「ディープ」とは?

関連ニュース

中国はディープテック投資を牽引する最大の機関車 - 10月16日(水)17:45 

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)と国際機関ハロー・トゥモローは15日に北京で、研究報告書「ディープテック生態圏が夜明けと共にやって来た」を共同で発表した。 ...
カテゴリー:

【ルクミーフォト】東京大学大学院松尾豊教授を審査委員に含む「ディープラーニングビジネス活用アワード」にて弊社の技術が特別賞を受賞 - 10月16日(水)15:30 

IoTやAIの力を活用することで、保育業務の負担軽減や保育の品質を向上する「スマート保育園」の実現を目指すユニファ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役CEO:土岐泰之、以下「ユニファ」)のサービスの一つである『ルクミーフォト』で活用しているディープラーニングを用いた写真自動判定システムが、「ディープラーニングビジネス活用アワード」(主催:日経クロストレンド、日経 xTECH、後援:日本ディープラーニング協会、経済産業省)にて特別賞を受賞し、2019年10月10日に日経クロストレンドEXPO 2019内で表彰式が行われました。審査委員である松尾豊教授からは、「ディープラーニングを活用して、保育士の働き方改革を促進していることが非常に素晴らしい。また、既に全国で数多くの保育現場に導入されており、実際に大きな社会的なインパクトを創出していることを高く評価する」とのコメントも頂きました。左から審査員の吉本 豊氏/プロジェクト代表 ユニファ研究開発部・志田 和也/同部長・浅野 健二 保育園では、1ヶ月間で1園あたり平均して約1,000枚、多い園では1万枚以上の写真を撮影しています。弊社アンケート調査で、撮影した写真の中にボケやブレ、逆光など、保護者への公開や販売に適さないものが含まれていないかを目視で確認する作業が、半数以上の保育士にとって負担となっている事が判明。ディープラーニングを...more
カテゴリー:

フランス発のジャパニーズ・エレクトロ・フェス"JAPAN CONNECTION FESTIVAL"が やってくる!FESTIVAL TANDEMとのコラボで100%エレクトロ・ナイト開催! - 10月16日(水)15:00 

FESTIVAL TANDEM 2019 第1弾!FESTIVAL TANDEM meets JAPAN CONNECTION FESTIVAL~フレンチ・エレクトロ meets ジャパニーズ・エレクトロ~パリで話題沸騰中!世界に類のない”日本のエレクトロニック・ミュージック”に特化したフランス発の音楽フェス「JAPAN CONNECTION FESTIVAL」と、日本とフランス語圏の文化交流コンサート・シリーズ「FESTIVAL TANDEM」がコラボレーションする100%エレクトロ・ナイト★代官山UNITで開催!出演 :Raphael Top Secret / ラファエル・トップ・シークレットhttps://www.residentadvisor.net/dj/raphaeltop-secretBrawther / ブラウザーhttps://www.residentadvisor.net/dj/brawtherHugo LX / ユーゴ・エレックスhttps://www.residentadvisor.net/dj/hugolx-frGroove Boys Project / グルーヴ・ボーイズ・プロジェクト(ライヴ・セット)https://www.residentadvisor.net/dj/grooveboysprojectMake It Deep Soundsystem ...more
カテゴリー:

ディープラーニングでユーザーの食事を記録管理するFoodvisor - 10月16日(水)07:30 

Foodvisor(フードバイザー)は、食事の内容を記録して減量、食事療法、健康増進に役立てるモバイルアプリを開発したスタートアップ。食べる前に食事の写真を撮ってデータとして保存する。 「2018年にフランスでアプリをリリースする前に、2年余りを研究開発に費やした」と共同創業者でCMOのAurore Tran(オロール・トラン)氏は言う。Foodvisorはこれまでに140万ユーロ(約1億6000万円)を調達した 同社は画像認識とディープラーニングであなたが食べるものを把握する。食品の種類を見分けるだけでなく重さも推定する。具体的には、カメラのオートフォーカスデータを利用して食べ物と携帯電話の距離を測る。次に、各食品の面積を計算し、種類に応じて重さを推定する。 Foodvisorで何か問題が発生した場合は、食事を記録する前に手動で修正できる。栄養管理は手間がかかるため諦める人が多いが、 同社のテクノロジーがデータ入力をスムーズにしてくれる。データを入力すると、カロリー、タンパク質、炭水化物、脂肪、食物繊維など、食事で摂った栄養の分析結果が表示される。目標を設定し、アクティビティを記録し、毎日の進捗を管理できる。 アプリダウンロード数はすでに180万回に達した。iOSおよびAndroidで利用可能だ。フランス語、英語、ドイツ語、スペイン語版がある。「プロダクトを改良し、データベースを...more
カテゴリー:

STARTUP DB、国内スタートアップ想定時価総額ランキングを発表! - 10月15日(火)17:30 

フォースタートアップス株式会社のサービスである「STARTUP DB」にて、国内スタートアップ想定時価総額ランキングが発表された。 安定のディープテックとユニコーンに迫る企業 成長産業支援事業を推進する同社は、継続的に調査した結果を「STARTUP DB」にて公開している。このたびは、2019年10月1日時点での国内スタートアップ想定時価総額ランキングを公開した。 その結果、9月時点と同様、10月時点でのユニコーンスタートアップ(評価額1,000億円以上の企業)は5社だったが、Spiberとパネイルは、ユニコーンに迫る時価総額となっており、今後の動向に注目したい。また、ランキングTOPのPreferred Networksや10位のティアフォー、11位のアストロスケールホールディングスなどディープテックスタートアップの時価総額は9月時点から引き続き高い傾向にある。 Origamiがランクイン 今回14位にランクインしたOrigamiは、2015年の大型資金調達により、スマホ決済サービス「Origami pay」をリリースし、2019年9月27日に新たな金融プラットフォーム「Origami Network」を発表した企業だ。「Origami Network」は、Origamiの決済機能やデータ分析、ポイント機能、顧客管理(CRM)機能をオープン化したサービスで、この機能を利用するため...more
カテゴリー:

ものづくりはどう変わる?シミュレーション × AI × NVIDIA GPU 38講演 12/6 東京開催 - 10月16日(水)17:00 

各位2019年10月16日プロメテック・ソフトウェア株式会社プロメテック・ソフトウェア株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役会長 兼 グループCEO 藤澤 智光)は2019年12月6日(金)に、最先端のコンピュータシミュレーション技術をテーマとする産学連携カンファレンス 「Prometech Simulation Conference 2019」(以下、PSC2019)をベルサール東京日本橋で開催いたします。また、同カンファレンスの併催企画として、グループ会社であるGDEPソリューションズ株式会社による「GPU Computing Workshop for Advanced Manufacturing 2019」(以下、GPU2019)を開催します。コンピュータシミュレーションの技術は、GPUをはじめとするハードウェアの飛躍的な進歩と軌を一にして、日々大きく進化しています。時代の潮流となっているAIにおいても、シミュレーションとの関係は深く、両技術は融合しつつあります。また、プロメテックではシミュレーションの結果をわかりやすく表現するコンピュータグラフィックス(CG)技術の開発にも力を入れており、PSC & GPU 2019では、シミュレーション・AI・CGの技術の進化とそれらの融合、さらには、ソフトウェア技術の進化を支えている基盤技術であるGPUについて、グループ協力研究者、ビ...more
カテゴリー:

ドリームインキュベータが50億円規模の新ファンドでスタートアップを伴走支援へ、LPに秋元康氏など - 10月16日(水)15:10 

DIMENSIONのメンバー。左から下平将人氏、宮宗孝光氏、伊藤紀之氏、中山航介氏 ドリームインキュベータ(以下DI)は10月16日、国内スタートアップへの投資を目的とする最大50億円規模の1号ファンド「DIMENSION」を組成したことを明らかにした。 同ファンドでは主にシード・アーリー及びIPO前のグロースステージのスタートアップを対象に、1件あたり数千万円〜数億円の出資を行っていく計画。投資領域はインターネットサービスやディープテック関連を中心に、幅広い企業が対象だ。 主要なLPは初のファンド出資になる秋元康氏のほか、みずほ銀行やあかつき証券など。詳しくは後述するが社内のリソースだけでなく、LPを含めた社外のネットワークも活用しながらスタートアップの成長に伴走するという。 なおこのファンドは専門子会社として設立されたDIMENSIONが運営していくとのこと。今回は同社代表取締役の宮宗孝光氏や、弁護士でありファンドのビジネスプロデューサーも担う下平将人氏に話を聞く機会を得たので、ファンド設立の経緯や特徴などをもう少し掘り下げて紹介していきたい。 累計で150社以上に投資、28社のIPOを実現 そもそもDIとしては2000年の創業以来、ベンチャー投資育成事業という形で約20年近くにわたり国内外のスタートアップへの投資活動を続けてきた。2018年12月時点で累計156社に投資をして...more
カテゴリー:

日本の厚労省、内科医をクビにして人工知能への置き換えを世界初承認 - 10月16日(水)08:25  poverty

AI=人工知能がみずから学習するディープラーニングと呼ばれる技術を使って、脳の画像から病気を 見つけるシステムを東京のベンチャー企業が開発し、医療機器として承認されました。 ディープラーニングを活用したAIのシステムが国の承認を受けたのは国内で初めてです。 新たなシステムは、AIを使った画像解析のソフト開発を行っている東京大学発のベンチャー企業「LPIXEL」が開発しました。 システムではAIに、くも膜下出血にもつながる脳動脈りゅうの患者と健康な人の脳のMRI画像を 読み込ませることで、A...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】 厚労省、東大製の「人工知能」が医療機器として承認。内科医は全員失業へ - 10月15日(火)18:40  news

AI=人工知能がみずから学習するディープラーニングと呼ばれる技術を使って、脳の画像から病気を 見つけるシステムを東京のベンチャー企業が開発し、医療機器として承認されました。 ディープラーニングを活用したAIのシステムが国の承認を受けたのは国内で初めてです。 新たなシステムは、AIを使った画像解析のソフト開発を行っている東京大学発のベンチャー企業「LPIXEL」が開発しました。 システムではAIに、くも膜下出血にもつながる脳動脈りゅうの患者と健康な人の脳のMRI画像を 読み込ませることで、A...
»続きを読む
カテゴリー:

AIのディープラーニングで脳の病気を発見 医療.. - 10月15日(火)11:28 

AIのディープラーニングで脳の病気を発見 医療機器に初承認 #nhk_news
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ディープ」の画像

もっと見る

「ディープ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる