「ダンピング」とは?

関連ニュース

中国・台湾の輸入急増、ステンレス業界が注視|ニ.. - 09月20日(火)10:33 

中国・台湾の輸入急増、ステンレス業界が注視|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社 ステンレス鋼業界は中国、台湾からの冷延鋼鈑の輸入急増を注視している。低廉な汎用品が国内市場を撹乱する恐れがあれば、アンチダンピング措置などを国に求められるよう準備を進めていく。
カテゴリー:

中国、再利用型のスペースプレーン運用に成功 - 09月13日(火)15:10 

国営企業の中国航天科技集団(CASC)は8月25日、準軌道型スペースプレーンの再利用に初めて成功したと発表した。Forbesの記事によれば、米国のX-37Bの小型版的なものではないかとしている。中国における再利用可能なスペースプレーンの運用成功はこれが初めて(CASC公式ウェイボー、SpaceNews、Forbes、sorae)。 公式アナウンスによれば、試験に使用された機体は、ゴビ砂漠にある酒泉衛星発射センターから打ち上げられ、準軌道飛行を実施したのち、モンゴル自治区にあるアルシャー右旗バダンジリン空港にスムーズに着陸することに成功したとしている。中国では8月4日と5日に「長征4B」ロケットと「長征2F」ロケットによる打ち上げがおこなわれている。このうち5日に打ち上げられたものが、この再利用可能なスペースプレーンだったとされる。飛行持続時間や高度については公開されていないが、3週間以上軌道を周回していた可能性があるようだ。 すべて読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 軍事 | 宇宙 | 中国 | 関連ストーリー: Rocket Lab、再使用可能な大型ロケット「Neutron」の詳細を発表 2021年12月05日 JAXA、H3後継ロケットは1段目を再使用...more
カテゴリー:

【自動車】ホンダが「ZR-V」の予約受け付けを開始 スポーティーで上質な走りを追求した新型SUV - 09月08日(木)21:23  newsplus

本田技研工業は2022年9月8日、新型SUV「ZR-V」の先行予約受け付けを開始した。発売は2023年春を予定している。 ZR-Vは、ホンダのSUVラインナップにおいて「ヴェゼル」と「CR-V」の間に位置する新モデルである。2022年4月に北米仕様が世界初公開され(北米では新型「HR-V」として販売される)、日本でも同年5月に情報の先行公開を開始。発売については、当初は2022年秋を予定していたが、昨今のサプライチェーンの混乱により、2023年春に延期となった。 開発コンセプトは「異彩解放」というもので、SUVのコア価値である高い実用性や信...
»続きを読む
カテゴリー:

【巻頭特集】ついにトップ2人が捕まった贈賄側。.. - 09月16日(金)17:12 

【巻頭特集】ついにトップ2人が捕まった贈賄側。ダンピングやピンハネが当たり前の世界だったように見える。では他のスポンサーは大丈夫なのか。高橋某に入った金はどこへ流れたのか。底なしの様相を呈してきた五輪疑獄に、国民の怒りと検察への期待。
カテゴリー:

2万5,000円が3,000円に!? 運送業界ではびこる「バカげた運賃」はなぜ起きる? - 09月09日(金)07:10 

帰り荷だから3,000円でいいですよ──そう言って電話を切った配車担当者は、筆者の視線に気づき、「帰りの燃料代と高速代が出ればいいかなと…」とバツが悪そうに言い訳をした。会社が赤字なのだから、「帰り荷3,000円」などという仕事を受けている場合ではない。それは彼自身が1番分かっている。世の運送会社の半分は本業の運送業で赤字であり、その原因の1つが運賃ダンピングだ。現在のインフレ状況下においてもダンピングを行う運送会社が散見される。なぜ運賃ダンピングを行ってしまうのか、運送会社の心理をひも解きながら、運賃ダンピングを抑制する手段について紹介しよう。
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる