「デリバティブ取引」とは?

関連ニュース

暗号資産市場で今注目のDEXとは?国内の取引所とどう違うのかを元トレーダーが解説 - 08月06日(木)14:03 

証券会社を経て、仮想通貨(暗号資産)取引所でトレーディング業務に従事した後、現在は独立して仮想通貨取引プラットフォームのアドバイザリーや、コンテンツ提供事業を運営する中島翔氏のコラムを公開します。 目次 DEXとは?国内取引所とどう違うのか? CEXとDEXの主な相違点 1. Curve、Uniswap、Balancer、Bancorのような販売所形式のDEX 2. Kyber、Loopring、0x、Strike Network、dYdX、Synthetixのような板取引形式のDEX 3. CEXとDEXの特徴、強みと弱みの比較 DEXをトレーディング戦略に取り入れる 1. AMM/ Yield Farming 2. DeFi系トークンの売買 DEXはメリットが大きいが初心者には難しい取引所 日経新聞やImpress Watch等の一般的な国内メディアでも取り上げられるほど注目されているので、「DEX」について皆様も見聞きしたことがあるかと思います。「DEX」市場の月間取引量は4,000億円を越えるほど拡大しており、関連するトークンも高騰しています。トレーダーにとってDEXは「利益を最大化する上で見逃せない新たな取引ツール」になっています。ここでは従来の取引所とDEXの違いについて、そしてDEXを活かした取引戦略についてご紹介したいと思います。 ①DEXとは?国内取引所とどう...more
カテゴリー:

暗号資産・ブロックチェーン業界の最新1週間(2020.7.26~8.1) - 08月04日(火)09:00 

暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン技術に関連する国内外のニュースから、重要かつこれはという話題をピックアップし、最新情報としてまとめて1週間分を共有していく。今回は2020年7月26日~8月1日の情報をまとめた。 JCBAとJVCEA、暗号資産の20%申告分離課税や少額非課税制度の導入等税制改正に関する要望書まとめ 一般社団法人「日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)」は7月31日、一般社団法人「日本暗号資産取引業協会(JVCEA)」と共同で、2021年度税制改正に関する要望書を取りまとめ公開した。 毎年、JCBAは業界団体として自民党「予算・税制等に関する政策懇談会」に参加し、暗号資産の税に対する要望を行ってきた。今回は、2021年度税制改正にあたり、暗号資産交換業および暗号資産関連デリバティブ取引業の自主規制団体であるJVCEAと共同で、税制改正が求められる事項を整理してまとめた。両団体は、暗号資産市場の活性化、決済利用の促進を図り、関連産業の発展を期待し、以下の通り税制改正に関する要望を要望骨子として公開した。 暗号資産のデリバティブ取引について、20%の申告分離課税とし、損失については翌年以降3年間、デリバティブ取引に係る所得金額から繰越控除ができることを要望する 暗号資産取引にかかる利益への課税方法は、20%の申告分離課税とし、損失については翌年以降3年間、暗号資産に...more
カテゴリー:

デリバティブ取引のメリット・デメリットは?種類や始め方も解説 - 07月28日(火)21:10 

「デリバティブ取引」という言葉はあまり馴染みがないかもしれませんが、マーケットに与える影響は年々大きくなっています。現物株しか取引しない投資家でも、デリバティブ取引である「日経225先物」の値動きをチェックしている人は多いのではないでしょうか。 この記事では、デリバティブ取引の仕組みやメリット・デメリットについて解説します。 目次 デリバティブ取引とは 1-1.レバレッジ取引とは 1-2.コロナ禍で増えるデリバティブ取引 1-3.大阪取引所では祝日でもデリバティブ取引が可能に デリバティブ取引の種類 2-1.先物取引とは 2-2.オプション取引とは 2-3.スワップ取引とは デリバティブ取引のメリット 3-1.価格変動リスクを回避できる 3-2.レバレッジ取引ができる デリバティブ取引のデメリット 4-1.証拠金以上の損失がでる恐れもある 4-2.取引の高度化・複雑化が進んでいる デリバティブ取引の始め方 まとめ 1.デリバティブ取引とは デリバティブ(金融派生商品)取引とは、株式や債券、通貨など対象になる資産(原資産)から派生して開発され、低コストでの取引を可能にした仕組みです。 デリバティブ取引の多くはレバレッジを効かせて効率的に資産運用ができる一方、手持ち資金以上の損失を抱える場合があり、リスクも大きくなるので注意が必要です。 1-1.レバレッジ取引とは レバレッジ取引と...more
カテゴリー:

スプレッド大幅縮小!「プレミアムフライデー・ハッピーアワー2020年7月」実施のお知らせ - 07月22日(水)15:00 

7月も実施!大人気5通貨のスプレッドが縮小! トレイダーズホールディングス株式会社の完全子会社であるトレイダーズ証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:須山剛)は、店頭デリバティブ取引「みんなのFX」および「LIGHT FX」におきまして、2020年7月31日(金)に下記企画を実施いたします。
カテゴリー:

暗号資産・ブロックチェーン業界の最新1週間(2020.7.12~18) - 07月21日(火)10:00 

暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン技術に関連する国内外のニュースから、重要かつこれはという話題をピックアップし、最新情報としてまとめて1週間分を共有していく。今回は2020年7月12日~18日の情報をまとめた。 デジタル日本円の行方は? 日本における中央銀行デジタル通貨(CBDC)動向 日本銀行の「中央銀行発行デジタル通貨とは何ですか?」によると、一般には、中央銀行デジタル通貨(CBDC。Central Bank Digital Currency)とは「デジタル化されていること」「円などの法定通貨建てであること」「中央銀行の債務として発行されること」の3要素を満たすものという。簡単にいえば、デジタル日本円、デジタル米ドルなどにあたるデジタル通貨と考えて差し支えない。 国内におけるCBDCについて日本銀行は、現時点では発行は未定であるとするも中央銀行がCBDCを発行すべきかどうかは重要な検討課題であるとしている。 2017年9月6日、欧州中央銀行と共同で分散型台帳技術(DLT。Distributed Ledger Technology)に関する調査「プロジェクト・ステラ」による共同調査報告書を公表。 2020年1月21日には、カナダ銀行、イングランド銀行、欧州中央銀行、スウェーデン・リクスバンク、スイス国民銀行、国際決済銀行(BIS)とともに、それぞれの国・地域においてCBDCの...more
カテゴリー:

暗号資産取引に20%の申告分離課税を要望 JCBA・JVCEAが共同で【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 08月04日(火)15:44 

一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)は7月31日、2021年度税制改正にあたり、一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)と共同で要望書を取りまとめた。JCBAは、自民党「予算・税制等に関する政策懇談会」にて業界団体として唯一参加し毎年要望を行っている。2021年度税制改正にあたり、暗号資産(仮想通貨)の交換業及び暗号資産関連デリバティブ取引業の自主規制団体であるJVCEAと、J
カテゴリー:

暗号資産取引に20%の申告分離課税を要望。JCBA・JVCEAが共同で「2021年度税制改正に関する要望書」を作成へ - 08月03日(月)20:40 

一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)は7月31日、2021年度税制改正にあたり、一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)と共同で要望書を取りまとめた。 JCBAは、自民党「予算・税制等に関する政策懇談会」にて業界団体として唯一参加し毎年要望を行っている。2021年度税制改正にあたり、暗号資産交換業及び暗号資産関連デリバティブ取引業の自主規制団体であるJVCEAと、JCBAは、両協会の会員である暗号資産交換業者及び暗号資産関連ビジネス事業者により税制改正が求められる事項を共同で整理した。 暗号資産市場の活性化、決済利用の促進を図り、関連産業の発展のため、以下のとおり、要望が取りまとめられている。 暗号資産のデリバティブ取引について、20%の申告分離課税とし、損失については翌年以降3年間、デリバティブ取引に係る所得金額から繰越控除ができることとする 暗号資産取引にかかる利益への課税方法は、20%の申告分離課税とし、損失については翌年以降3年間、暗号資産に係る所得金額から繰越控除ができることとする 暗号資産取引にかかる利益年間20万円内の少額非課税制度を導入する 暗号資産取引では複雑な税制が普及の妨げになっていることが度々指摘されてきた。同様の要望はこれまでも行われてきたものだが、法規制上の位置づけが整理され、各種規制の適正化がなされ始めている中での今回の要望書。...more
カテゴリー:

銀行口座売ってもええの? 3万で買ってくれるって言われてて パチで負けてマジで金に困ってるから売りたいんだが - 07月28日(火)07:47  poverty

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20200727-OYT1T50120/ 「総合取引所」が始動、先物など金融派生商品を同一口座で取引可能に 日本取引所グループ(JPX)は27日、大阪取引所で金やゴム、株価指数などの先物を一体的に取り扱う「総合取引所」として本格始動した。低迷する日本の商品市場の活性化につなげる狙いがあり、投資家は、先物を中心としたデリバティブ(金融派生商品)を同一の証券口座で取引できるようになる。  JPXは27日、子会社の東京商品取引所(東商取)が扱ってきた金やゴムなどの商品先物取引...
»続きを読む
カテゴリー:

GMO-FH---大幅反発、20年12月期上半期営業利益速報値は83.5%増と - 最新株式ニュース - 07月21日(火)14:12 

<7177>  GMO-FH  675  +41大幅反発。20年12月期第2四半期累計(20年1-6月、速報値)の営業利益は前年同期比83.5%増の78.63億円になったと発表している。店頭FXやCFDの取引高が好調に推移し、店頭デリバティブ取引にかかるトレーディング損益が増加した。また、株式等委託売買代金の増加などで受入手数料が増加したことも利益拡大に寄与した。
カテゴリー:

「デリバティブ取引」の画像

もっと見る

「デリバティブ取引」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる