「チームメイト」とは?

関連ニュース

【サッカー】パリSGでPKを巡って内紛勃発か。 ネイマールがエムバペ批判のツイートに「いいね」。試合後に口論との報道も - 08月16日(火)10:22  mnewsplus

ゴールを決めた場面でも無表情  8月13日のリーグ・アン第2節でモンペリエに5-2と大勝したパリ・サンジェルマンに内紛問題が浮上した。  英国メディアの『sportbible.com』は8月14日、モンペリエ戦で表面化したキリアン・エムバペとネイマールの対立を報じている。  問題となっているのは、43分のPKのシーンだ。ネイマールが、この日すでに1本PKを外していたキリアン・エムバペにボールを渡すことを拒否したのだ。  そのままネイマールがPKを決めてチーム2点目を奪ったものの、エムバペは露骨に不満な態度を見せた。...
»続きを読む
カテゴリー:

【アニメ】『スラムダンク』YouTubeで初の本編全話公開 毎日1話ずつ各話2週間の期間限定 - 08月10日(水)18:42  mnewsplus

https://www.oricon.co.jp/news/2245382/full/ 2022-08-10  10日よりYouTube「東映アニメーションミュージアムチャンネル」にて、TVシリーズ「スラムダンク」(全101話)が、1日1話ずつ公開がスタートした。各話2週間の期間限定公開で、同作のYouTube本編公開(第1話を除く)は今回が初となる 『スラムダンク』は、『週刊少年ジャンプ』で1990年42号から1996年27号まで連載していたバスケットボール漫画が原作。湘北高校バスケ部に入部したバスケ初心者の主人公・桜木花道が、チームメイトの流川楓との衝突や強豪校との試合の中で...
»続きを読む
カテゴリー:

<霊感が強い子ども>顔が半分しかない女。見えない私 #身の毛もよだつ恐怖の体験【まんが】 - 08月08日(月)23:40 

前回からの続き。今から数年前のお話です。うちの息子は小学生のときに少年野球チームに入っていました。これは試合観戦に行ったときの出来事です。息子たちを応援していた私は、チームメイトのY君の様子がおかしいことに気がつきました。 Y君は外野を守っていたのですが、その子の動きがなんだか変なんです。何かを気にしながら、守備位置周辺をウロウロ。あっちに行ったと思ったらこっち、こっちへいったと思ったらあっち。全く試合に集中していないような感じです。試合終了後、Y君はうちの車で一緒に帰ることになったので、何があったのかを聞いてみました。すると……。 そうなんです。実はY君、かなり霊感が強いのです。こういったことは一度や二度じゃなく、小さい頃から何度もありました。なので、今回も決してふざけているわけじゃないということはすぐに分かりました。興奮した様子でそのときのことを話してくれたY君は、その後、後部座席で寝てしまいました。 それにしても顔が半分しかない女って……。もしそんなものが見えてしまったら、絶対に冷静ではいられないでしょう。私には見えなくてよかったと、ホッとしながら車を走らせました。 【身の毛もよだつ恐怖の体験:第二十一夜】へ続く。 文・作画・Michika 編集・荻野実紀子
カテゴリー:

【芸能】ヒカルが谷原章介にかみついた! HIKAKINはゲーム内で暴言 成功したYouTuberたちの態度に「幻滅」の意見が - 08月07日(日)19:34  mnewsplus

https://news.yahoo.co.jp/articles/3d7c4059df100ec36513340d7f4f446e1cb99d76 ヒカルが谷原章介にかみついた! HIKAKINはゲーム内で暴言 成功したYouTuberたちの態度に「幻滅」の意見が 「ニュースをやっとる時点で、人のことをネタにして稼いどるわけやん。『お前も一緒なんちゃう?』とは思うけどな」  8月4日、自身のツイキャスでそう語ったのは、YouTuberのヒカル。山口県阿武町で起きた、新型コロナウイルス対策給付金4630万円の誤送金事件で注目を集めた田口翔被告に“救いの手”を差し伸べた当事者だ。 「田口...
»続きを読む
カテゴリー:

「本当の“怪物”は桑田なのでは?」PL学園・同級生が見たKKドラフトの真相。清原にはなかった圧倒的な才能「こいつ、オレたちと同じ人間なんか…」 - 08月06日(土)11:25 

1985年11月20日のドラフト当日。その年の甲子園で劇的な優勝を果たしたPL学園のチームメイトは清原和博と桑田真澄のすべてを見守っていた。「巨人の1位は桑田さんですよ!」「清原はどうなった?」ーー誰も予想し得なかった当時の真実に迫る。 ベストセラー『嫌われた監督』で大宅賞、講談社ノンフィクション賞、ミズノスポーツライター賞の3冠受賞を果たした作家・鈴木忠平氏の待望の新刊『虚空の人 清原和博を巡る旅』より一部抜粋してお届けします。
カテゴリー:

<中年は孤独になりがち>旦那さんに友達はいる?友達がゼロでも旦那さんが幸せであればOK? - 08月15日(月)06:10 

結婚して子育てや家事などに追われるうちに、親しくしていた友達と疎遠になった人もいるのではないでしょうか。それは旦那さんも同様かもしれません。旦那さんの交友関係が少なく気になっているママがいるようです。 『旦那さんに友達いる? 旦那の友達を私は見たことない』 こちらはママスタコミュニティに寄せられたあるママの投稿です。投稿者さんの旦那さんの場合は結婚前から友達がおらず、結婚式も親族だけで済ませたそうです。ただ夫婦関係は良好で、夫婦仲が良ければ友達はいらないと投稿者さんは感じています。他のママはどうでしょう。ママたちの声を紹介します。 友達ゼロの旦那さんは意外といる!? 『うちも0人(笑)』 『いないよー。私もいない。子どもの義務教育が終わって「ママ友」と疎遠になったから。旦那と出掛けるのが楽しいから問題ない』 『1人もいない。表向き社交的で誰にでも好かれるけど、あくまでも相手に合わせているだけ』 『いないです。スマホも家族しかいない』 投稿者さんと同様、友達ゼロの旦那さんは意外といるようですね。とくにコミュニケーションが苦手な旦那さんは、家族との付き合いだけで満足なのかもしれません。なかには「友達がいないのは旦那さんの性格のせいでは?」と気になるママもいるようです。しかし交友がない分「休日は家族の時間を大切にする」「無駄な出費をしない」といったメリットはありそうです。友達がいなくて...more
カテゴリー:

死球で頭部を打った少年が、涙ぐむピッチャーに見せた神対応が胸を打つ「真のスポーツマンシップ」【動画】 - 08月10日(水)17:00 

イメージ写真(記事中の選手らとは関係がありません)野球の試合中にデッドボールを頭部に受けた少年が、動揺する投手に見せた心温まる行動に、胸を打たれる人が相次いでいる。アメリカ・テキサス州ウェーコで現地時間の8月9日に行われた、リトルリーグ南西地区選手権大会での出来事だった。この日、テキサス州・パーランドとオクラホマ州・タルサが対戦。パーランドのピッチャーが投げた球が、バッターの少年の頭部を直撃した。ヘルメットが吹き飛ばされ、少年はその場で頭を抱えながら地面に崩れ落ちた。CBSスポーツによると、幸運にもボールは選手のヘルメットに当たったため、その後もこの選手は試合の出場を継続できた。一方、死球を浴びせてしまった投手の少年はうなだれ、涙を浮かべ地面を見つめていた。一塁に歩いて進んだ少年は、明らかに動揺している様子の投手を気遣い、投手のもとに駆け寄って優しくハグした。この時、少年は投手に「君はよくやったよ」などと声をかけたと報じられている。After getting hit in the head with a pitch, this little leaguer showed a true act of sportsmanship by comforting the pitcher 🥲 pic.twitter.com/AbzXaLL5uz— ESPN (@espn) Augu...more
カテゴリー:

【悲報】ソバルト、炎上 - 08月08日(月)11:46  livejupiter

猫虐待やrustのチームメイトにパワハラなどしていた模様 https://twitter.com/sowault/status/1555624927319162881?s=21&t=5fUL2PbAKmJm0oniEuS5Dg https://twitter.com/sowault/status/1556331533941997568?s=21&t=5fUL2PbAKmJm0oniEuS5Dg (deleted an unsolicited ad) ...
»続きを読む
カテゴリー:

「桑田は何を祈ってるんやろ…」PL学園チームメイトが感じた疑問と清原の楽観「でもな、オレは1位で巨人にいくんや」《KKドラフト当日秘話》 - 08月06日(土)11:25 

   1985年11月20日のドラフト当日。その年の甲子園で劇的な優勝を遂げたPL学園の清原和博と桑田真澄のチームメイトは何を感じていたのか。当時のKKを巡る秘話を明かした。   ベストセラー『嫌われた
カテゴリー:

[最後の夏からはじまった(1)]山本由伸「明かせなかったエースの秘密」 - 08月06日(土)07:03 

プロ注目右腕の甲子園への道はあっけなく絶たれた。県大会3回戦敗退。最後の打者になったエースはチームメイトとともに人目もはばからず涙した。日本を代表する投手となった今、振り返るあの夏。熱くほろ苦い思いが、少しずつ溶け出していく。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる