「トレーニング」とは?

関連ニュース

【ベストセラー健康法】メンタル面は鍛えられるか? 体を目覚めさせる「3つのプログラム」 - 01月18日(金)07:30 

 朝日大学教授でメンタルコーチの白石豊氏と、2017年にレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ世界王者になった室屋義秀氏の共著『世界一のメンタル』(アチーブメント出版)。これは、レースの開催中止、東日本大震災により、メンタルがどん底に落ちていた室屋氏が、白石氏のメンタルトレーニングによって「世界一のメンタル」を手に入れるまでの軌跡を描いた一冊である。
カテゴリー:

Alexaのニュースを読み上げる声が、プロの「ニュースキャスター」並に? - 01月17日(木)22:52 

Amazonは既に、Alexaに ささやく能力を与えているが、今回はまた別の会話スタイルをアシスタントに与えるようだ。新しくAlexaに与えられるのは「ニュースキャスター」ボイスである。本日(米国時間1月16日)以降、米国内のユーザーがAlexaに向かって”What’s the latest?”(最新ニュースは?)と尋ねると、Alexaはプロのニュースキャスターがニュースを読む際に使う声に近いものを使って反応するようになる。 Amazonの説明によれば、この新しい声は、より真に迫ったニュース配信を行うために、どの単語が強調されるべきかを知っているという。 この新しい声を実現するために、AmazonはニューラルTTS(NTTS:TTSとは「テキスト読み上げ」技術のこと)で最近得られた開発成果を利用している。このテクノロジーはより自然な響きの声を提供し、Alexaの会話スタイルを、要求されたコンテキストに基づいて変えることを可能にする。ニュースキャスターの声に関して言えば、文章の中の適切な単語を強調する、より良いイントネーションを、NTTSが生成するのだとAmazonは説明する。 さらに、Amazonの科学者たちは、音声信号を生成するためにディープラーニングを適用する、直接波形モデリング(direct waveform modeling)と呼ばれるア...more
カテゴリー:

冷えを改善してポカポカに…簡単温活エクササイズとストレッチ - まとめ構成・小田原みどり | ananweb - マガジンハウス - 01月17日(木)20:30 

冷え性対策をしているけど、イマイチ効果を実感していないなんてことありませんか? もしかしたらそれって筋肉が足りないのが原因かも…。冷えの仕組みを理解して、改善しませんか? ananwebの記事を「冷え性対策」でまとめてみました。まとめ構成・小田原みどり「冷えは万病のもと」と言いますが「私、冷え性なんだよね」とか「手足が冷えてて寝つきが悪いんだ~。」という方って結構いると思います。身体が冷えていることってどう悪いのでしょうか?ドクターがわかりやすく解説する「冷え」冷えの積み重ねが招く、さまざまなトラブル。単に寒く感じるだけでなく、体の冷えはさまざまな病気の原因に。「体温が1℃下がると免疫力は約30%、基礎代謝は約12%低下します。体を健康に保つ酵素の働きも落ち、肌荒れ、イライラや生理不順、不妊症、さらには膀胱炎や痔など、さまざまな不調を引き起こします。また、ガンが最も増殖するのが35℃台といわれています。冷えは百害あって一利なし。まさに万病のもとなのです」(石原先生)ダイエットにも大きな影響が。「冷えると基礎代謝が低下するので、同じものを食べても太りやすい体質に。さらに、体内の老廃物や水分の代謝が悪くなるので、全身のむくみを招きます。ダイエットする場合も、まず冷えを改善することが重要です」(有吉さん)誰しも、平熱は36.5℃以上がマスト!体温が低くても“平熱が低い体質”だと思っていま...more
カテゴリー:

手入力のコーディングは一切なし、“ロボット犬”に機械学習をさせて最高速度が25%もアップ! - 01月17日(木)18:00 

AI、機械学習、ロボットといったワードが最近はよく聞かれる。今後注目の技術となるのは間違いない。ロボット技術の開発者たちは、“機械学習”をさらに進化させた“強化学習”の技術を駆使し、四足のロボットの開発を進めているという。 ・“強化学習”を採用した四足型ロボット「ANYmal」 これまでも、四足型ロボットの開発は取り組まれており、技術者たちは何とか本物の動物の動きを真似ようとしてきた。本物の動物の動きは、自然な動き、かつもっともエネルギー効率がよいためだ。 しかし、人間の手入力によるコーディングには限界があり、どうしてもロボットの動きは不自然になってしまう。そこで、ロボット開発者たちが注目したのが、“強化学習”の技術。“強化学習”とは、ある環境内において現在の状態を観測し、取るべき行動を決定する機械学習の一種である。 この“強化学習”を採用した犬のような形状のロボットは「ANYmal」と呼ばれ、以前より早く走れるようになり、転倒からの復帰も自力でおこなえるという。注目すべき点は、この“ロボット犬”が人間の手によるコーディングは一切なしで作動していることだ。 ・シミュレーショントレーニングを重ねる Science Roboticsによると、EFH Zurichの開発チームでは何度もシミュレーションのセッションをおこなった後、トレーニングデータを実際のロボットへ移管。 すると、「ANY...more
カテゴリー:

スポーツ選手の治療やトレーニングに関わる人達のための学習サービス“MSO(正式版)”リリース! - 01月17日(木)14:50 

[エンカウンター] [画像1: https://prtimes.jp/i/40951/1/resize/d40951-1-902441-0.png ] ~MSO(目指せスポーツメディカルスタッフ Online Salon)とは?~ encounterが提供している“スポーツ選手に関わる人達に今必要な知...
カテゴリー:

<楽天>銀次巻き返しへ 狙うは首位打者 沖縄で自主トレ - 01月18日(金)06:05 

東北楽天の銀次が17日、沖縄県内で自主トレーニングを公開した。「今年は活躍する」と、背番号と同じ数の打率3割3分を目標に初の首位打者獲得を狙う。 この日は強い風雨で室内での練習に励んだ。キャッチボール
カテゴリー:

Google HomeやAmazon Echoでの盗聴を防ぐガジェットが公開される - 01月17日(木)21:00 

CES2019では、Google AssistantおよびAlexaを搭載したガジェットをいくつも発表されたが、AIスピーカー自体に搭載するガジェットも登場した。 「Project Alias」と呼ばれるこのガジェットは、AIアシスタントと人間の仲介役になってくれて、ウェイクワードのカスタマイズなどができる。 仲介役のなにが嬉しいかというと、普段の会話をシャットアウトしてくれて、盗聴のリスクを取り除いてくれることだ。 ・盗聴の懸念を払拭 スマートスピーカーは大変便利で普及しているが、多くの人が盗聴の懸念を抱いていることもわかっている。 2017年にはGoogle Homeにて音声を常時録音してサーバーに送るバグが、去年にはAmazon Echoにて夫婦の会話が録音され、第三者に送ってしまうというアクシデントが発生している。 Project Aliasは、Google Assistant/Amazon Alexaとの仲介役になってくれてこうした懸念を払拭してくれるものだ。 ウェイクワード検出には、ローカルで実行されるニューラルネットワークを使用。ニューラルネットワークは経験を通してトレーニングしていき、修正もできる。 トレーニングやリセット、On/Offの操作をおこなうアプリも提供されているようだ。 ・オープンソースで自作も可能 Project Aliasはアドブロッカーのリアル版の...more
カテゴリー:

【朗報】受験生JKさん、センター試験に英字シャツを着て来てしまいやむなくブラジャー姿で受験する - 01月17日(木)20:01  livejupiter

ようこそウルトラハイパーエクストリームID腹筋スレへ! ここはsageずに書き込み、出たIDの0以外の数字の階乗した数だけ腹筋をするという 超硬派なトレーニングスレです。 例1 ID:2hwG1kMs0 の場合は 21の階乗なので51090942171709440000回頑張りましょう。 例2 ID:bicycle0 の場合0以外の数字がないので今日は一休み。 ※計算できないという方はこちらで→http://www.kishimo.com/math/kaijou.html                ∧__∧               ( ´・ω・` )                   /::  `...
»続きを読む
カテゴリー:

「陸上選手は努力に見合っていない」 元・箱根駅伝ランナーの和田正人さんが“引退”を語る - 01月17日(木)14:56 

東海大学の優勝で幕をおろした今年の箱根駅伝。大学4年生にとっては残りの学生時代はわずか。就職や大学院とそれぞれの道を進むことになり、実業団に進まない選手の多くが競技生活を終えることとなるでしょう。陸上選手だけでなく多くのスポーツ選手が経験する『引退』の瞬間。決断は短くとも、決断までの時間は決して短くない、そんな難しさがこの2文字には凝縮されていると言えます。『引退』について強い思いを持っているのは、この方も同じ。学生時代に日本大学で箱根駅伝に出場した経験のある俳優・和田正人さん。2002年の4年生次には、怪我明けのなか復路9区を担当し、区間記録第5位という成績をおさめました。その後、走ることを生活の糧とした和田さんは、大学卒業後にNECに就職。同社で陸上部に所属し、ランニング漬けの毎日を過ごしていたのですが、2年目の春を前に陸上部は廃部に。経費削減のためでした。元々、怪我の多かった和田さんは、普段から自分のキャリアと向き合う時間が長かった選手でした。そんな和田さんが、引退をどのように感じていたのか、ご本人に聞いてみました。長年、陸上競技の『長距離』という種目で走り続けていた和田さんにとって、その選手人生は『失敗の連続』という認識。奇しくも、最近、演じたマラソンをテーマにした舞台の台詞に『挫折の競技』があったのですが、まさにその通りと感じたそうです。「僕は10年間、競技として陸上に携...more
カテゴリー:

もっと見る

「トレーニング」の画像

もっと見る

「トレーニング」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる