「ハードフォーク」とは?

関連ニュース

イーサリアム大型アップデートも価格形成に影響せず。仮想通貨投資も本質の見極めが必要なフェーズへ - 12月11日(水)13:51 

大規模アップデート「イスタンブール」を終えたイーサリアムは、150ドル以下の価格で推移を続けている。下落トレンドが続く中、投資家もアップデートに対する興味関心が薄れていることが見て取れる。 イーサリアムは150ドル近辺で取引が続いており、152ドルに大きな抵抗ラインが存在している。ビットコインが8,000ドルに向かって動き始めたことを受け、イーサリアムも同様に勢いを増していることが見て取れる。 2018年まではハードフォークによって価格が大きく変動することも多かったが、最近ではこうしたイベントが価格形成に与える影響は軽微なものだ。価格が変動したとしても後から振り返れば一時的なものであったりと、イベントに一喜一憂するよりも本質的な側面で投資を検討する必要があることが仮想通貨マーケットでも一般的になってきている。 【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
カテゴリー:

イーサリアム、ハードフォーク完了。次回1月のカウントダウンも開始 〜ほとんどの仮想通貨交換所がETHの入出金を再開 - 12月09日(月)13:42 

Ethereumは12月8日、ハードフォーク「イスタンブール」を完了した。Ethereumのネットワーク状況を集計するethernodes.orgによると、12月9日13時時点でネットワーク上のノードの96.4%が同バージョンに対応済みだ。同ハードフォークに伴いETHの入出金を一時停止した国内の仮想通貨交換所も、ほとんどがサービスを再開している。
カテゴリー:

イーサリアム、ハードフォークまであと2日。過半数のノードが未対応 〜年頭のブロック生成難度調整までマイナー中心に更新を見送りか - 12月06日(金)12:13 

Ethereumは日本時間12月8日頃、第906万9000ブロックで「イスタンブール」ハードフォークを実施する予定だが、ethernodes.orgによると、期日まで2日を切った現時点で稼働中のノードの過半数がクライアントの更新を行っていない。
カテゴリー:

イーサリアム、2020年初頭にもハードフォークを計画 〜第920万ブロックを予定。迫る氷河期対策でブロック生成時間を調整 - 12月05日(木)12:35 

Ethereumのハードフォーク「イスタンブール」が12月8日前後に迫る中、2020年1月6日前後にもう1つのハードフォークを行う計画がある。イスタンブールの実施は当初、12月4日を目処に第906万9000ブロックを分岐点に決定した。だが、目標日からは4日分もズレが生じている。ここにはブロック生成時間の増加が関係する。
カテゴリー:

仮想通貨取引所ビットフライヤー、ビットコインSVに相当する日本円付与を決定【ニュース】 - 12月04日(水)18:15 

仮想通貨取引所ビットフライヤーは4日、過去のハードフォークによって生じたビットコインSV(BSV)に相当する日本円をユーザーに付与すると発表した。
カテゴリー:

仮想通貨ビットコインは8200ドルの強気シナリオなるか|ハードフォーク終えたイーサリアムは安定【仮想通貨相場】 - 12月09日(月)19:22 

9日、18時30分のビットコインは7400ドル近辺で推移している。ハードフォークを終えたイーサリアムは9日の午後17時ごろに下落したが大きな変動はなく安定している。
カテゴリー:

仮想通貨イーサ、ハードフォーク後も安定した推移【ニュース】 - 12月09日(月)07:40 

イーサリアムのハードフォーク「イスタンブール」が906万9000ブロックで実行された。イーサ保有者やネットワークへの影響は報告されておらず、イーサ価格への影響も限定的だ。
カテゴリー:

イーサリアム「イスタンブール」ハードフォークは12月8日早朝の予定 〜国内交換所14社が仮想通貨ETHの入出金を一時停止する方針を明らかに - 12月06日(金)08:58 

Ethereum(ETH)のアップデート「イスタンブール」(Istanbul)は、日本時間12月8日の早朝に予定されている。記事執筆現在、国内の仮想通貨交換所の14社はETHのハードフォークに伴い、一時的にETHの入出金を停止する方針を明らかにしている。
カテゴリー:

イーサリアムのハードフォーク、国内交換所12社が対応を発表 〜仮想通貨ETHの入出金を12月8日前後に一時停止予定 - 12月05日(木)06:00 

Ethereum(ETH)のアップデート「イスタンブール」(Istanbul)に向け、国内の仮想通貨交換所が対応方針の告知を開始した。すでにbitbank、BTCBOX、BITPoint、DMM Bitcoin、TAOTAO、Coincheck、楽天ウォレット、ディーカレット、BITMAX、Zaifが入出金の停止の予告を報告済みだが、新たにVCTRADE、GMOコインのETHのハードフォークへの対応が明らかになったので、続報として報告をする。
カテゴリー:

bitFlyer、ビットコインSV付与を現物ではなく日本円で実施 〜2018年にビットコインキャッシュからハードフォークした仮想通貨BSV - 12月04日(水)18:04 

bitFlyerは12月4日、同社が運営する仮想通貨交換所bitFlyerにて、Bitcoin Cash(BCH)のハードフォークで生じたBitcoin SV(BSV)を日本円に変換して付与することを発表した。ハードフォークが行われた2018年11月16日時点でのBCH保有額を参照し、諸経費を差し引いて算出した付与額に基づいて日本円を付与するとのこと。2019年12月末と2020年3月の2回に分けて行うとしている。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ハードフォーク」の画像

もっと見る

「ハードフォーク」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる