「セブ島」とは?

関連ニュース

基隆市の正浜埠頭、カラフルな塗装による再生プロジェクトが海外で受賞 - 11月07日(木)00:00 

「2019年国際造園家連盟景観大賞」の授賞式が8日にフィリピンのセブ島で行われる。今年は台湾北部の基隆市が「正浜漁港懐旧碼頭色彩計画」(正浜漁港のノスタルジックな埠頭カラーリングプロジェクト)が「コミュニティ建設卓越賞」を受賞しており、同市の関係者が式典に出席することになっている。   基隆市では懐かしい埠頭の再生プロジェクトをめぐり、2016年より開かれた話し合いの場を何度も設けてきた。地元での活動から、住民の再生計画に対するビジョンや考えを集約しようとしたためである。これを受けて住民たちも徐々に想像力を働かせ、いろいろな可能性について考えるようになり、その過程でアーティストたちも住民たちの輪に加わり、正浜地区の改善に向けて自発的に団体を組織するまでになった。   基隆市の都市発展処は一連のカラーリング計画の範囲を段階的に拡大していった。まず2016年には「和平橋色彩塗装計画」を推進、同市と市民が協力し、地元の人たちによって和平橋の色は金色にすることが決まった。今では多くの写真愛好家が何度も訪れては写真撮影を行う場所となっている。   「ノスタルジックな埠頭カラーリングプロジェクト」は中国文化大学(台湾北部・台北市など)景観学科の学科主任で研究科の代表も兼務する郭瓊瑩女史が建築士、地元のNGO並びに住民と共に推進、ワークショップ形式で地元での共通認識...more
カテゴリー:

2020年新卒内定式を開催いたしました 今年度は事業拡大に伴い、通年で150名の新入社員を採用予定 - 10月25日(金)11:00 

WEB事業や人材事業、海外医療事業等を行う株式会社 DYM(読み:ディーワイエム、本社:東京都品川区、代表取締役社長:水谷佑毅)は、2019年10月1日に当社五反田セミナールームにて2020年新卒入社内定式を開催致しました。■個性豊かでパワーのある新卒10期生当社は、昨年度は111名の新卒を採用しましたが、今期は事業拡大に伴い、150名の新入社員を採用予定です。当社には新入社員の入社を歓迎する文化が有ります。内定式では、全国の内定承諾者105名(10月1日時点)が当社の東京五反田セミナールームに集結し、当社の代表である水谷や取締役、執行役員からの祝辞をはじめ、内定者代表挨拶や内定者全員による自己紹介等が行われ、大いに盛り上がりました。■新卒採用のインフォメーション当社は、20卒採用では総合職・準総合職・一般職合計150名の募集をしています。新卒の受け入れは、社長室を含む当社の全事業部です。当社では入社年度などに関係なく、優秀な実績を修めた社員に事業責任者を任せる『バッテキ人事制度』を導入しています。過去の実例として、新卒2年目から新規事業の責任者を担っている社員や、今後注力予定の海外医療事業のメンバーとして入社から2ヶ月後に早速海外出張に赴き現地でビジネスを行っている社員など、大きな仕事を任せられる若手も多くみられます。社員のやる気の底上げにも繋がるほか、常に経営に若い人間を入れる...more
カテゴリー:

「セブ島」の画像

もっと見る

「セブ島」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる