「セルフサービスリペア」とは?

関連ニュース

持続可能性の高い携帯電話「Fairphone」、6年前の機種でAndroid 10へのアップデートを実現 - 11月26日(金)09:00 

オランダのソーシャル企業であるFairphone(フェアフォン)は、ユーザーがハードウェアをより長く使えるように、自分でパーツを交換して修理可能な設計にするなど、家電製品を(より)持続可能で倫理的なものにすることを目指している。同社は今回、6年前に発売された「Fairphone 2」で、Android 10へのアップデートを実施すると発表した。 2015年に発売されたFairphone 2は、当時Android 5が搭載されていた。このモジュール式携帯電話を今でも使っている人は、2022年初頭にAndroid 10(2019年リリース)へとアップグレードできるようになるという。これに先駆け、Fairphoneは米国時間11月23日、このアップグレードのベータテストを開始した。 Fairphoneは、2018年にFairphone 2の製造を終了(サポートは継続)した後、2019年に「Fairphone 3」、2020年に「Fairphone 3+」(3にモジュール式アップグレードを施して3+にすることも可能)をリリース。そして2021年の秋口には、同社初の5G端末である「Fairphone 4」を発売した。同社では、このFairphone 4のサポートを、少なくとも2025年まで続けるとしている。 Fairphone 2のAndroid 10へのアップデートが2022年に行われるこ...more
カテゴリー:

iPhoneが自分で修理できる!? Appleが許容プログラム発表も、実施にはデメリット・法的問題も - 11月21日(日)09:30 

【生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】アメリカのアップルが11月17日(現地時間)に、ユーザーが自分でアップル製品を修理するための修理用ツールを提供する「セルフサービス・リペア・プログラム」を発表した。まずはアメリカ国内で2022年の初頭から始め、他国にも順次拡大して...
カテゴリー:

アップルの「iPhoneを自分で修理」プログラム、日本上陸は望み薄か - 11月18日(木)13:14 

iPhoneなどの純正パーツやツールを取り寄せ、ユーザーが自分で修理できる「セルフサービスリペア」プログラムを米Appleが発表しました。しかし、法律面などで日本でのサービス開始は難しいとみられ、ぬか喜びは禁物です。
カテゴリー:

アップルのiPhone、自分で修理が可能に まずは米国で部品販売 - 11月18日(木)12:00 

米アップルは17日、スマートフォン「iPhone」など同社製品の交換用部品をユーザーが購入して自分で修理できる新プログラム「セルフサービスリペア」を、来年初めからまず米国で開始すると発表した。アップルなどのメーカーに対しては、世界中の規制当局や消費者から、修理に関する制限緩和を求める圧力が強まっていた。 アップルの新プログラムでは、ユーザーが同社の公式サイトに掲載された修理マニュアルに従って、...
カテゴリー:

Apple「セルフサービスリペア」プログラム発表、純正部品を使って"自分で修理" - 11月18日(木)05:31 

Appleが「セルフサービスリペア」プログラムを発表した。利用者などがAppleデバイスを修理できるように純正部品、ツール、修理マニュアルを提供する。2022年初めに米国において、iPhone 12とiPhone 13のラインナップを対象に提供を開始する。
カテゴリー:

Apple、iPhone修理用部品のユーザーへの直接販売はしない方針と判明 - 11月24日(水)13:31 

Apple、iPhone修理用部品のユーザーへの直接販売はしない方針と判明Appleが発表した、ユーザーがiPhoneなどを修理できるよう部品を供給する「セルフサービス・リペア・プログラム」向けの修理用部品は、Appleによる直接販売ではなくサードパーティー企業が担当することがわかった、と米メディアMacRumorsが報じています。 修理用部品はApple直接販売ではなくサードパーティー企業が担当 A...
カテゴリー:

iPhoneが自分で修理できる!? Appleが許容プログ.. - 11月21日(日)08:08 

iPhoneが自分で修理できる!? Appleが許容プログラム発表も、実施にはデメリット・法的問題も #Apple #iPhone #iPhone修理 #セルフサービス・リペア・プログラム #画面割れ
カテゴリー:

アップル、「セルフサービス修理」プログラム発表。iPhoneやMacの修理部品やマニュアルをユーザーに提供 - 11月18日(木)12:30 

アップルは17日(米現地時間)、ユーザーに部品や専用ツールを提供して自ら修理できるようにする「セルフサービスリペア」プログラムを発表しました。
カテゴリー:

【スマホ】iPhone、自分で電池交換可能に 「修理する権利」配慮 - 11月18日(木)11:53  bizplus

米アップルがスマートフォン「iPhone」などの製品で、消費者が自分で修理したり電池を交換したりすることを容認する。2022年初めに米国で部品や工具の販売を始め、各地に広げると17日に発表した。米バイデン政権がスマホなどの「修理する権利」を製造企業以外に広げることを求めるなか、方針転換に踏み切った。 新サービス「セルフ・サービス・リペア」を始める。22年初めに米国で開始し、まず「iPhone12」「同13」を対象とする。一定の修理や部品交換の技能を持っている消費者による利用を想定し、新設するウェブサイトから電池やディ...
»続きを読む
カテゴリー:

アップル、交換部品の販売を来年開始-ユーザー自身で修理可能に。まるで昔ながらのAppleだ - 11月18日(木)04:33  news

(ブルームバーグ): 米アップルは交換部品やツールの販売を開始し、ユーザー自身の手で製品の修理を可能にする。修理の権利を特定業者に限定していた長年の方針を転換する。 同社が17日発表した「セルフサービス・リペア」プログラムは、当初は「iPhone(アイフォーン)12」および「13」のディスプレーやバッテリー、カメラの修理が対象。その後、自社設計チップ「M1」を搭載した「Mac(マック)」も修理可能になる。同プログラムはまず米国で来年序盤に開始し、2022年を通じてその他の国にも拡大するとしている。 アッ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる