「データサイエンティスト」とは?

関連ニュース

一般的な時系列のモデリング&予測に、機械学習系の手法よりも古典的な計量時系列分析の方が向いている理由を考えてみた - 六本木で働くデータサイエンティストのブログ - 09月18日(水)21:29 

一般的な時系列のモデリング&予測に、機械学習系の手法よりも古典的な計量時系列分析の方が向いている理由を考えてみた - 六本木で働くデータサイエンティストのブログこの記事は、以下の@icoxfog417さんによる問題提起に合わせたちょっとした実験をまとめたものです。 時系列予測の問題において、機械学習のモデルより既存の統計モデル(ARMAモデルなど)の方が予測精度において優良な結果が出るという研究。データへの適合=予測精度の向上ではないことも実験で示している。機械学習の研究...
カテゴリー:

カスタマージャーニーのデータを直接扱えるAdobeのツールが登場 - 09月13日(金)09:00 

Adobeは、データを収集して顧客を理解するための分析と顧客体験のプラットフォームに力を入れている。米国時間9月10日、同社はカスタマージャーニーのデータを直接扱い、よりよい顧客体験を実現する新しい分析ツールを発表した。 カスタマージャーニーには、企業のデータレイクからCRM、POSまで、多くのシステムが関係している。7月に発表されていたように、このツールは複数のシステムやさまざまなチャネルにわたるデータをすべてまとめて、データ分析のワークスペースに取り込む。 Adobe Analyticsのプロダクトマーケティングでグループマネージャーを務めるNate Smith(ネイト・スミス)氏は、データサイエンティストやSQLのスキルを有するアナリストも、そしてインサイトを得ることが目的のマーケティング専門家も、組織全体が標準的な方法でデータにアクセスできるようにしたと語る。 同氏は「オムニチャネル分析や新しいデータチャネルの導入をしようとする組織のためのプラットフォームをリリースする。このプラットフォームに入ってきたデータを、学術的なモデルで標準化する」と説明する。その後、この機能を階層化し、継続してデータを視覚的に照会して、これまで見えなかったようなインサイトを得られるという。 スクリーンショット:Adobe Adobeはプロセスのすべてのステップをできるだけ柔軟にするように開発し、オ...more
カテゴリー:

実践データサイエンス─サンプルコードと図表で学ぶ、前処理・モデル評価・パラメータチューニング - エンジニアHub|若手Webエンジニアのキャリアを考える! - 09月10日(火)11:12 

実践データサイエンス─サンプルコードと図表で学ぶ、前処理・モデル評価・パラメータチューニング - エンジニアHub|若手Webエンジニアのキャリアを考える!データサイエンティストとしてのスキルを向上させるには、データの前処理や特徴量の作成、モデルの評価・訓練、ハイパーパラメータの調整など、広域にわたる知識を身に付ける必要があります。 この記事は、そうした知識を「サンプルコードと図表を見ながら、分かりやすく学習できること」を目指して作成されました。記事...
カテゴリー:

「関数型言語をもっと使いこなしたい!」マイクロアドの新卒エンジニアがデータサイエンティストの先輩に圏論の初歩を指導してもらった話 - MicroAd Developers Blog - 09月06日(金)09:27 

「関数型言語をもっと使いこなしたい!」マイクロアドの新卒エンジニアがデータサイエンティストの先輩に圏論の初歩を指導してもらった話 - MicroAd Developers Blogはじめに こんにちは、19新卒バックエンドエンジニアの飛田です。 弊社では、プロダクトの一部にCatsという関数型プログラミングを行うためのライブラリを導入しており、今後、Catsをより多くのプロダクトに使用していく予定です。 Catsにはモナドやファンクタという概念が登場しますが、これらの概念は圏論に由来してい...
カテゴリー:

“PriceTech”の空にグロービスが出資、ラウンド全体で3億円を調達 - 09月04日(水)08:00 

写真左:グロービス・キャピタル・パートナーズ 渡邉佑規氏、右:空代表取締役 松村大貴氏 ホテルの料金設定サービス「MagicPrice」を提供する空は9月4日、グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)からの資金調達実施を発表した。今年5月に発表されたUB Venturesからの調達と今回の調達を合わせ、ラウンド全体では約3億円の調達となる。 顧客コミュニティ醸成で改善進むMagicPrice TechCrunch Tokyo 2017の「スタートアップバトル」で最優秀賞を獲得した空。「世界中の価格を最適化する」というミッションを掲げる同社は、ホテル向けプライシングサービス「MagicPrice」を提供している。客室料金を検討する際に必要な予約状況などのデータを自動収集・分析し、AIが適切な販売料金を提案するMagicPriceは、ホテルの担当者が簡単な操作で客室料金設定ができ、旅行予約サイトへの料金反映も自動で行える。 2018年12月に、同社が提供していた市場分析サービス「ホテル番付」と名称を統合し、デザインやAIを改善するリニューアルを実施したMagicPrice。7月に東急ホテルズ所属の那覇東急REIホテルへの導入が決まるなど、各社・各地のホテルで順調に導入が進んでおり、顧客数は直近1年間で約5倍に伸びているという。 「顧客増に加え、カスタマーサクセスチームが中心にな...more
カテゴリー:

すべてのプログラマーあるいはデータサイエンティストが身につけるべきソフトスキル | AI専門ニュースメディア AINOW - 09月13日(金)16:47 

すべてのプログラマーあるいはデータサイエンティストが身につけるべきソフトスキル | AI専門ニュースメディア AINOW著者のJun Wu氏は、アメリカ・ニューヨークで活躍するテック系コンテンツの執筆を得意とするフリーランス・ライターです(同氏の詳しいバイオグラフィーは本翻訳記事の最後を参照)。同氏がMediumに投稿した記事「すべてのプログラマーあるいはデータサイエンティストが身につけるべきソフトスキル」では、技術者が身に...
カテゴリー:

マクドナルドがApprenteを買収し、ドライブスルーに音声技術を導入 - 09月11日(水)08:45 

McDonald’s(マクドナルド)はファストフード体験を再発明すべく、テクノロジー企業の買収にさらに力をいれている。米国時間9月10日、同社は多言語での音声注文を自動する会話エージェントを開発するスタートアップのApprente(アプレンテ)を買収したと発表した。 これがファストフードのドライブスルーに適しているというのが、まさにマクドナルドの幹部が考えだ。実際、同社は既にApprenteの技術を一部地域でテストしており「より早く、より簡単に、より正確にオーダーをとる」とされている、音声ドライブスルー(ロボットフライヤーと一緒に)を開発している。 マクドナルドによると、この技術はモバイルやキオスクでの注文でも利用できるという。これにより待ち時間が短縮されるだけでなく、より少ないスタッフで店舗を運営できるようになるかもしれない。 今年初めに同社は、天気や店舗の混み具合にもとづいてカスタマイズされたドライブスルー体験を提供することを目的に、3億ドル(約320億円)以上でオンラインパーソナライゼーションのスタートアップのDynamic Yieldを買収した。また、モバイルアプリ開発会社のPlexureにも投資した。 マクドナルドは現在、シリコンバレーを拠点とするApprenteチームが設立チームとして参加し、Apprenteの共同創設者であるItamar Arel(イタマル...more
カテゴリー:

グーグル「AI Hub」、コラボレーション機能など強化 - 09月06日(金)10:37 

「Google Cloud」の「AI Hub」がアップデートされた。データサイエンティストと機械学習(ML)チームの間のコラボレーションをより緊密なものにする。
カテゴリー:

データ社会考~米国の現場から:加速するデータ活用 情報の「自己コントロール」はできるか - 09月05日(木)16:00 

 6月、米ネバダ州ラスベガスのホテルで開かれた会議に、国内外からデータ分析の専門家である「データサイエンティスト」ら約800人が集まった。会議のテーマは「予測分析」。ビッグデータを分析することで、顧客の行動を予測し、新たなサービスの開発や利便性の向上を目指すものだ。
カテゴリー:

データサイエンティストが今すぐ「アルキメデスの大戦」を見るべき理由 - 09月04日(水)07:00 

データサイエンティスト視点で映画「アルキメデスの大戦」を見ると・・・・・・? AI開発の現場に詳しいマスクド・アナライズ氏が解説。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「データサイエンティスト」の画像

もっと見る

「データサイエンティスト」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる