「ドキュメンタリー作品」とは?

関連ニュース

「あなたが一番愛したいものは?」空気を読みすぎる私たちに、映画『Red』が問いかける。 - 02月22日(土)17:49 

心から愛するものに出会ったとき、私はどんな選択をするのだろうか?映画『Red』を観終わった誰もが、自分に問いかけざるを得なくなるだろう。映画『Red』の原作は、人気作家の島本理生が、2014年に発表した同名の小説。「本当に自分の人生を生きるとはどういうことなのか」三島有紀子監督は、映画を通じて私たちに投げかける。 あらすじ大雪の夜、車を走らせる男と女。先が見えない一晩の道行きは、二人の関係そのものだった。誰もが羨むような優しい夫と、可愛い娘、裕福な暮らし。“何も問題のない生活”を過ごしていた主婦の村主塔子(夏帆)は、かつて不倫関係にあった鞍田秋彦(妻夫木聡)に10年ぶりに再会する。罪悪感を感じながらも鞍田と再び気持ちを通わせていくうちに、塔子はそれまで閉じ込めてきた本当の自分に気付き始める。しかし、鞍田には“秘密”があった。それを知った塔子の下した決断とは……。 世間の求める自分であろうと努力している塔子のような人は意外と多い——賛否両論を巻き起こした恋愛小説の映画化。どんな背景があったのでしょうか?恋愛って、自分の内なるものが目覚めたり、見たくなかった部分を見ることになったり、その人の本質がむき出しになる、究極のコミュニケーションですよね。家族をテーマにした過去...more
カテゴリー:

映画『1917 命をかけた伝令』 ゲーム的で戦争の悲惨さは感じられないが、ワンカットによる映像アトラクション化で戦争の恐怖は感じられる - 02月15日(土)00:17  poverty

【インタビュー】『1917 命をかけた伝令』撮影監督ロジャー・ディーキンス「私はただ、目の前のものを撮っているだけ」 第77回ゴールデングローブ賞で作品賞(ドラマ部門)・監督賞に輝き、第92回アカデミー賞で3部門を受賞した、 名匠サム・メンデスによる『1917 命をかけた伝令』が2020年2月14日(金)に公開される。本作の見どころは、 オープニングからラストシーンまでがひとつながりのように構成された「ワンカット映像」。 戦場に放り込まれたかのような異次元の映画体験を実現させたのは、本作でアカデミー賞撮影賞に輝い...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】「無礼な奴だ」「人種差別主義者め」ドイツ代表クロースの問題ツイートにメキシコ国民が激怒! - 02月20日(木)20:41  mnewsplus

 あるツイートが原因で批判を浴びるはめになったのが、レアル・マドリーのトニ・クロースだ。  ドイツ代表MFは現地時間2月10日、自身のツイッターアカウントに寄せられた「メキシコで、(2019年に公開された)クロース選手のドキュメンタリー作品をアマゾン・プライムで見ることができますか?」というコメントを引用し、次のように返答した。 「メキシコにアマゾン・プライムがあるとは思わないので、こちらからどうぞ(自身のホームページに誘導)」    このツイートに我慢ならなかったのが、メキシコの人々だ。クロース...
»続きを読む
カテゴリー:

「ドキュメンタリー作品」の画像

もっと見る

「ドキュメンタリー作品」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる