「セキュリティ対策」とは?

関連ニュース

金融以外の業種ではセキュリティ対策が進んでいない―トレンドマイクロ調べ | IT Leaders - 10月15日(火)19:14 

トレンドマイクロは2019年10月15日、セキュリティインシデント(事故)の被害とセキュリティ対策の実態を明らかにする調査「法人組織におけるセキュリティ実態調査 2019年版」の結果を公表した。国内法人組織の約4割が2018年4月~2019年3月の1年間にセキュリティ事故に起因した重大な被害を経験している。また、金融以外の業種では、セキュリティ対策が進んでいない。
カテゴリー:

セキュリティインシデントによる被害とセキュリティ対策の実態 - 10月15日(火)17:52 

トレンドマイクロは、セキュリティインシデントによる被害とセキュリティ対策の実態を明らかにする調査「法人組織におけるセキュリティ実態調査 2019年版」の結果を発表した。
カテゴリー:

台風19号で災害無料Wi-Fi「00000JAPAN」開放 使用時はセキュリティに注意 - 10月13日(日)13:21 

「00000JAPAN」は緊急時の利便性を優先するネットワークのため、通信の暗号化等のセキュリティ対策が講じられていない。View Entire Post ›
カテゴリー:

富士通SSL、IoT機器のセキュリティ対策をトータルに支援 - 10月11日(金)16:23 

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は10月10日、IoT機器へのセキュリティ対策をトータルに支援する「IoTセキュリティサービス」を提供開始した。
カテゴリー:

「Pangolin」はルーターやIoTデバイスをまとめて保護!サブスクリプション料金なしで常に最新の脅威をチェックしてくれる - 10月10日(木)18:00 

セキュリティカメラやエネルギーマネジメントシステムなどのIoTデバイスを、普段何気なく使っているのではないだろうか。これらは生活を便利にしてくれる反面、パソコンやスマホ、企業内のサーバーなんかに比べてセキュリティが甘いことが知られている。 IoTデバイスを狙ったサイバー攻撃は急増していて、知らないうちにDDoS攻撃の踏み台にされていたり、データが漏洩していたりといったことが起こりうる。 早めの対策に越したことはないが、毎日通信内容をキャプチャして確認……なんてことはしなくてもいい。Kickstarterに登場した「Pangolin」などを活用すれば、利便性を損なわずにセキュリティ対策ができそうだ。 ・ネットワーク内のパケットを常に分析して保護してくれる Pangolinは、ルーターにつなぐだけでIoTデバイス含めすべての通信内容をチェックしてくれる。 パケットを常に監視しておいてくれて、マルウェア/フィッシングサイトなどの最新パターンを用いて分析する。もしマルウェアなどが見つかれば即座に隔離して通知してくれるようだ。 不明なパターンが検知された場合は、データは一時的にクラウドに送信されてパターンファイルの強化に活用される。このとき送信データは高度に暗号化され、共有もされないため安心だ。 ・サブスクリプション料金不要で生涯サポート パケット監視によりネットの通信速度が落ちて快適性が損...more
カテゴリー:

YouTubeの規制基準があいまいすぎて教育目的のチャンネルが一部撤退を表明 - 10月15日(火)19:00 

YouTubeにセキュリティ対策講座やSTEM教育用のムービーを投稿していたセキュリティ研究者のコーディ・キンジー氏が、「YouTubeのポリシーの変更により、教育的なムービーが投稿できなくなった」として、YouTubeでの活動方法を見直すとの考えを表明しました。
カテゴリー:

デジタル変革によって増すセキュリティリスク、どう対処すべきか? - 10月15日(火)12:55 

経済産業省が「2025年の崖」を提唱するなど、日本は国を挙げて、デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいるが、DXによりセキュリティの脅威が増すのも事実だ。企業にとって、サイバー攻撃を受けるリスクが高まっても困る。デジタル時代にはどのようなセキュリティ対策を取るべきか。
カテゴリー:

日本のキャッシュレス決済はこんなに危険…政府主導の普及で詐欺被害拡大は必至 - 10月13日(日)07:30 

クレジットカードで買い物をする際にサインするのは日本だけです。セキュリティ対策のないなか、被害額が年間200億円にのぼるカード詐欺は増加中です。消費増税にともない、キャッシュレス決済をした購入者へポイントを還元するなど、消費拡大対策を実施しています。そのポイント還元策が終了後の2...
カテゴリー:

セキュリティの世界からファーウェイを排除すれば、「安全性の低下」という“代償”が待ち受ける? - 10月11日(金)09:00 

国際的なサイバーセキュリティ対策組織であるFIRSTが、米国によるファーウェイ(華為技術)への制裁に応じるかたちで同社のメンバー資格を停止した。これによって重要なセキュリティ情報がファーウェイに共有されなくなれば、同社製品のセキュリティが低下する危険性がある。同社製品が世界中で使われていることを考慮すれば、その影響は個人から企業、公的機関まで広い範囲に及ぶ可能性が出てきた。
カテゴリー:

〜情報セキュリティ・システム管理担当者必見〜 ECサイト・WEBサイト事業者が対策すべき「オンラインスキミング」 《カード情報漏洩事件から学ぶセキュリティ対策》 - 10月10日(木)11:00 

個人情報保護の推進事業を手がけている一般社団法人日本プライバシー認証機構【通称:JPAC】(事務局所在地:東京都千代田区、代表理事:星野克美/多摩大学名誉教授)は近年、頻発するカード情報漏えい事件に関するセキュリティ講座を開催します。【テーマ】ECサイト・WEBサイト事業者が対策すべき「オンラインスキミング」セミナー【開催日時】11月6日(水)14時〜16時【参加費】7,000円(税抜)【開催場所】JPACセミナールーム(水道橋)。 国内ではカード情報非保持化のECサイトからの情報漏洩事件が、去年の倍以上のペースで発生しています。 海外に目を向けると、ECサイトに対する悪意のあるJavaScript混入等の「オンラインスキミング」の被害が拡大しています。本セミナーでは、覆面セキュリティリサーチャー 「キタきつね 氏」を講師に招き、ECサイト事業者が対策すべきポイントについて詳細解説いたします。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「セキュリティ対策」の画像

もっと見る

「セキュリティ対策」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる