「トラブル」とは?

関連ニュース

【コロナ禍の葬儀費用、契約前に確認を!】 新型.. - 07月31日(土)16:00 

【コロナ禍の葬儀費用、契約前に確認を!】 新型コロナウイルス対策として、通常ではかからない費用がさらに追加されるなどの、葬儀費用に関するトラブルが生じています。申し込む前に見積書で納得できる内容や費用であるかを、よく確認しましょう。困った時は消費者生活センターにご相談ください。
カテゴリー:

ベータテスト中のPS5でのM.2 SSD利用について『ラチェット&クランク パラレル・トラブル』開発者が情報提供 - 07月31日(土)14:51 

Insomniac GamesのMike Fitzgerald氏が自身のTwitterアカウントにて報告しています。
カテゴリー:

離婚手続きを弁護士のサポートを受けながらスムーズかつ低コストで進められる「Hello Divorce」 - 07月31日(土)12:30 

離婚は修羅場でストレスをともなう。費用がかかるために法律専門家のサポートを受けることができなければなおさらだ。オンライン離婚のスタートアップHello Divorce(ヘローディボース)はこのプロセスをよりリーズナブルな費用で、そして迅速なものにするプラットフォームを開発している。 目的を達成するためにカリフォルニア州オークランド拠点のHello Divorceは米国時間7月29日に200万ドル(約2億2000万円)のシードラウンドを発表した。本ラウンドはCEASがリードし、Lightbank、Northwestern Mutual Future Ventures、Gaingels、そしてClioのCEOであるJack Newton(ジャック・ニュートン)氏やWRGのLisa Stone(リサ・ストーン)氏、Equity ESQを率いるEd Diab(エド・ディアブ)氏ら個人投資家も参加した。 統計によると、米国の離婚件数は年平均75万件で、離婚にかかる平均費用は居住する州にもよるが8400〜1万7500ドル(約92万〜192万円)の間だ。複数の情報ソースは、離婚業界は年500億ドル(約5兆5000億円)としている。 家族法を専門とする弁護士のErin Levine(エリン・レヴィン)氏は、離婚するカップルが「手頃価格の有意義な法律相談」とオンライン上のもの以外のリソースにアクセス...more
カテゴリー:

【東京五輪スペシャルトーク】玉袋筋太郎 ストリートから生まれたスケボーが競技採用…数年後は「ウーバーイーツ」も!? - 07月31日(土)10:00 

こんにちは、玉袋筋太郎です。連日、熱戦が繰り広げられている東京五輪。皆さんは楽しんでいらっしゃいますか?“人材起用トラブル”に揺れた開会式では「ドラゴンクエスト…
カテゴリー:

五輪に憤る湾岸タワマン住民。無観客なのに「厳戒体制」でストレス爆発 - 07月31日(土)08:54 

東京五輪がついに開幕した。開催決定直後から相次いだ不祥事やトラブルに加え、新型コロナウイルスが襲い、「史上最も国民から歓迎されない五輪」と言われているが、競技会場周辺の住民は憤っている。いったい、なぜなのか。 「はっきり […]
カテゴリー:

昨日もキス釣り行きましたがキスは釣れず、、、チ.. - 07月31日(土)15:03 

昨日もキス釣り行きましたがキスは釣れず、、、チャリコとベラとカラフルなフグとちっちゃいカサゴ、、、 途中沖の方でナブラ沸いてて、私はリールのトラブルでパイセンにダイソージグ託したらチビシオ釣ってました、、ぴえん。 結局PEの絡みを取れずに切ったのでライン巻き直さんとあかんしーーー😭
カテゴリー:

<これ不倫!?>旦那が職場の女性と個人的なLINE……待ち受けていた思わぬトラブル【中編】まんが - 07月31日(土)14:40 

前回からの続き。旦那が職場の女性とLINEをしはじめました。夜も休日も構わず来るので気になって内容を見せてもらいましたが、中身は仕事の話のようです。旦那も「業務連絡だから問題ないよ」と言っています。ところがLINEのやりとりが続くうち、相手からの内容はどんどんプライベートな相談に……。 どうやら例の事務員は、最近プライベートな話をしてくるようなのです。世間話だけでなく、なんと自分たちの営みの話まで。会社内でもLINE上でも、愚痴が話せるのは旦那だけなのだそうです。「いつも相談してきてくれるんだよねー。事務の子は、共働きで頑張っているしー」と呑気にべらべらと喋る旦那。 私は下の子を妊娠中に切迫になり緊急入院。そしてやむなく退職しました。切迫になって心身ともにボロボロで大変だったことを忘れた? 専業主婦の私を馬鹿にしてるの? それにやりとりをイチイチ私に言ってくる旦那もよく分からない! あいかわらず呑気で馬鹿正直な、旦那の態度にあきれ返ってしまいました。 私がいつもどおり家事をしていると、いきなり焦った様子で部屋に入ってきた旦那。「ちょっとまずいことになったかも……」と言い出しました。 いったい、何が起きたの!? 後編へ続く。 原案・ママスタコミュニティ 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子
カテゴリー:

朝から活性良くサバアジ釣れて、一緒に行ってた釣.. - 07月31日(土)12:05 

朝から活性良くサバアジ釣れて、一緒に行ってた釣りガールがハマチ、大鯛、大ハマチ上げて僕もやる気になった直ぐに船の舵が効かなくなるトラブル発生💦 海のJAFに牽引してもらって帰ってきた💦 初のギガアジ釣れたしツレらとワイワイ出来たし、貴重な体験も出来て楽しかったです(*´∀`*)
カテゴリー:

「車はまだか」五輪ファミリーに迫られボランティア困惑 - 07月31日(土)10:00 

 東京オリンピック(五輪)を下支えしている大会ボランティアが運営上のトラブルに巻き込まれ、困惑している。新型コロナウイルスの感染急拡大も重なり、思い描いていた五輪との落差に戸惑いを感じる人たちもいる。
カテゴリー:

テスラのAutopilot、月と黄色信号の区別ができない - 07月31日(土)08:05 

以前、テスラ(Tesla)製の車両に搭載されていたナビゲーションシステムが、前走する車両の荷台に積載されていた信号機を誤認識するトラブルがあったが、今度は空中に浮かぶ月を信号として誤認識したというトラブルが報告されている(ViralHogさんの動画)。 ViralHogさんがYouTubeにアップした動画によれば2021年7月22日、同氏がテスラのフルセルフドライビングのサブスクリプションを購入した直後、地元の4車線の高速道路で試験走行していたところ、通常は前走者がいなければ設定速度を完璧に維持するのに、なぜかなにもない場所で速度を落とそうとする挙動を見せたという。 ナビゲーションシステムがの画面にはなぜか黄色の信号が点滅するように表示され、ふとそれを見上げてみると空中には通常よりも少し黄色やオレンジ色に見える月が存在していたそうだ。ノースカロライナ州では火事の煙で厚いカスミがかかっていたことから、月が黄色の点滅する信号と勘違いさせたものと見られている。 すべて読む | ITセクション | ソフトウェア | 人工知能 | 変なモノ | バグ | ロボット | アメリカ合衆国 | 交通 | 関連ストーリー: テスラのModel 3のシステム、前走トラックが運搬中の信...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる