「ドミナント戦略」とは?

関連ニュース

東京都23区初!台東区と駐輪場シェアサービスが協定を締結! 「みんちゅうSHARE-LIN」によって、小規模分散型の駐輪場の拡大を目指す! 台東区の関係する方々の声をWEB上で公開! - 05月10日(金)11:00 

アイキューソフィア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中野 里美、以下当社)は、2018年12月、当社が提供する、スマートフォン等を利用して、空いている土地・スペースを誰でも貸し借りできる駐輪場シェアサービス「みんちゅうSHARE-LIN」の運用を、東京都台東区(以下台東区)と連携して運用をする協定を締結しました。締結・運用にあたって関係する方々の声を2019年5月にWEBにて公開致します。1.駐輪場シェアサービス「みんちゅうSHARE-LIN」について駐輪場シェアサービス「みんちゅうSHARE-LIN」とは、わずかな時間から空いている土地・スペースを誰もが貸し出すことができ、誰もが借りることのできる駐輪場のシェアサービスです。スマートフォンアプリ(Android版・iOS版)及びインターネットから貸し出し、利用予約の全てを行うことが可能です。利用者はアプリ内での決済となるため、クレジット、コンビニでの支払いが可能で、さらに今後様々な支払い方法が順次追加予定となっております。2.今回の取り組みについて当社が提供する「みんちゅうSHARE-LIN」による駐輪場を台東区全域にて開設し、運営を行います。管理面においては、当社が放置自転車の処分、トラブル対応を行い、台東区は区内のみんちゅう駐輪場の監視、警告等を実施します。「みんちゅうSHARE-LIN」の活用で、わずかな土地や店...more
カテゴリー:

ローソン(2651) 客数回復など競争力向上が確認できない限り、厳しい評価が続く見込み - 05月09日(木)08:56 

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2019/05/08) ・省人化・省力化など加盟店経営支援策を発表、複数店経営が低収益店を生み出すリスクも  先般発表された「行動計画」には、(a)デジタル技術を活用した省人化・省力化、(b)廃棄ロス削減、(c)人材募集支援といった加盟店経営支援策に加え、加盟店との直接対話の更なる強化も盛り込んだ。複数店経営に挑みやすくなる新契約の今秋導入も検討。複数店経営はオーナー1人当たりの利益向上やドミナント戦略の弊害(自社競合、人材奪い合い)解消につながる一方、個店に目が行き届かなくなることで低収益店を生み出すリスクも。飽和市場では競争力が鍵を握るが、「7-11」(食品日販は同社の約1.5倍)との競争力格差は開きつつある。加盟店支援も極めて重要だが、客数回復など競争力向上が確認できない限り、同社に対する厳しい評価が続こう。 ・22/2期にかけ連結営業利益横ばい圏を予想  企業価値研究所は22/2期にかけて連結営業利益600億円が続くと予想。既存店売上高の低調推移、店舗数停滞、加盟店支援費増による単体営業利益減少を成城石井の成長や中国の損益改善などによる子会社営業利益の増加で吸収へ。配当方針変更で今期は年150円/株への大幅減配を計画。来期以降は特損一服により連結純利益の回復見込むが、安定配当150円/株が続く見通し。 ・リスクファクター ~コン...more
カテゴリー:

ハローズが徳島県内出店攻勢 今年は一気に4店舗 - 05月10日(金)08:00 

24時間営業スーパーのハローズ(広島県福山市)が、特定の地域に集中的に出店して商圏の支配を目指す「ドミナント戦略」を、徳島県内で強化している。
カテゴリー:

「ドミナント戦略」の画像

もっと見る

「ドミナント戦略」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる