「デルフト工科大学」とは?

関連ニュース

KLMオランダ航空、ピーター・エルバースCEOが来日 環境負荷軽減に向けた取り組み強化 - 10月11日(金)11:31 

KLMオランダ航空のピーター・エルバース代表取締役社長兼CEOが来日し、駐日オランダ大使館で記者会見を開催した。 KLMオランダ航空は、10月7日に創立100周年を迎えた。設立当初から同じ名称で存続している航空会社として、最も長い歴史を持つ航空会社になる。100周年に先立ち、「FLY RESPONSIBLYー責任ある航行」というコミットメントを打ち出し、環境に配慮した事業展開を進めている。今後、500キロ以下の路線に関しては鉄道会社などとの連携し、フライト以外の移動方法も視野に入れて路線計画を構築することを調査している。2020年3月からは、アムステルダム〜ブリュッセル線を週5便から週4便に減便し、高速鉄道「タリス」と連携し、乗り継ぎを促進する。2022年にはオランダにバイオ燃料プラントが完成する計画で、日本線にも利用することを検討している。 10月にはマイクロソフトが、アメリカ〜オランダ間をKLMオランダ航空とデルタ航空で出張する全社員のフライトに匹敵するバイオ燃料を、KLMオランダ航空の企業向けバイオ燃料プログラムで購入することを共同発表しており、マイクロソフトは出張渡航の二酸化炭素をオフセットできる。2040年から2050年の実用化を目指す、空気抵抗が少ない新型飛行機「FLYING-V」をデルフト工科大学のサポートを行うなど、新技術の開発にも力を入れる。 日本路線には、195...more
カテゴリー:

色あせたゴッホの絵をAIで解析、描かれた当時の姿を再現--デルフト工科大学 - 10月08日(火)15:00 

デルフト工科大学などの研究チームは、画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品が描かれた当時にどのような状態だったかを推測する研究に、人工知能(AI)を適用した。この技術を利用し、実際に描かれた直後の姿を再現しようとしている。
カテゴリー:

DOCOMOMO Japan選定建築物選定プレート贈呈式を開催 - 10月09日(水)10:50 

2019年10月9日 武蔵野美術大学 DOCOMOMO Japan選定建築物選定プレート贈呈式を開催  武蔵野美術大学(東京都小平市、学長:長澤忠徳)では、芦原義信氏が設計した本学の建築物が2017年度 DOCOMOMO Japan 「日本におけるモダン・ムーブメントの建築」として選定されたことをうけ、選定プレートの贈呈式が2019年10月14日(月)に本学鷹の台キャンパスにて行われます。 【DOCOMOMO Japan選定建築物・武蔵野美術大学 選定プレート贈呈式】 日時: 2019年10月14日(月・祝)12:15-13:45 会場: 武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス(東京都小平市小川町1-736) 次第:    12:15-12:40 プレート贈呈式(1号館 104 第2講義室)      挨拶 DOCOMOMO Japan代表理事 渡邉研司      授与 DOCOMOMO 会長 アナ・トストエス より         武蔵野美術大学 学長 長澤忠徳 へ贈呈      挨拶 武蔵野美術大学 学長 長澤忠徳   12:45-13:45 ランチパーティ(1号館 216大会議室) 【今回選定された建築物】 建築物名称: 正門、本館(現:1号館)、中央広場、デザイン棟(現:7号館)、 美術資料図書館(現:美術館)、鷹の台ホール(現:鷹の台ホールA棟) 設計者:  芦...more
カテゴリー:

「デルフト工科大学」の画像

もっと見る

「デルフト工科大学」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる