「ネプチューン」とは?

関連ニュース

芦田愛菜、自身を「活字病」と表現 「読むものがない時は嫌儲を読んじゃう」 - 09月22日(火)14:52  poverty

芦田愛菜、自身を「活字病」と表現 「読むものがない時は嫌儲を読んじゃう」 https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0921/spn_200921_6820729114.html  女優、芦田愛菜(16)が21日放送の日本テレビ「深イイ話×しゃべくり007SP」(後9・00)に出演。読書家の一面を実際のエピソードを交えて明かし、共演者の驚きの声を誘った。  昨年7月、オススメの本を紹介する「まなの本棚」(小学館)を出版した芦田は、自身を「活字病」と表現。「1日、文字を読んでないと落ち着かなくって、読むものがない時は嫌儲を読んじゃう」と続...
»続きを読む
カテゴリー:

渡辺満里奈コロナ禍で名倉潤料理手伝ったと明かす - 09月16日(水)13:32 

渡辺満里奈(49)が16日、大塚食品の「『ゼロミート』ブランド ネクストアクション オンライン記者発表会」で、新型コロナウイルスの感染拡大で4月に自粛期間に入った中で「いつもは料理をしない夫が料理をした」と、夫のネプチューン名倉潤(51…
カテゴリー:

顔を腫らした玉木宏と高橋一生に視聴者は意外な反応!?「ボコボコでもイケメン兄弟尊い」の声『竜の道』最終話 - 09月16日(水)11:10 

玉木宏主演のドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)の最終話が、9月15日に放送。インターネット上では、玉木演じる竜一と高橋一生演じる竜二の兄弟が殴り合うシーンに反応が多くあった(以下、ネタバレが含まれます)。同作は、養父母を死に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の兄弟を描いたサスペンスドラマ。復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公・矢端竜一(和田猛)を玉木が演じ、彼の双子の弟で、運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚として権力を掌握していく竜二を高橋、竜一と竜二の血のつながらない妹・美佐を松本穂香が演じた。竜一は、フリーライターの沖和紀(落合モトキ)から、過去に斉藤一成と名乗っていたこと、さらに和田という名前ではなく竜一であることを指摘される。焦りを募らせる竜一に、竜二は作戦があり「任せてほしい」と説得する。竜二は、親の敵である霧島源平(遠藤憲一)に娘のまゆみ(松本まりか)との結婚を申し出た。結婚を許してもらえば復讐はせず、国土交通省の力や人脈を使ってキリシマ急便を業界のトップに押し上げ「後継ぎとして会社に尽くす」と申し出た。その頃、沖が美佐に接近。彼女に危機がせまる中、竜一は覚悟を決め、美佐に自分が兄であることを示唆。そして沖を手にかけるのだった。竜一のもとへ向かった竜二は「殺したのか?」と追及。後始末しておいたので時間は...more
カテゴリー:

千鳥・大悟が発案した『テレビ千鳥』巨大バナーにノブ爆笑!ネットでは「すんごい夢がある回だった」の声 - 09月16日(水)10:26 

千鳥(ノブ、大悟)が出演する『テレビ千鳥』(テレビ朝日系、毎週火曜24:15~)が、9月15日に放送。「番組ポスターを作りたいんじゃ!!」というテーマで、大悟が発案した5パターンのポスター撮影を行った。今回は、10月より放送日時が変更されることになった同番組のPRポスターを作成しようという企画。完成したポスターは、テレビ朝日の玄関口「アトリウム」にて、巨大バナーの1つとして飾られる。参考資料をもとに大悟がまず発案したのは、映画『トレインスポッティング』のポスター。「頼む、ごめん一発目だけどちょっと濡れてもらう」と大悟自らノブの頭上からジョウロで水を流し撮影。その出来にノブは「麿赤兒やん」と突っ込むが、大悟は「もうなんかイイぞ」と出来栄えに満足そうだ。2つ目に大悟が提案したのは、映画『パルプ・フィクション』の作品で、「男をバカにしたような上からの舐め腐ってるのがほしいかな」など、クエンティン・タランティーノ監督になりきった指示を連発。3つ目は、「2人で映らんと」というノブの希望から、映画『グリーンマイル』の看守役のトム・ハンクスと死刑囚役のマイケル・クラーク・ダンカンになりきることに。はじめはノブが2役をこなしたが、大悟に死刑囚役をやらせたところ、ノブとは「犯した罪の厚みが違う」くらいマッチしたため採用することに。その後も映画『シャイニング』や『ゴーストバスターズ』と、計5本のポスタ...more
カテゴリー:

山之内すず、イチオシの踊り手が照れる姿に「かわいい〜〜!」と絶叫!『あの人が「いいね」した一般人』 - 09月15日(火)17:08 

渡辺直美・吉村崇(平成ノブシコブシ)・青山テルマがMCを務める『あの人が「いいね」した一般人』(テレビ朝日系、毎週月曜25:56〜)。9月14日放送は「ティーンがいいねしまくるSNSスペシャル」と題し、TikTokで累計280万いいねを獲得した「第7世代バズりギャガー」や、「踊ってみた動画」をアップし続ける踊り手など、10代から絶大な支持を集める一般人を取り上げた。芸能人のSNSを徹底リサーチし、有名人が「いいね」している一般人がどんな人なのか、その裏側に迫る番組。今回はゲストのティーンのカリスマ・山之内すずが「いいね」する一般人にスポットを当てた。中継をつないだ1人目の一般人、わたさんは、10年前からYouTubeやニコニコ動画で楽曲にあわせてダンスする「踊ってみた」動画を投稿する「踊り手」。動画のなかには100万回再生を突破したものもあり、中国やシンガポールなど海外でも人気を集めているという。わたさんの魅力について山之内は、「ひたすらにかわいくて、衣装選びや(楽曲の)世界観に合った振り付けまですべてが完璧。見るだけで元気がもらえる」と思い入れのつまった早口で語る。山之内がイチオシという「どぅーまいべすと! 踊ってみた」がVTRで流れると、そのキュートな振り付けにスタジオメンバーも思わず「かわいい〜!」と声をあげる。動画撮影のポイントについて、「映像作品だと思って、衣装と背景にこ...more
カテゴリー:

偏差値35から東大合格!驚きの勉強法“インプット3アウトプット7”の法則に「勉強になる」の声『じっくり聞いタロウ』 - 09月18日(金)13:03 

ネプチューンの名倉潤、次長課長の河本準一らがMCを務める『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)が、9月17日に放送。偏差値35から東京大学に合格した現役東大生の西岡壱誠さん(24歳)が出演し、驚きの勉強法に視聴者の注目が集まった。この日のテーマは「人生が180度激変した人SP」。西岡さんは、高校3年生の4月のテストで英語3点、偏差値35という数字を叩き出した。不登校ではなく、授業も真面目に受けていたが、成績に結び付かず、小中高はずっといじめられていたという。そんな時、頭の良い高校に通っている友人から、「いじめとか俺見たことないんだよね」と言われたことを機に人生を見つめ直した結果、「何か1個努力して、中途半端なのをやめて、いじめられている自分をどうにかして変えたい」と、東大合格を目指すことになった。成績を爆上げするためにまず行ったのが、授業後にその日どんな勉強をしたのか白い紙に書き出すことだ。もし書けなかった場合は、ノートを見直して先生が言っていたことなどを赤で書き入れる……毎日この作業を繰り返したという。西岡さんは、「東大に入ってから知ったんですけど、インプットとアウトプットって3対7でやらないと実は成績上がらないというのが結果で出てるらしいんですよ。じゃないと記憶が定着しない」と説いた。そうして紙に書いたり、声に出したりしてアウトプ...more
カテゴリー:

教師役の古川雄輝が女子高生と禁断の関係!?ネットは「なにあのMのようなSの先生は」と興奮『荒ぶる季節の乙女どもよ。』第2話 - 09月16日(水)11:55 

山田杏奈と玉城ティナがW主演を務めるドラマ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(TBS、毎週火曜25:28~/MBS、毎週火曜24:59~)の第2話が9月15日に放送。インターネット上では、女子生徒と禁断の関係を繰り広げる教師役の古川雄輝に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。本作は、原作・岡田麿里、漫画・絵本奈央による「別冊少年マガジン」連載の人気コミックをドラマ化した青春群像劇。昨年7月から放送されていたアニメ版に続いて、原作者の岡田がドラマでも脚本を手掛ける。恥ずかしがりながらも、性に対してストイックに追及する文芸部では「セックス」という言葉に対して、別の言い方はないのか討論。「シックス」「ソックス」「性的愚者の怨嗟と罰」などが挙げられるが、小野寺和紗(山田)の言葉を借りた菅原新菜(玉城)が「えすいばつ」と提案し、即決となった。皆が大喜びする中、学校側から顧問不在を理由に文芸部の廃部を言い渡されてしまった。部長としての責任を痛感する曾根崎り香(横田真悠)は、天城駿(前田旺志郎)に言われた「モデルみたい」という言葉に対してイメチェン。クラスメイトにイジられると「気分を変えただけ」と宣言した。一方、作家志望の部員・本郷ひと葉(田中珠里)は、小説執筆のネタ作りや性について勉強するべく、ネット上で知り合った“ミロさん”とエロチャットに興じる。出版社の担当者に、表現がありきたりで「童貞...more
カテゴリー:

三浦春馬さんのはじける笑顔&甘えた表情にネットは「破壊力がヤバすぎて頭から離れない助けて」の声『カネ恋』第1話 - 09月16日(水)11:06 

松岡茉優と三浦春馬さんが共演する火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系、毎週火曜22:00~※初回15分拡大)の第1話が9月15日に放送。インターネット上では、三浦さんの表情に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。本作は、昨年7月期金曜ドラマ『凪のお暇』(TBS系)の大島里美のオリジナル脚本で、おカネ修行を通してひと夏の恋物語が繰り広げられていく完全オリジナルラブコメディ。おもちゃメーカー「モンキーパス」の経理部で働く九⻤玲子(松岡)は、恋もお金も“清貧”的な生き方をするアラサー女子。1年越しに狙っていた1680円の豆皿を購入しようとしたが、目の前で、女性を連れたチャラい男に買われてしまう。彼女は、民宿を経営している母・サチ(南果歩)に励まされ「あのお皿に縁がなかった」と切り替える。一方、会社の御曹司・猿渡慶太(三浦)は今日もご機嫌に出社。社員にバームクーヘンを配っていると、社長であり父でもある富彦(草刈正雄)に呼び出され「会社を辞めろ」と告げられる。富彦は、慶太がアメリカ出張の際に、776万円を使ったとして激怒。慶太は「心の底から反省します」と謝罪するが「あと1万使えばスリーセブンだ!」と反省していない様子を見せた。富彦は、彼の浪費癖を治すべく、慶太を営業部から経理部へ左遷。そこで指導係に任命された玲子は、皿を買われた男が慶太であることを認識。「よろしくね!...more
カテゴリー:

「そのうち天下取りそう」VS「芸風嫌い」... ぼる塾・あんりの罵倒芸に視聴者の反応真っ二つ - 09月16日(水)06:00 

2020年9月14日に放送された「しゃべくり007」(日本テレビ系)に、お笑いカルテット「ぼる塾」のあんりさん(25)が出演。お笑いトリオ「ネプチューン」名倉潤さん(51)との「激しいバトル」をめぐって、視聴者からの評価が真っ二つに分かれている。
カテゴリー:

乃木坂46・梅澤美波、アングラ芸人にドローンで襲われる姿にネットでは「なんちゅう回に出させられてんだよwww」 - 09月15日(火)15:51 

有田哲平(くりぃむしちゅー)がMCを務める『有田ジェネレーション』(TBS系、毎週月曜24:58〜)。9月14日の放送では、「松本D激推し芸人 下剋上ネタバトル」として、フワちゃんをはじめ数々の逸材を発掘してきた番組ディレクター・松本健人いち押しのアングラ芸人たちがネタを披露。ゲストの梅澤美波(乃木坂46)がドローンで襲われるなど、アングラ芸人の強烈な洗礼を受ける姿にインターネット上では「なんちゅう回に出させてられてんだよwww」との声が寄せられた。埋もれているネクストジェネレーションを発掘すべく、新進気鋭の若手芸人たちがオーディション形式でネタを披露するお笑い番組。合格した人物には「有田ジェネレーション」という称号が与えられ、「有田ジェネレーションズ」として活動も予定されている。進行役として小峠英二(バイきんぐ)、今回はゲスト審査員として、梅澤と小沢一敬(スピードワゴン)が出演した。この日のトップバッター、ラ・サプリメント・ビバは、『有田ジェネレーション』の過去の放送音源からサンプリングした有田と小峠のトークをつなぎ合わせ、「小峠が有田に愛の告白をし、さまざまな志向をこらしたキスを繰り返す」という内容の「サイバーパンクテクノコント」を披露。その完成度の高さに、審査員も思わず絶句する。松本Dいわく、「このレベルのネタが何百とあるが、色んな人の音声を継ぎ接ぎするので許諾が下りないんで...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ネプチューン」の画像

もっと見る

「ネプチューン」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

こんなの見てる