「ノンフィクション」とは?

関連ニュース

【遊び心】 架空の喫茶店マッチが話題のMBSアナ、レトロブームへの思い - 06月16日(水)18:16  newsplus

2021.6.14 13:15 福島暢啓アナウンサーがデザインした「架空の喫茶店のマッチ」 「近ごろ時間があると、『架空の喫茶店』のマッチを作っている」と、なんだか懐かしさを感じるイラストとともに投稿されたツイートが話題に。この投稿主はMBS(毎日放送)の福島暢啓アナウンサーだ。 フォントもイラストも福島アナウンサーのオリジナル 冷暖房完備の港が見えるティールーム「ポラッカ」や、名曲喫茶「モントルー」、名画と珈琲の「喫茶 ササイ」など、福島アナウンサー自らが考えてデザインした「架空の喫茶店のマッチ」...
»続きを読む
カテゴリー:

【特集】たった4分でワクチン接種完了…トヨタが作った「豊田市モデル」のすごいやり方 - 06月16日(水)12:39  newsplus

2021/06/16 11:00 たった4分でワクチン接種完了…トヨタが作った「豊田市モデル」のすごいやり方 「会場の効率運営」だけで終わらない PRESIDENT Online 野地 秩嘉 ノンフィクション作家 ワクチン接種のスピードアップが日本全国で課題となっている。このうち愛知県豊田市は、トヨタ自動車などと協力して高速接種システムを作った。現地を取材したノンフィクション作家の野地秩嘉さんは「東京の大規模接種センターは30分かかったが、豊田市モデルは4分で終わる。やり方が根本的に違う」という――。 続々と進むワクチン接種 日...
»続きを読む
カテゴリー:

「人を殺してもへっちゃらで…」無免許“死亡ひき逃げ”ベトナム人は技能実習先でも“問題人物”だった - 06月15日(火)17:00 

 今年3月、在日外国人問題を扱うノンフィクション『「低度」外国人材 移民焼き畑国家、日本』(KADOKAWA)を上梓したルポライターの私は、目下、2020年12月19日に茨城県古河市で発生した死亡ひき逃…
カテゴリー:

死体を細かく損壊し、その肉片等を公衆便所に…北九州で起きたおぞましい事件の“証拠隠滅作業” - 06月15日(火)17:00 

 起訴された案件だけで7人が死亡している「北九州監禁連続殺人事件」。 もっとも凶悪な事件はなぜ起きたのか。新証言、新資料も含めて、発生当時から取材してきたノンフィクションライターが大きな“謎”を描く(連…
カテゴリー:

ストリートアートの鬼才、バンクシーの最新コレクション 『BANKSY』が6月22日発売! - 06月15日(火)13:00 

“みんなの難しい”を“カンタン”をモットーに数多くの実用書を手がける出版社、株式会社新星出版社(東京都台東区)は2021年6月22日(火)に、新刊『BANKSY』(著・ジョン・ブランドラー/アレッサンドラ・マッタンザ)を発売します。税込価格3,850円で全国書店にて展開します。バンクシーは主にイギリスを拠点に活動するストリート・アーティスト。世界中の路上の壁や橋などにステンシル(型紙)を使ってグラフィティを残し、その作品には反体制、反戦、反資本主義などさまざまなメッセージが込められ、ブラックユーモアや風刺や遊び心がたっぷり盛られています。本書は、世界的に有名になった今も頑として素性を明かさないバンクシーについて、その素性は謎のままに、彼が語りたいと思っている「ストーリー」を写真とともに深く掘り下げようとする一冊です。ステンシルを使ったストリート・アートや絵画、世界一眺めの悪いホテル、サザビーズオークションで切り刻まれた作品など、初期作品を含む、2019年あたりまでの140作品以上を紹介しています。それぞれの作品には、バンクシーとも親交のあるストリート・アートの専門家ジョン・ブランドラーがキャプションを執筆。世界9カ国以上で翻訳予定の本書『BANKSY』は、世界に先駆けて日本で発売となります。【著者情報】ジョン・ブランドラー本書ではまえがきとキャプションを執筆。有名なストリート・アー...more
カテゴリー:

神田沙也加原案のオリジナルコミックが配信!子供たちに生死を懸けた選択が迫られる - 06月16日(水)13:16 

フジテレビが運営する公式の動画・電子書籍配信サービスFODにて、原案・神田沙也加のFOD新オリジナルコミック『Children’s Project ―チルドレンズプロジェクト―』が6月16日(水)から配信される。「Children’s Project ―チルドレンズプロジェクト―」は、FODオリジナル番組『世界をマンガでハッピーに!〜セカハピ〜』の企画から生まれた、神田が原案、漫画・NONによる、FODオリジナルコミック。子供の考える事は幼稚で間違っているのか? 大人はいつも正しいのか? そんな問いをきっかけに、懸命に生きる子供たちに、生死を懸けた選択が迫られる物語。また、6月30日(水)21時から配信される『世界をマンガでハッピーに!〜セカハピ〜』第36回では、漫画を担当したNONが登場。神田との制作秘話や、完成した漫画にキャラクターボイスを付けたボイスコミックとして作品を紹介する。『Children’s Project ―チルドレンズプロジェクト―』は、FODオリジナルコミックの第6弾。FODではほかにも、オリジナルアニメをコミカライズした『オシリスの天秤』シリーズからはじまり、バラエティ番組の1コーナーをコミカライズした『胸キュンスカッと』、地上波で放送したドラマをコミカライズした『恋仲』、オリジナルシナリオとしての第1弾『会社を辞めて馬主やります!』、オリジナルコミックから...more
カテゴリー:

神田沙也加、念願の漫画原案 懸命に生きる子ども.. - 06月16日(水)11:02 

神田沙也加、念願の漫画原案 懸命に生きる子どもの物語「ノンフィクションな“痛さ”」(写真 全3枚) #神田沙也加 #FOD #チルドレンズプロジェクト #NON @sayakakanda @fujitvplus
カテゴリー:

それは悲劇の入り口だった 緒方家一家6人の殺害を呼び寄せた「湯布院事件」 - 06月15日(火)17:00 

 起訴された案件だけで7人が死亡している「北九州監禁連続殺人事件」。 もっとも凶悪な事件はなぜ起きたのか。新証言、新資料も含めて、発生当時から取材してきたノンフィクションライターが大きな“謎”を描く(連…
カテゴリー:

【ノンフィクションで振り返る戦後史】アチャラカ、森繁病…戦後期の笑いを批評 1971年を描く 中原弓彦「日本の喜劇人」(晶文社) - 06月15日(火)15:30 

私が中学生の頃、土曜夜10時半になると父親は必ず東京12チャンネル(現・テレビ東京)をつけた。藤田まことが仕切る「夜の大作戦」を観るためだ。由利徹や、若手ではレ…
カテゴリー:

「メイドカフェ」「ストリップ」を摘発の理由 五輪前の浄化作戦、外国人に見せたくない場所の掃除 - 06月15日(火)09:46  newsplus

デイリー新潮2021年6月10日号掲載 https://www.dailyshincho.jp/article/2021/06150556/  東京・秋葉原にメイドカフェが登場してから今年で20年が経つ。今では「メイド通り」と呼ばれる一画もあって、若い女性が「お帰りなさいませ! ご主人さま」と客引きをしている姿は見慣れた光景だ。だが、目立ち過ぎると乗り込んでくるのが官憲である。  警視庁の生安特捜隊が、秋葉原のメイドカフェ「フルール」経営者の前田昌毅容疑者(47)ら2人を風営法違反(無許可営業)で逮捕したと発表したのは5月24日のこと。女性店員に客の接待を...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる