「テスト大会」とは?

関連ニュース

【マラソンMGC】スタート直前、計時機器の異常発覚 組織委「本番ではあってはならないこと」 - 09月16日(月)05:48  mnewsplus

 【マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)男子 ( 2019年9月15日 明治神宮外苑発着 )】 午前8時50分予定だった男子のスタートが、計時機器の異常のため1分54秒遅れた。東京五輪のテスト大会を兼ねており、機器は五輪公式計時のオメガ社製が使われた。  五輪の大会組織委員会によると、スターターが開始2分前にピストルの異常に気付き、急きょ予備と交換したため予定より1分54秒遅れた。組織委の森泰夫大会運営局次長は原因は調査中だとし「本番ではあってはならないと認識している」と述べた。また、25キロ地点の通過ラッ...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】五輪マラソンのテスト大会、ゴールに「氷風呂」を設置 → 利用した選手はゼロ - 09月15日(日)20:50  poverty

2020年東京五輪・パラリンピックに向け、都や大会組織委員会は15日、マラソン大会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で、五輪本番を想定した「暑さ対策」の検証を行った。 給水所に新たに置いた氷を選手たちが使う姿がみられるなど、組織委は一定の手応えを実感。今回の検証を踏まえ、五輪を見据えた対策をさらに充実させる。  今大会では、コースの給水所を増設したほか、選手が走りながら体を冷やせるようポリ袋に砕いた氷を詰めた「かち割り氷」を用意。 レース前半から選手たちが氷をつかんで体を冷やす...
»続きを読む
カテゴリー:

五輪委員会「会場に人工雪降らすことにしました」→気温変わらず - 09月15日(日)13:01  livejupiter

東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、東京・海の森水上競技場で行われているカヌー・スプリントのテスト大会で、観客向けの暑さ対策として降雪機を使った実験を行った。 午前10時10分から5分間、観客席に向けて合計300キロの氷を砕いたものを降らせたが、気温、暑さ指標(WBGT)ともに使用前後で変化はなし。 一方で髪の毛や服がぬれる人もおり、「(氷が)背中に入ってとても冷たい」という声も。また、階段や通路もぬれたため、滑って転倒する報道関係者もいた。 https://www.daily.co.jp/general/2019/09/1...
»続きを読む
カテゴリー:

15日開催、東京五輪マラソン代表選考会MGC レースへの対応力が勝負の分かれ目 - 09月14日(土)21:45 

 東京五輪のマラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は15日、明治神宮外苑を発着点に東京五輪とほぼ同じコースの42・195キロで行われる。国内トップランナーが一堂に会し、東京五輪のテスト大会も兼ねる。気温は30度に届かない予報で、早めに引き離しにかかる選手も出てきそうだ。五
カテゴリー:

組織委「五輪会場で降雪実験!」海外メディア「HAHAHAHA」なお気温は変わらず 組織委「清涼感与えるもの(`・ω・´)キリッ」 - 09月14日(土)07:05  newsplus

2019年9月13日 11時47分  東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、東京・海の森水上競技場で行われているカヌー・スプリントのテスト大会で、観客向けの暑さ対策として降雪機を使った実験を行った。午前10時10分から5分間、観客席に向けて合計300キロの氷を砕いたものを降らせたが、気温、暑さ指標(WBGT)ともに使用前後で変化はなし。組織委は「空気全体を冷やすものではなく(肌に)当たって清涼感を与えるものだと考えている」と見解を示し、効果を検証した上で他会場も含めて導入するかどうかを検討するとした...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】五輪マラソンのテスト大会、ゴールに「氷風呂」を設置 → 利用した選手はゼロ - 09月15日(日)21:00  news

2020年東京五輪・パラリンピックに向け、都や大会組織委員会は15日、マラソン大会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で、五輪本番を想定した「暑さ対策」の検証を行った。 給水所に新たに置いた氷を選手たちが使う姿がみられるなど、組織委は一定の手応えを実感。今回の検証を踏まえ、五輪を見据えた対策をさらに充実させる。  今大会では、コースの給水所を増設したほか、選手が走りながら体を冷やせるようポリ袋に砕いた氷を詰めた「かち割り氷」を用意。 レース前半から選手たちが氷をつかんで体を冷やす...
»続きを読む
カテゴリー:

MGC男子のスタート1分54秒遅れる 原因はピストル - 09月15日(日)17:10 

 東京五輪のテスト大会の位置づけで実施された「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で、運営の一部を担当していた大会組織委員会は15日、男子のスタートの号砲が予定時刻より1分54秒遅れるトラブルがあったと発表した。組織委によると、号砲を鳴らすピストルがスタート2分前に異常を示したため、予備の
カテゴリー:

東京五輪、選手への暑さ対策にゴール地点に氷風呂 - 09月15日(日)11:18  poverty

東京五輪、暑さ対策で課題続々 氷風呂用意「奇策」も 開催まで1年を切った2020年東京五輪・パラリンピックに向けて今夏に行われたテスト大会で、懸案の暑さ対策の課題が続々と上がっている。 有効な対応策がない中、13日にはカヌー(スプリント)のテスト大会で人工雪を降らし、15日のマラソンの大会では氷入りの水風呂を用意するという“奇策”が浮上。 マラソンコースの路面温度を下げるため整備を進めている遮熱性舗装については「効果がない」との研究結果も出た。果たして「猛暑の大会」を乗り切れるのか。 「耐え...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京五輪】組織委「人工雪、気温は下がらず観客や床が濡れて転んだりすることなど発見。でも楽しめてもらえた。今後も活用検討」 - 09月14日(土)11:10  newsplus

2019年9月13日 11時47分  東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、東京・海の森水上競技場で行われているカヌー・スプリントのテスト大会で、観客向けの暑さ対策として降雪機を使った実験を行った。午前10時10分から5分間、観客席に向けて合計300キロの氷を砕いたものを降らせたが、気温、暑さ指標(WBGT)ともに使用前後で変化はなし。組織委は「空気全体を冷やすものではなく(肌に)当たって清涼感を与えるものだと考えている」と見解を示し、効果を検証した上で他会場も含めて導入するかどうかを検討するとした...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】五輪委員会「人工雪は会場を冷やすためではなく、観客に氷を当てて清涼感を与えるもの」 - 09月14日(土)01:03  poverty

【AFP=時事】2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は13日、会場となる東京・海の森水上競技場で、暑さ対策として人工雪を降らせるという今までになく思い切った手段の実験を行った。 だが、観客席に座った組織委メンバーの頭上に落ちてきたのはふわふわの雪ではなく、粗削りのシャーベット状の氷片だった。  カヌー・スプリントのテスト大会が行われていた海の森水上競技場では、300キロの人工雪を数分間降らせたが、すぐに問題点が明らかになった。「観客」はたちまちぬれ、足元は滑りやすくなって報道陣1人が転倒した...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「テスト大会」の画像

もっと見る

「テスト大会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる