「ビアリッツ」とは?

関連ニュース

【安倍首相煮だ】日朝首脳会談 前提条件付けずに実現目指す - 09月16日(月)22:00  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190916/k10012084541000.html 安倍首相 日朝首脳会談 前提条件付けずに実現目指す 2019年9月16日 16時49分拉致 北朝鮮による拉致被害者の家族らが開いた集会で、安倍総理大臣は、先のG7サミットで拉致問題の解決に向けた日本の立場に支持が得られたと強調したうえで、日朝首脳会談の実現を前提条件を付けずに目指す決意を改めて示しました。 この中で安倍総理大臣は「2002年9月17日にピョンヤンで日朝首脳会談が行われてから、あすで17年目となる。拉致被害者の家族はもちろん、ご本人も年...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシアとウクライナが拘束者交換=仏独交えた和平協議にらみ - 09月07日(土)22:17 

 【モスクワ時事】ロシアとウクライナは7日、緊張緩和に向けて拘束者を交換した。対象者は各35人。昨年11月にロシアに拿捕(だほ)されたウクライナ艦船乗組員や、2014年に逮捕されたウクライナ人映画監督オレフ・センツォフ氏も含まれ、モスクワの空港から帰国した。一方、ウクライナで拘束されていたロシア通信キエフ支局長らも解放され、モスクワに到着した。 フランスのマクロン大統領は8月の仏南西部ビアリッツでの先進7カ国首脳会議(G7サミット)の際、ウクライナ東部紛争の和平に関する仏独とロシア、ウクライナの4カ国首脳会談が9月に開かれると発表。拘束者の交換は会談をにらんだ動きとみられる。空港で出迎えたウクライナのゼレンスキー大統領は「第1段階は完了した。恐ろしい戦争を終わらせるためにあらゆる手段を尽くさなければならない」と強調した。 【時事通信社】
カテゴリー:

外務省がミス連発 日米首脳会談「共同記者発表」で日本側同行取材団立ち会えず - 09月06日(金)10:06 

 8月下旬にフランス南西部のビアリッツで開かれた先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)に合わせて行われた日米首脳「再会談」の報道対応をめぐり、外務省がミスを連発した。再会談の終了直後、首相の同行記者団に「再会談」ではなく「共同記者発表」とする訂正を発表。しかも、この会場に呼ばれたのは米メディアと日本のワシントン支局の記者で、同行記者団には事前通告がなく、大半の記者が現場で取材ができなかったのだ。
カテゴリー:

海外識者「日本による米国産トウモロコシ購入で中国は外交カードの1つを失った」 - 09月03日(火)22:39  news

8月25日、安倍首相とトランプ米大統領はフランス・ビアリッツで2国間会談の後、共同記者会見を開き、米国産の飼料用トウモロコシを日本が購入すると発表した。 中国は、米国トウモロコシの輸入に合意しながら実行せず、対米貿易の「交渉カード」としてきた。 大紀元コメンテーターは、日本の決定により、中国の主要なカードを失わせたと分析する。 トランプ大統領は会見で、「中国は(輸入)すると言っていたことをしていない」と中国の米国農作物の購入の不実行を批判。米国ではトウモロコシの余剰があり、安倍首相による日本の購...
»続きを読む
カテゴリー:

【永田町・霞が関インサイド】トランプ氏の「握手」で分かる満足度 日米貿易協議はウィンウィンの原則合意 - 09月03日(火)15:30 

 安倍晋三首相は8月25日、G7(先進7カ国)首脳会議が開催されたフランス南西部ビアリッツで、ドナルド・トランプ米大統領と会談した。トランプ氏は上機嫌だった。それは安倍首相との握手からも見て取れた。
カテゴリー:

欧州の“主役”狙う仏 マクロン流で「独自外交」復活 - 09月10日(火)11:31 

 フランスのマクロン大統領が外交の主役に名乗りをあげた。8月末、決裂必至と見られた仏ビアリッツでの先進7カ国(G7)サミットを切り抜け、欧州連合(EU)人事でも主張を通した。勢いに乗って、仏の伝統である「独自外交」復活を狙う。
カテゴリー:

安倍晋三って、首脳会議でも浮いてないか? 一人だけ英語も出来ないし、知能もレベルも違いすぎるだろ・・・・ - 09月07日(土)08:08  poverty

G7サミット閉幕、首脳宣言見送り=貿易・ロシア復帰で溝 【ビアリッツ(仏南西部)時事】日米欧の先進7カ国首脳会議(G7サミット)は26日午後(日本時間同日夜)、フランスのビアリッツで3日間の日程を終え、閉幕した。 米中貿易摩擦が過熱する中、自由貿易の在り方、イラン核問題、ロシアのサミット復帰論などでトランプ米大統領と他国首脳との溝は埋まらず、 従来のような首脳宣言の採択は見送られ、要点のみ列挙した成果文書を作成した。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082600615&g=pol&p=2019...
»続きを読む
カテゴリー:

眉ひそめ「危機」嘆くも「処方箋」はなし G7論じた新聞社説を読む - 09月06日(金)07:00 

フランス南西部ビアリッツで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は、貿易や気候変動問題などをめぐり、米国第一主義と欧州諸国の国際協調主義の溝は深かった。
カテゴリー:

米産トウモロコシの日本購入「中国に対米交渉カード失わせた」=コメンテーター - 09月03日(火)16:27 

8月25日、安倍首相とトランプ米大統領はフランス・仏ビアリッツで2国間会談の後、共同記者会見を開き、米国の飼料用トウモロコシを日本が購入すると発表した。中国は、米国トウモロコシを譲歩条件として米農産物を大量輸入すると言いながら実行せず、「交渉カード」としてちらつかせていた。大紀元評論員は、日本の決定により、中国は主要なカードを失ったと分析する。
カテゴリー:

成果なしのG7でマクロン大統領が放った“場外”ホームランの真価 - 09月02日(月)20:16 

フランスでのG7サミットは、史上初めて首脳宣言が見送られ、目立った成果なく終わりました。しかし、G7の“外”で大きな成果があったかもしれないと分析するのは、数々の国際舞台で活躍する島田邦彦さんです。島田さんは、自身のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』で、アメリカとイランの直接対話実現の可能性が高まり緊張緩和が期待できると解説。しかし同時に、まだまだ一触即発の危険はあると、武力衝突の要因となる2つの火種について言及しています。 動き出した「期待と不安が入り混じる」イラン情勢 フランス・ビアリッツでのG7サミットは、正直、成果が見いだせない会議で、おそらく失敗の部類に入るかと思われますが、そのような中で、議長国フランスのマクロン大統領は、G7の“外”で『大きな成果』を挙げたかもしれません。 それは、26日にイランのザリフ外相をビアリッツに招いたことです。狙っていたトランプ大統領との会談は実現しませんでしたが、このサプライズともいえるフランス・マクロン大統領の“仲介”を得て、トランプ大統領もロウハニ大統領も、そう遠くないうちに(条件が整えば)直接会談する可能性について発言するに至りました。 G7サミットは、フランスとしては最も進展を望んでいた気候変動問題をあきらめさせられるという“屈辱”をフランスに与えたかもしれませんが、その当事者で来年のG7議長...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ビアリッツ」の画像

もっと見る

「ビアリッツ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる