「ノーベル文学賞」とは?

関連ニュース

【地域】都営浅草線・西馬込…23区でも珍しい「座って通勤」の希少性 - 05月19日(火)21:40  newsplus

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。 総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、都営浅草線「西馬込」駅。 石坂洋二郎、川端康成…文化人に愛された街 「西馬込」駅は、東京都大田区に位置する、都営浅草線の始発駅で、駅の南側には浅草線の車両基地があります。1日の乗降者数は4.8万人ほどです。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ロ石炭大手社長に作家三男 ソルジェニーツィン氏 - 05月19日(火)15:51 

 ロシア石炭最大手のシベリア石炭エネルギー会社(SUEK)は18日、2004年から社長を務めてきたラシェフスキー氏の後任にステパン・ソルジェニーツィン氏(46)が就くと発表した。新社長は「収容所群島」などで知られるノーベル文学賞作家の故アレクサンドル・ソルジェニーツィン氏の三男。
カテゴリー:

【シンプルな生活に戻ってみる 作家 多和田葉子さ.. - 05月13日(水)22:19 

【シンプルな生活に戻ってみる 作家 多和田葉子さん】 全米図書賞を受賞し、ノーベル文学賞の候補と目されるようにもなった作家の多和田葉子さん。新型コロナの感染拡大で人々の行動や生活が大きく制限される中、多和田さんは「この機会にシンプルな生活に」と話します。
カテゴリー:

再注目されるカミュ『ペスト』 70年前の名著は驚くほど“コロナ時代”を予見していた - 05月10日(日)11:00 

 フランスのノーベル文学賞作家、アルベール・カミュの代表作「ペスト」(新潮文庫)が再び注目を集めている。新型コロナウイルスの感染拡大とともに世界中で関心が高まり、イギリスやイタリア、フランスなどでベスト…
カテゴリー:

ロ石炭大手社長に作家三男 ソルジェニーツィン氏 - 05月19日(火)16:01 

 ロシア石炭最大手のシベリア石炭エネルギー会社(SUEK)は18日、2004年から社長を務めてきたラシェフスキー氏の後任にステパン・ソルジェニーツィン氏(46)が就くと発表した。新社長は「収容所群島」などで知られるノーベル文学賞作家の故アレクサンドル・ソルジェニーツィン氏の三男。
カテゴリー:

ロ石炭大手社長に文豪の三男 ソルジェニーツィン氏就任へ - 05月19日(火)07:27 

 ロシア石炭最大手のシベリア石炭エネルギー会社(SUEK)は18日、2004年から社長を務めてきたラシェフスキー氏の後任にステパン・ソルジェニーツィン氏(46)が就くと発表した。新社長は「収容所群島」などで知られるノーベル文学賞作家の故アレクサンドル・ソルジェニーツィン氏の三男。
カテゴリー:

「タゴール・ソングス」が「仮設の映画館」で公開 インド、バングラデシュでも同時配信 - 05月12日(火)09:00 

非西欧圏で初めてノーベル文学賞を受賞した、ラビンドラナート・タゴールの歌曲の魅力に迫るドキュメンタリー映画「タゴール・ソングス」が5月12日正午から、配信での鑑賞料金を劇場に分配するサービス「仮...
カテゴリー:

「ノーベル文学賞」の画像

もっと見る

「ノーベル文学賞」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる