「ノーベル文学賞」とは?

関連ニュース

今年ノーベル文学賞を受賞したハントケの本のタイトルがケモイズムをくすぐると話題に これは読みたくなる - 10月15日(火)18:39  poverty

sssp://img.5ch.net/premium/1051729.gif 読みたいだろ? ハントケさんのノーベル文学賞受賞 旧ユーゴのイスラム教徒が反発 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20191011/k00/00m/030/153000c ...
»続きを読む
カテゴリー:

ノーベル文学賞発表を担当、サラ・ダニウスさん死去 - 10月14日(月)00:08 

 ノーベル文学賞の選考団体・スウェーデン・アカデミーの元事務局長、サラ・ダニウスさんが12日、死去した。57歳だった。乳がんを患い、闘病していた。AP通信などが伝えた。 ダニウスさんは2013年にアカ…
カテゴリー:

村上春樹が激怒「毎年勝手に騒がれて大迷惑、そっとしといて欲しい」 - 10月13日(日)12:03  poverty

ノーベル文学賞のたびにがっかりされて...」 毎年「逃す」報道の村上春樹が「可哀想」 https://www.j-cast.com/2019/10/11369886.html?p=all ...
»続きを読む
カテゴリー:

<社説>2年ぶりノーベル文学賞 世界を意識し権.. - 10月13日(日)06:05 

<社説>2年ぶりノーベル文学賞 世界を意識し権威回復を
カテゴリー:

ハントケさんのノーベル文学賞受賞に怒りの声、「虐殺否定論者」の指摘 - 10月12日(土)13:52 

オーストリアの作家ペーター・ハントケさんにノーベル文学賞を授与した決定に反発の声が上がっている。旧ユーゴスラビア紛争当事国の関係者からは、「ジェノサイド(集団虐殺)否定論者」への授賞は「恥ずべき」ことだとの指摘も出た。 1942年生まれのハントケさんは、1990年代のユーゴ紛争を巡る発言や同紛争に絡み戦争犯罪で訴追されたセルビアの故ミロシェビッチ大統領と近い関係にあったことで批判を受けた。 2...
カテゴリー:

100年前に描かれた「百年後の日本」 #小松崎茂 #長岡秀三 #岡崎甫雄 #伊藤展安 #大野静方 - 10月15日(火)02:52  newsplus

特集「予測」という名の欲望 World Now 2019.10.13 https://globe.asahi.com/article/12786581 『事故0(ゼロ)のハイウェー』(1969年、小松崎茂氏)=「昭和ちびっこ未来画報 ぼくらの21世紀」より (略) 全身ピチピチの服を身につけ、車輪のないオープンカーで透明チューブのハイウェーを滑走する――。 (略) 子供たちに関心が高い「未来の学校」もたくさん描かれた。『コンピューター学校出現!!』(69年、小松崎茂氏)もその一つ。 (略) ■「すごい!」から「終末」「便利」へ (略) 『人間は、じぶんの...
»続きを読む
カテゴリー:

【ノーベル文学賞】<選考に批判>ハントケ氏受賞決定で ..セルビアをナチス・ドイツで迫害されたユダヤ人と重ねたりする発言を行い物議 - 10月13日(日)18:42  mnewsplus

ロンドン時事】10日発表されたノーベル文学賞の受賞者をめぐり、選考機関のスウェーデン・アカデミーが批判されている。  アカデミーは関係者の不祥事で混乱に陥り、昨年の同賞発表を断念。信頼回復に向けて改革の途上で、仕切り直しを期しての10日の発表だったが、批判が広まれば新たな「頭痛の種」を抱えることになりそうだ。  やり玉に挙げられているのは、受賞が決まった2人のうちの一人、オーストリア人作家ペーター・ハントケ氏(76)。ハントケ氏は1990年代の旧ユーゴスラビア紛争で一貫してセルビアを支持し、「人道に対す...
»続きを読む
カテゴリー:

<質問なるほドリ>ノーベル文学賞、どんな人が受.. - 10月13日(日)06:50 

<質問なるほドリ>ノーベル文学賞、どんな人が受賞? 初期は欧州男性に偏重、近年では多様性に配慮
カテゴリー:

【芸能】又吉直樹が新刊『人間』発売! 熱く語ったのは相方・綾部よりノーベル賞への思い? - 10月12日(土)20:56  mnewsplus

10月10日、芥川賞作家でお笑いタレントの又吉直樹が、最新刊『人間』の発売記者会見を都内で行った。 芥川賞を受賞し300万部超えのベストセラーを記録した処女作『花火』、2020年に映画公開される『劇場』に続く、3作目にして著者初の長編小説。新聞連載(『毎日新聞』夕刊にて2018年9月3日?2019年5月15日連載)としても初で、平成と令和の時代をまたぎながら執筆したものだ。 過去2作品では青春の真っただ中にいる若者たちの夢や挫折が描かれていたが、本作は執筆時の著者と同年齢となる38歳の男が主人公であり、青春の後もなお続...
»続きを読む
カテゴリー:

2019年のノーベル平和賞、エチオピアのアビィ首相が受賞 - 10月12日(土)13:32 

2019年のノーベル平和賞は、エチオピアのアビィ・アハメド・アリ首相が受賞した。授賞理由は平和と国際協力を実現するための尽力、とりわけ隣国エリトリアとの国境紛争を解決に導いた決定的な取り組み(プレスリリース)。 アビィ氏は2018年4月の首相就任時にエリトリアとの和平交渉再開の意思を示し、エリトリアのイサイアス・アフォルキ大統領と緊密に協力。両国間で長く続いた「和平なし、戦争なし」という膠着状態を終わらせる共同宣言を実現した。周辺各国間の和平と和解のプロセスにも重要な役割を果たしている。また、就任から100日の間に非常事態宣言の解除や政治犯への恩赦、検閲の取りやめ、反対政党の合法化、汚職の疑われる軍人・官僚の解任、女性の政治・社会参加の増大などを行い、自由で公正な選挙による民主体制強化も約束した。 エチオピアは多言語・多民族の国家であり、民族間の対立は最近も激化している。そのため、アビィ氏への平和賞授賞は時期尚早ではないかと考える人がいるのは間違いないが、ノルウェーノーベル委員会ではアビィ氏の尽力を賞し、激励するのは今だと考えているという。 エリトリアとの和平はアビィ氏が差し出した手をイサイアス氏が握らなければ実現しなかったように、いずれか一方だけで和平が実現できるものではない。そのため、2019年のノーベル平和賞はアビィ氏だけでなく、エチオピアや東アフリカ・北アフリカ地域で...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ノーベル文学賞」の画像

もっと見る

「ノーベル文学賞」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる