「トランザクション」とは?

関連ニュース

Googleとカリフォルニア大学SF校が薬の処方の危険な間違いを見つける機械学習ツールを共同開発 - 04月04日(土)07:30 

Google Healthの機械学習エキスパートがこのほど公開したUCSF(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)の計算健康科学部との共同研究は、患者の電子健康記録(EHR)を入力として研究者が作った、普通の医師たちによる薬の処方の一般的なパターンを表した機械学習モデルを記述している。これが役に立つのは、入院患者の約2%が、防ぐことのできた薬物処方の間違いに悩まされているからだ。その間違いが、死に結びつくこともある。 研究者の説明では、このシステムはクレジットカード会社が顧客に詐欺の可能性を警告するのに使っている、機械学習を利用した自動的不正検出ツールのような仕事をする。それらは、過去のクレジットカードトランザクションに基づいて消費者のノーマルな動きのベースラインを作り、それに合わない動きを見つけたら銀行のセキュリティ部署に警報したり、アクセスを凍結したりする。 GoogleとUCSFが訓練しているモデルも、「この患者の現在の状況に対しては異常」と見える処方を見つける。ただしそれは、消費者の行動の異常よりは発見が難しい。なぜなら1人ひとりの患者の状況やニーズは、機密性がある上にきわめて複雑で解明が非常に困難だからだ。 そのために彼らは、匿名化した患者の電子健康記録から、生体信号や検査結果、投薬履歴、診療履歴とそれらの予後などの情報を知る。そんな履歴データを現在の状態の情報と組み合わ...more
カテゴリー:

ビットコインのトランザクション数が3月の暴落後から減少し、1年4ヶ月ぶりの低水準 - 04月01日(水)08:18 

Blockchain.comのデータによると、今年に入り、増加していたトランザクション数だが、3月の暴落以降、1日あたりの確認済みトランザクション数が急落し、2019年1月並みの水準まで落ち込んでいる。
カテゴリー:

Aerial Partners、株式会社ディーカレットに暗号資産の財務・管理会計システム「Gtax」を提供開始 - 03月30日(月)10:37 

株式会社Aerial Partnersは3月25日、暗号資産販売所を提供する株式会社ディーカレットに財務・管理会計システム「Gtax(ジータックス)」を提供し、暗号資産交換業者をはじめとするブロックチェーンサービス事業者の経営管理基盤として提供開始した。 暗号資産交換業者では、複数のチャンネルにおいて暗号資産の取引が頻繁に行われることから、その取引実態に合わせたトランザクション管理や損益の計算、そして仕訳を起票する経理作業が非常に煩雑になる。また、暗号資産交換業者特有の課題として、ユーザーから預かっている暗号資産と自社保有の暗号資産とを適切に管理区分し会計上も表現することが求められている。この度、暗号資産の財務・管理会計システム『Gtax』をディーカレットに導入し、現物取引だけでなく、電子マネーチャージといった新たな会計事象についても、会計原則に基づいたロジックをGtaxに反映させたことにより手作業によるオペレーションコストの削減を実現した。 Gtaxエンタープライズ版は、ブロックチェーン企業の経営管理体制・経理財務フローの効率化を支援するサービスだ。従来、自動化することができなかった複雑な社内の取引データ管理・経理業務フローについて、専用にカスタマイズした機能を追加できるプランを用意している。暗号資産の会計・税務に精通した専門家による内部統制のヒアリングを行った上で、管理フローを...more
カテゴリー:

イーサリアムのボトルネック特定。SingulaNetらが研究論文を公開 〜エンタープライズ版での秒間1万トランザクション実現目指す - 03月26日(木)14:16 

Ethereumベースの企業向けブロックチェーンサービス(BaaS)を提供するSingulaNet社は3月26日、SIMTech(シンガポール製造技術研究所)と共同研究したEthereumの処理の高速化に論文を発表した。両社の研究で、Ethereumでのトランザクションとブロック生成高速化のボトルネックを特定することができたという。
カテゴリー:

EY、2020年度「EY Entrepreneurial Winning Women™アジア太平洋プログラム」の 参加者22人を発表 - 03月23日(月)10:48 

2020/03/23 EY Japan EY、2020年度「EY Entrepreneurial Winning Women™アジア太平洋プログラム」の参加者22人を発表 ・今回選出されたアジア太平洋地域の女性アントレプレナーが経営する会社は、2018年の売上が総額10億3,300万米ドル超、地域全体で4,870人以上を雇用 ・女性アントレプレナーのビジネスは、10種類のセクターと幅広い業界で展開されている ・2020年度プログラム参加者は、アジア太平洋地域全体におよぶ EYは、2020年度「EY Entrepreneurial Winning Women™アジア太平洋プログラム」に、22人の女性ビジネスリーダーを迎えることを発表します。本プログラムは、ビジネスを成功に導いてきた女性アントレプレナーが、今存在している壁を打ち破り、経営する会社の規模をその最大のポテンシャルまで拡大し、グローバルレベルでマーケットリーダーとなるのをサポートするためのものです。本プログラムに参加することで、女性アントレプレナーは、戦略的サポートや研修を受け、EYが世界中に展開しているアントレプレナーのエコシステムを利用することができます。 今年は9カ国から合計22人の女性アントレプレナーが参加します。本プログラムの参加者が経営する会社は、航空サービス、消費財、テクノロジー、eコマース、フ...more
カテゴリー:

TIS、「SAP S/4HANA(R)」と「UiPath」を連携する「SAP S/4HANA向けRPA汎用コンポーネント」を提供 - 04月03日(金)17:00 

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、SAPジャパン株式会社の次世代ERP「SAP S/4HANA(R) (以下、S/4HANA)」※1とUiPath株式会社のRPA(Robotic Process Automation)プラットフォーム「UiPath」※2の連携を実現する「SAP S/4HANA向けRPA汎用コンポーネント」を提供することを2020年4月2日に発表しました。本コンポーネントは、「S/4HANA」上の伝票やマスタデータの一括登録/一括更新などの各種業務の自動化をノンプログラミングかつハイパフォーマンスで実現する「S/4HANA」を利用中もしくは利用を検討している企業向けの機能群です。オープン技術「OData※3 API」を採用し、「S/4HANA」と「UiPath」のデータ連携部分をパッケージングすることで、RPAの開発技術や「S/4HANA」に関する専門知識等を必要としない業務の自動化を実現しました。また、「OData API」の採用により「S/4HANA」のオンプレミス環境に加えてクラウド環境にも対応し、アップグレード時のRPAの動作確認/改修も不要となります。1件ずつの登録/更新ではない画面の固有の動きに影響しない技術の採用により、RPAによる業務自動化の主流である「画面操作の自動化」と...more
カテゴリー:

SingulaNet、イーサリアムの処理の高速化に関する研究結果を公開へ。シンガポールの製造技術研究機関と共同で - 03月30日(月)11:43 

SingulaNet株式会社は3月26日、シンガポールの製造技術研究機関であるSIMTECHと共同でイーサリアムの基礎技術の研究を実施し、論文「​​Function-level Bottleneck Analysis of Private Proof-of-Authority Ethereum Blockchain」を2020年3月24日に公開した。 本研究論文では、イーサリアムに独自のログ出力メソッドを追加して各処理の所要時間を計測し、トランザクション・ブロック生成において高速化のボトルネックになっているファンクションとその原因を特定した。論文によれば、イーサリアムが具備しているCPUスレッドの並列処理が十分に機能しきれておらず、改善の余地があることが判明したという。 SingulanetとSIMTECは本研究結果を公開することで世界のイーサリアムの技術コミュニティに貢献するのみならず、イーサリアムの処理の高速化及び安定化をもたらす次世代インフラの構築を目指している。現在、企業向けに利用可能なイーサリアム(PoAアルゴリズム:Clique)においては、1,000件/秒程度の処理が可能だが、本研究で判明した並列処理の課題を解決することで、秒間1万件以上の処理が可能な次世代Ethereum基盤の早期実現を目指すとしている。 【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法 【参照...more
カテゴリー:

ブロックチェーンス企業バイソン・トレイルズ、高速なトランザクション処理をうたう「ソラナ」をサポート - 03月29日(日)10:00 

フェイスブックの仮想通貨リブラを推進するリブラ協会会員のバイソン・トレイルズが3月26日、パーミッションレスの高性能ブロックチェーンをうたう「ソラナ(Solana)」プロジェクトのサポートを発表した。メインネットのリリース次第バイソン・トレイルズ上でも利用可能になるそうだ。
カテゴリー:

クラウド EC サービス「Media EC FANTAS」のボクブロックが「ベアメール」を採用 手厚いサポートにより、メール不達時のスムーズな解決を実現 - 03月23日(月)13:00 

株式会社リンク (本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田 元治) は、本日、ボクブロック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:林 昌孝、以下:ボクブロック)において共有型メールリレーサービス「ベアメール」が採用された事例を公開します。ベアメールは、IP レピュテーション(メール配信元の IP アドレスに対する信頼性評価)の高い高速配信エンジンを経由して配信することで、通信キャリアやメールプロバイダからブロック対象(迷惑メール)と認識されることを回避し、高い到達率を実現するサービスです。コントロールパネルで配信状況が確認できるほか、ユーザのシステムから API 接続で配信を行う機能や、電子署名を添付することで送信元や内容に不正がないかチェックできる DKIM (※) を利用することができます。(※) DKIM (DomainKeys Identified Mail)メールを送信する際に送信元が電子署名を行い、受信者がそれを検証することで、送信者のなりすましやメールの改ざんを検知できるようにする技術。ベアメールを採用したボクブロックは、EC サイトの構築・保守・集客支援・企画・コンサルティングなど、eコマースに関する幅広いソリューションを展開しています。500サイト以上の構築実績を持つ同社のノウハウを活かしたクラウド EC サービス「Media EC FANTAS(ファンタス)」...more
カテゴリー:

【2020年3月前半の重要ニュース6選】暗号資産・ブロックチェーン業界をおさらい - 03月18日(水)11:49 

今回は、2020年3月前半の暗号資産・ブロックチェーン業界をおさらいできる重要ニュースについて解説した田上智裕氏(@tomohiro_tagami)のコラムを公開します。 目次 新型コロナウイルスの猛威が続く 相場の崩壊によりMakerDAOに巨額の損失 暗号資産市場の健全性が加速。警察庁が報告書を公開 コインチェック事件における初の逮捕者 全世界へ金融システムを届けるCeloが始動 金融国際ネットワークBGINが発足 3月前半の暗号資産・ブロックチェーン業界は、新型コロナウイルスによる価格暴落が多くの話題をさらいました。本記事では、3月前半に話題となった重要トピックを解説と共におさらいしていきます。 新型コロナウイルスの猛威が続く 2月に続き、3月前半も新型コロナウイルスが猛威を振るっています。中でも、3月11日に世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症のパンデミックを宣言したことにより、多くの暗号資産価格が暴落しました。ビットコインは、一時50万円前半台まで大きく下落しています。 3月12日には、ニューヨーク株式市場で今月2度目となるサーキットブレーカーが発動しました。これに引きずられ、日経平均株価だけでなく暗号資産市場も下落した形です。 今回の大暴落は、ビットコインがデジタルゴールドとしての価値を有していなかったことを裏付ける要素となりました。要するに、これまでの...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「トランザクション」の画像

もっと見る

「トランザクション」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる