「タンザニア」とは?

関連ニュース

六甲ガーデンテラス ショップ「ホルティ」アフリカン現代アート「ティンガティンガ・アート原画展」7月20日(土)から8月31日(土)まで開催7月21日(日)、8月23日(金)にはワークショップ実施! - 07月11日(木)10:15 

六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が六甲山上で運営する「六甲ガーデンテラス」内ショップ「ホルティ」では、7月20日(土)から8月31日(土)の間、「ティンガティンガ・アート原画展」を開催します。 ティンガティンガ・アートは1960年代末、東アフリカ・タンザニアで誕生した絵画スタイルで、サバンナの動物や豊かな自然を、たった6色のペンキを使って色鮮やかに、下描きなし...
カテゴリー:

【中国皇帝の秘薬】ロバ皮コラーゲンでハゲが治ると発表される - 07月04日(木)01:27  newsplus

The Donkey Hide Cure-All お前は勇敢で、誠実で、人柄もよく、周りの人たちに頼られる人物です。 ハゲてさえいなければ、という条件付きですがね。 とりあえず、ある動物を絶滅させてしまうかもしれませんが、毛髪を取り戻しましょう。 強力で伝統的な中国のハゲ救済策が、世界的なロバの不足を招いてる最中です。 これは最も古く、おそらく最も強力な伝統的な漢方薬(TCM)の1つです。 中国以外では、ejiao(阿膠 あきょう コラーゲンのこと)治療法について知っている人はほとんどいません。 実際、欧米人の中には、その製...
»続きを読む
カテゴリー:

アルジェリアなど3連勝 サッカーのアフリカ選手権 - 07月02日(火)12:15 

サッカーのアフリカ選手権は1日、カイロで1次リーグC、D組の最終戦が行われ、C組ではアルジェリアがタンザニアに3-0で快勝し、3連勝で勝ち点9として同組首位で1…
カテゴリー:

西友、地場/契約野菜・果物を強化 TFTが推進する、「カロリーオフセットプログラム」の対象商品に - 06月28日(金)11:00 

2019年6月28日 合同会社西友 西友、地場/契約野菜・果物を強化 TFTが推進する、「カロリーオフセットプログラム」の対象商品に 対象商品の一部売上を開発途上国の農業支援に寄付  合同会社西友(東京都北区、最高経営責任者・リオネル・デスクリー、以下西友)では、地場/契約野菜・果物の取り組みを強化しており、その一環として、世界の食料問題の解決に取り組む NPO 法人TABLE FOR TWO International(東京都港区、代表理事・安東迪子、以下TFT)が推進する「カロリーオフセットプログラム」の対象商品を、健康やカロリーに配慮した惣菜から、7月1日より、新たに地場/契約野菜・果物に切り替えます。  カロリーオフセットプログラムは、先進国の余分なカロリーを開発途上国で必要なカロリーに変換する日本初のプログラムです。健康を意識した商品やサービスをお客様が購入することで、カロリーをオフセット(「差し引き勘定」「埋め合わせ」)でき、売上の一部が寄付金となり、アフリカの菜園づくりなどに役立てられます。西友はこのプログラムに2015年から参画をしており、2019年5月末現在で合計3,900万円以上を寄付してきました。寄付金はアフリカなど約80ケ所の菜園作りに役立てていただいております。  現在、西友では、生産者の顔が見える野菜へのニーズの高まりや、より鮮度が高い商...more
カテゴリー:

【増える外国人】小さな床屋にアフリカ系の客殺到 希望の髪型、「他店で断られる」 - 06月27日(木)08:11  newsplus

2019年6月27日8時1分 吉村成夫 https://www.asahi.com/sp/articles/ASM6M168SM6LULOB01S.html  相模原市の小田急線相武台前駅近くの商店街にある床屋「髪ザウルス」は、地元の老若男女でにぎわう5席の小さな店だ。ここになぜか、アフリカ系の外国人が続々とやってくる。ガーナ、ナイジェリア、タンザニア。色んな国の出身者が、東京、埼玉、山梨などからも定期的に通ってくる。  理由を尋ねると、「この店じゃないと希望の形が決まらないんです」「他の店ではできないし、断られます」。  増える外国人。母国を離れた生活で、...
»続きを読む
カテゴリー:

【生物】シロアリが農業を人類よりはるか昔から行っていたことが判明 - 07月06日(土)01:34  newsplus

新生代のシロアリが巣の中でキノコを栽培していた「農場」の化石がアフリカ・タンザニアで発見されました。化石は2500万年前のものとみられ、歴史上最も早く農業を開始していたのは人類ではなくシロアリだったことがわかりました。 PLOS ONE: Oligocene Termite Nests with In Situ Fungus Gardens from the Rukwa Rift Basin, Tanzania, Support a Paleogene African Origin for Insect Agriculture http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0156847 Termites figured out farming 25 million years ...
»続きを読む
カテゴリー:

サードウェーブがタンザニアの職業訓練校へノートPCを寄付 - 深刻なPC不足の解消へ貢献 - 07月03日(水)17:55 

サードウェーブはJICAが派遣する青年海外協力隊隊員からの要請を受け、タンザニアの職業訓練校に向けてノートPCを寄付しました。深刻なPC不足という課題を解消が期待されます。
カテゴリー:

タンザニア大統領、一帯一路1兆円港湾計画を停止「狂った人にしか受け入れられない条件」 - 06月29日(土)11:25 

東アフリカの国タンザニアは、国の財政状況を理由に、中国共産党主導の1兆円規模の港湾建設計画を中止した。インド洋に面したバガモヨに建設するこの大型新港は、一帯一路計画の一環だった。
カテゴリー:

街の小さな床屋にアフリカ系外国人が殺到 「チリ毛なので普通の床屋では断られる」 - 06月27日(木)19:13  poverty

相模原市の小田急線相武台前駅近くの商店街にある床屋「髪ザウルス」は、地元の老若男女でにぎわう5席の小さな店だ。 ここになぜか、アフリカ系の外国人が続々とやってくる。ガーナ、ナイジェリア、タンザニア。 色んな国の出身者が、東京、埼玉、山梨などからも定期的に通ってくる。  理由を尋ねると、「この店じゃないと希望の形が決まらないんです」「他の店ではできないし、断られます」。  増える外国人。母国を離れた生活で、散髪は一大事だ。松田京子社長(52)は「どの国の方にも安心していただけるよう努めていま...
»続きを読む
カテゴリー:

小さな床屋にアフリカ系の客殺到?「他店では断られる」 - 06月27日(木)08:01 

 相模原市の小田急線相武台前駅近くの商店街にある床屋「髪ザウルス」は、地元の老若男女でにぎわう5席の小さな店だ。ここになぜか、アフリカ系の外国人が続々とやってくる。ガーナ、ナイジェリア、タンザニア。色…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「タンザニア」の画像

もっと見る

「タンザニア」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる