「ビジネスマン」とは?

関連ニュース

翻訳&音楽で活躍! イヤホン型多機能翻訳機『Timekettle M2』がすごい - 12月03日(木)15:24 

ビジネスマンにとって、海外出張や国内で様々な国の人との円滑なコミュニケーションは重要課題。コロナ禍でなかなか直接国際的な交流をする機会はないものの、こんなときこそ来るべき日に備えて準備しておきたいもの。そこで今回は、ビジネスマン注目の新製品、イヤホン翻訳機『Timekettle M2』をご紹介。
カテゴリー:

【書評】“しくじり”だらけの日本の歴史が最強のビジネス書となるワケ - 12月02日(水)20:09 

さまざまな成功の裏側には、大きな失敗があります。それは昔も今も同様であり、日本史においても多くの「しくじり」を見ることができます。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』では編集長の柴田忠男さんが、日本史に名を残す有名人の「しくじり」を振り返って現代のビジネスに活かすという一冊を紹介しています。 偏屈BOOK案内:大中尚一『面白く読めてビジネスにも効く 日本のしくじり史』 『面白く読めてビジネスにも効く 日本のしくじり』 大中尚一 著/総合法令出版 最大のしくじりはこの本の装幀ではないか。白い面に、黒い線で超絶ヘタクソなイラストと手書きのタイトル。よくこれで出版するよなあと、逆に感心する。背もソレなんだから、たいした度胸の著者(経営コンサルタント)と出版社である。中身は普通に興味深い失敗のパターン60件を、各4ページで構成。 「歴史はどんな自己啓発書よりも、成功するため、失敗を防ぐための最高の教科書になってくれるはずだ。歴史上の失敗を教訓として、同じ轍を踏まないようにすることが必要ではないか」。その通りだ。 ビスマルクの「賢者は歴史に学ぶ」を引くまでもなく、まったく目新しくない企画だが、一話完結で読みやすく、まとめでビジネスマン向けの短いお説教があって、一応納得させられる。 そうだったのか、なるほどねーと感心したのは10話ほどで、流し読みした50話も、な...more
カテゴリー:

世界初のフォションブランドスパ 『Le Spa Fauchon(ル スパ フォション)』2021年3月中旬オープン - 11月30日(月)13:00 

ホテルスパ事業を行なう株式会社クレドインターナショナル(本社:東京都中央区、代表取締役社長:白井浩一)は、京都府京都市の「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ 『Le Spa Fauchon(ル スパ フォション)』を2021 年 3 月中旬にオープンします。Le Spa Fauchonについて「フォションホテル京都」は、日本初、世界2軒目となるフォションブランドのホテルです。『Le Spa Fauchon』は、「フォションホテル京都」のコンセプト「FAUCHON Meets Kyoto. Feel Paris.」をもとに、 ボディ、フェイシャル、スクラブなどのオリジナルメニューやプロダクトはもちろん、フォションピンクの畳をトリートメントルームに使用するなど、フォションの世界観を五感で味わうことができる世界初のスパです。フォション生誕の地「華のパリ」と「雅な京都」、この2都市が持つ文化・伝統・芸術のイメージを融合させていることが特長です。『Le Spa Fauchon』の運営は当社が行い、プロダクト・メニュー開発・監修は、パリで数々の5つ星ホテルスパやアメニティを手掛け、今回が日本初上陸となるプレミアムコスメブランド KOS PARIS(コスパリ)と当社が協同開発します。また、パリでトップセラピストとして活躍している Yuki INOTSUME (Ms...more
カテゴリー:

〈グラマス〉高感度なビジネスマンへ向けた、iPho.. - 11月27日(金)17:47 

〈グラマス〉高感度なビジネスマンへ向けた、iPhone12シリーズ対応ケースが登場
カテゴリー:

新橋・日比谷エリアがこの冬のホットスポットに! 「URACORI(銀座裏コリドー)」がオープン1周年 ~1周年記念&クリスマスイベント実施~ - 11月26日(木)12:00 

東京交通興業株式会社(本社:東京都千代田区、代表:堀 清孝)は、昨年11月20日にオープンした新橋・有楽町エリアにオトナの為の新たな商業施設「URACORI(銀座裏コリドー)」のオープン1周年記念&クリスマスイベントを11月20日より開催します。「銀座裏コリドー街」は、JR新橋駅と有楽町駅間の高架下に続く飲食店街として知られ、さらに今年9月には新たな施設として同エリアに『日比谷OKUROJI』がオープンし、URACORIから続く新橋・日比谷エリアがこの冬のホットスポットとして注目されています。新橋・日比谷エリアには多くのビジネスマンや外国人旅行客などが訪れ、東京有数の歓楽街として注目を集めています。老舗からお洒落な居酒屋、そして世界各国の料理が楽しめるレストランなどがずらりと立ち並び、連日多くの人で賑うエリアに、昨年、JR高架下にURACORIとして新たに11店舗が誕生し、今年新たに日比谷OKUROJIの36店舗が誕生。新型コロナウイルス感染症の影響で、飲食店を中心としたURACORIも大きなダメージを受けましたが、1周年を迎え、昨年のオープン時に負けないくらい、お客様を笑顔でお出迎えします。1周年イベントでは店舗によって、ファーストドリンクサービスなどの様々な特典が受けられます。URACORI公式HPhttps://uracori.com/「URACORI」フロアマップA:『タッ...more
カテゴリー:

【宮城】路上で「一服」トラブルも さまよう喫煙難民、マナー頼み 仙台中心部 - 12月03日(木)13:49  newsplus

 街をさまよう「喫煙難民」-。4月の改正健康増進法全面施行で企業、飲食店も原則屋内禁煙になった。新型コロナウイルスの感染対策も喫煙所閉鎖に拍車を掛け、行き場を失った愛煙家の路上喫煙が各所でもめ事に発展している。仙台市中心部の事例を通じて考える。(報道部・伊藤恭道)  JR仙台駅前の質店「うつぼ」は最近まで、道路を挟んで立つコンビニエンスストア前の路上喫煙者に悩まされてきた。ビジネスマン、学生らしき若者。ランチタイムや午後3時、同5時のピーク時には30人以上が紫煙をくゆらせた。  近隣のオフィス...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】過激ヘアーで初公判 伊勢谷友介が法廷で豪快にスベった! - 12月02日(水)05:36  mnewsplus

12/2(水) 5:15 東スポWeb 過激ヘアーで初公判 伊勢谷友介が法廷で豪快にスベった! 地裁を出発する伊勢谷友介被告  このまま芸能界を引退するのか――。大麻取締法違反罪(所持)に問われた俳優の伊勢谷友介被告(44)が1日、東京地裁(村田千香子裁判官)で開かれた初公判で起訴内容を認めた。22日に指定された判決では、執行猶予判決が下されるとみられるが、今後は芸能界に見切りをつけ、スウェーデンの〝怒れる環境少女〟ことグレタ・トゥーンベリさん(17)ばりに〝環境オヤジ〟に変身するとの情報が急浮上している。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ミスを謝らない、プライドが高い、知ったかぶりをする...20~50代に聞いた! 職場で「共演NG」と感じる同僚、上司、後輩ランキング<ベスト10> - 11月30日(月)12:43 

新型コロナの収束が見えない中、リモートワークに切り換える企業が急増。IT業界では、地方でのワーケションを選ぶビジネスマンも多く、バブル期に建てられた安値のリゾートマンションが飛ぶように売れているという現状も。日本での働き方が大きく変わろうとしている中、テレビ東京が20~50代の働く男女804人にアンケート調査を実施。リモートワークの導入により、社員同士のコミュニケーションに変化が訪れた企業も多いが、「職場で『共演NG』と感じる同僚、上司、後輩」をテーマに、本音で回答してもらった。画像素材:PIXTA男性よりも女性の方がコロナ予防意識が高いことが判明【20~50代女性に聞いた! 職場で「共演NG」と感じる同僚、上司、後輩ランキング】1位:仕事でミスをした際、自分に非があることを認めない、絶対に謝らない2位:人に仕事を押し付けて責任を取らない3位:職場でマスクをしない4位:メモを取らず何度も同じことを聞いてくる5位:わからないことを人に聞けない、プライドが高い、知ったかぶりをする6位:仕事の愚痴をみんなに聞こえるように言う7位:話す時の距離が近い8位:自分はレスが遅いのに人には即レスを求めてくる9位:業務時間外にメールしてくる10位:リモート会議で「顔出しをしましょう!」と無理やり提案してくる【20~50代男性に聞いた! 職場で「共演NG」と感じる同僚、上司、後輩ランキング】1位:仕事...more
カテゴリー:

日本も進行中か。中国から「見えぬ侵略」を受けた豪州の深刻度 - 11月26日(木)16:48 

南シナ海や東シナ海等で強硬な海洋進出を進める中国ですが、彼らが用いるのは「武力」だけにとどまらないようです。今回の無料メルマガ『日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信』では株式会社オンザボード代表の和田憲治さんが、オーストラリアの大学教授が告発した、同国で展開されている中国による「目に見えぬ侵略」の実態を紹介しています。 『サイレント・インベージョン(目に見えぬ侵略)』論文の意義とクライブ・ハミルトン教授の功績 和田です。 オバマ時代までのアメリカは、「中国を経済成長させれば、いずれ自由と民主主義国を目指し、世界が豊かになる国際秩序に中国が大いに協力する」という前提で動いていました。 しかし、トランプ時代になると、アメリカは中国潰すべし!という対中戦略に方向転換せざるをえなくなりました。 リーマンショックを乗り越えて、「China Up,US Down!」だと傲慢になってきた中国に対して、マイケル・ピルズベリーの『チャイナ2049』やエドワード・ルトワックの『自滅する中国』や『チャイナ4.0』、ピーター・ナヴァロの『米中もし戦わば』など2010年以降、中国がアメリカの世界覇権に挑戦しているという警告本が続々と出版されました。 そしてそこに、追い打ちを書けた論文が、アメリカ以外の国々からも出版されたのです。アメリカの議会にも大いに影響を与えた論文…それが、オーストラリアのクライブ・ハミ...more
カテゴリー:

発言数は121分の1に!「沈黙のトランプ」は敗北を.. - 11月25日(水)18:00 

発言数は121分の1に!「沈黙のトランプ」は敗北を認めたのか 「彼は、ビジネスで身につけたトランザクション(取引、処理、業務遂行)中心の男だ。ビジネスマンであり、それ以外の者ではない。彼と理想論や観念論で話してはダメなんだ」
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ビジネスマン」の画像

もっと見る

「ビジネスマン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる