「バイドゥ」とは?

関連ニュース

10代女子のお年玉の使い道、2位は「推し活動費」、1位は? - 01月26日(日)10:30 

バイドゥはこのほど、「もらったお年玉の使い道TOP10」を発表した。同調査は2019年11月18日~29日、10代女子977名を対象に、インターネットで実施したもの。
カテゴリー:

【¯\_(ツ)_/¯ 】2019年世界で最も多く使われた顔文字はコレ。でも日本ではランク外? その理由とは - 01月24日(金)18:36  newsplus

2019年世界で最も多く使われた顔文字はコレ。でも日本ではランク外? その理由とは    キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ株式会社が、世界16ヵ国を対象に2019年に最も使われた顔文字をランキング化した「世界の顔文字TOP3」を発表。  日本をはじめとする各国の顔文字トレンドを明らかにした。  同調査によると、2019年世界で最も多く使われた顔文字は“肩をすくめる”ポーズ。  調査を行った16ヵ国中なんと11ヵ国で第1位を獲得している。  しかしこの顔文字、カタカナの「ツ」が使われているにもかかわらず、日...
»続きを読む
カテゴリー:

【インバウンド】好きな日本の都道府県、観光地、グルメ、アニメは?訪日中国人の検索動向ランキング - 01月23日(木)12:24  newsplus

(ランキング調査期間:2019年1月1日から12月15日まで) いまや日本中、どこの観光地に行っても聞こえてくる中国語と思しき話し声。近年、中国人観光客が増加していると言われている。彼らはいったい、何にひかれて、巨大なスーツケースを引きながら我々の国へやってきているのだろうか? そんな訪日中国人の日本への興味・関心事が見て取れる「訪日中国人の検索動向ランキング」がこのほど、バイドゥ株式会社により発表されたので、紹介していきたい。 ※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることがで...
»続きを読む
カテゴリー:

アップル 競合他社を妨害か? 忘れ物防止タグを開発・販売する米Tileが証言 - 01月20日(月)12:58 

忘れ物防止タグを開発・販売する米Tileは、米下院議会の反トラスト(独占禁止法)小委員会での聴聞会にて、アップルが競合他社を妨害するためにどのように影響力を行使したかを証言したと報じられています。その中でTile側は、Find My(日本名は「探す」)アプリが自社の忘れ物防止アプリより優遇を受けていること、アップルの未発表製品であるAirTag(忘れ物防止タグ)への懸念や、自社がiPhoneのハードウェアへのアクセスに制約を受けているなどを訴えたと伝えられています。Tileは元々、長年にわたってアップルの恩恵を受けていた経緯があります。2015年からApp Storeに専用アプリを配信しており、アップル直営店でもTileのタグ製品が販売されるなど、両社は蜜月関係にありました。しかし米Washington Postによると、アップルがiOSに「私たち(Tile)のサービスに似たもの」を組み込んだこと、具体的には見失ったデバイスを探すアプリFind Myの強化を進めたために、関係は悪化したとのこと。ロイター通信の報道では、「深い思慮と、通常のチャンネルを通じアップルに伝えてから数ヶ月後、Tileはアップルの反競争的な慣行に対する懸念を訴えようと決意した」という事情が伝えられています。Tile側の訴えは、1つには上述のFind Myがデフォルトで位置追跡が有効になっているのに対して、競合...more
カテゴリー:

中国人の好きな投資トップ3は株、不動産、保険 〜若者はデジタル資産が首位 - 01月15日(水)05:30 

バイドゥ(百度)傘下のフィンテック企業「度小満金融」などが1月13日に発表した「2019年コクミン投資理財情緒指数報告」によると、中国人の関心が高い投資トップ3は「株式」「不動産」「保険」だった。2019年前半は4位以下だった保険に対する関心が急激に高まっている。
カテゴリー:

2019年世界で最も使われた顔文字はこれ - 01月24日(金)19:27  poverty

2019年世界で最も多く使われた顔文字はコレ。でも日本ではランク外? その理由とは キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ株式会社が、世界16ヵ国を対象に2019年に最も使われた顔文字をランキング化した「世界の顔文字TOP3」を発表。 日本をはじめとする各国の顔文字トレンドを明らかにした。 同調査によると、2019年世界で最も多く使われた顔文字は“肩をすくめる”ポーズ。調査を行った16ヵ国中なんと11ヵ国で第1位を獲得している。 しかしこの顔文字、カタカナの「ツ」が使われているにもかかわらず、日本ではランク外...
»続きを読む
カテゴリー:

バイドゥ、AIの堅牢性を高めるためのツールボックス「Advbox」の取説を公表! - 01月24日(金)07:00 

画像認識をはじめとする多くのAIモデルには、ほんの小さなノイズを紛れ込ませるだけでだまされてしまう脆弱性(アドバーサリアル・エグザンプル:Adversarial Examples)が発見されている。例えば、ビル・ゲイツの顔画像に特殊なピクセルを混入することで、AIはマイケル・ジョーダンと認識してしまい、我々人間にはわからない。 こうした脆弱性を悪用されないために、AIシステムの脆弱性の把握やパラメーターチューニングなどを行うのがベターだろう。Baidu(バイドゥ)は以前から脆弱性対策のための「Advbox」を公開しており、最近論文で同ツールボックスの説明を公表した。 ・アドバーサリアル・エグザンプルを生成できる アドバーサリアル・エグザンプルでは、PyTorchやTensorFlow、Caffe2……なんかの多くのフレームワークで作成したモデルをだますことができ、Advboxはこれらのフレームワークをカバーしているという。 同様の目的のツールキットには、CleverHandsやFoolboxなどがあるが、Advboxはこれらが未対応の、クラウドベースのMLサービスにも対応済みだ。 攻撃による堅牢性を高めることを目的として、6種類のアルゴリズムにより、実際にアドバーサリアル・エグザンプルを作り出すことができる。防衛アルゴリズムも6種類含まれているほか、検出ツールやモデルの堅牢性を評価...more
カテゴリー:

中国が正月用品のグローバル調達モードを開始 - 01月21日(火)17:29 

正月用品の調達は、毎年の春節(旧正月、今年は1月25日)でとても重要な一種の伝統行事だ。百度(バイドゥ)の春節ビッグデータ報告をみると、今年の正月用品をめぐる最大の変化は「舌の上のグローバル化」、「消費のさらなる多様化」であることがわかる。 ...
カテゴリー:

インフォキュービック・ジャパン、中国の検索エンジン百度より、国内唯一5度目の「優秀代理店」認定 - 01月15日(水)10:00 

海外デジタルマーケティングの支援を行う株式会社インフォキュービック・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:山岸ロハン、以下インフォキュービック)は、2019年12月20日(金)、中国最大の検索エンジンを提供する「百度」(北京百度網訊科技有限公司、Baidu, Inc. バイドゥ、以下 百度)の日本法人である「バイドゥ株式会社」(以下 バイドゥ)より2019年度「優秀代理店」に認定され、記念のクリスタルトロフィーを拝受しました。■ 実質5年連続・5度目の「優秀代理店賞」受賞本賞は、「百度リスティング広告」「百度アドネットワーク広告」「百度インフィード広告」といった「百度広告」の販売実績とそれらの運用・オペレーション実績などを総合的に評価し、特に優れた代理店に授与されるもので、2019年は「バイドゥ」の基幹代理店から4社が選ばれました。中でも、弊社「インフォキュービック・ジャパン」の受賞は2015年から2017年の「最優秀代理店」の受賞に続き、2018年、2019年と、実質5年連続・5度目の受賞となります。 ※2018年からは「優秀代理店」のみの授与となりました。弊社では今後も、日本企業の中国向けデジタルマーケティング活動を包括的にサポートして参る所存です。■百度日本法人「基幹代理店について」https://www.baidu.jp/info/ad/agency.php ■バイドゥ...more
カテゴリー:

訪日中国人が最も検索した観光キーワード2019、都道府県トップは「北海道」、分野別では「河口湖」「浅草寺」「うどん」が1位に - 01月14日(火)14:16  newsplus

(2019年1月1日から12月15日の期間調査) 中国の検索エンジン最大手の百度(バイドゥ)は、2019年訪日中国人のバイドゥ検索動向ランキングを発表した。このランキングは、都道府県、観光地・名所、グルメ、アニメの4分野について、2019年1月1日から12月15日の期間、日本でバイドゥ検索を利用したユーザーの検索データに基づくもの。 都道府県別では、北海道が初の1位となった。中国では、2022年に北京オリンピックを控え、国策としてウインタースポーツ人口の拡大に注力していることから、日本でのスキー体験への関心が高いという...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「バイドゥ」の画像

もっと見る

「バイドゥ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる