「ネットカフェ」とは?

関連ニュース

後進国フィリピンの子供、台風で洪水、浸水する中、ネットカフェで永遠とゲームをし続ける - 08月01日(日)15:05  poverty

先月22日、フィリピン北部ルソン島のカインタ市に台風が直撃。洪水被害で現地のインターネットカフェは床上まで浸水したがそれでも黙々とゲームを続ける少年たちの姿が目撃された。 動画を撮影したのは、ネットカフェ店主のシオ・サムソン氏。 台風による大雨と洪水で店内は床上浸水したが、少年たちは水が腰まで浸かりながらも、 悠然と椅子に座ってゲームを続けていた。店主は感電の危険があることを伝えて全員を無事避難させたようだ。 この地方は洪水多発地域のため、店内の電源やコードはもともと高い位置に設置されていたと...
»続きを読む
カテゴリー:

中学校教諭を覚醒剤所持容疑で逮捕 懲戒免職 青森県教委処分 - 07月31日(土)08:30 

 青森県教育委員会は30日、覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕されたむつ市立中学校教諭の藤田恭平容疑者(36)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。  県教委によると、藤田容疑者は11日に青森市内のインターネットカフェの駐車場でビニール袋に入った覚醒剤を所持したとして青森署に逮捕されていた。県教委
カテゴリー:

ネットカフェ監禁被告 4日前に女性縛り強盗疑い、逮捕 容疑否認 - 07月28日(水)19:51 

 さいたま市大宮区のインターネットカフェで6月、女性従業員を人質にして立てこもった事件で、逮捕監禁致傷罪で起訴された住所不定、無職、林一貴被告(40)が横浜市内であった強盗事件に関与したとして、神奈川県警は28日、強盗致傷容疑で逮捕した。林容疑者は「ほぼ違います」と容疑を否認しているという。
カテゴリー:

渡邊圭祐さんが肌で感じた“推す”感情「誰かの生きる支えや希望さえ生み出すもの」 - 07月22日(木)09:12 

2021年7月から放送中のドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系、毎週木曜夜10時)は、乙女ゲームを手掛けるベンチャー企業の社長、日高泉美(ひだか・いずみ/比嘉愛未さん)が、2次元の「推し」と容姿がそっくりな青年に出会うところから始まる、ロマンチック・コメディーだ。外見は主人公の理想でありながら、不遇ゆえに仕事も将来への希望も持たない相手役を演じるのは、俳優デビューから約3年で、話題作への出演が続く渡邊圭祐さん。本作の主題となる「推しを推す」感情を、どう受け止めているのだろうか。 演じるのは「何も持たない青年」五十嵐航物語の主人公・泉美が気鋭の経営者として注目を浴びるきっかけになった、自社の大ヒットゲームの登場キャラクター「ケント様」は、彼女の理想の男性像を具現化した王子様で、「推し」だ。自宅には、彼のグッズや等身大パネルが所狭しと並ぶ。そんな泉美のもとに、ある日突然現れるのが、渡邊さんの演じる五十嵐航(いがらし・わたる)だ。容姿は「推し」そのものという奇跡。しかし、さまざまなものから見放されて育ったつらい過去を持つ青年であることが、序盤から示唆される。作法を知らず、教養もなく、無気力。安定した仕事に就けず、ネットカフェで寝泊まりする生活を送っている。泉美がひょんなことで彼を自社の社員として雇い、仕事はもちろん、人との接し方などまで教えるようになるところから、物語は展開して...more
カテゴリー:

覚醒剤所持容疑で中学教諭を逮捕 容疑認める 青森 - 07月14日(水)09:22 

 青森署は11日、むつ市脇野沢渡向、中学校教諭、藤田恭平容疑者(36)を覚醒剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。容疑を認めている。  逮捕容疑は同日午前11時50分ごろ、青森市内のインターネットカフェ駐車場で、ビニール袋に入った覚醒剤を所持していたとしている。
カテゴリー:

富裕層「貧乏人が消えくれたら金持ちや国は福祉の税の負担が減って助かる」 - 07月31日(土)15:47  poverty

ネットカフェ難民や派遣村のように日本でも何かと格差が話題になりますが、 これも金持ちや大企業が搾取しているから彼らが貧しいと言うのは全くのデタラメです。 同じように思考実験をしてみましょう。 ネットカフェ難民と派遣村の住人が明日日本から消滅したとしてみましょう。 そうです。実は金持ちも大企業もまったく何も困らないのです。困らないどころか社会福祉の税負担が減って助かるぐらいなのです。 このように富める者が搾取していると言う考え方は論理的に完全に破綻しているのです。 貧困問題の矛先を金持ちや大企...
»続きを読む
カテゴリー:

さいたま市のネットカフェ立てこもり男を再逮捕 .. - 07月29日(木)05:12 

さいたま市のネットカフェ立てこもり男を再逮捕 横浜の別事件
カテゴリー:

期間工などをしながら全国を流れ歩いた50歳代男性 体が衰えホームレス寸前に - 07月25日(日)08:45  poverty

予備軍再出発の「家」 ホームレス対策転用就労支援も 3月に入所した関西出身の青山義雄さん(58)は、4月からタクシー運転手として働く。コロナ禍で客は少ないが、街を毎晩走り回る。 元々は調理師で、その後は期間工などをしながら全国を流れ歩いた。50歳代になると体の衰えを感じて日雇いや短期労働しか選べなくなり、入る寮がなくなった。 ネットカフェやカプセルサウナで寝泊まりし、仕事が切れると各地の自立支援センターを頼り、稼いだら元の生活に戻るという「まさに綱渡り」の日々だった。  川崎の物流倉庫での...
»続きを読む
カテゴリー:

覚醒剤所持容疑の教諭方を家宅捜索/青森署・脇野沢 - 07月18日(日)10:20 

青森市で覚醒剤を持っていたとして、覚醒剤取締法違反(所持)容疑でむつ市の脇野沢中学校教諭が逮捕された事件で、青森署は17日、容疑者が住む教員住宅や学校を家宅捜索した。押収品を分析し、容疑の裏付けを進める。同日午後1時すぎ、同市脇野沢渡向の教員住宅に捜査員が入った。約30分後、押収品を入れたとみられる段ボール箱を運び出し、中学校でも約15分間捜索した。逮捕容疑は11日午前11時50分ごろ、青森市内のインターネットカフェ駐車場で、覚醒剤が入ったポリ袋1袋を所持していた疑い。容疑を認めている。県警の…
カテゴリー:

逮捕の中学教諭、ネットで薬物入手か - 07月14日(水)09:11 

青森市内で覚醒剤を持っていたとして、覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたむつ市の脇野沢中学校教諭の容疑者の男(36)の腕に多数の注射痕が確認されていたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。青森署は常習的に使用していた疑いが強いとみて調べる。これまでの捜査によると、薬物はインターネットを介して入手した可能性があるという。容疑者は11日午前、青森市内にあるインターネットカフェ駐車場に止めていた車内で、覚醒剤入りのポリ袋1袋を所持していたとして現行犯逮捕された。署員が職務質問して発覚して…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる