担当エグゼクティブ・バイスプレジデント、キャメロン製品ライン・プレジデント、シュルンベルジェ坑井仕上げプレジデント、エンジニアリング・製造・維持担当バイス
カテゴリー:

ビザがペイワークスを買収 - 07月19日(金)17:21 

サンフランシスコ & ミュンヘン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ビザ(NYSE:V)は本日、次世代の店頭(POS)決済ゲートウェイ・ソフトウエアを提供するミュンヘンのペイワークスを買収したことを発表しました。ビザは、ペイワークスのクラウドベースの店舗内決済処理ソリューションと、当社のサイバーソース・デジタル決済管理プラットフォームを統合し、加盟店とアクワイアラー向けの完全統合された決済承認ソリューションを創出します。この共同サービスにより、アクワイアラーと決済サービス・プロバイダーは、現代的な完全ホワイトラベルのオムニチャネル決済管理プラットフォームを得ることができます。 両社の機能を組み合わせることで、ビザのクライアントは、お客さまが店舗内、アプリ内、オンラインのいずれで支払いを行っても、統一された決済体験を提供することができます。今回の買収は、2018年2月の戦略的パートナーシップとビザのペイワークスへの投資に基づいています。 ビザのデジタル・マーチャント製品担当シニア・バイスプレジデント兼グローバル責任者のカーリー・ジェイクスは、次のように述べて
カテゴリー:

GA-ASIの遠隔操縦航空機プレデターAが25周年 - 07月19日(金)17:21 

サンディエゴ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 遠隔操縦航空機(RPA)システム、レーダー、電子光学および関連ミッション・システムのソリューションを製造する一流企業のジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(GA-ASI)は、当社のプレデターA無人航空機が今月に25周年を迎えると発表しました。プレデターAは1994年7月に初飛行を行い、1995年に運行デビューを果たしました。320機を超えるプレデターAが、世界の安全保障を支援するために世界各地の顧客に納入され、生産ラインは2011年まで同機を製造し続けました。プレデターAは14万1000回近いミッションを遂行し、累計飛行時間は200万時間を上回ります。飛行時間の90パーセント以上は、戦闘ミッションを支援するための飛行です。 GA-ASI最高経営責任者(CEO)のリンデン・ブルーは、次のように述べています。「当社は革新を念頭に置き、業界標準に挑戦する方法を絶えず模索してきました。当社のプレデター・シリーズは、過去25年間にMQ-9とグレイ・イーグル(MQ-1C)へと進化し、これらは世界で最も戦
カテゴリー:

PTW Internationalがゲームおよびテクノロジー業界で持続的成長を遂げ、北アメリカで事業を拡大 - 07月19日(金)08:01 

サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --本日、ゲームとテクノロジー向けのサービス提供で業界をリードするPole to Win International (PTW) は、2019年7月18日付けでモントリオールに新たなオフィスを開設して現行のスタジオを拡大し、世界規模の拠点を拡張させることをお知らせいたします。この新たな拠点の開設は、過去数十年で会社が急速に成長し、指数関数的に規模が拡大していったことから需要が発生したものであり、また、北アメリカにおけるゲームとテクニカルサポート市場の成長に対応することを目的としています。PTWはゲームコンソール開発の各トップ企業のサポートに従事し、昨年だけでも大作バトルロイヤルゲーム2作品に加え、「Game of the Year」を獲得した過去10作品の内7作品に携わっています。 PTWの最高経営責任者(CEO)、Deborah Kirkhamは「ここ数年、私たちは様々な業種の垣根を越えて大きく成長してきました。私たちはゲーム業界から出発しましたが、顧客やビジネス・パートナーの要求に合わせて、新しく革新的な業
カテゴリー:

GRCがそのデータセンター向け液浸冷却技術を日本市場に適合させるべく日本フォームサービスとライセンス契約を締結したと発表 - 07月18日(木)23:41 

東京 & 米テキサス州オスティン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- データセンター向け液浸冷却におけるリーダー企業のGRC(グリーン・レボリューション・クーリング)は本日、東京を拠点とするIT・通信装置のメーカーである日本フォームサービス(NFS)と新たな提携・ライセンス契約を締結したと発表しました。NFSはGRCの知的財産を活用して、GRCの液浸冷却製品を日本市場向けに適合させます。 GRCはデータセンター向け液浸冷却におけるパイオニア企業の1つとして、10年に及ぶ活動において充実した特許ポートフォリオを構築しました。当社は現在、登録特許を12件、これらとは別に出願中特許を9件持っています。GRCのピーター・プーリン最高経営責任者(CEO)は、「私たちは今回のNFSとのライセンス契約によって世界的な拡大を続けられることに感激しています。当社の液浸冷却技術をめぐって膨大な知識、専門力、IPを過去10年間にわたり蓄積してきました。こうしたIPをNFSのような各国の専門企業にライセンスすることで、GRCは日本などの重要市場に対するサービスを向上できるようになり
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ビジネスワイヤ」の画像

もっと見る

「ビジネスワイヤ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる