「ドキュメンタリー映画」とは?

関連ニュース

ドキュメンタリー映画『Bluebird』の予告公開 テイラー・スウィフトの姿も - 11月14日(木)17:35 

 映画『Bluebird』の予告編(https://youtu.be/6xO7SGpRoo0)が、公開された。 本映画…
カテゴリー:

インターナショナル・ウィーク『第11回 アフリカ・アジア諸国』を開催 - 11月14日(木)12:00 

2019年11月14日 中央大学 インターナショナル・ウィーク『第11回 アフリカ・アジア諸国』を開催  国際化を推進する中央大学では、特定の国や地域、国際機関等をテーマにキャンパス全体を学びの場とする「インターナショナル・ウィーク」を、2011年より開催しています。  第11回目となる今回は、2019年11月1日(金)から12月14日(土)の間、「アフリカ・アジア諸国」をテーマとし、ベナン共和国大使の講演会をはじめ、さまざまなイベントを実施しています。一般の方にも参加費無料、申し込み不要で参加いただける企画もご用意しています。 □インターナショナル・ウィーク『第11回 アフリカ・アジア諸国』概要 期間:2019年11月1日(金)~12月14日(土) 場所:中央大学多摩キャンパスおよび後楽園キャンパス テーマ:「アフリカ・アジア諸国」  近年、有望なビジネス市場として注目されるアフリカ。最後のフロンティア市場、豊富な資源、急がれるインフラ整備、巨大な消費マーケット。サブサハラ・アフリカの経済成長に伴い海外からの投資が拡大しています。一方、世界の最貧困層の半数強がサブサハラ・アフリカ地域に集中するなど、現実には多くの人々が未だ根深い貧困に喘いでいます。また、「貧困」と「成長」に揺れるアフリカで国際支援の在り方も問われています。  私たちに何ができるのでしょうか。どんな関...more
カテゴリー:

放送映画批評家協会賞ドキュメンタリー映画賞で「アポロ11 完全版」が5冠 - 11月13日(水)13:00 

米ニューヨークのBRIC Arts Mediaで11月10日(現地時間)、第4回放送映画批評家協会賞ドキュメンタリー映画賞の授賞式が行われ、「アポロ11 完全版」が長編ドキュメンタリー作品賞を含...
カテゴリー:

仏出身の映画監督Jean-Robert Thomann氏が帰化、過去に「台仏文化奨」受賞 - 11月12日(火)00:00 

フランス出身の映画監督で、これまで台湾文化に関するドキュメンタリー映画を16作品手掛けてきたJean-Robert Thomann(中国語名は尚若白)さんが10月下旬、中華民国内政部による審査を経て、「高級専業人才(=高度な専門性を持つ外国人)」の要件を満たし、中華民国(台湾)国籍を取得した。Jean-Robert Thomann氏はかつて、中華民国文化部(日本の文部科学省に類似)とフランス学士院を構成する5つのアカデミーの一つ「倫理・政治学アカデミー」が共同で設立した「台仏文化奨」(第22回)を受賞したことがある。   Jean-Robert Thomannさんは取材に対し、「帰化の機会があることを自発的に知らせ、申請手続きを手伝うなどしてくれた台北市萬華区公所(=区役所)の職員に感謝したい」と述べた。   Jean-Robert Thomannさんはかつて仏パリのテレビ局で映像編集の仕事をしていた。その後、フリーランサーとなり、1996年3月、初めて台湾へやって来た。以来、台湾との縁は23年になる。   フランスでは1990年代、台湾の侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督、楊徳昌(エドワード・ヤン)監督、蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督などが注目されるようになった。「フランス人にとって、台北は映画の街だった」と言う。当時、フランスで台湾人女性と出会い、...more
カテゴリー:

パラリンピックの歴史を綴ったドキュメンタリー制作に向けて、東京1964パラリンピック画像や映像のご提供にご協力ください。 - 11月08日(金)11:00 

55年前の今日、1964年11月8日に開会した東京1964パラリンピックの大会にまつわる写真及び映像資料を探しています。イギリスの映画製作会社HTYTフィルムスは、東京2020パラリンピックに向けて"Harder Than You Think "(仮題:想像を超えた過酷さ)というタイトルのドキュメンタリー映画を製作しています。 この映画は、パラリンピック競技大会が戦後どのように成長し、世界で3番目に大きなスポーツイベントになったのかとい...
カテゴリー:

甲斐バンド:照和でのライブドキュメンタリー&一夜限りのオムニバス映画… - 11月14日(木)14:38 

 結成45周年を迎えたロックバンド「甲斐バンド」の特集がWOWOWで数カ月にわたって放送されている。11月は、2010年に福岡のライブ喫茶「照和」で行われたライブのドキュメンタリー映画「照和 My …
カテゴリー:

【第92回アカデミー賞】<長編ドキュメンタリー映画>部門で多数の音楽映画が選考対象に - 11月13日(水)20:00 

 2020年に開催される【第92回アカデミー賞】の<長編ドキュメンタリー映画>部門の予備選考に提出された159作品のう…
カテゴリー:

「多くの人に届けたい」 菜の花さんが見た沖縄を映画に 那覇市で「ちむぐさり」試写会 - 11月12日(火)10:46 

 ドキュメンタリー映画「ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記」(平良いずみ監督)の試写会が11日、那覇市の桜坂劇場で開かれた。  同作は昨年5月に沖縄テレビ放送で放映されたドキュメンタリー番組の劇場版で、2015年、石川県から那覇市のフリースクール珊瑚舎スコーレにやって来た坂本菜の花さんが、3年間の沖縄での体験...
カテゴリー:

嵐、“ラスト”コンサート舞台裏密着のドキュメンタリー映画制作の企画浮上か - 11月11日(月)19:00 

今年1月、2020年いっぱいでグループとしての活動を休止すると突然発表し、世間を驚かせた人気アイドルグループ・嵐。今月3日には公式SNSを解禁し、わずか半日の間でフォロワー数がTwitterで125万人、Instagramで145万人を突破し、改めて人気の高さを印象づけた。また、...
カテゴリー:

慰安婦をテーマにした映画「主戦場」問題ついに事件化 “出演者”がデザキ監督を刑事告訴 - 11月07日(木)16:38  newsplus

※統一まで341日 「主戦場」問題がさらに大きく発展しそうだ。 慰安婦をテーマにしたドキュメンタリー映画「主戦場」(ミキ・デザキ監督)は、4日に終了した「KAWASAKIしんゆり映画祭」でいったん上映中止となったものが、一転して最終日に公開された。舞台あいさつでデザキ氏は「表現の自由の大勝利だ」と語った。 しかし、保守系論客の“出演者”は「“卒論”という虚偽の説明を基に撮影したインタビュー映像が商業映画に使われた」として、デザキ氏と配給会社「東風」に上映差し止めと損害賠償を求めて6月、東京地裁に...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ドキュメンタリー映画」の画像

もっと見る

「ドキュメンタリー映画」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる