「ノウハウ」とは?

関連ニュース

【自動車】「GRカローラRZ」の抽選申し込み受け付けスタート まずは500台の限定販売 - 12月03日(土)23:58  newsplus

トヨタ自動車は2022年12月2日、「GRカローラRZ」および「GRカローラRZ "MORIZO Edition(モリゾウエディション)”」の抽選申し込み受け付けを開始した。前者は12月19日までの、後者は12月18日までの受け付けで、発売は2023年年初の予定。 2022年6月1日に世界初公開されたGRカローラRZは、レースで勝つために鍛えたクルマを市販化するという「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」の考えのもと、TOYOTA GAZOO Racingが開発したスポーツハッチバックだ。「GRヤリス」に搭載した1.6リッター3気筒の「G16E-GTS」エン...
»続きを読む
カテゴリー:

日本のブロックチェーンを盛り上げる企業達【株式会社テコテック インタビュー】 - 12月02日(金)16:03 

今回HEDGE GUIDEでは株式会社テコテックへの単独インタビューを行い、創業のきっかけと歴史から、事業やプロジェクト、将来のビジョンについてお話を伺いました。 話し手:株式会社テコテック 代表取締役社長 釣崎 宏 氏 専門は医療分野における機械学習とリアルタイムCG。大学院修了後、2000年に株式会社セガに入社。AM2研に所属し、業務用オンライン基盤 及び PtoP通信ミドルウエアの開発に従事。その後、株式会社ドワンゴに入社し、モバイル用通信基盤の開発を統括。2007年にテコテックを設立。証券決済及びFXシグナル配信システム、投資管理サービスなどFintech関連の運営実績多数。ブロックチェーン技術の開発にも力を入れており、暗号資産交換業の取得経験から国内でのトークンの取り扱いについては法務・会計処理にも知見がある。 インタビュー概要 テコテックを創業したきっかけと歴史 テコテックの強み 現在テコテックが行っている事業と注力しているプロジェクト テコテックとして目指すべき将来のビジョン 読んでいただいてる方にフランクなメッセージを! 1.テコテックを創業したきっかけと歴史 始めは一人の会社として開始し、創業後はNintendoDSソフトの開発・FXのシグナル配信システムの開発をきっかけに事業を拡大しました。テックドリブンな産業領域を追及した結果、会社全体が金融領域に吸い寄せ...more
カテゴリー:

ミドリムシと稲作で脱炭素に貢献。バイオディーゼル燃料ベンチャーがFUNDINNOでCF - 12月02日(金)12:59 

株式投資型クラウドファンディング(CF)プラットフォーム「FUNDINNO(ファンディーノ)」で12月1日、「光合成“させない”ミドリムシ(ユーグレナ)培養技術!バイオディーゼル燃料高効率製造プラントで環境問題に挑む『Revo Energy』」の情報が公開された。株式発行者の株式会社Revo Energyは、ミドリムシ(ユーグレナ)由来の次世代バイオディーゼル燃料の製造によって環境問題の解決を目指す大阪市のベンチャー企業で、今年5月に設立したばかり。光合成を行わずにミドリムシを育てる有機従属培養技術とLEDによる稲の水耕栽培技術を組み合わせた「BDF製造システム」を確立し、そのノウハウを搭載した小型プラントを運送業界各社に販売していく計画を立てている。目標募集額は1550万円、上限応募額5千万円。募集期間は12月8日~14日。 ミドリムシはバイオディーゼル燃料の原料となるワックスエステル(油脂)を体内に蓄えており、地球上のあらゆる場所に存在することから、原料に適しているとされる。ミドリムシの培養方法は、光合成が一般的に知られているが、同社は有機従属培養方法を採用している。光合成を行わず、密室・暗闇下でストレスをかけながら餌となる糖を与えることで、ワックスエステルを多く蓄えたミドリムシを大量培養する狙い。これにより、バイオディーゼル燃料の安定供給を実現し、リッター当たりの金額を抑える...more
カテゴリー:

FOM出版ブランドの書籍が「楽天ブックス2022年 年間ランキング」 パソコン・システム開発部門第2位を獲得 - 12月02日(金)11:00 

 総合人材育成企業 株式会社富士通ラーニングメディア(本社:東京都大田区、代表取締役社長:青山昌裕、以下、当社)が制作・販売しているFOM出版ブランドの書籍「MOS Excel 365&2019 対策テキスト&問題集」は、楽天グループ株式会社が運営するオンライン書店「楽天ブックス」が発表した、「楽天ブックス2022年 年間ランキング」パソコン・システム開発ランキング部門において第2位を獲得しました。このランキングは、2022年に「楽天ブックス」で販売された商品から、総合と部門別でそれぞれ発表されたものです。(発表日 総合:11月24日(木曜日)、部門別:11月25日(金曜日)) 当社は、今後も学生から社会人まで、多様な人材にスキルアップの機会を提供し、キャリア形成をご支援いたします。「MOS Excel 365&2019 対策テキスト&問題集」楽天ブックス2022年 年間ランキング パソコン・システム開発部門 第2位「楽天ブックス2022年 年間ランキング」パソコン・システム開発部門 集計期間および集計方法※集計期間:2022年1月1日(土曜日) 00:00 ~ 2022年10月20日(木曜日) 23:59※集計方法:「楽天ブックス」での販売数をもとに集計(予約販売を含む)【関連WEBサイト】FOM出版ホームページ:https://www.fom.fujitsu.com/goods...more
カテゴリー:

【12/23開催】予測AI特化!売上が向上した成功事例紹介ウェビナー ~蓄積したデータを活用し、データドリブンな経営を実現します~ - 12月02日(金)10:00 

企業のDXを推進する国内最大級の AI ポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリー(東京都渋谷区、代表取締役:板羽晃司)は、2022年12月23日(金)16時から「予測AIの成功事例紹介」をテーマにウェビナーを開催します。「予測AI」は、企業のデータドリブンな経営を実現させるために注目されるAI技術です。予測AIには様々な種類があり例えば、顧客購買分析や需要予測・在庫管理、売上予測、監視カメラ映像からの行動予測、設備や機械の異常検知などがあります。今回のウェビナーでは、予測AIで実績のある3社より予測AIの成功事例についてご紹介します。AI導入で成功したパターンを知ることで実際のAI導入時に活用できると思いますので、ご興味のある方はぜひご参加ください!■ウェビナー概要予測AI特化!成功事例紹介ウェビナー蓄積したデータを活用し、データドリブンな経営を実現します・主催:株式会社アイスマイリー・日時:12月23日(金)16:00~17:30・場所:ウェビナー専用のZoomURL *申し込みいただいた方にZoomURLをお送りいたします。・費用:無料・申込締切:12月23日(金)15:00まで■ウェビナー申し込みフォームhttps://ai.aismiley.co.jp/form/webinar20221223■こんな方にお勧めのウェビナーです!・最新のDX推進事例に知り...more
カテゴリー:

時代を語る・小松俊悦(19)34年ぶり全国建具展 - 12月03日(土)13:00 

 平成17(2005)年、県建具組合連合会の会長に就くことになりました。20年間務めた大橋利一さんに一言「頼む」と言われましてね。それまで副会長として補佐してきたので、組合活動のノウハウは頭に入ってい…
カテゴリー:

全国の商業施設および事業施設の建設現場において 冬期の床のコンクリート仕上げ時間を約3割削減 - 12月02日(金)14:00 

2022年12月2日 大和ハウス工業株式会社 太平洋マテリアル株式会社  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:芳井 敬一、以下「大和ハウス工業」)と太平洋マテリアル株式会社(本社:東京都北区、社長:江上 一郎、以下「太平洋マテリアル」)は、大和ハウス工業の全国(※1)の商業施設および事業施設の建設現場において、冬期(※2)の床のコンクリート仕上げ時間(※3)を約3割削減する工法を順次導入します。 ※1.冬期における1日の平均気温が10℃より高い地域(主に九州・沖縄地域)を除く。 ※2.12月頃~3月頃。 ※3.コンクリートを流し込んだ後、コンクリートを固めて、表面を滑らかに仕上げるために要する時間。    総務省の2021年の労働力調査によると、建設業就業者数は1997年のピーク時の685万人から2021年には482万人と約30%減少しています。また国土交通省によると(※4)、2020年度の建設業における年間の総実労働時間は、全産業と比較し約1.2倍となっています。建設現場において、長時間労働の常態化や効率化が進んでいない作業が多く、就業環境の改善が課題となっています。  そこで両社は、季節により作業時間が大幅に変動する床のコンクリートの仕上げ時間に着目。2022年2月に大和ハウス工業の物流施設の建設現場(※5)の一部の床において、コンクリートの硬化を...more
カテゴリー:

NTTドコモとAstar Networkの提携に見る今後の方向性は - 12月02日(金)11:27 

22月10月31日、株式会社NTTドコモは日本発のパブリックブロックチェーンAstar Network(ASTR)の開発を手がけるStake Technologies株式会社(ステイクテクノロジーズ)と、Web3.0のさらなる普及のために協力して取り組むことを記した基本合意を締結したことを明らかにしました。 今回は、NTTドコモとAstar Networkの提携について、その概要や今後の方向性などを詳しく解説していきます。 目次 NTTドコモとは 1-1. NTTドコモの概要と沿革 1-2. NTTドコモの事業内容 1-3. NTTドコモとブロックチェーン Astar Networkとは 2-1. Astar Networkの概要 2-2. 開発企業Stake Technologies Astar Networkの特徴 3-1. ポルカドットのパラチェーンと接続している 3-2. dAppsステーキング 3-3. Substrateを採用 3-4. EVMとWASMに対応している 両社提携の目的と今後の展開 4-1. Web3.0が抱える課題の解決 4-2. 社会課題の解決 4-3. Astar Networkの本格的な日本展開 まとめ ①NTTドコモとは 1-1.NTTドコモの概要と沿革 NTTドコモは、「新しいコミュニケーション文化の世界の創造」を企業理念として事業展開を...more
カテゴリー:

「複数の企業が関与する不正の評価モデル」に関する特許の共同取得について - 12月02日(金)10:30 

株式会社東京商工リサーチ(以下「TSR」)、有限責任 あずさ監査法人(以下「あずさ監査法人」)、国立大学法人一橋大学(以下「一橋大学」)は、機械学習を用いた複数企業が関与する不正のリスク評価モデルを開発し、共同で特許を取得しました。   ----------------------------------------------------------------------------------------- 発明の名称:情報処理装置、情報処理方法及びプログラム 特許番号:第7146218号 特許登録日:令和4年9月26日 特許権者:株式会社東京商工リサーチ / 有限責任あずさ監査法人 / 国立大学法人一橋大学 -----------------------------------------------------------------------------------------   本モデルは、計量経済学分野の高度な学術的知見を有する一橋大学、国内最大級の企業情報を有するTSR、会計不正検知に関する豊富な知見を有するあずさ監査法人が、それぞれの知見・ノウハウを結集した研究成果として、企業間取引における不正リスクを評価する目的で開発され、2022年9月に特許を取得しました。 取引関係を有する企業の集団(クラスター)レベルでの不正を検知することで、商取...more
カテゴリー:

カスミ、中核FS業態に新業態ノウハウ導入 東海中央店で新たなモデル探る - 12月02日(金)09:50 

 カスミは食品スーパー(SM)として店舗数が多く、中核のFS(フードスクエア)業態に新業態「BLANDE(ブランデ)」の売場や品揃え、サービスなどのノウハウを導入し、食の専門性を高めた新たなFS業態のモデルとして店づくり […] 投稿 カスミ、中核FS業態に新業態ノウハウ導入 東海中央店で新たなモデル探る は 日本食糧新聞電子版 に最初に表示されました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる