「センサー」とは?

関連ニュース

【企業】ソニー、新型センサーで怒とうの「業界初」3連発 - 01月23日(木)20:13  newsplus

イメージセンサーでトップシェアに位置するソニーグループが、新しい3種の同センサーを半導体素子の学会「65th International Electron Devices Meeting(2019 IEDM)」(2019年12月7~11日、サンフランシスコ)で発表した。いずれも「業界初」(同社)の技術を採用した、同社こん身の成果である。イメージセンサーなどを取り上げる「セッション16」の全7講演中、招待講演を含めてソニーグループが4件と過半を占めた。 暗所で高速オートフォーカス  3件の発表のうち、用途を明確にしているのが、暗所でのオートフォーカス性能を高...
»続きを読む
カテゴリー:

GM傘下の自動運転車メーカーのCruiseがハードウェア部門を強化 - 01月23日(木)15:15 

10カ月前、Cruise(クルーズ)は昨年末までに少なくとも1000人のエンジニアを雇うと宣言していた。72億5000万ドル(約7950億円)の軍資金を有する企業であっても、スタートアップや自動車メーカーや巨大ハイテク企業が人材の熾烈な争奪戦を繰り広げる業界においては、かなり挑戦的な目標だ。 当時、そしてその後もCruiseは誰を雇うのかは話してこなかった。Cruiseはソフトウェアのエンジニアを狙っていて、認知と判断と操作、シミュレーションとマッピングの専門家を雇い入れ、自動運転車の「頭脳」を作らせるつもりだとの憶測も飛んだ。それも確かに目的のひとつではあった。 GMの子会社であるCruiseは、ソフトバンク・ビジョン・ファンド、自動車メーカーのホンダ、T. Rowe Price(ティー・ロウ・プライス・アソシエイツ)の支援も受け、現在、1700名の従業員を擁している。そのうち、ソフトウェアエンジニアはかなりの部分を占めている。 Cruiseは、この18カ月間、あまり知られていない活動に着手していた。大規模なハードウェアエンジニアのための部門の設立だ。うまくいけば、ビル1棟を割り当てるほどの規模になる計画だ。現在、その努力の最初の結果は、サンフランシスコのブライアント通りにあるCruiseの社屋地下の拡大を続ける研究室であくせく働いている。 もしCruiseの計画が思い通りに進め...more
カテゴリー:

TechShare, DOBOT Magician用FAコントローラ販売開始のお知らせ - 01月23日(木)12:00 

TechShare株式会社(本社:東京都、資本金:2000万円、代表取締役:重光貴明、以下「TechShare」)は、正規代理店として販売するDOBOT Magician用のFAユーザ向けコントローラCompact FA Control Baseの販売を2020年1月21日付で開始したことをお知らせいたします。今回、TechShareで販売を開始したCompact FA Control Baseは、Raspberry PiまたはTinker Board (Linuxシングルボードコンピュータ)によるロボットアーム制御とロボットビジョン画像処理、Arduinoベースのシーケンス制御やFA周辺機器との通信を1台のコンパクトなコントローラに組み込んだ自社開発のDOBOT Magician用のコントローラ製品です。TechShare株式会社 代表取締役 重光貴明は、以下の通り述べています。「DOBOT Magicianは、教育用に設計された小型のロボットアームであるが、その手軽な価格帯と教育用ロボットアームとしては高い耐久性から、日本ではFA分野での利用が非常に多いロボットアームです。これらのFAユーザの環境では、通常、PLCなどで工場のラインに設置されたセンサーやFA機器を制御していることが多いが、これからの環境とスムーズに連携し、手軽に使えるコントローラの要望する声は、多くのユーザから...more
カテゴリー:

空中にヴァーチャル・タッチスクリーンが出現! ポケットサイズのセンサー「GLAMOS」 - 01月23日(木)11:00 

スマホやパソコンの操作や、プレゼンでのスクリーンの操作が遠隔ハンズフリーで行えれば最高だ。Kickstarterに登場した「GLAMOS」は、そんな世界を現実にする。 キューブ型、手乗りサイズのこのセンサーデバイスを、ポケットから出してその場に設置。すると、たちまちヴァーチャル・タッチスクリーンが現れる。空中でスワイプすると画面に反映されて、だれもがスーパーパワーを得られそうだ。 ・特許出願中のLiDAR技術を採用 「GLAMOS」はLiDAR技術を用いたセンシングと距離計算により、デバイス上方180°をヴァーチャル・タッチスクリーン化する。 ユーザーはそこに平面があると仮定して、スワイプしたりクリックしたりが可能だ。iOSやMac、WindowsやLinuxのデバイスに接続して、手を振りかざすことで割り当てられた操作ができる。 壁やホワイトボード、パソコンのモニタなんかにもセットできて、なんでもタッチスクリーンにしてしまえるだろう。 ・ポケットに入れて持ち歩ける 3.7 x 3.4cmとミニサイズなので、ポケットに入れて持ち歩ける。ユースケースとしては、コントローラーなしでゲームを楽しんだり、調理中にモニタに手を触れることなくiPadのレシピをめくったり……などさまざま。音声操作よりも生活を便利にしてくれるだろう。 40Hz(1秒間に40回)でセンシングデータを更新しており、遅延...more
カテゴリー:

第10世代インテルプロセッサー搭載の高性能モデルがVAIO SX12・VAIO SX14シリーズで発売 - 01月23日(木)09:18 

2020年1月23日 VAIO株式会社 最新 第10世代インテル®プロセッサー搭載の高性能モデルが 個人向けモバイルPC VAIO SX12・VAIO SX14シリーズにて発売 VAIO株式会社(本社:長野県安曇野市 代表取締役社長:山本 知弘 以下VAIO)は、第10世代インテル® Core™ プロセッサー Uプロセッサーラインを搭載し、最大限にその実力を引き出した高性能モデルを、個人向けモバイルPC「VAIO® SX12」「VAIO® SX14」2シリーズにおいて発売いたします。顔認証対応をはじめとするセキュリティソリューションの拡充やプレミアムエディションとして「ALL BLACK EDTION」、「RED EDITION」の同時発売など、性能面にとどまらず、機能・デザイン面においても、VAIOの追求する快の実現に向けて様々な点で進化を遂げています。 <前モデルからの最大の進化点:モバイルの限界を超えるハイパフォーマンス> 1. PC作業がもっと速く快適に!最大約40%の性能向上を実現 VAIO SX12・VAIO SX14は、いずれもモバイルワークを次のステージへ進めることを目指して2019年に発表した製品で、VAIO PCのラインアップの中核を担っています。同2シリーズには、PC作業をより速く快適に行えるように、VAIOが長年培ってきたノウハウとテクノ...more
カテゴリー:

【画像】お前ら「安くて必要十分で小さいスマホが欲しい」 楽天「ほーん、こういうのでええんか?」 - 01月23日(木)15:56  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/si2.gif 楽天モバイルは1月23日、「無料サポータープログラム」の2次募集開始に合わせて、オリジナルスマートフォン「Rakuten Mini」を一部の楽天モバイルショップで発売した。 価格は2万1800円(税込み)だ。 主な特徴 Rakuten Miniは、おサイフケータイ(モバイルFeliCa)を搭載するスマートフォンとして、世界最小かつ世界最軽量(2019年7月現在、楽天モバイル調べ)であることが特徴。 ボディーサイズは約53.4(幅)×106.2(高さ)×8.6(厚さ)mmで、重量は約79gだ。 端末こそ楽天モバ...
»続きを読む
カテゴリー:

感度10倍!阪大、薄膜シート型フレキシブル磁気セ.. - 01月23日(木)12:47 

感度10倍!阪大、薄膜シート型フレキシブル磁気センサー開発 薄さ1.5μmのフィルム上に素子集積
カテゴリー:

「RED EDITION」モデルがVAIO SX12・VAIO SX14シリーズにて数量限定で復活 - 01月23日(木)11:50 

2020年1月23日 VAIO株式会社 VAIO理想の「赤」で染め上げた「RED EDITION」モデルが 個人向けモバイルPC VAIO SX12・VAIO SX14シリーズにて数量限定で復活 VAIO株式会社(本社:長野県安曇野市 代表取締役社長:山本 知弘 以下VAIO)は、2018年夏に数量限定で発売し大好評を博した、VAIO理想の「赤」を表現するプレミアムエディション「RED EDITION」を個人向けモバイルPC「VAIO® SX12」「VAIO® SX14」2シリーズの同日発表した最新モデルにおいて復活、数量限定で発売いたします。今回発売するRED EDITIONモデル(以下 VAIO SX12・SX14 | RED EDITION)ではキートップの刻印まで黒く染め上げた「隠し刻印キーボード(日本語/英字)」が2年越しの開発を経て選択可能となり、レッドとブラックのツートーンが生み出すより鮮烈で印象的なコントラストにより、その世界観を存分にご堪能いただけます。 <「RED EDITION」復活の経緯> 1. プレミアムエディションで最高クラスのPCを持つ喜びを VAIOでは、兼ねてより“テクノロジーとデザインの掛け算“により、強さや信頼性、使い勝手の良さにつながる美しさ、すなわち本質的な「機能美」を追求しています。特にモバイルクラス最高パフォーマンス...more
カテゴリー:

世界のハイスピードカメラ市場:2027年に5億5,036万米ドル規模に達する見込み(The Insight Partners発行レポートより) - 01月23日(木)11:00 

2020年01月22日株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ハイスピードカメラの世界市場:コンポーネント、解像度、フレームレート、用途別 - 2027年までの予測」 (The Insight Partners発行) の販売を1月22日より開始いたしました。世界のハイスピードカメラ市場は、2018年に3億256万米ドル規模に到達し、2019年から2027年の間に7.26%のCAGRで成長する見通しです。2027年には5億5,036万米ドル規模に達すると予測されています。ハイスピードカメラは、スローモーションビデオの撮影に使用されています。カメラのバーストモードで撮影された何千もの画像をまとめ、スムーズな動画に編集されます。事象をスローモーションで分析し、肉眼ではわからない影響を切り出すことを目的に使用されています。ハイスピードセンサー技術の進歩により、ハイスピードカメラの作成が可能になりました。より実質的な解像度により、ノイズの少ない鮮明な画像の実現が可能になり、これまでユーザーが見ることのできなかった部分も捉えられるようになりました。ハイスピードカメラを使用すると、肉眼で見るには速すぎる事象でも把握でき、分析が可能です。1989年以来、顧客の要求に応えるため、ハイスピードカメラにとっていくつかの重要なアプリケーションとともに、ハイスピードデジタルイメージングテク...more
カテゴリー:

GMとホンダが協業開発した配車サービス用電動無人運転車が登場 - 01月23日(木)09:00 

Cruise(クルーズ)は米国時間1月21日の夕方に、「量産準備が整った」無人運転車「Origin」を発表した。これは親会社のGMと投資家としてのホンダが、配車サービスに向けて何年もかけて協業してきた製品だ。 Cruiseのトレードマークであるオレンジ色と黒色で彩られた、シャトルのような形状の車両には、ハンドルやペダルがなく、高速道路を走行可能な速度で巡航できるように設計されている。インテリアは、旅行者たちが列車の中で見ることができるような、広々とした対面シートになっている。CTOで共同創業者のKyle Vogt(カイル・ヴォート)氏は、プレゼンテーションの中で、各座席には個人のニーズに応えるために専用USBポートが搭載されていると述べた。またおそらく旅行者に乗車情報を提供するために、頭上にディスプレイが備えられている。 ドアは蝶番で外向きに開くわけではないとヴォート氏は付け加えた。「ドアはスライド式なので、自転車に乗る人にとってより安全なのです」と彼は語った。 派手な外見はさておきこのOriginは、Cruiseが持つ、大規模な自動配車サービスを展開する力と意図を示すことを目的としている。重要な問いかけである、何が、いつ、そしてどのようにそれが行われるのかに対しては、まだ答えは示されていない。 CEOのDan Ammann(ダン・アンマン)氏は、この車両はコンセプトではなく、同...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「センサー」の画像

もっと見る

「センサー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる