「デベロッパー」とは?

関連ニュース

Mozilla、拡張機能開発者に二段階認証の有効化を義務付けへ - 12月15日(日)11:49 

Mozillaは9日、2020年初めからaddons.mozilla.org(AMO)で拡張機能開発者に二段階認証(2FA)の有効化を義務付けることを発表した(Mozilla Add-ons Blogの記事、 gHacksの記事)。 2FA義務付けは開発者アカウントの乗っ取りを防ぐのが目的で、AMOのアップロードAPIを使用した送信については2FA義務付けの対象外になる。義務付けの開始前にアドオンチームはFirefox Accountsチームと協力して2FAのセットアップとログインがなるべく円滑にできるよう調整を行う。義務付け開始後は、開発者がアドオンを変更しようとする際に2FAの有効化が要求されるとのこと。なお、義務付けとは別に2FAの有効化は強く推奨されている。 2FAの有効化が完了したら、忘れずにリカバリーコードをダウンロードして印刷し、安全な場所に保存しておくことが推奨されている。2FAデバイスが利用できなくなり、コードを紛失した場合はアカウントに二度とアクセスできなくなる可能性があるとのことだ。 すべて読む | ITセクション | Firefox | Mozilla | デベロッパー | 関連ストーリー: Twitter、携帯電話番号なしで2要素認証を利用可能に 2019年11月24...more
カテゴリー:

拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート - 12月14日(土)17:00 

デベロッパーWolfire Gamesは、2013年にリリースされた拳銃リアル操作FPS『Receiver』の新作となる『Receiver 2』を発表しました。
カテゴリー:

タイムトラベル対戦FPS『Quantum League』最新トレイラー! 2020年早期アクセス開始 - 12月14日(土)02:08 

デベロッパーNimble Giantはタイムトラベルを特色とした新作アリーナシューター『Quantum League』の最新トレイラーを公開しました。
カテゴリー:

デスクトップ版Google Chrome、WebページのQRコード生成機能の実装を進める - 12月13日(金)14:08 

headless曰く、 デスクトップ版Google Chromeで表示中WebページのURLをQRコードとして表示し、スマートフォンで容易に表示できるようにする機能の実装が進められているようだ(Techdowsの記事、Android Police、Softpedia)。 Chrome Canaryのchrome://flagsには「Enable sharing pages via QR code(#sharing-qr-code-generator)」というフラグが追加されており、このフラグを「Enabled」に設定するとWebページのコンテキストメニューに「このページのQRコードを生成」という項目が表示されるようになる。この項目を選択すると「QRコードのスキャン」というポップアップがOmnibox(アドレス・検索バー)直下に表示されるが、現在のところQRコード自体は表示されない。Omniboxに追加される「QRコード」ボタンにはまだ特に機能が割り当てられていない。なお、Issue 993909によると、QRコードの中央に「Dino」を表示することも計画されているらしい。DinoはChromeがインターネットに接続していない状態で表示されるミニゲームの恐竜だ。 すべて読む | ITセクション | Chrome | インターネット | デベロッ...more
カテゴリー:

リブラン初の防音木造テラスハウス〈(仮称)ミュージション柳瀬川〉誕生 - 12月13日(金)10:15 

マンションデベロッパー、株式会社リブラン(本社:東京都板橋区、代表取締役:鈴木 雄二)は、楽器演奏を楽しむ人や音楽家のための24時間楽器演奏可能な防音賃貸マンション「ミュージション」に、新たな取り組みとして木造軸組工法で遮音性能D-70を確保した「(仮称)ミュージション柳瀬川」を完成させました。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/200516/LL_img_200516_1.jpg 外観 「(仮称)ミュージション柳瀬川」は、楽...
カテゴリー:

対戦格闘ゲーム『Mortal Kombat 11』がPS4/Xbox One間でのクロスプレイに対応 - 12月14日(土)18:30 

デベロッパーNetherRealm Studiosは『Mortal Kombat 11』のPS4/Xbox One間におけるクロスプレイ機能のベータを開始。
カテゴリー:

チェルノブイリの悪路を走破せよ!『Spintires』新DLC「Chernobyl」配信開始! - 12月14日(土)08:00 

デベロッパーOovee Gamesは、トラック運転ゲーム『Spintires』の新DLCとなる「Chernobyl」の配信を開始しました。
カテゴリー:

夢の世界をポップな楽曲で駆け抜ける『Sayonara Wild Hearts』PC版発売 - 12月14日(土)00:00 

Annapurna Interactiveは12月13日、スウェーデンのインディデベロッパーSimogo開発のアーケードアクション『Sayonara Wild Hearts』のPC版を発売しました。
カテゴリー:

Atlassianがサーバーレス込みのクラウド開発プラットホームを立ち上げ - 12月13日(金)11:45 

Atlassianには、Bitbucket、Jira、Confluenceなどのデベロッパーツールがある。また、何千ものアドオンをマーケットプレースで提供している。しかし、これまでは独自の開発プラットホームというものを欠いていた。米国時間12月12日、Forgeプラットホームの発表でそれが変わる。 同社はこの新しいツールを発表するブログ記事に「Forgeを使うと、デベロッパーの能力が増幅され、Atlassianのプロダクトを統合したエンタープライズ向けクラウドアプリケーションをより容易に作れるようになる」と記載している。 このプラットホームには大きな柱が3つある。まず、サーバーレスのFunction as a Service(FaaS)により、Forgeを使うデベロッパーはアプリケーションを、それらを動かすために必要な低レベルのインフラストラクチャをいっさい気にせずに作り、ホストすることができる。Forgeのそのツールは、AWSのFaaSやAWS Lambdaを使っている。 これによりインフラストラクチャの管理という難題がなくなるので、もっと多くのデベロッパーが仕事をできるようになる。上記ブログ記事はこう書いている: 「FaaSのプラットホームにより、認証やアイデンティティ、スケーリング、テナンシー(マルチテナント問題)などの、一般的によくある痛点を回避できる」。 次に重要な柱が、...more
カテゴリー:

オープンソースプロジェクトを収益化するサブスク方式のプラットフォーム「xs:code」 - 12月12日(木)08:30 

オープンソースは、デベロッパーにとって無料で手に入る優れたツールの供給源だ。しかし、その中のプロジェクトが拡まり、人気が出ると、作成者は成功したものを収益化する方法を模索したくなることもある。その場合に問題となるのは、サブスクリプションベースのデュアルライセンス方式で運営するのが難しく、ほとんどの開発者は、どこから始めればよいかさえわからない。そこに登場したのが、イスラエルのスタートアップであるxs:code。このような問題を解決するために開発者を支援するプラットフォームだ。 画像クレジット:Luis Alvarez/Getty Images 「xs:codeは、オープンソースプロジェクトを収益化するプラットフォームです。現在非常に人気のある寄付方式のプラットフォームとは異なり、xs:codeでは、オープンソースの開発者は支払いに対して付加価値を提供できます。無料で提供しているものに追加できるのです。追加するのは、異なるライセンス、付加機能、サポートのサービス、その他、考えつくもの何でもかまいません」と、xs:codeの共同創立者兼CEOであるNetanel Mohoni(ネタネル・モホニ)氏はTechCrunchに語った。 そのようにしても、オープンソースとしての性格が失われることはない。自分の仕事を収益化したいと考えている開発者にプラットフォームを提供しているだけだ、とモホニ氏...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「デベロッパー」の画像

もっと見る

「デベロッパー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる