「セキュリティシステム」とは?

関連ニュース

AIによる不正ユーザ検知システム「Stena」開発のChillStackがディープコアから3000万円を調達 - 03月31日(火)11:36 

ChillStackは3月31日、同社初となる資金調達を発表した。ディープコアを引受先とする第三者割当増資で約3000万円を調達。調達した資金は、AIを用いたセキュリティシステムの開発・提供を加速させるほか、AI自身を守るセキュリティ事業の展開を開始する。 ディープコアは、AI関連事業への投資を中心進めるソフトバンクグループのベンチャーキャピタル。代表取締役社長は仁木勝雅氏、ファウンディングパートナー(共同設立者)は東京大学大学院教授の松尾 豊氏、起業顧問を孫 泰蔵氏が務めている。 ChillStackは、AIを利用した不正ユーザ検知システム「Stena」の開発・提供している、2018年11月創業のスタートアップ。研究者4名が創業した企業だ。Stenaは2019年7月にリリースされ、ゲームやウェブアプリなどの不正を検知するツールとして使われている。具体的には、ユーザーの通信ログや行動ログなどを基に、不正行為を行っているユーザを機械学習技術を用いて自動検知する。 2020年3月19日には、三井物産セキュアディレクションとAIの開発・提供・利用を安全に行うためのAIを守る技術に関する共同研究を開始している。
カテゴリー:

確認しておきたい仮想通貨取引所のセキュリティ体制、bitFlyerを含む注目の4社のご紹介 - 03月30日(月)19:03 

仮想通貨取引所のハッキング被害は国内でも発生しており、金融庁は業界団体(JBA、JCBA)と連携してサイバーセキュリティ体制の検証と監視を強化してきました。ハッキングリスクを低減するために仮想通貨取引所ではさまざまな対策を講じています。 2014年にサービスを開始した大手仮想通貨取引所bitFlyerは、顧客保護や強固なセキュリティ確保、及び財務安定性等の運営体制の整備に力を入れる中で、これまで一度もハッキング被害に遭っていません。Sqreen社の調査によると、世界140 の仮想通貨取引所の中でセキュリティNo.1の評価を獲得しています。 ここではbitFlyerのセキュリティ対策を詳しく解説するとともに、最新のサイバー攻撃への対策を実施している比較的新しい仮想通貨取引所についてもご紹介しきます。 目次 セキュリティNo.1評価の仮想通貨取引所「bitFlyer」 1-1. フィッシング攻撃を阻止するための施策 1-2. 顧客の資産を保護するための施策 1-3. ウイルスチェックや万が一の場合の補償 最新のセキュリティ対策を設定する仮想通貨取引所 2-1. 資産管理に最先端セキュリティ技術WAFを導入したTaotao 2-2. 独自のハードウェアウォレットを提供するSBI VCトレード 2-3. セキュリティ国内最高ランクのLiquid by Quoine まとめ ①セキュリテ...more
カテゴリー:

ユーブロックス、産業用アプリケーション向けセルラー・モジュールで日本市場の認定を取得 IoTをエンドツーエンドで保護するSARA-R410M-63B LTE-Mモジュール - 03月18日(水)09:00 

2020年3月17日、スイス、タルウィル - スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表 仲 哲周)は、本日、SARA-R410M-63Bモジュールが日本国内の移動通信事業者のLTE-Mセルラー・ネットワークで認定を取得したことを発表しました。このモジュール・シリーズは、スマート・メーター、テレマティクス、資産と車両の追跡、セキュリティ・システム、ビルディング・オートメーション、スマート照明ソリューション、コネクテッド医療など、幅広いIoTアプリケーションをサポートします。ユーブロックスのサービス/セキュリティ部門責任者であるEric Heiserは次のように述べています。「当社は常に、測位およびワイヤレス通信製品の設計においてセキュリティを考慮してきました。SARA-R410M-63Bにより、Kudelski社との提携のもと、鍵管理に関する同社の特許技術を活用してデバイス&データ・セキュリティを実装した当社初の商用モジュールを発売する運びとなりました。」組み込みのデバイス&データ・セキュリティSARA-R410M-63Bモジュールは、固有でかつ不変のRoT(Root Of Trust:信頼の基点)を含むため、ミッションクリティカルなIoTソリューションに最適です。これにより、信頼できる高度なセキュリティ機能の基盤を提供します。ユーブロック...more
カテゴリー:

“AIを守るセキュリティ”開発へ、研究者4人が創業したChillStackが3000万円を調達 - 03月31日(火)10:00 

AIを活用したセキュリティシステムの研究開発に取り組むChillStackは3月31日、DEEPCOREを引受先とする第三者割当増資により3000万円を調達したことを明らかにした。 ChillStackは2018年11月に代表取締役CEOの伊東道明氏ら4人の研究者が立ち上げたスタートアップだ。4人は法政大学在学中に同じ研究室でAIの研究を行なっていた仲間で、全員が国際学会で論文を発表した経験を持つ。 中でも代表の伊東氏は学生時代からAI×セキュリティ分野の研究に従事。国際学会での最優秀論文賞の受賞経験があり、その反響で様々な企業からセキュリティシステムに関する相談を受けることもあったそう。次第に「1つの会社に入ってシステムを作るのではなく、いろいろな会社に技術を提供したい」という思いが強くなり、ChillStackの創業を決めた。 AI活用でゲームやアプリの不正利用を自動検知 現在ChillStackでは大きく2つの事業を展開している。1つは「AI“で”守る」プロジェクトだ。Webアプリやゲームなどにおける不正利用をAIを用いて検知する取り組みで、昨年夏に「Stena」というプロダクトをローンチした。 Stenaは導入企業から提供されたログデータを基に、様々なデータからチートやBotなど大きな被害に繋がる不正行為を自動で検知する。過去の利用ログから正常な行...more
カテゴリー:

KATABAMI実装のセキュアIPカメラシステムがSIOTP協議会のセキュリティ実装有効性検証の第一弾に選定 - 03月26日(木)10:00 

                                        2020年3月26日                                        株式会社SYNCHRO KATABAMI実装のセキュアIPカメラシステムが SIOTP協議会のセキュリティ実装有効性検証の第一弾に選定    株式会社SYNCHRO(シンクロ/代表取締役:室木勝行)の「通信セキュリティシステム『KATABAMI(カタバミ)』を実装したセキュアIPカメラシステム」が、本年5月より一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP協議会)が実施するセキュリティ実装の有効性検証の第一弾に選定されました。    あらゆるものがインターネット等のネットワークに接続されるIoT(Internet of Things)の普及は社会を大きく変えようとしています。しかし、IoTは個人や企業の利便性を飛躍的に向上させるメリットがある一方、カメラやセンサー等のIoT機器は性能が限定されている、管理が行き届きにくい、ライフサイクルが長いなど、サイバー攻撃に狙われやすいデメリットも持っており、その対策が喫緊の課題となっています。    日本における静脈認証システムのパイオニアであるシンクロは、社会の安全と安心のニーズに応えるべく、高度な認証技術を核に製品の性能...more
カテゴリー:

「セキュリティシステム」の画像

もっと見る

「セキュリティシステム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる