「ソーシャル」とは?

関連ニュース

解雇の大波を回避せよ!Z世代の「解雇防止ハック」 - 03月02日(土)11:00 

世はまさに技術革新、AI全盛の時代。いつか、自分の仕事がAIにとって変わるやも……。そんな不安を抱えているのはアナタだけではないはずだ。現に、GAFAMのようなビッグ・テックでは、大規模な人員削減が相次いでいる。そうした状況にいま、アメリカのZ世代を中心に、解雇の大波を回避する現実的な「解雇防止ハック」に注目しているらしい。それは、政府機関をはじめとする公共部門の仕事、つまりは公務員なんだとか。「Business Insider」が報じたところによると、ミレニアルズも含めて、いま彼らが仕事に求める最大の要素として「安定」を挙げているそうで、「#governmentjobs」がTikTokでトレンド入り。大学生向け就職サイト「Handshake」の調べでは、公務員への募集が過去1年間で2倍以上に達し、求人ごとの平均応募数も55%増加。2023年には、全米1500以上の学校から学生による応募があったそうだ。希望職種を見てみると、教師、軍人、公園警備隊、ソーシャルワーカー、さらには議員と多岐にわたる。さて、「なにを今さら」と思われた読者のみなさま。いちど、ご自身の立場で考えてみてほしい。公務員を志望、あるいは転職する未来は果たして非現実的だろうか。これまで日本では終身雇用の形態をとる企業が多く、よほどのことがない限り企業側が社員をクビにすることは難しいと考えら...more
カテゴリー:

トランプ氏、バイデン氏に「認知機能検査」要求 - 03月01日(金)18:39  newsplus

【AFP=時事】米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)前大統領(77)は2月29日、11月の大統領選での再戦が有力視される現職のジョー・バイデン(Joe Biden)大統領(81)について、「ひどい決断」ばかりしていると批判し、認知機能検査を受けるよう求めた。  トランプ氏は「いんちきのジョー・バイデンは認知機能検査を受けるべきだ。そうすれば、なぜ彼があんなにひどい決断を下すのか分かるかもしれない」と自身のSNS「トゥルース・ソーシャル(Truth Social)」に投稿。 「私は2回受けて、いずれも『ばっちり』だった(ノー...
»続きを読む
カテゴリー:

「暗闇の中の電車に乗って 出かけてみよう! キハ40で春の旅。」 ダイアログ・イン・ザ・ダーク、3月16日よりスタート。 - 03月01日(金)16:30 

ソーシャルエンターテイメントによって、互いを認め、助けあう社会の実現を目指す一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ(東京・港区 代表理事 志村季世恵)は、3月16日より春の新コンテンツをスタートする。テーマは「暗闇の中の電車に乗って 出かけてみよう! キハ40で春の旅。」 視覚障害者がアテンドとなり、真っ暗闇の中で電車に乗る体験をする。(写真は、車両キハ40)東京竹芝の暗闇の中にある、懐かしい車両キハ40についてドイツの哲学者、アンドレアス・ハイネッケ博士が創り出した「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」は、世界47カ国以上で開催され、日本では東京・竹芝にあるダイアログ・ダイバーシティミュージアム「対話の森」(以下、「対話の森」)で常設開催されている。「対話の森」には、JR東日本の鉄道を走っていたキハ40の車両がある。ダイアローグ・ジャパン・ソサエティの志村季世恵代表理事は、かつて自分自身の子育て時代に、泣く我が子を抱きながら見知らぬ乗客たちからたくさんの励ましを受けた、優しい電車の思い出がある、と話している。「暗闇の中に電車があったらと思うようになりました。暗闇の中でシートを探してみる。先に座っている方に、空いている席を教えてもらう。時には譲り合う人も出てくるかも。誰かにぶつかったら『ごめんね』と言えて、助けてもらえたら『ありがとう』って言い合えるそんな優しい電車になるのではな...more
カテゴリー:

玩具の3Dモデルをバーチャル空間で体験!VR博物館「ホビースフィア」が2024年2月22日VRChat上にオープン! - 03月01日(金)12:00 

株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、ソーシャルVRサービス『VRChat』上で公式ワールド「ホビースフィア」を2024年2月22日(木)に公開いたしました。 ホビーを体験できるVR博物館「ホビースフィア」 「ホビースフィア」は、実際の製品を元に作成した3Dモデルを展示している博物館型のバーチャル空間です。来場者はバーチャル空間上で3Dモデルを手に取って自由に鑑賞することができ、製品の大きさ等のweb上では伝わりにくい情報を直感的に体感できます。また、ほぼ実寸大の巨大な3Dモデルを見上げたり、自身が小さくなってジオラマの中に入り込む等、VRならではの体験もお楽しみいただけます。VR博物館「ホビースフィア」へのアクセスはコチラ(VRChatがプレイ可能なゲーミングPCが必要です)▼▼▼https://vrchat.com/home/world/wrld_5a466604-0ce8-4e17-bd00-bd2769684b86 フィギュアからスケールモデル!ジャンル問わず様々なホビーを展示! 本ワールドでは、ホビージャパンの製品をはじめ、株式会社スクウェア・エニックス、株式会社タカラトミーの製品も展示しています。来場いただいた方にはジャンルや企業問わず様々なホビーをバーチャル空間で体験いただけます。◆株式会社ホビージャパン ホビージャパンの展示エリア...more
カテゴリー:

パナソニックがなぜ「食器」を?レトロブームを牽引する「アデリアレトロ」との対談から紐解く - 03月01日(金)12:00 

今、世界でもっとも熱く議論されているソーシャルイシューのひとつ、環境問題。さまざまな企業や団体がカーボンニュートラルをはじめとするエシカルでエコな活動に力を注ぐなか、パナソニックがサステナブルな社会の実現に向けて開発したのは──ビールを注げばきめ細やかな泡が立つキュートな「タンブラー」。「......どういうこと?」きっと多くの人が抱くであろうそんな疑問を、現在のレトロブームを牽引する、今、Z世代に人気のガラス食器シリーズ「アデリアレトロ」の開発者をお招きし、対談形式で紐解くことに。「食器」という共通点はありながら、見た目も質感も異なるふたつのブランド。対談で明らかになったのは、それぞれが目指すこれからのプロダクトの在り方と、それによって実現する(かもしれない)素敵な世界でした。【対談者プロフィール】山本英郎さん/「kinari」(パナソニック ホールディングス株式会社)企画責任者2007年に入社。生産技術開発・金型設計・商品開発などを経て、現在はマニュファクチャリングイノベーション本部 成形技術開発センターの企画責任者を務めながら、「kinari」の事業推進を担当。3児の父で子育て奮闘中。好きなことは、旅行、食べること、ものを考えること、作ること。桐本夏希さん/「アデリアレトロ」(元・石塚硝子株式会社)開発者2016年に石塚硝子株式会社に入社。ハウスウェアカンパニー 市販部 企画...more
カテゴリー:

佐賀県立大専門家チーム新たに2人 佐賀市出身の大学教授 - 03月02日(土)09:30 

佐賀県は1日、県立大構想の検討に関わる専門家チームのメンバーに、慶応大総合政策学部教授の飯盛義徳氏(59)=佐賀市出身=、叡啓大ソーシャルシステムデザイン学部教授の早田吉伸氏(53)=同=を選任したと発表した。チームは計3人となり、4日に初会合を開く。 飯盛氏は上智大文学部卒。07年に慶応大大学院で博士号(経営学)取得、08年に同大総合政策学部准教授、14年から現職。専門は地域イノベーション、プラットホームデザインなど。 早田氏は熊本大法学部卒。
カテゴリー:

インドのSコマース市場拡大、業界牽引する立役者Meeshoのビジネスモデルはどう生まれたのか - 03月01日(金)18:00 

昨年インドネシアで、政府によってSNS上での決済手続きが禁止されたことは記憶に新しい。しかし、まさにそのビジネス「ソーシャルコマース」(Sコマース)が芽吹いてから10年、拡大成長と競争激化を続ける国がある。中国を抜いて世界最多の人口を抱え、2050年にはGDPランクで米国を抜き世界第2位の経済大国になると予想されるインドだ。 SコマースはSNSとEコマースが融合したものを意味する。WhatsAppやFacebookといったSNSプラットフォーム上で、小規模事業者や個人が商品の販売・再販・注文・決済を行えるシステムだ。ネットとスマホが普及したインドのSNSユーザー数は、WhatsAppが約5億3000万人、Facebookが約3億6000万人、Instagramも約3億6000万人とすべて世界最多で桁違いのマーケット規模となっている。今月公開されたResearchAndMarkets.comによる最新予測では「2024年現在市場規模72億ドルのインドSコマース産業は年間約30%の成長を続け2029年までに約257億ドルに達する」とのこと。 Meesho社の企業ミッションは「インターネットコマースの民主化」。Image Credits:Meesho インドのSコマーススタートアップにはGlowRoadやDealShare、Mall91、Bulbul、SimSim、Trellなどがあり、...more
カテゴリー:

イスラエルの「アパルトヘイト」を批判した同国の映画監督、殺害予告を受けていると明かす - 03月01日(金)13:30 

『ノー・アザー・ランド』でベルリン国際映画祭の最優秀ドキュメンタリー賞を受賞したユヴァル・アブラハム(左)とバーゼル・アドラ氏(右)(2024年2月24日)イスラエルによるヨルダン川西岸地区の占領を描いたドキュメンタリー『ノー・アザー・ランド 』の監督が、ベルリン国際映画祭の受賞スピーチ後に脅迫されていると明かした。同作は、ヨルダン川西岸南部のマサフェル・ヤッタ地域で起きている、イスラエルによるパレスチナ人住民の追放を描いたドキュメンタリーだ。マサフェル・ヤッタでは、イスラエル軍が軍事訓練を行なっているほか、イスラエル人入植者がパレスチナ人を攻撃している。『ノー・アザー・ランド』は、パレスチナ人でマサフェル・ヤッタ出身のバーゼル・アドラ監督と、イスラエル人のユヴァル・アブラハム監督が共同で制作した。95分の作品には「イスラエル政府に派遣された兵士たちが徐々に家屋を取り壊し、住民を追い出して、村々を緩やかに消滅させてる様子」が記録されているという。イスラエルによるパレスチナ・ガザ地区の攻撃が続き、約3万人が犠牲になっている中で、『ノー・アザー・ランド』はベルリン国際映画祭の最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。アドラ氏とアブラハム氏は2月24日に行われた授賞式のスピーチで、イスラエルとパレスチナ自治区の現状を語り、停戦を訴えた。パレスチナ人のアドラ氏は「イスラエルによってガザで何万人もの同...more
カテゴリー:

Blueskyの未来はソーシャルメディアの追憶のなかにある - 03月01日(金)12:00 

一般開放されたソーシャルメディア「Bluesky」。だが、使い勝手も体験もかつてのTwitterによく似ていて、このプラットフォームならではの独自性はまだ感じられない。果たして新たなアイデンティティは確立されるのか。
カテゴリー:

“おバズり申し上げます”のフレーズで大流行したラッパー『虎韻』が福岡天神大名地区『HAPPYCOCK』にてライブ開催決定!! - 03月01日(金)12:00 

流行の最先端ソーシャルメディア”TikTok”で人気爆発したラッパー『虎韻』が福岡天神ナイトクラブ『HAPPYCOCK』に初登場。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる