「ビジネスマン」とは?

関連ニュース

恋人と手をつなぎ・マスクなし・大声で騒ぐ集団…歌舞伎町「若者だけ戻ってきた」 - 06月04日(木)10:28  newsplus

 新型コロナウイルスの感染が再び拡大する恐れがあるとして、東京都独自の警戒宣言「東京アラート」が2日夜、初めて発動された。都が特に新規感染者が多いとして注意を促すのが「新宿周辺の繁華街」。 その代表格・歌舞伎町では3日夜、新宿区によるパトロールが行われ、営業を再開したばかりの飲食店では不安の声が聞かれた。  この日の歌舞伎町は、マスクを着けずに歩く若者や大声で騒ぐグループなどでごった返していた。恋人と手をつなで歩いていた、さいたま市のアルバイト女性(21)は「コロナウイルスは心配。でも新宿は ...
»続きを読む
カテゴリー:

9月入学は「世界標準」の大ウソ。独も豪も「9月以外」の現実 - 06月04日(木)05:00 

新型コロナウイルスの影響により予想外に長引いた休校を受け、導入が検討された「9月入学」。導入賛成派の多くがその根拠として、「9月入学はグローバルスタンダード」という面を強調していましたが、果たしてその論に疑いを差し挟む余地はないのでしょうか。今回の『きっこのメルマガ』では著者で人気ブロガーのきっこさんが、世界各国の入学時期のデータを提示し「9月入学=グローバルスタンダード」という嘘を暴くとともに、日本人の言うところの「グローバルスタンダード」は単なる「米国標準」であって「世界標準」ではないという歪んだ状況を批判しています。 「グローバルスタンダード」は「米国に倣え」の意味 未だに何ひとつ解明されていない「加計学園問題」で、安倍晋三首相の伝書バトとして裏工作に飛び回った当時の官房副長官、萩生田光一氏は、この時のご褒美として、昨年2019年9月の内閣改造で、安倍晋三首相から文部科学大臣のイスをプレゼントされました。「加計学園問題」で暗躍した人物を文部科学大臣に任命するなんて、まるで空き巣に留守番をさせるような話ですが、これこそか安倍晋三首相が胸を張る「適材適所」という名の「お友だち人事」の真骨頂なのです。 そんな、およそ「教育」とは似つかわしくない萩生田光一氏ですが、就任からわずか40日ほどで、あたしの期待に応えてくれました。まだ覚えている人もいると多いと思いますが、当事、安倍政権が導...more
カテゴリー:

休校中から続く、子どもの昼夜逆転。ゲームやスマホの見すぎによる”デジタル時差ボケ”かも - 06月02日(火)09:00 

長く続いた休校で、子どものスマホ・ゲーム・テレビ視聴の時間が増えた家庭も少なくないでしょう。朝はなかなか起きることができない、夜はなかなか眠くならない……。子どもが昼夜逆転してしまっているとしたら、原因はデジタルデバイスの使いすぎかもしれません。 先日、小学生の”デジタル時差ボケ”に関する、あるアンケート結果が公表されました。 もしかしてママも?”デジタル時差ボケ”チェックテスト 調査を行ったのはメガネブランド「Zoff」を運営する「株式会社インターメスティック」。デジタルデバイス(スマホやタブレット、パソコンやテレビなどの画像・映像を視聴できる機器)が発するブルーライトが及ぼす、身体への悪影響を調べるために実施されました。 デジタルデバイスが発する「ブルーライト」という言葉については、見聞きしたことのあるママも少なくないでしょう。太陽光にも含まれている、本来は人間にとって欠かせない光です。「睡眠ホルモン」と言われるメラトニンの分泌を抑制することで、人間の体内時計をコントロールしているのだとか。 ただ近年は24時間ずっと何らかの光に触れられる機会が増えたことで、夜中でもブルーライトを浴び続け、メラトニン分泌のバランスを崩してしまうことが心配されているそうです。 つまりデジタルデバイスを使いすぎるとブルーライトの影響によって、睡眠リズムが崩れ身体が昼夜逆転状態におちいる”デジタル時...more
カテゴリー:

【開国】入国制限の緩和、4か国で検討…タイ・ベトナム・豪・NZ - 05月31日(日)16:44  newsplus

5/31(日) 14:54配信 https://news.yahoo.co.jp/articles/5ea0af90ea9521aeda296db045562769dd068b24 政府は、新型コロナウイルスの世界的な感染の広がりを受けて実施中の外国人の入国制限の緩和について、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドの4か国を第1弾とする方向で検討に入った。複数の政府関係者が明らかにした。  全世界を対象とした入国制限の現在の期限が6月末までとなっており、緩和の実施は夏以降になるとみられる。  4か国はいずれも感染が落ち着きを見せており、企業関係者から往来再開を望...
»続きを読む
カテゴリー:

【日本へ強制送還か】レバノン当局がカルロス・ゴーンを引き渡す可能性 ★3 - 05月30日(土)17:40  newsplus

30 May 2020 アラブニュース・ジャパン独占 ベイルート:レバノン当局は国際通貨基金(IMF)からの数十億ドル規模の緊急援助を促し、破産を回避したいなら、日産の元会長カルロス・ゴーンを日本へ強制送還しなければならないかもしれないことが、アラブニュース・ジャパンの調べで分かった。 レバノンは過去40年で最悪の金融危機の中、その先細りしている経済を「崩壊」から救おうとしている。そのため内閣は、IMFに金融支援と数十億ドルの緊急援助を求めることを決断した。 ハッサン・ディアブ首相によれば、レバノンは100億ドル...
»続きを読む
カテゴリー:

【証言でつづる 定年後のリアル】国際ビジネスマ.. - 06月04日(木)08:25 

【証言でつづる 定年後のリアル】国際ビジネスマンとミュージシャン 2つの夢を追い求める
カテゴリー:

ビジネスマンが知っておくべき『グルメの新常識』 第39回 「高級食パン」 - 06月03日(水)16:26 

次々に新しい料理や食材などが登場するとあって、『食のトレンド』は刻一刻と移り変わっていく。しかし、クライアントや職場の同僚と「あれ食べた? 」という話になることはよくある。そんなときに「……聞いたこともない」というのは、かなりマズい。この連載では、ビジネスマンが知っておけば一目おかれる『グルメの新常識』を毎回紹介していく。第39回は「高級食パン」。
カテゴリー:

最近話題の「SDGs」「ESG投資」とは?SDGsとESGの関係や違いも解説 - 06月01日(月)00:59 

テレビや新聞、インターネットなどのメディアで「SDGs」や「ESG」などの言葉を目にする機会が増えてきています。また、企業のサイトやIRのレポートなどでも、環境や社会への取り組みなどが以前よりもクローズアップされることが多くなってきています。 これは、環境や社会の問題が遠くの未来に対処すれば良いというものではなく、今この瞬間に取り組むべきものとして考えられ始めていることによるものです。たとえば、地球温暖化の問題は進み続けていて、このままの状態で行くと2030年~2050年には1.5℃上昇すると予測されています(IPCC「1.5°C特別報告書」)。 気温が上昇することにより、災害や洪水のリスクが増え、私たちだけでなく、地球上の生物も絶滅する危機が高まります。 そのため地球環境について考えることは、これからの私たちの人生を考える上でも、世の中の経済活動を支える投資という行動を考える上でも欠かせない重要なことだと言えます。今回は、地球環境も含めた持続可能性の観点から投資に取り組むことを考えてみたいと思います。 目次 「SDGs」はなぜ注目されている? 1-1.SGDsとは 1-2.合言葉は「サステナブル」、世界中を巻き込むSDGs SDGsと投資にはどういう関係があるのか 2-1.サステナブルをキーワードにして取り組む社会的課題 SDGsの課題がビジネスと投資のチャンスに繋がる 3-1...more
カテゴリー:

「Zoomキャバクラ」が大繁盛 “ガチ勢”のおじさんや、地方・海外の客、女性客などが「来店」 - 05月31日(日)12:06  news

接客中にパンツ脱ぐ客も……ハプニングもあるが人気の「Zoomキャバクラ」 店主と嬢の波乱の自粛期間 「若い男性客とZoomで話していたら、突然ズボンとパンツを脱いで、そのあと1人で……。 怖いというより思わず笑っちゃいました。速攻で退出して、運営に“出禁”にしてもらいました」――Web会議ツール「Zoom」を使ってリモート接客するキャバクラ「ズムキャバ」で働くMayu(まゆ)さんは笑ってこう話す。 ズムキャバは、客が女性とPC画面越しに向き合ってトークを楽しめる“リモートキャバクラ”サービスだ。 4月中旬のスタート以来...
»続きを読む
カテゴリー:

【日本へ強制送還か】レバノン当局がカルロス・ゴーンを引き渡す可能性 ★2 - 05月30日(土)15:23  newsplus

30 May 2020 アラブニュース・ジャパン独占 ベイルート:レバノン当局は国際通貨基金(IMF)からの数十億ドル規模の緊急援助を促し、破産を回避したいなら、日産の元会長カルロス・ゴーンを日本へ強制送還しなければならないかもしれないことが、アラブニュース・ジャパンの調べで分かった。 レバノンは過去40年で最悪の金融危機の中、その先細りしている経済を「崩壊」から救おうとしている。そのため内閣は、IMFに金融支援と数十億ドルの緊急援助を求めることを決断した。 ハッサン・ディアブ首相によれば、レバノンは100億...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ビジネスマン」の画像

もっと見る

「ビジネスマン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる