「パロアルト研究所」とは?

関連ニュース

今週の記事ランキング(2020.5.17〜5.22) - 05月22日(金)18:20 

TechCrunch Japanで最もよく読まれた5つの記事を紹介しよう。今週最も注目されたのは、5月15日に時価総額1億ドル(約107億円)での資金調達ラウンドを発表した次世代SNS「Clubhouse」についての記事だった。ランキング1位の「米国スタートアップ界で話題の次世代SNS『Clubhouse』になぜ100億円以上も時価総額がつくのか?」という記事では、サービス概要、利用シーン、実績、資金調達状況、Clubhouseに出ている批判の声などを網羅しているので、ぜひ読んでみて欲しい。 手のひらサイズのカード型PC「PI225」のレビュー記事もよく読まれた。この記事では、同デバイスのサイズ感はもちろん、使用感やベンチマークスコアなどを含めてレビューしているので、こちらも注目だ。それではまた来週! 1位 米国スタートアップ界で話題の次世代SNS「Clubhouse」になぜ100億円以上も時価総額がつくのか? 2020年4月にバズり初めて、米国時間5月15日に異例となる1億ドル(約107億円)時価総額の調達を発表した次世代SNS候補のClubhouse。前回のnote記事では現在人気なSNSのトレンドや軽くClubhouseなど次世代SNSを紹介しましたが、今回はClubhouseだけについて記事を書かせていただきました。一部重複する部分はあるかもしれませんが、Club...more
カテゴリー:

アップルの再発明、新iPadOSマウスカーソル開発秘話 - 05月15日(金)08:00 

Apple(アップル)はマウスポインタを発明したわけではないが、マウスポインタの存在を世に知らしめ、一般に使用されるまでにした会社であることは確かだ。Xerox Parc(ゼロックスパロアルト研究所)で開発され、その後アップルのSusan Kareによる伝説的なアイコンデザインによって身近な存在になったマウスポインタは、これまで約40年にわたり、コンピュータ空間においてユーザーの分身のような役割を果たしてきた。 ポインタの矢印はいつも画面上でスタンバイしている。少し傾き、直線的な45度の傾斜によりピクセル単位でポイントできるようになっていて、約30センチメートル離れた場所から画面上の小さなターゲットをクリックする精密さを備えている。元々のカーソルは点だったが、後に、真っ直ぐ上向きの線になった。この形のカーソルは「Mother of all demos」と呼ばれるデモで披露された。約1時間半にわたるこのデモでは、世界初のマウスの実演だけでなく、ハイパーリンク、ドキュメントの共同作成、ビデオ会議などのデモも行われた。 しかし、このデモの主役は何といっても、線状に並ぶピクセルで形成されたマウスカーソルだった。これによって、マシンの中に人間の動きが初めて埋め込まれたのだ。タイプライターの動きをまねて1文字ずつ入力していくそれまでのテキスト入力モデルとは異なり、このカーソルは、コンピュータ初...more
カテゴリー:

「パロアルト研究所」の画像

もっと見る

「パロアルト研究所」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる