「パリ市」とは?

関連ニュース

「さらなる緩和を」パリで静かな抗議 - 05月29日(金)10:24 

 フランスで移動制限の解除など新たな緩和策が発表される中、パリでは「静かな抗議」が始まっています。 フランスでは6月2日から、100キロまでとしてきた移動制限を無くすほか、全ての地域で中学校の再開や美術館などの開館が許可されます。飲食店の再開も認められましたが、パリ市などは感染状況に注意が必要だとして、屋外のみの営業に制限されました。  「ずらりと並んでいるのは、カフェやレストランの椅子です。営業の再開はいつなのか、無言の叫びが聞こえてきます」(記者)  こうした中、パリのカフェなどが早期再開を求め、およそ1000個の椅子を並べ抗議活動を行いました。10人以上の集会が禁じられているため、椅子を集合させて静かに声を上げました。  「まだ完全な営業再開ができないので、経営が苦しいです」(抗議を行ったレストラン店長)  飲食店の全面再開は、6月22日までに判断されるとしています。
カテゴリー:

パヴィヨンルージュ他垂涎のワインをそろえフランス人生産者と一緒に楽しむ ZOOM オールドヴィンテージ試飲会を5月29日に開催します。 - 05月25日(月)14:00 

希少ワイン専用のお取り寄せサービス「WODワインオンデマンド 感動のオールドヴィンテージ!!」を運営している マーカムインターナショナル株式会社(代表取締役 紙浦 泰宏 本社:東京都港区)は、フランスのワイン生産者とオンラインで繋ぎ、一緒にワインティスティングを楽しむ「オンラインZOOMワイン会」を2020年5月29日(金)に開催致します。ご自宅にいながらフランスの生産者から直接ワインのレクチャーを受けれるワインテイスティング会です。■「オンライン ZOOMワイン会」とはオンライン会議システムZOOMを利用し、フランスのワイン生産者と繋ぎ、一緒にワインのティスティングを楽しむZOOMワインティスティング会です。今回のゲストは、フランス パリを拠点にパリ市内の高級レストランなどにワインを提供するワイン商の 「エンジェル・ワイン」代表取締役 「ナシム ティリウィン氏」です。ワインは、「オールドヴィンテージ 古酒」に特化した100mlボトル5本を、試飲会前日までにご自宅にお届けします。生産者はZOOMからのオンライン参加で、ワインの特徴をレクチャーして頂き、ティスティングしながら、生産者とご一緒に楽しむ事が出来ます。ワインはシャトーマルゴーのセカンド「パヴィヨン・ルージュ1996年」を筆頭に、垂涎のワインばかりを取り揃えたティスティング会です。【開催日】 2020年5月29日(金) 19...more
カテゴリー:

封鎖解除が始まったパリの街を見てみよう…市場はラップにくるまれ、駅待合室の半分は使用禁止 - 05月19日(火)04:45 

パリ市民は8週間ぶりに、外出証明書を持たずに街に出ることができるようになった。
カテゴリー:

フランス、55日ぶりに外出禁止措置解除 - 05月12日(火)05:59 

 フランスでは、新型コロナウイルスの感染拡大でおよそ2か月にわたって続けられていたロックダウン=都市封鎖が終了し、外出禁止措置が解除されました。 フランスでは11日から、外出許可証無しで、100キロまでなら移動が可能となり、街に人が戻ってきていました。  「午前8時のメトロの中です。それほど混雑はしていませんが、今日からマスクをしなければなりません」(記者)  公共交通機関ではマスク着用が義務となり、違反すれば罰金が科されます。密接を避けるため、地下鉄では座席が半分程度しか使えないようになりました。また、小売店の営業が許可され、パリ市内の書店では客に消毒をしてもらい、店員がフェイスガードをつけて接客するなど、感染防止策をとって再開しています。  「お客さんがたくさん来てくれてびっくりしました。安全対策を守りながらお客さんを迎えられて、うれしいです」(書店店主)  フランスは今年、GDPがマイナス8.2%になると予測されていて、経済の回復が今後の大きな課題となっています。
カテゴリー:

「パリ市のマスク」が、アベノマスクより良さそうだと話題。めっちゃ高いのにおかしいだろ、涙が出てきたわ。  - 05月26日(火)13:48  poverty

千々岩英一@EiichiChijiiwa パリ市提供の無料マスク。60度の高温で20回まで洗えるらしい。 欧州の洗濯機はやろうと思えば95度まで設定できるのだが、恐ろしくて40度以上に上げたことなし。 2020年5月25日 ...
»続きを読む
カテゴリー:

母ちゃん(享年91)が死んで、両親とも死んで晴れて無敵の人になったんだが、なにすればいい? - 05月23日(土)22:16  poverty

https://digital.asahi.com/articles/ASN446R9SN41UHBI01L.html 持病ない10代が突然…欧州で相次ぐ死亡例、WHO警鐘 新型コロナウイルスが猛威を振るう欧州で、10代の若者が感染して死亡する例が続いている。いずれもまれな例とされているが、高齢者や持病のある人だけが重症化するという「固定観念」に油断しないよう、世界保健機関(WHO)も注意を呼びかけている。 医師は「大丈夫だ」と言ったが…  フランスで16歳の女性高校生が新型コロナウイルスに感染して亡くなったのは3月25日未明のことだった。パリ郊外で暮らしていたジ...
»続きを読む
カテゴリー:

パリ、コロナ前の日常は遠く… 約2カ月ぶりに外出制限解除も市民は懸念 - 05月13日(水)15:30 

花の都の輝きは戻らず…。3月17日から続いていた新型コロナの外出制限が解けたフランス。パリ市民は11日、久しぶりに外出の「自由」を味わった。友人と早速集まる若者…
カテゴリー:

「パリ市」の画像

もっと見る

「パリ市」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる