「パラビジネス」とは?

関連ニュース

日本初出店!高級チョコ量り売り - 02月25日(火)20:44 

『日本初出店!高級チョコ量り売り』動画はこちらイタリアでは知らない人がいないと言われている老舗高級チョコレート店が、日本に初出店。高級店には珍しいちょっと変わった売り方で日本での市場拡大を狙います。2019年12月12日に東京・銀座にオープンしたイタリアの高級チョコレート店「Venchi(ヴェンキ)」。店内には90種類以上のチョコレートと16種類のジェラートが並びます。高級店には珍しく、40種類以上のチョコレートの中から好きなものを選んで買える「量り売り」をしています。チョコレートはどれを選んでも1グラム17.3円です。1878年にイタリア・トリノで開業したVenchi。現在では世界各国に100を超える直営店があり、70カ国に輸出しています。そんなVenchiが、いま日本に進出する理由には、日本のチョコレート市場にありました。日本のチョコレート市場は継続的に伸びていて、なかでも高級なものが人気で平均単価が上がっています。Venchi成功のカギは、ジェラートとのシーズン戦略にあります。夏に売れるジェラートと、冬に売れるチョコレートの両方を販売することで閑散期をなくす狙いがあります。ヴェンキ・ジャパンの藤本哲平取締役は「ジェラートは大人が自分のために食べるのに非常に良いデザートなので、ジェラートで"ごほうび需要"を開拓していきたい」と話します。『日本初出店!高級チョコ量り売り』動画はこ...more
カテゴリー:

「地方の絶品パン」を冷凍宅配 - 02月20日(木)19:29 

『「地方の絶品パン」を冷凍宅配』動画はこちら高級食パンがブームになるなど、全国でパンの需要が増えています。そんな中、地方のベーカリーが作るパンを東京都心のオフィスに届ける新たなサービスが始まりました。このサービスは、冷凍パンの宅配(1個250円・税抜・送料別)で、月替わりで最大8種類のパンがオフィスに届きます。宅配サービスを手掛けているのは、冷凍パンメーカーに勤務していた矢野健太さんが立ち上げたベンチャー企業「パンフォーユー」。"高級パン"ブームでパンの需要が増える中、都心のオフィス近くにはベーカリーが少ないことに着目しました。クオリティーや価格の面でこだわった地方のベーカリー15店舗とすでに契約していますが、サービスの拡大に向け常に新たな店を探し歩いています。矢野さんが訪れたのは、前橋市で80年以上続く「松田製パン店」。地元の幼稚園などに卸売りしていますが、人口減少で将来的に売り上げの低下が懸念されることから、新たな販路を期待してパンフォーユーと契約を結びました。矢野さんは「都心には、おいしいパンを食べたことがない人がかなりいるので、冷凍パンの流通で知ってもらいたい」と言います。『「地方の絶品パン」を冷凍宅配』動画はこちらこの映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年12月4日放送)の内容を配信用に再構成したものです。テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっ...more
カテゴリー:

"マグロ"が食べられなくなる!? - 02月18日(火)20:24 

『"マグロ"が食べられなくなる!?』動画はこちら日本人が大好きな「マグロ」。しかし今、その数が激減しています。いったい何が起こっているのか?そこには知られざる実態が存在していました。東京の新たな台所、江東区の豊洲市場。指折りのマグロ仲買人である藤田浩毅さんは、マグロの取引の量について異変を感じているひとりです。藤田さんは「量はものすごく減っているが、何が影響しているか分からない」と語ります。2018年、11月。大間のマグロ漁は最盛期をむかえていましたが、漁師たちの表情には厳しいものがありました。マグロ一筋40年というベテラン、マグロ一本釣り漁師の泉徳隆さんは2カ月の間、漁に出るものの、1本もマグロが釣れていなかったのです。「以前は、水面で泳いでいるマグロを見ながら漁をしていたが、今は水面のマグロを見ることはない」と言います。2018年大間のマグロ水揚げは、前年から6割も減っていました。近年、日本近海で獲れる太平洋クロマグロは、乱獲などの影響もあり漁獲量が激減してしまいました。そこで水産庁は2018年7月から罰則を伴う漁獲規制をスタートさせ、漁法ごとに漁獲量の枠を決めました。 そんな中、まき網船の一大拠点と言われる鳥取・境港市では、7月初旬のセリで約600本ものマグロがセリに並んでいました。漁獲量が減少する中で、これほどの数を獲ることができるのは、産卵のために浮かび上がったところを網...more
カテゴリー:

日本の「生卵」が海外で大人気 - 02月13日(木)19:05 

『日本の「生卵」が海外で大人気』動画はこちら日本人の食卓に欠かせない「生卵」が海外で人気を集めています。なぜなのでしょうか?多くの外国人バイヤーが集まった"日本の食品"輸出EXPO。2019年2月にグアムへ初めて生卵を輸出したエムイーシーフーズは温泉卵を出品しました。実は日本の殻付き生卵の輸出は、2018年までの5年で約6倍に増加しています。海外ではサルモネラ菌を警戒し生卵を食べる習慣はほとんどありませんが、日本では菌の発生を極限まで抑えた環境で収穫されるため、"安全な日本の卵"が人気になっているのです。さらに海外への販路拡大に向け、エムイーシーフーズが新たに力を入れているのが"液卵(えきらん)"です。殻付き卵より輸送コストを抑えることができるだけでなく、利用者が卵の殻などゴミを出さないで使えるというメリットがあるといいます。現在、液卵は国内の菓子メーカーなどに卸されていますが、冷凍すれば賞味期限が1年半までのびるため、今後はアジアにもマーケットを広げる予定です。エムイーシーフーズの石井成年取締役は「日本の技術を喜んでくれる人へは惜しみなく輸出したい」と語ります。『日本の「生卵」が海外で大人気』動画はこちらこの映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年11月27日放送)の内容を配信用に再構成したものです。テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!...more
カテゴリー:

"人類最速の男"ボルトの新ビジネス - 02月11日(火)22:34 

『"人類最速の男"ボルトの新ビジネス』動画はこちらオリンピックで8個の金メダルを獲得。"人類最速の男"ウサイン ボルトさんがビジネス界に進出しました。ボルトさんは、自らの名前をブランド名につけた電動キックボード「ボルト・モビリティー」を発表しました。「今一番の目標は、このブランドを成功させること。初めて企業に参加する大きな仕事だ」と話します。両足を前に向けられるため、体が正面を向き自然な体勢で安定して乗ることができます。服装を気にしないで乗れる手軽さも魅力のひとつです。ハンドル部分には、ドリンクホルダーやスマホ入れなども付いていて、快適な乗り心地を追求しています。日本では原付バイク扱いになるため、まずは免許のいらない企業や学校の私有地でシェアサービスを展開していく考えです。ボルトさんは、引退後初めて取り組む事業に"電動キックボード"を選んだ理由を「人にやさしく、誰にとっても安全に作られていること。車の利用を減らし環境にも良いというのが重要だった」と話します。『"人類最速の男"ボルトの新ビジネス』動画はこちらこの映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年11月15日放送)の内容を配信用に再構成したものです。テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。(C)テレビ東京パラビジネス...more
カテゴリー:

顎乗せクッションで仕事がはかどる!? - 02月21日(金)18:12 

『顎乗せクッションで仕事がはかどる!?』動画はこちら東洋紡が"顎を置くクッション"を開発。デスクワークをする人は、楽な姿勢で集中力を持続させることができるようになります。厚生労働省が定めたガイドラインによる、パソコンなどを使った作業時の正しい姿勢があります。しかし、集中すると前のめりになりがちで、正しい姿勢を保つことは意外と難しいもの。前のめりのままでも作業ができるように、東洋紡が顎を置くクッション「ダクノ」を開発しました。机に引っ掛けるへこみが3段階あり、座高に合わせて自分に合った姿勢をキープできます。素材には、寝具や新幹線のシートにも使われる、耐久性に優れたクッション材が使われています。このクッション材を顎に当てることで、尻や腕にかかる荷重が机に分散。負荷なく楽に作業ができます。『顎乗せクッションで仕事がはかどる!?』動画はこちらこの映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年12月2日放送)の内容を配信用に再構成したものです。テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。(C)テレビ東京パラビジネス 1月人気ランキング1位 ガイアの夜明け 朝食で新発見する台湾2位 花王 "人工皮膚"技術でスキンケア家電3位 「乗り心地」追求 東海道新幹線の新型車両4位 カップヌードル「謎肉...more
カテゴリー:

国産より3割安い カナダ産ポーク - 02月19日(水)18:04 

『国産より3割安い カナダ産ポーク』動画はこちら東京・渋谷区の「代官山ハイライフ ポーク テーブル」は、ハーブや麦を食べさせた日本人向けの三元豚カナダポークを輸入し提供している専門店です。TPP発効前は4.3%だった豚肉の関税が、2019年には1.9%まで引き下げられました。店を手掛けるハイライフ ポーク ジャパンは、カナダポークの輸入量を2018年比で10%増やしたといいます。「TPPの効果はあった。生産コストがカナダのほうが約3分の1安いので、国産豚肉と同等の品質のものでも約3割安く提供できる」とシニアアカウントマネージャーの佐藤善紀さん。渋谷区のスーパーでは、豚肉エリアの半分弱をカナダ産が占めていました。ロースの切り身100グラムあたりの値段は、国産248円に対してカナダ産は168円。今後、日米貿易協定が承認されれば、アメリカ産の関税もTPP加盟国と同じ水準まで引き下げられるため、競争激化による消費者への恩恵が期待できそうです。『国産より3割安い カナダ産ポーク』動画はこちらこの映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年11月29日放送)の内容を配信用に再構成したものですテレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。(C)テレビ東京パラビジネス 1月人気ランキング1位 ガ...more
カテゴリー:

国産バナナ 雪国ほど甘い!? - 02月14日(金)19:16 

『国産バナナ 雪国ほど甘い!?』動画はこちら南国でしか育たないと思われていたバナナの栽培が日本全国に広がっています。秋田では雪国バナナも登場しています。東京・台東区谷中の商店街では、国産のバナナだけを扱う店「国産バナナ研究所」が人気になっています。輸入バナナとは風味が違い、「濃厚なのにさっぱりしていておいしい」というバナナジュースは一杯420円以上。熱帯地方でしか育たないと思われていたバナナが、現在沖縄から北海道まで、日本全国20以上の市町村で栽培されています。秋田・美郷町では、外気温が5度の寒さでも温室の中でバナナを栽培。温室とはいえ夜間の室温は15度。しかし、寒暖差があるほどバナナは光合成が活発になり、おいしくなるといいます。「雪国バナナ」と呼ばれ、地元のスーパーでは1本800円という値段で売られていますが、すぐに売り切れるといいます。現在、菓子店と共同でバナナを使ったスイーツも開発中です。『国産バナナ 雪国ほど甘い!?』動画はこちらこの映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年12月5日放送)の内容を配信用に再構成したものです。テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。(C)テレビ東京パラビジネス 1月人気ランキング1位 ガイアの夜明け 朝食で新発見する台湾2位 花王...more
カテゴリー:

生ゴミが臭わない"冷やすゴミ箱" - 02月12日(水)20:18 

『生ゴミが臭わない"冷やすゴミ箱"』動画はこちらごみの収集日まで家に置いておかなければいけない生ごみ。時間がたつほど、臭いが気になりますが、このごみ箱があれば、そんな悩みも解決します。このごみ箱は、一見すると普通のごみ箱のようですが、 中の温度は、マイナス10度。 マイナス10度まで冷やすと生ごみが含む水分が凍り、シャーベット状になります。そのため、生ごみの臭いの原因となる微生物の活動がおさえられ、臭いがかなり軽減されるといいます。開発のきっかけは、ある家庭の悩みでした。冷凍庫や冷蔵庫を開けてみると、タッパーに生ごみが入っていました。実際に調査してみると、生ごみを冷凍庫に入れている人が意外と多いことがわかったのです。そこで、生ごみだけを冷やす、専用のゴミ箱を作りました。また、生ごみだけではなく、おむつ、ペットのトイレシー ト、 使い終わったマスクなど、衛生的に冷凍庫には入れられないごみも、凍らせて捨てることができます。2020年発売予定で値段は4万8,180円です。『生ゴミが臭わない"冷やすゴミ箱"』動画はこちらこの映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年11月25日放送)の内容を配信用に再構成したものです。テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。(C)テレビ東京パラビ...more
カテゴリー:

「自動調理家電」で手間いらず - 02月10日(月)17:58 

『「自動調理家電」で手間いらず』動画はこちら今、自宅でご飯を作って食べる「内食」の需要増加に期待が高まっています。自炊を後押しするため家電メーカー各社が動き出しました。シャープは、内食需要の拡大を受けて新商品を発表しました。「ほったらかしておいたはずなのに、まるで手間をかけてつくったような料理ができる」という、水のいらない自動調理鍋「ホットクック」の上位機種です。これまで主なターゲットだった ファミリー層だけでなく 少人数の世帯にも使いやすいように、よりコンパクトな作りになっています。さらに、2層構造になっており、一気に2つの料理が調理できます。鍋の下で汁物や煮物を作り、その蒸気を利用して、上のトレーでは蒸し物などを作ることができます。これなら手間なく、品数を多く作れます。少人数世帯の内食需要をこの新商品で囲い込む狙いです。神奈川県に住む2児の母、稲垣飛鳥さん。キッチンにはあるのは、最新のパナソニックのスチームオーブンレンジ「ビストロ」です。稲垣さんは、モニターとして、この商品を利用しています。インターホンが鳴り、自宅に届いたのは、食材セット。実はこれ、オーブンレンジ「ビストロ」で作る料理の食材を配達するサービス。パナソニックが食材宅配大手「ヨシケイ」と組んで、展開しています。ユーザーの自炊の手間を軽減させるために、生まれたこのサービス。ヨシケイが提供しているメニューの一部を「ビス...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「パラビジネス」の画像

もっと見る

「パラビジネス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる