「ソレダル」とは?

関連ニュース

プーチンは「自滅」へ。欧米のウクライナ戦車大量供与が世界を激変させる - 02月02日(木)05:00 

かねてからのゼレンスキー大統領の念願が叶い、ついにウクライナに供与されることとなった西側諸国の最強戦車群。3ヶ月先とも言われるそれらの前線への投入は、この紛争をどう変えるのでしょうか。今回のメルマガ『uttiiジャーナル』ではジャーナリストの内田誠さんが、ゼレンスキー氏が戦車を切望してきた理由と、その供与が戦況を超え世界に与える影響を考察。さらに今後のプーチン氏の動きについても予測を記しています。 この記事の著者・内田誠さんのメルマガ購読はこちら ウクライナへの「戦車供与」で世界は大きくかわるのか?:「デモくらジオ」(1月27日)から 冒頭にお話申し上げようと思っておりましたのは、ウクライナの話です。ロシアによるウクライナ侵攻という驚天動地の出来事があって、今も尾を引いている、いや尾を引いているどころか、いよいよ激しい戦いが行われている訳ですけれども。これがどういう形で決着するのか。私が思いますに、どんな結果になろうとも、その後の世界というのはそれ以前の世界とはちょっと様相を異にするのではないかという気がしています。 それは、ロシアのように強大な軍隊を持って独裁政権を維持しているような国が、比較で言えば、遙かに弱小の軍隊しか持っていないウクライナに負け続けている。「負ける」といいますのは、それぞれの戦線で敗北するということだけではなくて、とにかく損害が大きい。特に兵士の損耗。ものす...more
カテゴリー:

ロシアのワグネル、バフムト北側の拠点「制圧」ウクライナは否定するも米国は制圧と発表。 - 01月30日(月)09:28  news

sssp://img.5ch.net/premium/1372182.gif ロシア、バフムト近郊の集落「制圧」 ウクライナは否定 ロシアの軍事会社ワグネルは29日、激戦が続く東部ドネツク州の要衝バフムト近郊の集落、ブラゴダトノエを制圧したとSNS(交流サイト)で明らかにした。 ワグネルを中心としたロシアの東部攻勢が続いている可能性がある。ウクライナ側は同集落への攻撃を撃退したとしている。 バフムト近郊では今月、ロシア軍やワグネルが塩鉱山の町ソレダルを制圧し、ウクライナ軍も撤退の事実を認めた。 ゼレンスキー大統領は29日夜のビデオ演説...
»続きを読む
カテゴリー:

【ロシア軍の交代】ワグネル軍より正規軍、ロシアが精鋭「空挺軍」集中投入…総司令官交代で積極攻勢に しかし効果は限定的 - 01月29日(日)13:36  newsplus

ワグネルより正規軍、ロシアが精鋭「空挺軍」集中投入…総司令官交代で積極攻勢に 読売2023/01/28 07:20 https://www.yomiuri.co.jp/world/20230128-OYT1T50030/  ロシア軍が年明け以降、精鋭の 空挺(くうてい)軍を、ウクライナ東部ドネツク州の要衝バフムトなど激戦地に投入している。制服組トップのワレリー・ゲラシモフ参謀総長の総司令官就任を機に、戦況を好転させるための集中投入のようだ。これまでの主戦力だった露民間軍事会社「ワグネル」の雇い兵に代わり、正規軍を再び重視し始めたとの指摘も出ている。 ■ワグネ...
»続きを読む
カテゴリー:

ウクライナ軍、ソレダルからの撤退を確認 - 01月26日(木)07:44 

ウクライナ軍の部隊は東部にある塩鉱山の町ソレダルから撤退した。同軍の報道官が25日、CNNに確認した。 ロシアは今月、自軍によるソレダルの制圧を主張したが、ウクライナ側はこれまで町が陥落したことを確認していなかった。 ウクライナ軍の報道官は、「ウクライナ軍はソレダルから撤退した。要員の命を救うためだ」「撤退は計画通り、部隊ごとに行われた」と明らかにした。 また近郊の要衝バフムートについては、ロ...
カテゴリー:

ウ軍 ソレダルからの撤退認める - 01月25日(水)21:55 

ロシアからの侵攻を受けるウクライナの東部軍の報道官は25日、激戦地だった東部ドネツク州のソレダルから撤退したことを認めた。同国の公共放送が伝えた。ロシア側が13日ま...
カテゴリー:

ワグネル死に過ぎて疲弊してる模様 - 01月30日(月)17:16  news

米シンクタンク「戦争研究所」(ISW)は28日の戦況分析で、ロシアの民間軍事会社「ワグネル」が疲弊しているとの 見方を示した。ワグネルは、今月までのウクライナ東部ドネツク州ソレダルの制圧戦で、中心を担ったとされる。  ISWは、ワグネルの戦闘員が昨年11月下旬~12月上旬にソレダルに近い同州バフムート近郊で亡くなった1千人を含む、 計4千人以上が死亡、1万人以上が負傷したとする米政府関係者の話にふれ、ソレダルの制圧後は特段成果を あげていないことからワグネルが「疲弊」しているとみる。攻防が続いている...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシアの「ワグネル」戦闘員、4千人以上が死亡か 米シンクタンク - 01月29日(日)21:02 

 米シンクタンク「戦争研究所」(ISW)は28日の戦況分析で、ロシアの民間軍事会社「ワグネル」が疲弊しているとの見方を示した。ワグネルは、今月までのウクライナ東部ドネツク州ソレダルの制圧戦で、中心を担…
カテゴリー:

【ロシア国内】傭兵会社ワグネルの共同墓地、急速に拡大 衛星画像で判明 - 01月28日(土)11:09  newsplus

ロシア国内にある村の近郊を捉えた衛星画像から、民間軍事会社ワグネルの傭(よう)兵を埋葬した共同墓地が急拡大していることが明らかになった。 ワグネルはウクライナでの戦争に深く関与している。 SNS上では昨年12月の段階で、ロシア南部クラスノダール地方のバキンスカヤ村近郊に出現した数列の墓の写真が出回り始めていた。 今年1月2日には、ワグネルの創設者エフゲニー・プリゴジン氏が現地を訪れ、墓のひとつに献花する様子も国営RIAノーボスチ通信で報じられた。 RIAノーボスチによると、プリゴジン氏は「...
»続きを読む
カテゴリー:

ウクライナ軍、ソレダル撤退認める ロシア軍「制圧」から10日余り - 01月25日(水)22:11  newsplus

 ロシアからの侵攻を受けるウクライナの東部軍の報道官は25日、激戦地だった東部ドネツク州のソレダルから撤退したことを認めた。同国の公共放送が伝えた。ロシア側が13日までに「制圧」を発表したが、ウクライナ側は「戦闘は継続中だ」としていた。  同放送によると、報道官は「軍の人員の命を守るためソレダルを離れ、事前に準備したラインにそって部隊を強化した」と述べた。  同州の交通の要所バフムートに近いソレダルの攻防では、ロシア側の主力となった民間軍事会社「ワグネル」のエフゲニー・プリゴジン氏が11日に「掌握...
»続きを読む
カテゴリー:

ウクライナ軍、ソレダル撤退認める ロシア軍「制圧」から10日余り - 01月25日(水)21:55 

 ロシアからの侵攻を受けるウクライナの東部軍の報道官は25日、激戦地だった東部ドネツク州のソレダルから撤退したことを認めた。同国の公共放送が伝えた。ロシア側が13日までに「制圧」を発表したが、ウクライ…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる