「ビジネスチャンス」とは?

関連ニュース

江田健二(RAUL株式会社 代表)の著書「エネルギーデジタル化の最前線2020」が7月3日付の電気新聞で紹介されました - 07月10日(金)18:00 

電気新聞(7月3日付)の本棚から一冊のコーナーでRAUL株式会社代表・江田健二の著書「エネルギーデジタル化の最前線2020」が紹介されました。評者は、国際環境経済研究所 理事・主席研究員の竹内純子氏。ビジネスモデルを考えるうえで重要なのは、顧客のイメージを具体的に持つことだが、エネルギー業界はこれまで、顧客よりも需要場所である建物をイメージしているケースが多かったとご自身が長年電力会社に勤めた経験から述べています。そして、デジタル化という手段によってどのような生活や価値を提供するかというビジネスモデルがクリアになりづらいのは、目指す姿が共有できていないことにあるのかもしれないと問題提起しています。このような現状に、江田の「エネルギーデジタル化の最前線2020」は、多くの具体的なヒントを提示していると評していただきました。【電気新聞】https://www.denkishimbun.com/profile1907(明治40)年の創刊以来、100年以上にわたって、電力会社をはじめとするエネルギー関連産業の動向を報道し続けている(現在の発行母体は、一般社団法人日本電気協会)。〇江田健二 著「エネルギーデジタル化の最前線」 出版:エネルギーフォーラム〇エネルギービジネスは、インフラ産業から情報サービス産業へGoogle、Amazonと戦う未来がやってくる!本書は、エネルギービジネスの更なる...more
カテゴリー:

【バフェットの次を行く投資術】日本駐車場開発、非効率性の改善でビジネスチャンスを見いだす - 07月09日(木)11:00 

駐車場運営に関わる上場企業には、例えばパーク24(4666)がある。この会社のビジネスモデルは、空き地に、「パーク24」という看板を掲げた駐車場を次々と建設して…
カテゴリー:

電機大手、デジタル変革に注力 社会変える新技術を事業化 - 07月09日(木)05:00 

 電機大手が、デジタル化によって社会やビジネスを変革する「デジタルトランスフォーメーション」(DX)と呼ばれる事業に注力している。新型コロナウイルス対策で求められる新たな生活スタイルで最新技術の活用が注目されるなど、デジタル化の動きが加速しておりビジネスチャンスとなっている。
カテゴリー:

非デスクワーカー向けコミュニケーションプラットフォームのOurPeopleが約2億円調達 - 07月03日(金)09:00 

英国のスタートアップで、非デスクワーカーのコミュニケーションとエンゲージメントを図るプラットフォーム構築のOurPeopleが、シリーズAで200万ドル(約2億1500万円)を調達した。 このラウンドを主導したのは、デジタルメディアやeコマース、ヘルスケアに特化した投資会社のAlpine Meridianと、アントレプレナーのRobert Neveu(ロバート・ナヴォー)氏で、ナヴォー氏はマネージングパートナーとしてOurPeopleに加わる。OurPeopleのこれまでの調達金額は300万ドル(約3億2000万円)になった。 英国ブリストルを拠点とするOurPeopleは、2016年にRoss McCaw(ロス・マコウ)氏が創業した。企業が従業員とデジタルでコミュニケーションをとり、チームのつながりを維持するためのセキュアなモバイルプラットフォームを提供する。同社は主に、フィットネスやレジャーなどデスクワーカーでない従業員が多い業界にサービスを提供している。現在のクライアントには、慈善事業団体のWest Ham United Foundation、Virginグループのフィットネス企業のVirgin Active UK、テーマパークのPaulton’s Park、レジャー業のSerco Leisureなどがある。 パートタイムのライフセイバーで水泳の指導者だったマコウ...more
カテゴリー:

【参加者募集】「ニューノーマル」の先の成長を議論。各業界のリーダーが登場し、1カ月にわたりビジネスのヒントを届けます。 - 07月01日(水)12:00 

私たちの生活、働き方の変化に伴い、ビジネス環境も様変わりしている現在。未曾有の状況の中で、日々難しい判断を求められる各業界のビジネスリーダーたち。企業は、デジタル戦略や組織のあり方をも見直す必要に迫られています。「ニューノーマル」の先の成長段階である「ネクストノーマル」を見据え、新たなビジネスチャンスをつかんでいくためには、どうすれば良いのでしょうか。株式会社セールスフォース・ドットコムは、7月7日(火)から3週にわたるバーチャルイベント「Salesforce Live」を開催。課題解決につながる様々なテーマを設定し、計80以上のセッションを配信します。「金融・公共向け」、「製造業・自動車業界向け」、「マーケティング・EC事業者向け」
カテゴリー:

TechCrunch Disrupt 2020、バーチャル開催決定 - 07月09日(木)13:29 

掲題のとおり、年に一度のTechCrunchのビッグイベントDisruptが、2020年は完全バーチャル開催となる。ご想像のとおり、これは主に、新型コロナウイルスが世界に及ぼした影響によるものだ。しかし、これはかつてないほど多くの人たちにDisruptにアクセスしてもらえる良い機会でもあり、私たちも大変楽しみにしている。また、開催期間も5日間(9月14日~18日)となり、すべての素晴らしいプログラムを皆さんに余裕をもってご覧いただけるようになるだろう。 バーチャル開催の準備は大変な仕事だが、TechCrunchはこの難題に本当にワクワクしながら取り組んでいる。当社は参加者が直接顔を合わせるリアルイベントの作り方には長けている方だ。でも今は、ルールが書き換えられ、今度はバーチャルイベント空間でこれまでと同様の高いクオリティでイベントを開催するためのチャンスを与えられたと考えている。 TechCrunchの記事でも何度も取り上げているが、今はテック業界にとって試練のときだ。企業、投資家、起業家にとっては、大きなリスクもあるが、同時に大きなビジネスチャンスでもある。そして、Disruptの目的もまさにそこにあるのだ。新しい現実を理解し、この難局を乗り切るだけでなく一花咲かせることもできるような忍耐強く革新的な企業を育てること、それがDisruptの存在意義である。 前回の金融危機の最中ま...more
カテゴリー:

『5Gにおける熱管理』を網羅した市場調査レポートを、IDTechExがリリース - 07月09日(木)10:00 

IDTechEx(英国の先進技術調査会社)は、熱管理シリーズの調査レポートの第三弾として、5Gの熱管理にフォーカスした調査レポート『5Gにおける熱管理』を発行し、2020年6月22日より、日本法人のアイディーテックエックス株式会社での販売を開始しました。https://www.idtechex.com/ja/research-report/thermal-management-for-5g/7575G市場は急速に拡大しており、初期に導入された設備もすでに稼働しています。今後、5Gのデプロイメントはますます拡大し、熱管理の分野にも技術革新と成長機会をもたらすことが予想されています。より高い周波数にシフトして信号の損失が大きくなると、ネットワーク設備の高密度化が必要となり、小規模な基地局(ピコセルまたはフェムトセル)を現状よりもはるかに多く設置しなければならなくなります。また、マッシブMIMOの登場によってデータ転送速度とチャネル数が増加し、ベースバンド処理ユニットや消費電力に対する要件がますます厳しくなるため、熱伝導材料にとって大きな市場機会が訪れます。将来、ミリ波帯が登場すると、5G市場にさらなる劇的な変化が訪れ、熱管理にも一層大きなビジネスチャンスが訪れるでしょう。IDTechExの調査レポート『5Gにおける熱管理』がカバーしている内容:【技術評価】■ 5G設備のサイズ(マクロ、...more
カテゴリー:

三井情報、「FINN – Banking of Things」の蘭・ING BANK N.V.と覚書を締結 - 07月03日(金)11:00 

 三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小日山 功、以下 三井情報)は、ING BANK N.V.(本社:オランダ アムステルダム、CEO:Ralph Hamers、以下 ING銀行)と覚書を締結し、ING銀行のスタートアップ事業で開発・提供を行う、「FINN – Banking of Things(以下 FINN)」の日本国内でのマーケティングを開始しました。FINNはIoTデバイスが提供するスマートサービスの利用と利用(時間・数・量)に応じた支払い(Pay-per-Use)がワンストップでできるIoTスマートサービスプラットフォームです。    近年、国内では労働人口の減少による経済規模の縮小が危惧されています。特に人口減少の深刻な地域では、IoT技術を活用した生活基盤による持続可能な都市を目指すスマートシティ構想が検討されてきました。また、昨今の感染症の世界的な流行をきっかけに到来が予測される「ニューノーマル」と呼ばれる新たな時代においては非接触・非対面が求められており、IoT技術を活用した取り組みが世界的にも加速しています。    FINNはIoTデバイスで提供されるスマートサービスとその利用にかかる決済をワンストップで提供するIoTスマートサービスプラットフォームで、インターネットに接続されたIoTデバイスによる自律的な注文や...more
カテゴリー:

インスタ IGTV 、ユーチューバーの収入源として存在感増す - 07月02日(木)11:50 

インスタグラム(Instagram)のIGTVが、個人動画クリエイターのあいだでYouTubeの使い回しの寄せ集め以上の存在になりつつある。いま、インスタグラムがこの長編動画サービスにアップロードするクリエイターに金銭的インセンティブを与えるようになり、ビジネスチャンスが生まれている。 The post インスタ IGTV 、ユーチューバーの収入源として存在感増す appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

自動化された手消毒器の自動販売機市場ー設置タイプ別、ディスペンサー容量別、ディスペンサーの種類別、アプリケーション(住宅、商業)によってセグメンテーションーグローバルな需要分析&機会の見通し2028年 - 06月30日(火)17:30 

Research Nester Private Limitedは調査レポート「自動化された手の消毒器の自動販売機市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年6月 29日に発刊しました。これは、2020~2028年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。自動手指消毒剤自動販売機は、制御された量の消毒液を手に分配するように設計された電子機器として定義されます。このデバイスは、デバイス内に存在するセンサーの助けを借りて、口の近くの手の存在を感知し、手に消毒液を自動的に分配します。自動手指消毒剤自動販売機は、タッチフリー手指消毒剤ディスペンサーおよびセンサーベースの消毒剤ディスペンサーとも呼ばれます。世界的なパンデミックCOVID-19への懸念の高まりは、世界中のいくつかの人の生活に影響を与えており、また、タッチフリーの自動調剤機を配備する必要性を高めました。国際貿易センターの統計によると、消毒剤などの有機界面活性剤の輸出は、2010年の24,190,461千米ドルから2019年の31,150,804千に世界的に増加しました。https://www.resea...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ビジネスチャンス」の画像

もっと見る

「ビジネスチャンス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる