「センサー」とは?

関連ニュース

パナ顔認証など3事業統合 一体運営で法人向け強化 - 07月03日(金)05:00 

パナソニックは2日、顔認証とセンサー、監視カメラの3事業を統合し、新たな組織を1日付で設立したと発表した。これまで別々に行っていた開発や営業活動などを一体的に進…
カテゴリー:

【時代はクラウド】毎日新聞「5Gで世界をリードする中国様!米国一強のクラウド市場を切り崩す!」 - 07月02日(木)21:39  news

“5Gで先行”中国が次に狙う米国の牙城「クラウド」 7/2(木) 9:30 毎日新聞  5G(第5世代移動通信システム)で世界をリードする中国が次に狙うのは、現在は米国が圧倒的に強い「クラウド」分野だ。ジャーナリストの高口康太氏がリポートします。【週刊エコノミスト編集部】  ◇米国が恐れるファーウェイ  米商務省は5月15日、中国通信機器・端末大手ファーウェイへの制裁強化案を発表した。1年前の制裁では、米企業による製品やサービスの供与を禁じ、第三国企業であっても一定以上の比率で米国由来の技術が含まれた製品は供与...
»続きを読む
カテゴリー:

クアナジー、業界有数のジェネテック製セキュリティー・センター・プラットフォームで初のAI活用型3D LiDAR搭載を商業レベルで達成 - 07月02日(木)18:23 

米カリフォルニア州サニーベール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- LiDAR(光検出・測距)センサーおよびスマート認知ソリューションを提供する一流企業のクアナジー・システムズは本日、3D AI活用型LiDARソリューションを初めて、ジェネテックの統合セキュリティープラットフォームであるセキュリティー・センター(Security Center)に商業レベルで搭載したと発表しました。この統合ソリューションは、スマートスペースにおける人流と占有度についての高度な管理機能を提供するほか、高セキュリティー環境で脅威検出と監視を強化します。 クアナジーの高性能なAI活用型3D LiDARソリューションを、ジェネテックの統合セキュリティープラットフォームに組み込むことで、制限付きセキュリティーエリア(Restricted Security Area)、乗客移動分析(Passenger Flow Analytics)、占有度管理(Occupancy Management)のパッケージを含め、、セキュリティー・センターの複数の専用モジュールで使用できるようにし、セキュリティー
カテゴリー:

中古車検索サイト「CarMe中古車」 自動車専門ジャーナリストによるレビューを追加 お気に入りや閲覧履歴機能も実装し、より車を探しやすいサイトへ - 07月02日(木)18:00 

株式会社ファブリカコミュニケーションズ(愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:谷口政人)が運営する、中古車検索サイト「CarMe中古車( https://car-me.jp/usedcars )」は自動車専門ジャーナリストによる評価および新規機能を追加いたしましたのでお知らせいたします。2020年6月のアップデート内容・自動車専門ジャーナリストによる評価・レビューを追加・お気に入り機能の実装・閲覧履歴に対応自動車専門ジャーナリストによる評価・レビューを追加CarMe中古車の母体である、新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe(https://car-me.jp/)」で連携している自動車専門ジャーナリストによる車種評価を特定の15車種に追加いたしました。車という高価な購入のお買い物でどの車種を選べばいいか悩むユーザーに向けて、プロの視点でその車種の魅力や選ぶポイントについて解説しています。近年、匿名のいたずら口コミやサクラなど評価を信用できない口コミが多くある中で、より安心して車を選ぶ検討材料にしていただきたいと言う想いからこのような評価コンテンツの追加に至りました。今後は、よりユーザーへの中古車選びのお役に立てるよう、対応車種を増加させていく予定です。評価・レビューを追加したページ一例・アウトランダーPHEV(三菱):https://car-me.jp/usedcars/li...more
カテゴリー:

ゲーセンで「フェラチオの達人」っていうゲームがあったら人気出そうだよな - 07月02日(木)16:47  news4vip

センサー付きのディルドをフェラしてスコア稼いでいくゲーム どうかな? ...
»続きを読む
カテゴリー:

伊万里ナシ出荷始まる - 07月02日(木)22:31 

伊万里市で2日、名産のナシの出荷が始まった。爽やかな甘さが特徴の幸水(こうすい)を皮切りに、豊水(ほうすい)、あきづき、新高(にいたか)と品種を変えながら11月まで出荷される。 大川町のJA選果場では、生産者らが作業の安全と高値での販売を祈願し、選別作業に入った。コンテナで搬入されたナシを1個ずつ機械にかけ、目視でのチェックと光センサーによる糖度の測定を行い、箱詰めした。初日は南波多町の選果場と合わせて5トンを全国の市場に出荷した。
カテゴリー:

「縄跳び」はここまで進化していた! - 07月02日(木)19:00 

「縄跳び」を手放して随分と久しいが、まさかこんなにも進化していたとは……。「Smart Rope PURE」は、高性能センサーを内蔵。回数や消費カロリーを計測し、スマホで確認して効果的な有酸素運動を実行できる。従来のように小学生が使うようなものではなく、完全に“おとなのためのトレーニングデバイス”だ。センサー内蔵でもトレーニングに支障はない。特徴的な45度のロープハウジング、ボールベアリング、軽量で弾力性のあるロープの組み合わせにより、スムーズで自然な動きを実現しているという。アプリに接続すれば、インターバルトレーニングや友人との競争もできる。なるほど、モチベーションの維持もしっかりとケアされているようだ。バッテリー寿命も申し分なく、2時間の充電で45時間の連続動作が可能。1日1時間のトレーニングで約1ヵ月半もバッテリーがもつことになる。人気のあまり品薄となっていたが、このたび再入荷。購入はこちらのページから。7500円(税別)。進化した縄跳びで、ステイホームでなまってしまった身体を効率よく鍛えよう。Top image: © 株式会社Gloture
カテゴリー:

スミス・ディテクションがパスセンサーズの買収契約を締結し、生物学的検出能力を拡大 - 07月02日(木)18:02 

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 検出・スクリーニング技術の世界的リーダー企業のスミス・ディテクションは本日、パスセンサーズを買収する契約を締結したと発表しました。パスセンサーズは、バイオテクノロジー・ソリューションと環境試験の一流企業であり、米国メリーランド州ボルチモアを拠点としています。この買収により、スミス・ディテクションのCBRNE脅威(化学・生物・放射線・核・爆発物)検出能力が高まり、新登場の脅威に迅速に対応できるようになります。 パスセンサーズは高速・高感度の病原体・バイオ脅威検出ソリューションを提供しており、生物学的脅威を数分で識別できる現場展開可能な確実な手法を豊富に開発済みです。同社の顧客層は化学的脅威検出の分野でのスミス・ディテクションの顧客層と重なりが多く、また最終用途市場を食品・農産物の安全性など隣接セキュリティー市場に拡大しています。 パスセンサーズは既に複数のアッセイ製品を提供しており(スピードと感度のデータは独立に検証済み)、それは同社の今後の可能性を発展させる機会を提供します。今回の取引により、スミス・ディテクショ
カテゴリー:

【便利】手話をリアルタイムで音声に変換するスマート手袋が開発される! - 07月02日(木)17:00 

Credit:UCLA point アメリカ手話を瞬時に音声翻訳する手袋が開発される 手や指の動きを感知し、対応するアルファベットや言葉を音声として発信してくれる 現在、660のジャスチャーを認識可能 翻訳システムの進歩は、様々な言語を瞬時に翻訳可能にしています。翻訳形態も多様であり、文章だけでなく音声の翻訳も一般的になりました。 そして翻訳可能言語には「手話」までも含まれるようになってきています。 最近、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の生物工学者ジュン・チェン助教らによって、アメリカ手話を英語音声に翻訳できる手袋が開発されました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); スマート手袋は指や手の動きから手話言語を読み取ることが可能であり、アプリを通して音声に変換されます。 手話翻訳の難しさ 手話の自動翻訳は、他の自動翻訳に比べて開発が遅れています。 なぜなら、手話は指だけでなく手のひらや腕全体の動きを使って表現されるものだからです。 指だけで1つの「アルファベット」を表現し、それらを繋げて言葉にできますが、大抵の場合は、1つの「動作」によって1つの「言葉」を表現します。 例えば、アメリカ手話では「すぼめた指を口元に持ってくる」動作が「食べる」という言葉を表わすのです。 ...more
カテゴリー:

BMWが車のオプション機能をサブスクで提供開始へ、中古車も対応 - 07月02日(木)14:15 

米国時間7月1日、BMW(ビーエムダブリュー)は、仮想現実記者発表会を開き、一連の車載ソフトウェア体験の更新を公開し、ミュンヘン市内の仮想ドライブを通じて、そのいくつかの機能が紹介された。これらの機能は、Operating System 7(オペレーティングシステム・セブン)搭載のBMWの最新型車種に対応するもので、今年後半から提供される。なお、新車にはあらかじめ組み込まれる。 同社は、自動車情報システムの更新を可能にしただけではなく、現代の自動車に欠かせないさまざまなコンピューターシステムの、プログラムの各行の書き換えもバーチャルでできるようにした。これにより、以前から話題になっていたBMWのいくつかの新機能の市場投入がやっと実現する。 なかでも注目すべきは、特定のハードウェア機能のサブスクリプションを可能にするプログラムの更新だろう。たとえばシートのヒーターや高度な運転支援システムなど、BMW車に最初から備わっていながら、購入した時点では使えない状態にしているものもある。 BMWはずいぶん前からこの話をしていたのだが、ようやく現実化したわけだ。例えば新しいBMWを買ったとき、ハンドルやシートを温めるオプションを付けなかったとしても、3カ月間の無料お試しが可能になる。気に入れば、一定期間この機能をサブスクリプションとして購入することができるようになる。 画像クレジット:BMW 「...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「センサー」の画像

もっと見る

「センサー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる