「デモンストレーション」とは?

関連ニュース

Disrupt 2020 Startup Battlefieldのファイナリスト5組が決定 - 09月18日(金)12:45 

TechCrunchは今週、いつもとは違うStartup Battlefield(スタートアップ・バトルフィールド)を開催した。起業家と審査員、観衆、司会の全員が別の場所にいて、WebExを通じて全力でやり取りした。 それでも20社のスタートアップがプロダクトのデモンストレーションを行い、自らのビジョンを説明した後、専門家のジャッジによる評価を受けた。そしてジャッジの意見を基にTechCrunchチームが5組のファイナリストを選んだ。 ファイナリストは米国時間9月18日の米国太平洋夏時間10時40分(日本時間9月19日午前2時40分)から、まったく新しい審査員チームの前で再度発表する機会を得る。これらの模様はTechCrunchにログインしてライブストリーミングを見ることができる、さらに、Disruptをフルに体験するのは今からでも遅くない。優勝者と準優勝者が審査員チームによって選ばれ、優勝者は10万ドル(約1060万円)を株式を提供することなく持ち帰えることができる。 5組のファイナリストは以下のとおりだ。 Canix Canixは、大麻栽培業者がデータ入力する時間を削減するための堅牢の企業リソース計画プラットフォームを開発した。システムは一般的な会計ソフトウェアや業界の規制プラットフォームであるMetrcなどと協調して動作する。Canixの詳細はこちらで読める(翻訳中)。 ...more
カテゴリー:

コロナ下の「Zoom商談」で売りまくる営業マン、マニュアルの中身とは? - 09月17日(木)18:01 

新型コロナウイルス感染拡大を受け、リモート営業を導入する企業が増加していますが、従来の営業とはあまりにかけ離れているため戸惑いを覚える方も多いようです。そんな状況にあって、リモート営業でコンサルタント契約を多数獲得しているというのは、営業実務コンサルタントの島田安浩さん。島田さんは無料メルマガ『売れる営業マンの常識は売れない営業マンの非常識!』で今回、自身が用いるシナリオや資料の作り方、トークの進め方を公開しています。 Zoomを活用したリモート営業 シナリオ作成のやり方とコツ さて、オンラインで営業を行う場合の、シナリオの大枠の組み立てからお話しします。 1.プリフレーム まず、抜かしてはまずいのが、「プリフレーム」です。何に関して話をするのか?ゴールはどこなのか?今回のオンライン営業の大枠をお客様にお話して、承諾してもらいます。 2.自己紹介 オンラインで初めて出会った場合は特に、キチンと自己紹介をします。ただ、オモシロ、おかしくやってから、自分のコアの部分まで話を出来たら出来た方がいいでしょう。 3.ヒアリング お客様の症状を確認します。あくまでも、お客様はシロートなので、現状の症状を聞き出すイメージです。 4.天国と地獄 お話しを聞いて、天国と地獄を見せます! 現状維持:地獄 現状打破:天国 お客様の意思を確認します。 5.評価(診断)前の再確認 専門家として、問題点を明確...more
カテゴリー:

暗号資産・ブロックチェーン業界の最新1週間(2020.9.6~9.12) - 09月15日(火)09:00 

暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン技術に関連する国内外のニュースから、重要かつこれはという話題をピックアップし、最新情報としてまとめて1週間分を共有していく。今回は2020年9月6日~9月12日の情報をまとめた。 「いきなりNFTトレカ」が10月3日よりSKE48とコラボでライブ撮りおろしデジタルトレカを販売、事前登録で限定トレカも ブロックチェーン企業のcoinbookは9月11日、新しいデジタルトレーディングカードプラットフォーム「NFTトレカ」サービスの開始を発表した。同社は、NFTトレカ第1弾となる、アイドルグループ「SKE48」の大型配信ライブ「SKE48 12th Anniversary Fes 2020 ~12公演一挙披露祭~」の撮りおろし画像を収録した「いきなりNFTトレカ」を、10月3日より販売開始する。 NFTトレカは、その名が示す通りイーサリアム(Ethereum)のブロックチェーン基盤を用いたERC-721準拠のNFT(Non Fungible Token。ノン ファンジブル トークン)として発行される。NFTは、代替不可能性を備え、発行するトークンそれぞれに固有の性質や希少性を持たせることができるため、技術的には世界に1枚しかないカードも表現できる。 NFTトレカは、発行時にアーティスト名・公演名・発行枚数・購入者(氏名など個人を特定するものではない...more
カテゴリー:

もっとインクルーシブな社会に向かうために! LIVES LIVE 2020 ~NEW START~ 開催! - 09月11日(金)17:30 

コロナ禍の時代に、様々な人々が個性を輝かせて人生を送るためのヒントがもらえるオンラインカンファレンスLIVES LIVE 2020~NEW START~■日時:2020年9月13日(日)10:00~14:40■配信:youtube LIVE■応募:peatix(https://liveslive20200913.peatix.com)コロナ禍における「インクルーシブ」をテーマにしたオンラインカンファレンス!“The Valuable 500” の創設者”のキャロライン・ケイシーも登場!認定特定非営利活動法人 ハンズオン東京(本部:東京都港区/代表理事:セオドル[トッド]・ガイルド)は、障がい者が自分自身の力で人生を選択し、社会進出が出来る社会を目指して、障がい者の「就労」を促進するための日本初のプロジェクト「LIVES」を2017年スタートしました。今年はオンライン化プロジェクトの集大成として、【LIVES LIVE 2020】を2020年9月13日(日)10時00分~14時40分、オンライン開催致します。◆今年のテーマはNEW START!今年のLIVESでは「コロナ禍で見えた新しい社会」をテーマに、様々な方々に参加いただき、これからの時代の新しい生き方について考えるオンラインセッションを開催して参りました。そのオンラインセッションの集大成として、これまで東京ミッドタウンで開催し...more
カテゴリー:

ドローン無線中継システムによる遭難者の位置特定‐ソフトバンクがデモ公開 - 09月10日(木)11:59 

ソフトバンクは8月31日、千葉県市原市勝間にある双葉電子勝間ラジコン飛行場において、遭難事故や災害の発生時に活用できる「ドローン無線中継システム」によるデモンストレーションを報道関係者向けに行った。
カテゴリー:

スポーツチャンバラ 21日に嬉野で体験会 - 09月17日(木)19:00 

ゴムチューブに布を巻いた剣で戦うスポーツチャンバラの体験会が、21日午前9時半から嬉野市塩田町の市社会文化会館「リバティ」で開かれる。スポーツチャンバラは佐賀県で2024年に開かれる予定の国民スポーツ大会のデモンストレーションスポーツ(デモスポ)に内定している。 県スポーツチャンバラ協会が開催する。競技の紹介、剣の振り方や打ち方などの指導があり、対戦稽古や試合も予定している。 デモスポは県民が誰でも参加できる競技として、滝登り(唐津市)や皿かぶり競走(有田町)などとともに内定している。
カテゴリー:

国勢調査ネット回答、三村知事がPR - 09月15日(火)15:30 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、接触機会の低減が求められる中、国勢調査のインターネット回答(14日~10月7日)を推進しようと、青森県は15日、三村申吾知事によるデモンストレーションを県庁で報道陣に公開した。三村知事はデータの入力作業を進め、「家に届いたログインIDを入力しさえすれば、非常に簡単」とPRした。
カテゴリー:

国勢調査はネット回答を ファジ選手が実演しPR - 09月14日(月)18:14 

 5年に1度の国勢調査の書類配布が始まった14日、岡山県はサッカーJ2・ファジアーノ岡山の選手によるインターネットを使った回答のデモンストレーションを県庁1階県民室で行い、ネット回答をPRした。...
カテゴリー:

セキュリテ『落花生の殻割り機「楽っから君」ファンド』の募集を開始いたします - 09月10日(木)18:00 

本日より、セキュリテにて『落花生の殻割り機「楽っから君」ファンド』(株式会社メタルファンテック)の募集を開始します。このファンドでは、落花生の殻割り機「楽っから君」の販売拡大に必要なデモンストレーション用車両および原材料を購入する資金を募集します。
カテゴリー:

ボストン・ダイナミクスの犬型ロボット「Spot」がヨーロッパとカナダで発売へ - 09月10日(木)10:00 

Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)は米国時間9月9日の朝、犬型ロボット「Spot」を米国続いて(未訳記事)、ヨーロッパや英国、カナダなど幅広い市場に投入すると発表した。 Spotはボストン・ダイナミクスの初の市販製品であり、四半世紀にわたるDARPAなどによるロボット工学の実績を基に開発された。同社はここ数年、建設測量から警備まで、ロボットによるさまざまな仕事のデモンストレーションに多くの時間を費やしてきた。 新型コロナウイルスの感染拡大により、企業が感染のリスクを軽減しつつ自動化分野を増やしつつ運営する方法を探しているため、ロボット部門への注目度が高まっている。ボストン・ダイナミクスはこの機会を利用して、病院での遠隔手術を含む、さまざまな新しいシナリオでSpotを活用している。 ボストン・ダイナミクスによると、CogniteやEnergy Robotics、Clearpath Robotics、Replyなどのサードパーティーのパートナーが、ロボットの今後の機能向上に協力している。同社はこのロボットを、さまざまな異なるタスクに対応できる一種のプラットフォームとして位置づけたいと考えている。このセットアップは、Spotのクリエイターが新機能をプログラムする際の負担を軽減し、7万4500ドル(約790万円)のロボット(価格は市場によって異なる)が実際にどれだけの...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「デモンストレーション」の画像

もっと見る

「デモンストレーション」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる