「パワーハラスメント」とは?

関連ニュース

パワーハラスメント 慰謝料250万円命じる 社員に長時間“叱責” 長崎地裁 - 01月15日(火)05:01 

業務指示を逸脱と判断  広告制作を行う㈱プラネットシーアール(長崎県長崎市)のデザイナーが、上司からパワハラを受け精神障害を発症したとする訴訟で、長崎地方裁判所(土屋毅裁判長)は、上司の注意が業務を逸脱したいじめ行為に当たると判断した。パワハラに対する慰謝料250万円と未払い残業代など含め計2000万円の支払いを命じた。上司は、目つきが気に食わないなどと注意したほか、午前中いっぱいを叱責に費……[続きを読む]
カテゴリー:

「パワハラで自殺」を否認 会社側、請求棄却求める - 01月11日(金)22:19 

 ゲーム業界の求人広告会社などと業務委託契約を結んで働いていた女性(当時30)が昨年自殺したのは、社長のパワーハラスメント(パワハラ)が原因だったなどとして、女性の遺族や元同僚の男性2人が同社と社長に…
カテゴリー:

委託先の女性自殺は「パワハラが原因」と訴えられた広告会社の社長、「事実無根」と反論。全面的に争う構え - 01月11日(金)03:41 

ゲームやアニメ業界の求人広告を手がける会社の業務を請け負っていた女性(当時30)が自殺したのは、この会社の社長によるパワーハラスメント(パワハラ)が原因だったなどとして、女性の両親と元同僚らが会社と社長を訴えた訴訟の第1回口頭弁論が1月11日、東京地裁である。それに先立ち、社長が1月10日、ハフポストのインタビューに応じ、パワハラで女性が自殺したとする原告側の主張は「事実無根」と反論、全面的に争う方針を示した。一方、訴えの中で原告側から「奴隷的拘束」などと決めつけられたのは名誉棄損に当たるとして反訴したことも明かした。インタビューに応じたのは「ビ・ハイア」(東京)の清水有高社長。訴訟をめぐって清水社長が本格的な取材に応じたのは初めて。ビ・ハイアと清水社長が訴えられたのは2018年10月。一方、ビ・ハイア側も12月、原告の元同僚の男性1人に対し、不法行為によって営業収入が失われたとする別の損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こしている。清水社長とのやり取りは次の通り。「民事で冤罪」――原告側は、女性の自殺が清水社長のパワハラが原因だと主張しています。まず、彼女が亡くなったことは悲しくてつらいことでした。その上で、原告の主張は事実無根であると言いたいです。裁判でも争っていきます。みなさんも一番知りたい部分でしょうが、私自身、語るのもつらい。詳細については裁判で明らかになっていくでしょう。私が...more
カテゴリー:

委託先の女性自殺とパワハラの因果関係が主な争点に。遺族らがビ・ハイアを訴えた訴訟 - 01月12日(土)14:16 

ゲームやアニメ業界の求人広告を手がける会社の業務を請け負っていた女性(当時30)が自殺したのは、同社社長によるパワーハラスメント(パワハラ)が原因だったとして、女性の両親や元同僚の男性2人が会社と社長を相手取った損害賠償請求訴訟は1月11日、東京地裁で第1回口頭弁論があった。被告側はパワハラで女性が自殺したとする原告の主張は「事実無根」と否定した。パワハラの有無と女性の自殺との因果関係が主な争点になる見通しだ。訴えられているのは、「ビ・ハイア」(東京)と、同社社長の清水有高氏。訴状によると、女性は仲介会社を通じてビ・ハイアから営業業務を請け負っていたが、2018年2月下旬、ビ・ハイアの事務所が入っていた東京都内のマンションから飛び降り自殺した。原告は、女性は清水社長に対する多額の借金を返す名目で、報酬が天引きされていたと主張。家賃が払えないことからビ・ハイアの事務所で暮らすようになったが、ここでの生活はウェブカメラなどで監視されたり、食事制限を受けたり、清水社長から人格を否定されるような暴言を浴びたりするなどのパワハラ行為が続き、それが原因で自殺した、と訴えている。一方、被告側は、女性は清水氏に対して借金を負っていたが、報酬は仲介会社から現金で渡されていたなどとして天引きを否定した。ウェブカメラについても、来訪者を記録するために玄関に設置したことは認めたが、女性らを監視するためでは...more
カテゴリー:

作新ボクシング部監督がパワハラか 平手打ち・暴言など - 01月11日(金)19:12 

 宇都宮市の作新学院高校ボクシング部の川島弘行監督(43)が、部員へパワーハラスメントが疑われる不適切な行為を繰り返していたことが11日、分かった。学校側が同日、記者会見を開き、パワハラを指摘する投書…
カテゴリー:

男性へのソロハラ(独身ハラスメント) 「なぜ結婚しないのか」「結婚して子どもを育ててこそ一人前」 既婚者の上から目線の説教 - 01月06日(日)11:51  poverty

独身を追い詰める「悪意なき結婚圧力」の正体 男性への「ソロハラ」は過小に扱われすぎだ! 「結婚しないの?」「結婚はいいものだよ」として独身者を追い詰めるソロハラ。 厄介なのは、彼らが善意で結婚を押し付けていることです 全体的に未婚率が上昇したことに伴い、職場においても男女とも未婚の独身者比率が高まっています。 そんな中、増えているのが独身者に対するハラスメントです。 ハラスメントとは、直訳すれば「嫌がらせ」という意味で、「他者に対する発言・行動等が 本人の意図には関係なく、相手を不快にさせたり...
»続きを読む
カテゴリー:

「パワーハラスメント」の画像

もっと見る

「パワーハラスメント」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる