「トラフィック」とは?

関連ニュース

中国、コロナ治療に「熊の胆」入りの薬推奨 各国の環境保護団体が反発 - 06月02日(火)15:48  newsplus

6/2(火) 7:02配信 「熊の胆」が取れるツキノワグマ。日本国内では本州、四国に広く生息する  二日酔いや食欲不振など消化器系の万能薬と知られる「熊の胆(くまのい)」の使用を巡り、各国の環境保護団体が反発している。中国当局が、新型コロナウイルス感染症の治療法の一つとして、熊の胆が入った薬を推奨したからだ。中国に比較的広く生息するツキノワグマは、国際自然保護連合(IUCN)が絶滅危惧種に指定し、ワシントン条約で国際的な商取引が禁止されいる。だが、熊の胆を目的とした密猟や人工飼育する施設は後を絶た...
»続きを読む
カテゴリー:

Jストリーム、丸善出版が提供する医学・看護系の映像教材配信サービス「EVO」の動画配信を支援 〜無料配信で飛躍的に拡大するデータトラフィックを技術支援〜 - 06月02日(火)15:00 

株式会社Jストリームは、丸善出版株式会社が提供する医学・看護系を中心とした映像教材配信サービス「Educational Video Online」の無料提供を動画配信面で支援いたします。
カテゴリー:

Google、ブロックチェーン動画配信Theta Networkの検証ノードで戦略的提携 - 06月02日(火)12:45 

Googleがブロックチェーン動画配信ネットワークTheta Labs Inc(シータラボ)とパートナーシップを締結した。米国の経済誌Forbesが5月27日、伝えている。 NetflixやYoutubeに代表される動画ストリーミングサービスは、ピーク需要に備えてデータセンターにコンテンツを保管し、膨大な維持コストを費やしている。一方、Thetaのネットワークは利用者間で直接コンテンツの共有を可能とする分散型ネットワークだ。あるユーザーがThetaのコンテンツをダウンロードすると、次のユーザーは前のユーザーのTVから直接これをダウンロードする。「ユーザーが増えるほど効率が向上する利点がある」とTheta Labの共同創設者ミッチ・リュウ氏は語っている。 こうした動作は「THETA」トークンを介してブロックチェーン上で管理される。もう一つの「TFUEL」トークンには、有料コンテンツの支払いや、アイドルタイムに帯域幅を貸し出して支払いを受けるなどの利用法がある。 Googleは、Binance(仮想通貨取引所)やBlockchain Ventures、日本のgumi Cryptos等で構成されるThetaのエンタープライズバリデーターに加わり、トランザクションの正当性を検証する。また、コンシューマーはGCP Marketplace上でシームレスにThetaノードを実行できる。ビットコイ...more
カテゴリー:

ネットワークインテリジェンスのKentikが約25億円調達 - 05月28日(木)11:45 

かつてCloudHelixという名称だったKentik(ケンティック)は5月27日、Vistara Capital Partnersがリードする成長投資ラウンドで2350万ドル(約25億円)を調達したと発表した。既存投資家からはAugust Capital、Third Point Ventures、 DCVC、Tahoma Venturesが参加した。今回のラウンドによりKentikはこれまでに6170万ドル(約67億円)調達したことになる。 同社のプラットフォームでは、企業はインターネット上、自前のデータセンター内、パブリッククラウドなど場所を問わず自社のネットワークをモニターできる。 「世界はこれまでよりもインターネット中心になった。トラフィックレベル、プロダクトの利用、我々そしてサービスプロバイダーの顧客どちらの売上高も増えている」。筆者がなぜいま資金調達するのか尋ねると、Kentikの共同創業者でCEOのAvi Freedman(アヴィ・フリードマン)氏はこう答えた。「Kentikが作られた目的である、ハイブリッドでインターネット中心のアーキテクチャが受け入れられるペースが加速していて、プロダクトやGo-to-market戦略、マーケットの需要を広げるのに役立つパートナー拡大に投資するのにいい機会だと考えた」 同社は2015年の創業以来、前年比100%で成長を続け、いまや2...more
カテゴリー:

知って納得、ケータイ業界の"なぜ" 第65回 新型コロナで動画の利用が増えたのに、モバイルデータ通信があまり増えなかった理由 - 05月27日(水)15:35 

新型コロナウイルスの感染拡大による政府の緊急事態宣言発令で外出自粛が続き、自宅での動画視聴やテレワークによるビデオ会議の利用が増えるなどしてデータ通信のトラフィックが急増している。だが携帯大手3社によると、モバイルでのデータ通信はあまり増えておらず、むしろ減ったとの声もある。なぜモバイルのデータ通信は増えなかったのだろうか。
カテゴリー:

Jストリーム、丸善出版が提供する医学・看護系の映像教材配信サービス「EVO」の動画配信を支援 ~無料配信で飛躍的に拡大するデータトラフィックを技術支援~ - 06月02日(火)15:00 

株式会社Jストリームは、丸善出版株式会社が提供する医学・看護系を中心とした映像教材配信サービス「Educational Video Online」の無料提供を動画配信面で支援いたします。
カテゴリー:

ハッキングが相次いだNestデバイスに対しグーグルはセキュリティを強化 - 06月02日(火)14:00 

Google(グーグル)が同社のスマートホームデバイスであるNestをAdvanced Protection Programに加えた。これは、政治家やジャーナリストなど高いリスクを抱えるユーザーに強力なアカウント保護を提供するプログラムだ。 2017年にローンチしたこのプログラムは、誰もがサインインでき、アカウントデータへのサードパーティアクセスの制限やマルウェア保護などのセキュリティ機能を利用できる。また高度なサイバー攻撃に対してはハードウェアのセキュリティキーを利用できる。 同社によると、Nestをこのプログラムに加えることは「ユーザーからの『一番多い』要望だった」という。インターネットに接続されたデバイスはベーシックなセキュリティ保護すらないことが多く、したがってハッカーの餌食になる機会も増えている。そこで州や国(未訳記事)はデバイスのメーカーにセキュリティの改善を指導している。しかし巧妙なハッカーは、スマートホームのカメラを覗き見したり、これらのデバイスの大量のコレクションに加えたりしている。ハッカーのコレクションにされた大量のデバイスは、大量のジャンクトラフィックでウェブサイトを麻痺させるための踏み台として利用される。 そんな中でNestのデバイスはセキュリティが良いほうだが、でもそのユーザーにはハッカーへの免疫がない。今年に入ってから、Nestのカメラを狙う自動化攻撃(...more
カテゴリー:

成功の原点はToutia、TikTokが米国市場でも伸びている理由(その1) - 05月31日(日)13:55 

【編集部注】本稿は米国スタートアップやテクノロジー、ビジネスに関する話題を解説するポッドキャスト「Off Topic」がnoteに投稿した記事を、内容別に3つの記事に分割・転載したものだ。第2部、第3部も併せてチェックしてほしい。 自己紹介 こんにちは、宮武(@tmiyatake1)です。これまで日本のVCで米国を拠点にキャピタリストとして働いてきて、現在は、LAにあるスタートアップでCOOをしています。Off Topicでは、次世代SNS企業の話や最新テックニュースの解説をしているポッドキャストもやってます。まだ購読されてない方はチェックしてみてください! はじめに 過去4年間で世界で最も勢いがあるアプリ「TikTok」。AirPodsやMeme(ミーム)文化が爆発的に伸びていた流れに乗っかったのは確かだが、それ以外にも自社のUI判断やグロース戦略でここまで成長できた。そして何よりもソーシャルグラフが必要のないSNS、コンテンツベースのアルゴリズムを作ったのは過去に存在しなかったこと。そんなTikTokの裏で、運営元であるByteDance(バイトダンス)の最初のサービスであるToutiaoから実際にTikTokのインフラが作られていた。 今ではByteDanceの時価総額が1000億〜1400億ドルになっていると言われている。 Bytedanceの時価総額が$100B〜$1...more
カテゴリー:

UQ mobile、容量10GBで2,980円、容量を使い切った後も最大1Mbpsでの通信が可能というプランを発表 - 05月28日(木)07:00 

UQ mobileが新料金プラン「スマホプランR」を発表した。データ容量10GB付きの月額基本料が2,980円で、データ容量を使い切った場合でも最大1Mbpsでの通信が可能だという(ITmedia、ケータイWatch)。この料金プランは大きなトラフィックが発生するような動画配信サービスなどをあまり利用しないユーザーに向けたもので、楽天モバイルを対抗先として意識しているという。 すべて読む | ITセクション | ビジネス | 携帯電話 | インターネット | IT | 携帯通信 | 関連ストーリー: KDDI、UQ mobile事業をUQコミュニケーションズから取得 2020年05月15日 「容量無制限」をうたうMVNO型の通信サービスでトラブル、「無制限」の提供は困難? 2020年04月28日 楽天モバイルMNOの主力プランは月額2980円と日経電子版が報じる 2020年03月02日 格安SIMサービスの満足度調査結果、多くが満足と回答 2018年10月01日
カテゴリー:

ベルウクリエイティブが独自の脆弱性診断サービス「SPM Pro」を提供開始 サーバへのシステム影響”ゼロ” OS、ミドルウェアに加え、稼動プロセス、アカウント情報等、様々な視点からリスクを顕在化 - 05月27日(水)11:00 

株式会社ベルウクリエイティブ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大和田 利郎、以下 ベルウクリエイティブ)は、独自の脆弱性情報収集技術と分析技術により長年の脆弱性診断における課題を解決した「SPM Pro」サービスを、本日より提供します。*SPM Pro: セキュア・パッケージ・マネージメント・プロ◆導入の経緯近年サイバー空間における脅威が増加し、システムへの不正侵入などのインシデントが多数発生しており各企業は保有するシステムの安全性を把握し、セキュリティ対策を実施するために、定期的な脆弱性診断を実施する傾向にあります。しかし従来のWebアプリケーション脆弱性診断、ネットワーク脆弱性診断やホスト診断などは診断の際、攻撃疑似トラフィックを発生させるためシステムへの負荷等の影響が発生してしまうことは避けられませんでした。また診断実施にあたり、システムへの管理者権限のログイン、各種監視機能の停止、診断環境(テスト環境やステージング環境など)の構築等、お客様にて事前準備を実施して頂く必要があり多くの手間が発生していました。◆「SPM Pro」は従来の脆弱性診断の課題であった下記の課題を解決し、精度の高い脆弱性診断サービスを提供します。従来の課題(1) ネットワークから到達できる範囲の脆弱性しか検出出来なかった。(2) 大量のトラフィック発生のため、診断対象に大きな負荷が発生した。(3) ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「トラフィック」の画像

もっと見る

「トラフィック」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる