「ハードウェア」とは?

関連ニュース

塩粒サイズのマイクロカメラが開発される!「鮮明な画像も撮影可能」 - 11月30日(火)17:00 

Credit:Princeton University,Researchers shrink camera to the size of a salt grain(2021) 全ての画像を見るマイクロカメラは、人体の問題を発見したり、超小型ロボットの感知器として機能する大きな可能性を秘めています。 しかし、非常に狭い範囲の視野しか確保できないマイクロカメラは、非常にぼやけた画像しか撮影することができませんでした。 米国プリンストン大学とワシントン大学の研究チームは、新たな研究でこの技術を大きくアップデートさせ、塩粒サイズのカメラで50万倍のサイズがある従来のカメラと同等の鮮明なフルカラー画像を撮影することに成功しました。 研究の詳細は、11月29日付でオープンアクセスジャーナル『Nature Communications』に掲載されています。 目次 鮮明な撮影を可能にする超小型カメラ 鮮明な撮影を可能にする超小型カメラ 今回研究されている超小型カメラ(マイクロカメラ)は、ハードウェアの設計と画像処理ソフトを共同で設計することで、病気の診断や治療目的で利用される医療用ロボットの目に利用することが想定されています。 現在、体内の問題を診断するためには、胃カメラや内視鏡などを利用しますが、これは患者に苦痛が伴ったり、侵襲的な方法で体に潜り込ませなければならないなどの問題があり...more
カテゴリー:

指先に貼る絆創膏型発電機、発汗や押す動作で発電 - 11月30日(火)13:34 

米カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームは、バンドエイド型の発電デバイスを開発したという。この「A passive perspiration biofuel cell: High energy return on investment」は指の腹に装着し、汗をかいたり、圧力をかけたときに少量の電気を生み出すそうだ。生成した電気は小さなコンデンサに蓄えられ、必要に応じて他の機器に放電できるとのこと。実験では1時間のタイピングやマウスのクリックで約30ミリジュールのエネルギーを収集したとしている(ITmedia)。 すべて読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 電力 | 関連ストーリー: 南オーストラリア州で一時、電力需要がマイナス38MWまで低下 2021年11月25日 中国、今後15年で150基の原発を新設へ。投資額は4400億ドル 2021年11月12日 この冬の電力需給、過去10年間で最も厳しい見通し。西日本はラニーニャ現象で厳冬の可能性 2021年10月27日 昼夜の発電費用の差が大幅に縮小、中部電力ミライズが一部メニューで料金を改定 2021年10月20日 インドで電力不足の懸念、石炭在庫が3日未満に。日本でもガ...more
カテゴリー:

AWSが新しいロボットフリート管理支援プログラム、ロボティクスアクセラレーターを開始 - 11月30日(火)09:00 

AWSのフラッグシップカンファレンス「re:Invent」の開幕にあたり、クラウドコンピューティングの巨人である同社は米国時間11月29日、大規模なロボットフリートの共同作業を支援するアプリケーションを構築するための新サービス「AWS IoT RoboRunner(IoTロボランナー)」を発表した。この新サービスは、Amazon(アマゾン)が自社の倉庫で利用しているようなロボットフリートを運用するために必要な、作業およびフリート管理アプリケーションを構築するためのインフラを提供することを目指している。 また、同社は新しいロボティクスアクセラレータープログラムを発表した。 RoboRunnerは、さまざまなメーカーのロボットと統合するアプリケーションの構築や、アプリケーションのライフサイクルの管理を支援する。AWSは、現在、異なるベンダーのロボットを単一のシステムに統合することは困難であり、企業はロボットを管理するために多くのサイロを抱えていると論じている。 画像クレジット:AWS RoboRunnerは開発者に対して、フリート全体の集中的なデータリポジトリを提供するとともに、特定の施設内のすべての目的地をモデル化するためのレジストリや、これらのロボットが実行するすべてのタスクを記録するためのレジストリを提供する。 このサービスがターゲットとしているのは、無人搬送車、移動ロボット、ロ...more
カテゴリー:

デジタルハーツ、セキュリティ監視サービスが高く評価され『Enterprise Security Magazine』の「2021年APAC市場マネージドセキュリティサービスプロバイダーTop10」に選出 - 11月29日(月)16:30 

株式会社デジタルハーツホールディングス(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:二宮 康真、東証第一部:証券コード3676)の子会社である株式会社デジタルハーツ(以下、「デジタルハーツ」)が、サイバーセキュリティ専門誌『Enterprise Security Magazine』の「2021年APAC市場マネージドセキュリティサービスプロバイダーTop10」に選出されましたので、2021年11月29日にお知らせいたします。 近年、新型コロナウイルス感染症拡大等を背景に、リモートワークをはじめとする働き方の多様化が急速に進展しており、企業が有する情報資産を守るためのエンドポイントセキュリティに対する重要性が今まで以上に高まっています。その一方、日本国内においてはセキュリティ人材不足が深刻化しており、自社の人的リソース・知見だけでは十分な対策を講じることができない企業も多く、社会的な課題となっております。 デジタルハーツでは、セキュリティ検査・監視、人材育成といった様々なセキュリティサービスを提供しています。なかでも監視サービスにおいては、業界トップレベルのセキュリティエキスパートが率いる「DH-SOC (Security Operation Center)」を立ち上げ、顧客企業におけるエンドポイントセキュリティの運用負荷を低減・最適化できる「DH-MDR(※1)」サービスを提...more
カテゴリー:

上位のテック企業曰く、PCは生産性で選ばないと損をする - 11月29日(月)14:08 

Appleが10月末に「M1 PRO」などを搭載したMacBook Proを発売したが、シリコンバレーのテクノロジー企業は、この新型MacBook Proの上位モデルをUberやTwitterらはエンジニアに支給し始めたという。性能がもたらす価値から新MacBook Proは高くないとするのが彼らの主張だ(TECH+ )。 TECH+の記事によれば、PC性能が仕事効率に直結するエンジニアに限った話と考えがちだが、生産性のコストは規模の違いことあるものの、エンジニア以外の業務でも大きいという。高性能な機種と普及価格帯の機種で生じる生産性の差が5%だと仮定した場合、年収8万ドルの従業員の生産性が5%落ちると年間4000ドルの損失になるとされ、記事では、その仕事で最大の生産性を引き出せるデバイスを配布しないことにより起きる損失に比べると小さなコストであるとしている。 すべて読む | ハードウェアセクション | ビジネス | ハードウェア | Digital | 関連ストーリー: デジタル庁初の有識者会議で「不足するIT人材は移民で受け入れ」が提言される 2021年10月22日 テレワークの普及で働かない社員問題が顕在化 2021年08月10日 米国でテレワーク専門の管理...more
カテゴリー:

CO2排出量も抑えた自律走行ポッドとEVによる貨物輸送サービスのスウェーデンEinrideが米国進出 - 11月30日(火)16:15 

スウェーデンの運送テクノロジー企業Einride(アインライド)が米国での事業展開を開始すると発表した。同社は正式に、GE Appliances (GEアプライアンス)、ブリヂストン、Oatly(オートリー)などのパートナーと協力して、同社の輸送ソリューション(自律「ポッド」、電気トラック「Saga」オペレーティングシステムなど)のテストを開始する。 Einrideはまた、米国の道路事情と規制に対応した同社ポッドの米国版を導入することも発表した。さらには、造船所からのコンテナ輸送など、広範な運搬ニーズに対応するよう設計されたモジュール車両である平台型ポッドの導入も発表した。 Einrideは欧州で最大の電気トラック保有台数を誇る運送会社だ。運転席がなく、安全管理者用のスペースもない同社の自律走行ポッドも電気自動車だ。Kodiak Robotics(コディアクロボティクス)、TuSimple(ツーシンプル)、Waymo(ウェイモ)など、自律輸送分野の他の大手企業は、必ずしも電気自動車のみによるアプローチを追求していない。 「世界のCO2排出量の7~8%は陸上重量貨物輸送によるものです」とEinrideのCEO兼創業者のRobert Falck(ロバート・フラック)氏はいう。「Einrideを起業したのは、陸上貨物輸送の最適化と自律化をディーゼル車ベースで進めることで、却ってCO2排出...more
カテゴリー:

【コラム】量子優位性を量子「有用性」に置き換えるべき理由 - 11月30日(火)11:30 

量子コンピューティング業界の進化が続く中、ゴール設定もやはり進化している。 長い間追求されてきたのは、量子「超越性」を達成することだった。量子超越性とは、地球に存在する従来のコンピューターではなし得ない計算を、実際的な利益があるかどうかに関わらず、量子コンピューターが解くことができる、という意味である。 Googleは2019年、その画期的な学術論文で量子超越性を実証したと発表したが、IBMはこれに正面きって異議を唱えた。いずれにせよ、それは現実世界にはなんら実質的な関連性のないコンピューターサイエンス界での出来事だった。 Googleの発表以来、業界内では量子「優位性」を達成しようとする努力が多くなされている。これは関連するアプリケーションで最大のスーパーコンピューターの演算能力を超えることで、量子コンピューターのビジネス上または科学上の優位性を達成することである。 量子優位性は比較やベンチマークを行う上では、量子超越性よりも確実に有用であり、量子優位性が薬の開発、金融取り引き、バッテリー開発などにおける大きな進歩と関連付けられていることはよくある。 しかし、量子優位性という概念は重要な点に目を向けていないように思われる。私たちは、量子コンピューターのもたらす結果が実用性があるものかどうかわからないままに、100万量子ビットを備えた量子コンピューターがスーパーコンピューターを凌駕...more
カテゴリー:

Windows 10 November 2021 UpdateとWindows 10 Enterprise LTSC 2021提供開始、サポート期限とアップデート方法は要チェック - 11月30日(火)05:00 

Microsoftは、Windows 10の半期チャネルおよび長期サービスチャネルの最新バージョン「21H2」をリリースしました。ハードウェアや業務アプリ、周辺機器の互換性の関係でWindows 11にアップグレードできないPCは、今後も引き続きWindows 10を利用できます(SACバージョンは2025年10月14日まで)。
カテゴリー:

Microsoft、Windows 11評価版の仮想マシンを無償公開 - 11月29日(月)15:14 

あるAnonymous Coward 曰く、Microsoftは開発環境を含むWinows 11 Enterpriseの仮想マシンを無償公開した(Windows 10 の開発環境を取得する)。VMWare、Hyper-V、VirtualBox、Parallels用のファイルがダウンロードできる。VMにはWindows 11 Enterpriseの評価版、Windows 10 SDKバージョン2004、Visual Studio 2019、Visual Studio Code、WSL上のUbuntu、Windows ターミナルが含まれ、開発者モードが有効化されている。評価版の使用期限は2022年1月9日まで。 インポートして確認してみたが、少なくともVMware用の仮想マシンにはTPMが構成されていなかった。TPMのない構成は非サポートではなかったのだろうか。 すべて読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | Windows | 関連ストーリー: 企業で使われている Windows デバイスの半数以上が Windows 11 のシステム要件を満たさない 2021年10月04日 Windows 10 Insider PreviewのLinux GUIアプリ実行サポート、現時点ではHas...more
カテゴリー:

GMの自動運転部門Cruiseがロボタクシーを「どのように」実現するのかを発表 - 11月29日(月)13:30 

米国時間11月4日の夜、Cruise(クルーズ)の自律走行技術の詳細について語ったエンジニアたちがTesla(テスラ)の名前を口にすることはなかった。あるいはそうする必要もなく、明確なメッセージが伝えられたのだ。 GM(ゼネラルモーターズ)の自動運転部門であるCruiseが、極めて詳細な技術および展開ロードマップを発表した。これは高度な運転支援システムを搭載した車両を含め、人間が運転するどんな車両よりも安全で拡張性の高い自律走行車を同社がいかにして構築してきたかを誇示することを目的としたものである。 イベントでCruiseが自社の技術をアピールしていたのはもちろんだが(当然のことながら才能ある人材のリクルートのためでもある)、同時にこのイベントは自律走行車全般についての議論の場ともなっていた。木曜日に登壇したエンジニアやプロダクトリーダーらは、シミュレーションの利用方法や独自のチップなどのハードウェア開発、アプリや車両の設計などさまざまな要素を紹介してくれた。 「Under the Hood」とブランディングされたこのイベントは、2021年10月に開催されたGMの投資家向け説明会でCEOのDan Ammann(ダン・アマン)氏が、Chevrolet Bolt(シボレー・ボルト)の改良版を皮切りに、数年後には各目的に合わせた自律走行車Origin(オリジン)を何万台も展開して、商用の...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる