「デジタル人材」とは?

関連ニュース

SIGNATE、経済産業省主催のデジタル人材育成プログラム「マナビDX Quest」を6年連続で支援。今年度参加者募集を開始。 - 06月14日(金)11:00 

SIGNATE、経済産業省主催のデジタル人材育成プログラム「マナビDX Quest」を6年連続で支援。今年度参加者募集を開始。
カテゴリー:

西九州大学、メタバース授業を導入 デジタル人材育成、学生交流にも 佐賀市の木村情報技術がシステム構築 - 06月12日(水)09:00 

西九州大は4月に新設した「デジタル社会共創学環」で、IT企業の木村情報技術(佐賀市、木村隆夫社長)と連携し、授業や学生生活の一部にメタバース(仮想空間)を導入した。コミュニケーションツールの一つとして活用しながら、デジタルと人の架け橋になる人材を育てる。 メタバース事業に力を入れる木村情報技術と西九州大は、デジタル人材の育成などに関する連携協定を結んでおり、協力して専用の仮想空間を構築した。
カテゴリー:

デジタル人材 高校から育成 「SEIRENKATA」初回は先人の技術学ぶ - 06月07日(金)20:00 

佐賀県内で活躍するデジタル人材や起業家の育成を目指し、県教育委員会と県内企業などが取り組む高校生向けのプログラム「SEIRENKATA」がスタートした。県内19の高校から1年生100人が参加し、初回は「地元学」として、多久市出身で日本の電気工学の礎を築いた志田林三郎(1855~92年)の功績を学んだ。 幕末佐賀藩の研究開発拠点「精煉方(せいれんかた)」から名付けたプログラムは、県内各地の拠点高など7会場で11月まで、週1回開かれる。
カテゴリー:

災害支援のデジタル化、河野氏が方針 マイナカードで避難者把握へ - 06月04日(火)15:30 

 河野太郎デジタル相は4日、災害時の避難所運営や被災者支援のデジタル化への取り組み方針を発表した。1月の能登半島地震の反省を踏まえ、マイナンバーカードによる避難者の把握システムや、民間のデジタル人材を…
カテゴリー:

「ビジネスイノベーションJapan」に、パーソルイノベーションが展開するユーザー数が急伸中の“学び”領域の2サービスが出展 - 05月27日(月)11:00 

「はたらいて、笑おう。」をビジョンに掲げるパーソルグループのパーソルイノベーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大浦 征也)が展開する、デジタル人材育成サービス 『TECH PLAY』 と、コミック教材を活用した研修サービス『コミックラーニング』 が、2024年6月11日(火)~2024年6月13日(木)に、東京ビッグサイトにて開催される「ビジネスイノベーション Japan 2024 夏 東京」内の「人材育成・採用支援 EXPO」に出展します。
カテゴリー:

「資格を取ること」が目的になっていない?『ドラクエ』の主人公になったつもりで考える“目的”と“目標”の違い - 06月13日(木)16:51 

転職やキャリアアップのため多くの人が取り組む資格の取得。しかし少なくない人が、「重要事項」を考えることなく資格試験に臨んでいるのが現実でもあるようです。今回のメルマガ『石川和男の『今日、会社がなくなっても食えるビジネスパーソンになるためのメルマガ』』では「5つの仕事を掛け持ちする時間管理の専門家」の石川さんが、資格を目指す際に意識しておくべきポイントを提示。目標を果たして燃え尽き症候群とならないための考え方をレクチャーしています。※本記事のタイトルはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:資格取得は目的ではない 資格取得は目的ではない 働き方の不安やステップアップをするため、デジタル人材の確保やリスキングの影響で資格を取得する人が、再び増えています。 資格取得はキャリアチェンジやスキルアップのために素晴らしい行動ですが、以下の点に気をつけなければただの浪費行動になってしまいます。 例えば、資格試験の合格を目指し、工夫した勉強法がうまくいって、次々と資格を取得していくと、とても充実感があります。 苦しかった勉強が実り、資格証を手にするのは、確かに気分がいい。 私の知人にも、この快感にハマってしまい、ありとあらゆる資格を取得している人がいます。その人は普通の会社員で、中には「えっ?そんな資格、これから生涯で使うことがあるの?」というものまで取得しています。つまり、その知人にとっては...more
カテゴリー:

【IT】「ITエンジニアに自由を与えて産業の弱体化を阻止せよ」、法政大学の山田教授 - 06月09日(日)01:20  bizplus

日本のITエンジニアの給与が低いのはどこに問題があるのか。本特集ではこれまで、国際事情に詳しい専門家や、ITベンダーの経営者、CIO(最高情報責任者)経験者など、様々な立場の意見を追ってきた。  最終回となる今回は、マクロ経済学を研究する法政大学の山田久教授に、産業構造の観点から、今の日本のIT産業の問題点とITエンジニアの給与をアップするための方策を聞いた。山田教授は、「IT産業は既に弱体化しており、今までの延長線上では、ITエンジニアの処遇が上がることはないだろう」と指摘する。  グローバルで見た場合、...
»続きを読む
カテゴリー:

神山まるごと高専、近大高専、国際高専、サレジオ高専 4校が、「第3回私立高専合同進学説明会」を開催 - 06月06日(木)13:11 

2024年6月6日 神山まるごと高等専門学校 近畿大学工業高等専門学校 国際高等専門学校 サレジオ工業高等専門学校 私立高等専門学校である、神山まるごと高等専門学校、近畿大学工業高等専門学校、国際高等専門学校、サレジオ工業高等専門学校は、2024年7月7日(日)に4校合同の「第3回私立高専合同進学説明会」を開催します。中学生やその保護者、学校教員に広く、私立高等専門学校の存在やその特徴を紹介することを目的としています。昨年度から、一般社団法人全国高等専門学校連合会及び東京都港区教育委員会が後援となりました。   なお、本プレスリリースは、神山まるごと高等専門学校、近畿大学工業高等専門学校、国際高等専門学校、サレジオ工業高等専門学校の合同プレスリリースです。        ■開催背景 高等専門学校は、「実践的・創造的技術者を養成することを目的とした高等教育機関(※)」で、日本のものづくりを支えてきた日本独自の教育システムです。全国には国公私立合わせて58校あり、約6万人の学生が学んでいます(※)。2022年には設置60周年となり、高等専門人材が求められる現代において、5年制の教育システムや実験・実習を重視した専門教育が、注目を集めています。   また、約20年ぶりの新設校として、昨年4月に神山まるごと高専が開校し、2...more
カテゴリー:

「ビジネスイノベーションJapan」に、パーソルイノベーションが展開するユーザー数が急伸中の“学び”領域の2サービスが出展 - 05月27日(月)11:00 

「はたらいて、笑おう。」をビジョンに掲げるパーソルグループのパーソルイノベーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大浦 征也)が展開する、デジタル人材育成サービス 『TECH PLAY』 と、コミック教材を活用した研修サービス『コミックラーニング』 が、2024年6月11日(火)〜2024年6月13日(木)に、東京ビッグサイトにて開催される「ビジネスイノベーション Japan 2024 夏 東京」内の「人材育成・採用支援 EXPO」に出展します。
カテゴリー:

フォーバル---高知県四万十市へデジタル人材を派遣 - 最新株式ニュース - 05月24日(金)15:17 

<8275> フォーバル 1371 +25フォーバル<8275>は23日、内閣府が推進する「地方創生人材支援制度」に基づき、本制度の協力企業として、高知県四万十市にCIO補佐官として中洋介氏を派遣したと発表。四万十市では、人口減少や少子高齢化が進んでおり、市民ニーズや地域課題が増加している一方で、行政内の人材も不足している状況となっている。今回の支援では、四万十市のニーズに呼応した人材を派遣し、D
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる