「タンポポ」とは?

関連ニュース

伊丹十三の映画「タンポポ」冒頭で映画鑑賞マナーについて説く役所広司が「帽子」を被ったままの理由を考察するスレ - 02月16日(金)18:28  poverty

映画鑑賞マナーを説くなら帽子脱がないとおかしいよね 生誕90年 “食”から伊丹十三を知る | NHK https://www.nhk.or.jp/matsuyama/lreport/article/001/46/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

絶好の開運タイミングです! 春までに取り組むべき「風水、開運行動」 - 文・脇田尚揮 | ananweb - マガジンハウス - 02月10日(土)20:45 

春は草木が芽吹き、生命の息吹を感じる健やかなシーズン。冬の寒さも緩んで少しずつ暖かくなるため、私たちも活動的になりますよね。そんな春に運気を取り入れるには、今からどのような準備をしておくといいのでしょう。そこで今回は、「春までに取り組むべき風水、開運行動」をご紹介します。パステルカラーと柄物で運を呼びこむ春の模様替え春の運気を取り込むためには、生活環境のイメージをガラリと変える模様替えがおすすめです。ポイントは色の力を借りて運を呼びこむこと。春らしいパステルカラーや花柄を家の中に取り入れてみましょう。なかでも水色は仕事運、ピンクは愛情運、レモン色は健康運、薄緑色は対人運が上昇すると考えられます。また、花柄は様々なカラーが散りばめられているため、バランスよく運気をアップさせる効果が期待できるでしょう。ただし、あまりに鮮やかすぎるカラーは避けるのが無難です。まずは家の中でも面積の広いカーテン、マット、ベッドカバーなどから替えてみて。また、ファッションや小物にも積極的に取り入れると良いでしょう。春の花を用いて対人関係アップ春の花は生命力があり、生花を飾るだけで家に明るい陽気を運んでくれるもの。生まれた季節に合わせて、花瓶とそこに生ける花を決めることで、対人運アップを目指す方法を試してみましょう。春生まれの人は陶器の花瓶にタンポポなど「黄色い花」、夏生まれの人は丸い花瓶にスイセンなどの「白...more
カテゴリー:

直木賞作家今村翔吾が司馬遼太郎氏「菜の花忌」でパネリスト「憧れの司馬先生にかかわれて光栄」 - 02月12日(月)21:32 

直木賞作家今村翔吾氏(39)が12日、東京・文京シビックホールで行われた「第27回 菜の花忌」にシンポジウムのパネリストとして出席した。 「菜の花忌」とはタンポポ、菜の花といった黄色い花を愛し、「坂の上の雲」や「竜馬がゆく」「翔ぶが如く…
カテゴリー:

出演番組

過去の出演番組

こんなの見てる