「タツヤ」とは?

関連ニュース

<怖い義母……>時代は変わる「すまなかった」妻にできる償いとは【第15話まんが:義父の気持ち】 - 01月26日(木)17:40 

【第1話】から読む。 前回からの続き。今から5年前のお話です。俺は家業を継いで長年懸命に働き、気づけばもう70歳になる。妻は息子夫婦に「跡取りを産めない嫁はいらない」と言い、強引に別れさせようと画策していた。その結果、息子も、嫁も、可愛い孫娘たちも離れていってしまった。俺は妻を止められなかった責任を感じている。 やり方こそ大いに問題があったが、思い返せば妻は「大山家の嫁」として俺の母親からの言いつけを守っていただけ……。息子夫婦との間に入ってとりなすことができなかった自分が不甲斐ない。 時代とともに社会における人々の役割が変化していく。「変わった方がいいもの」も「変わらない方がいいもの」もそれぞれあることだろう。しかしそれを決めるのは、先人の想いを受け取って繋いでいく次の世代の役割なのかもしれない。まだ社会に根強く残っている昔のしがらみを断ち切る方法があるとするならば、それは「次世代に持ち越さない」ことだ。俺はタツヤの決断を潔く受け入れ、妻と2人で生きていこうと思う。 原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子 【つぎ】の記事:<親の老後問題>義母が突然「金銭援助してほしい」わが家も余裕はないのに【前編まんが:私の気持ち】
カテゴリー:

<怖い義母……>旦那に一目惚れした女性が暴走!夫婦に次々届くメッセージ……!【第11話まんが】 - 01月22日(日)12:20 

【第1話】から読む。 前回からの続き。今から5年前のお話です。義母が「跡取りの産めない嫁はいらない」と言い、旦那タツヤのお見合いの場を勝手に設けていました。母のアドバイス通りに私も一緒に義実家へ乗り込むと、相手の女性もお見合いに乗り気です。そして妻である私に対して「別れてください」と宣戦布告をしてきたのです。 お見合い相手の女性・カホさんは、義母の知り合いである田中さんの娘さんです。おそらく義母が連絡先を教えたのでしょう、私たち夫婦それぞれに宛ててメッセージが届きました。次々と届く内容から、得体の知れない不気味な雰囲気を感じてしまいます。母は役所に「離婚届不受理申出」の手続きをしておくようアドバイスしてくれました。 私は突然のお見合い相手の女性からのメッセージに、気味悪さすらも感じてしまいました。いったいどうしたら義母のお見合い話を止められるのでしょう。もしかしたらタツヤに義実家との関係を断ち切るような辛い決断をさせないといけないのかもしれない……。そう思うと切ない気持ちもありますが、もはや義母と元のような良好な関係に戻れるとは思えないのでした。 【第12話】へ続く。 原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子
カテゴリー:

<怖い義母……>「旦那さんと別れてください!」お見合い相手からの宣戦布告……!【第9話まんが】 - 01月20日(金)17:40 

【第1話】から読む。 前回からの続き。今から5年前のお話です。義母が「跡取りの産めない嫁はいらない」と言い出し、旦那のタツヤにお見合い写真を持ち込んできました。「もしかしたら今日お見合いをさせられてしまうかも」実母にアドバイスを受けた私は、夕方ひとりで義実家へ行く予定だったタツヤと待ち合わせをし、娘たちも連れて一緒に向かうことにしたのです。 やはり義母はタツヤが来るのを見越して、ちゃっかりお見合いの場をセッティングしていたのです。私は心の底から「一緒に来ることにして良かった」と思いました。しかしお見合い相手の女性からは堂々とした宣戦布告。どう言い返したら相手が諦めてくれるのか、頭のなかで懸命に考えます。しかし怒りに支配されすぎて、うまく言いたいことをまとめられずにいたのでした。 【第10話】へ続く。 原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子
カテゴリー:

<怖い義母……>「家のためにお見合いして!」泣きながら、旦那にすがりつく義母【第7話まんが】 - 01月18日(水)12:20 

【第1話】から読む。 前回からの続き。今から5年前のお話です。義母が「跡取りの産めない嫁はいらない」と言い出し、旦那のタツヤにお見合い写真を持ち込んできました。義母は親しくしている田中さんに嘘をついて同情を誘い、娘のカホさんとのお見合い話をすすめているとのこと。義父から話を聞かされたタツヤは……。 義母はタツヤにすがりつき、泣きながら必死にお見合いしてほしいと懇願してきました。どうしても収まる様子がないため、タツヤは仕方なく「今日はもう遅いし、明日また来るから」……となだめて帰ってきたといいます。 取り乱している義母に何を言っても伝わらないでしょう。タツヤの考えも分かりますが、何度も話し合ったところで分かってくれるとも思えません。私は不安がどんどん大きくなっていくのを感じています。 【第8話】へ続く。 原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子
カテゴリー:

<怖い義母……>既婚者の旦那が「お見合い」を!?義母の行動に納得いきません!【第5話まんが】 - 01月16日(月)12:20 

【第1話】から読む。 前回からの続き。今から5年前のお話です。義母が旦那のタツヤにお見合い話を持ってきました。私に対しては「別れて欲しい」「跡取りの産めない嫁はいらない」と言い出したのです。幼い娘たちが驚いて泣き出してしまったため、ひとまず私は先に帰宅することに。義母と話し合いをしている、タツヤの帰宅を待ちます。 気持ちよさそうに寝息を立てている娘たち。義母にとって必要なのは、娘たちよりも「跡取り」という名の男の子なんだ……。なんだか娘たちまでないがしろにされた気がして、涙が溢れてきました。娘たちにたくさんの笑顔と幸せをもらった日々は、間違いなく私の宝物です。「この子たちを守ろう」と固く決意をしていると、タツヤが帰ってきました。 私は呆然としてしまいました。既婚者とお見合いをしようだなんて、相手の女性も一体どういう神経をしているのでしょうか? 全く理解できません。私の頭の中は、処理しきれない情報で溢れるばかりでした。 【第6話】へ続く。 原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子
カテゴリー:

<怖い義母……>「跡取りを産めないなら出ていけ!」義母が言われつづけた過去【第12話まんが】 - 01月23日(月)17:40 

【第1話】から読む。 前回からの続き。今から5年前のお話です。義母が「跡取りの産めない嫁はいらない」と言い、旦那のタツヤを勝手にお見合いさせようとしました。お見合い相手の母娘には「浮気と育児放棄の嫁に息子が洗脳されている」などと嘘をついて騙しています。常軌を逸した義母の言動を見かね、母は「やりとりを証拠として取っておきなさい」とアドバイスしてくれました。 どんなに説得をしても「跡継ぎを産むのは当たり前」「大山家のため」という義母の考えは変わりませんでした。しかし私たちが引き下がったところで、義母やお見合い相手からの「別れてほしい」攻撃は今後もずっと続くのでしょう。これ以上義母と話しても無駄かもしれない……タツヤはお見合い相手と会うことで事態を収拾させようと決意をしたのでした。 【第13話】へ続く。 原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子
カテゴリー:

<怖い義母……>私が悪い嫁?旦那のお見合い相手に「身を引いてほしい」と迫られ【第10話まんが】 - 01月21日(土)12:20 

【第1話】から読む。 前回からの続き。今から5年前のお話です。義母が「跡取りの産めない嫁はいらない」と言い出し、旦那タツヤのお見合い話を強引にすすめはじめました。義実家へ向かうと離婚届が用意されており、お見合い相手の女性は私に対して「タツヤさんと別れて下さい」と宣戦布告。私は何と言い返せばいいのでしょうか。 義母にとっては今日のお見合いに私が押しかけてくるのは想定外だったようです。とはいえ、まともに話を聞いてもらえるような状況ではありません。 言いたいことはほとんど言わせてもらえず、義実家を追い出されてしまった私たち。義母は未だにお見合い相手の母娘に嘘をつき、一方的に私を「悪い嫁」に仕立てています。義母の言葉を信じてタツヤとの結婚を望む女性にいったいどう対応していけばいいのでしょうか。私たちは頭を悩ませています。 【第11話】へ続く。 原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子
カテゴリー:

<怖い義母……>義実家へ話し合いに向かう旦那「アナタも行きなさい」実母の予感【第8話まんが】 - 01月19日(木)12:20 

【第1話】から読む。 前回からの続き。今から5年前のお話です。義母が「跡取りの産めない嫁はいらない」と言い出し、旦那のタツヤにお見合い写真を持ち込んできました。断りに行ったタツヤは取り乱す義母の泣き落としに負けてしまい、また翌日話し合うことに。私はモヤモヤが収まりませんでした。 タツヤは今日の夕方、会社帰りに実家へ向かうことになっています。言われてみれば、義母がなし崩しでお見合いに持ち込もうと待ち構えているかもしれません。私の母に「アナタも行った方がいい」と背中を押され、私は急いでタツヤに連絡をしました。 夕方、タツヤと待ち合わせをして一緒に義実家へ行くことにしました。このまま本当に義母にお見合いをさせられてしまったら……。不安は尽きませんが、「いつでも帰ってきていいんだよ」という母の言葉は私の心を少し軽くしてくれました。 【第9話】へ続く。 原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子
カテゴリー:

<怖い義母……>旦那とのお見合いに、前向きな女性現る!?義母の嘘が招いた歪み【第6話まんが】 - 01月17日(火)12:20 

【第1話】から読む。 前回からの続き。今から5年前のお話です。義母が「跡取りの産めない嫁はいらない」と言いだし、旦那のタツヤにお見合い話を持ってきました。驚くことに相手の女性も、今回のお見合い話に前向きとのこと。既婚者とお見合いをしようだなんて、一体どういうつもりなのでしょうか……? お見合い相手は義母が親しくしている田中さんの娘さんだそうです。先日義母は家に田中さんと娘さんをお茶に招き、大げさにため息をつきながら話を切り出したのです。 どうやら義父はお見合いに至った事情を把握しているようです。しかしあの義母が義父に止められたくらいで引き下がるとは思えません。義母の嘘にまんまと騙されてしまう相手の女性も、気の毒と言えば気の毒です。いったいどうしたら義母の暴走を止められるのか、私は頭を悩ませるばかりでした。 【第7話】へ続く。 原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子
カテゴリー:

<怖い義母……>「跡取りを産めない嫁はいりません」私たちを離婚させたいの!?【第4話まんが】 - 01月15日(日)12:20 

【第1話】から読む。 前回からの続き。今から5年前のお話です。旦那のタツヤにお見合い写真を持ってきた義母。どういうことなのか問い詰めようとすると「冗談だ」と言って、そそくさと帰って行ってしまいました。冗談でお見合い写真なんて持ってくるでしょうか。私は義実家に呼ばれたタツヤについていき真相を確かめることにしました。 義母は開き直ったかのように、いきなり表情を変えました。そして威圧的に話しはじめたのです。 勝手に離婚話を進めるだけではなく娘たちまで奪おうとして、しかも「お金」……? 私はカッとなってつい大声を出してしまいました。 そばにいた娘たちが泣き出してしまったため、私はひとまずタツヤに任せて義実家を後にしました。本当はもっといろいろと言い返したかったのですが、義母から放たれた言葉は思った以上に私の心に大きな傷を残しています。少し距離をとって冷静に考えよう……今はそう思っています。 【第5話】へ続く。 原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる