「ハリウッド映画」とは?

関連ニュース

アングル:五輪に満を持す五十嵐カノア、サーフィン界に新たな波 - 02月22日(土)08:08 

ハリウッド映画の台本から借用したような生い立ち、多方面にわたるカリスマ、デューク・カハナモクさえ感嘆しそうなサーフィンのスキルを持つ五十嵐カノアは、いま、五輪の金メダル獲得と、サーフィンというスポーツに新たな隆盛をもたらすチャンスを掴みつつある。
カテゴリー:

『ボーダーランズ』映画版が、ホラー映画『ホステル』シリーズなどで知られるイーライ・ロス監督を迎えて進行中? 開発会社CEOが告知ツイートを一時掲載 - 02月20日(木)16:50 

人気アクションシューティング『ボーダーランズ』シリーズがハリウッド映画化? 開発会社CEOのツイートが話題を呼んでいる。
カテゴリー:

フェフ姉さん、相撲大会に向け猛特訓!『月曜から夜ふかし』 - 02月14日(金)18:02 

2月17日のマツコ・デラックスと関ジャニ∞の村上信五がMCを務める『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系、毎週月曜23:59~)に、フェフ姉さんが出演する。同番組は、日本全国の気になることを深掘りしていくバラエティ。世間で密かに話題になっていることなどが書かれたカードを選び、そのカードに書かれたお題やカードの内容に沿ったVTRをもとに、マツコと村上が自由気ままなトークを繰り広げる。前回の『夜ふかし』スペシャルで、「女相撲大会」に参加したフェフ姉さん。“親方”に指導してもらったが惨敗し号泣した。フェフ姉さんの中で「相撲で勝ちたい」という気持ちがずっとあったという。そこで今回は、北海道で“中華鍋に座りながら手押し相撲”するというフェスに参加する。どうしても相撲で勝ちたいフェフ姉さんには並々ならぬ理由があった。フェフ姉さんが背負う“家族の思い”とは? 家族から言われたという言葉とは? 5月の相撲大会を目標に稽古がスタートする。すり足の稽古、技も教えてもらい、取り組みの練習に励むフェフ姉さんに密着する。「2020年ご当地問題を調査した件」では、「山手線で一番人気のない駅『駒込』問題」を調査。駒込の人たちは「田端よりマシ」というが……。また、以前「ニセコが高騰している件」を放送したが、まだまだ他にも物価が高騰してきている場所があるということで、今回は「白馬」を調査する。 ...more
カテゴリー:

「“選別”という発想に、優生学につながる恐ろしさがある」映画『AI崩壊』の入江悠監督に聞く - 02月13日(木)15:28 

1月31日(金)から公開された映画『AI崩壊』。ポスタービジュアルのキャッチコピーに「その日、AIが命の選別を始めた。」という言葉があるように、現代社会と人工知能(AI)がどう共存していくか、そしてそこにどんな問題が存在しうるかということがテーマとなっている。エンターテイメント映画でありながら、現代社会ともリンクしたサスペンス超大作だ。 「オリンピック後の世界はどうなっているんだろう」監督と脚本は、2009年公開の映画『SR サイタマノラッパー』で広く知られることになり、近年は『ビジランテ』(17)で地方都市のリアルを、『ギャングース』(18)では、社会の底辺で生きる若者たちを描いてきた入江悠が務めている。 「自主映画を撮り始めたころから、社会の中で生きている人を描きたいということは変わってないんですよ。もちろん、モチーフが変わったり、どの視点から見るかということは変化したりしたかもしれないです」そんな入江監督が、今回の題材に選んだのは人工知能(AI)だった。2030年という近未来の日本を舞台に、AIが人々の生活の中に普及した社会を描く。「世界的には人工知能を題材にした先行する映画として、『ターミネーター』や『2001年宇宙の旅』や『her/世界でひとつの彼女』もありましたが、日本で人工知能についての映画を作るには、日本映画で製作する意義が必要だと思いました。そ...more
カテゴリー:

市毛良枝、イッセー尾形の妻役で出演決定!『天国からのラブソング』 - 02月09日(日)09:46 

濱田龍臣が主演を務める、福岡放送開局50周年スぺシャルドラマ『天国からのラブソング』(FBS※福岡・佐賀)が、3月15日(日)15時から放送(※BS日テレ:3月20日19:00~)。このほど、市毛良枝の出演が決定した。本作は、視聴者からの超個人的な調査依頼を番組独自に解決する『ナンデモ特命係 発見らくちゃく!』(FBS:毎週月曜24:54~/KRY山口放送:毎週月曜25:24~)が発掘した感動の物語「天国からのラブソング」をスペシャルドラマ化。男子高校生・光井天星(濱田)と他界した祖父・浩(こう/イッセー尾形)が、様々な人の関わりを経て交流する物語を豪華キャストで描く。脚本を金沢知樹、いとう菜のは、演出を藤谷拓稔(FBS)が務める。 市毛が演じるのは、天星の祖母であり、浩の妻・康子。家族の大切さを思い出させてくれドラマを温かく包む……そんな市毛の優しい演技に注目だ。市毛からのコメントを以下に紹介する。<市毛良枝 コメント>「あなたの笑顔を生涯守ります」。プロポーズの言葉どおり、愛されるのが当たり前だった康子さんは、ついつい、浩さんを邪険に……。家族って近すぎて見えないこともあります。でも、愛しています。愛し方も愛され方も、人の数だけ存在します。本物のご家族とも交流ができ、楽しい福岡ロケでした。 関連リンク 塚地武雅、“夫”小澤征...more
カテゴリー:

楽天、ハリウッド映画製作を本格化 EC事業とのシナジー狙う - 02月21日(金)11:26 

楽天がハリウッド映画製作を本格化。動画配信サービスを強化する他、映画関連グッズの販売によってECサイトを活性化させる狙いがある。
カテゴリー:

日本は「欲張りな金持ちをちゃんと処罰する国」 海外のこの評価が変わったのは“あの時“だった - 02月17日(月)05:54 

逃亡後、1月8日にレバノンで約2時間半に渡って行われたゴーン被告の記者会見。日本メディアは一部を除いて取材拒否されたが、会見の様子は世界中で生中継された。 ゴーン被告を「主導権を握った」とするBBCの一方、「自らを称えるためのショー」とフランスメディアは報じ、海外メディアの反応は賛否両論だった。これまでのゴーン被告の事件を詳しく取材してきた1人であり、フリーランスで国内外メディアに執筆しているジェイク・エーデルスタイン氏にも、話を聞いた。関連記事:そして、ゴーン被告の顔色は白くなった。保釈中に面会したアメリカ人記者が伝えたこととはエーデルスタイン氏は日本の大手新聞社で長年記者として勤務し、警察への取材も経験しており、日本の司法事情にも詳しい。そんな彼は今回の会見を見て、「正々堂々と自分の決意となぜ逃げたのかを説得できるような説明だと思った」と話す。「この会見の目的は、無罪を説得することではなく、日本の司法制度を批判することで、逃亡することは仕方ない、と思わせること。それに関しては、会見後に世界が日本の司法制度の問題に注目し、日本国内でも注目されていることから大成功と言えるでしょう」 また、ゴーン被告の会見を受けて同日未明に法務省で開かれた会見では、森雅子法務大臣が『司法の場で無罪を「証明」すべきだ』と反論。この発言は、のちに「無罪を『主張』」を言い違えたとTwi...more
カテゴリー:

本上まなみ、“テヘペロ”に苦戦「そもそもウインクができないかも」『パパがも一度恋をした』第3話 - 02月14日(金)13:47 

小澤征悦が主演、塚地武雅(ドランクドラゴン)が“ヒロイン”を務めるオトナの土ドラ『パパがも一度恋をした』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第3話が、2月15日に放送される。「オトナの土ドラ」24作目にして初のコメディ作品となる本ドラマは「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載された阿部潤による同名コミックが原作。妻が亡くなって以来、ショックで3年間引きこもり中の山下吾郎(小澤)の前に現れた不審な中年男が実は吾郎を心配するあまり、けなげにもおっさんの姿になって生まれ変わってきてくれた妻・多恵子(本上まなみ)の姿だったという奇想天外なストーリーが魅力のラブコメホームドラマ。塚地は“おっさん多恵子”役で、キャリア初のヒロインを演じる。第2話では、吾郎を心配して現れた多恵子の生まれ変わり、おっさん多恵子を本気で愛そうとする吾郎の葛藤が、昭和の下ネタ全開、コメディ要素全開のストーリーで描かれた。そして第3話では、多恵子の父・十郎(山田明郷)が突然山下家にやってきたことで、吾郎はおっさん多恵子を連れて多恵子の実家を訪れる展開に……! 本作で塚地と“ダブルヒロイン”を演じている本上に、現場でのエピソードや、共演者についてなど今の思いを聞いた。――亡くなった多恵子さんがおじさんの姿を借りて蘇った、おっさん多恵子役の塚地武雅さんとの“W多恵子”が話題です。私は塚地さんが作ら...more
カテゴリー:

アカデミー賞を意識せず!? 独自路線の「おすBアワード」、受賞作は? | ananweb - マガジンハウス - 02月12日(水)20:30 

映画評論ユニット「お杉とB子」が今年も発表! 『おすBアワード2020<戦う男と闘う女>』です。令和初のおすBアワード! 傑作に祝福あれ!お杉:アカデミー賞は発表されたけれど、今年もやります。独自路線のおすBアワード。私の作品賞は『パラサイト 半地下の家族』と『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の同時受賞よ。B子:私は『ストーリー・オブ・マイ・ライフ わたしの若草物語』よ。誰もが知る小説を巧みに脚色し、女性の自立と経済などの現代的なテーマも盛り込んだグレタ・ガーウィグには、私から監督賞も差し上げます。お杉:女優陣もいいよね。グレタ作品に欠かせないシアーシャはもちろんのこと、今回の肝であるエイミー役のフローレンス・ピューといい、新たな切り口によって深みが増した。B子:グレタのキャラクター解釈を女優たちがきちんと咀嚼してるのよ。『レディ・バード』でも感じたけど、少女のときめきと迷える女心は永遠だなと思わせてくれる監督よね。お杉:ティモシー・シャラメがローリーっていうのは好みが分かれそうだけど、彼もまたグレタ組ですから。その空気感を楽しんで。B子:FOXニュースのCEOロジャー・エイルズのセクハラと闘った女性を描く『スキャンダル』も女優陣の快演が必見だよね。お杉:シャーリーズ演じるメーガン・ケリーがTV局内を案内するエネルギッシュなオープニングからわくわくしちゃう。ニコール・...more
カテゴリー:

タカアンドトシの“コンビ愛”に視聴者感激「涙止まらなかった」『アナザースカイII』 - 02月08日(土)10:56 

タカアンドトシが、2月7日に放送された『アナザースカイII』(日本テレビ系、毎週金曜23:00~)に出演。北海道・札幌へと向かった。タカが現地で「ここが僕たちのアナザースカイです」と番組恒例の決め台詞を述べるも「違うよね」とトシ。アナザースカイ=第二の故郷だが「(札幌は)俺らの地元だから原点だね」と訂正した。2人は出会った場所でもある札幌市立西岡北中学校へ。コンビを組むきっかけになったという保健室を訪れつつ「『保健だより』を読んでいる生徒がいたんですよ」と当時を再現。近距離でまじまじと保健だよりを見つめるトシに、タカは「おい三浦(トシの本名)、俺と漫才やんねーか?」と誘ったという。トシが何も聞かずに「うん、いいよ」と返した翌日から学校に行く際に、トシの家へ迎えに行くようになった。当時の心境について、タカは「コンビを組むからには仲良くならなきゃと思って」と話した。その後、ジンギスカン店へ。そこには、札幌芸人時代からの後輩・すずらん(山本貴之、シゲ)がいた。4人でのトークが大盛り上がりする中、子育ての話へ。子供ができると、教育をしなければならないため、自分も襟を正して生きていくことになり「子供ができて本当に教えられる人間ができる」とタカ。トシも「子供に言っているようで、自分に言っているのよ」と同調した。また、トシは仕事上、子供と過ごす時間が短いため、毎朝6時に起きて送り迎えをしているこ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ハリウッド映画」の画像

もっと見る

「ハリウッド映画」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる