「スマートニュース」とは?

関連ニュース

「上級国民」と叩かれた飯塚元院長を書類送検もネットに怒りの声 - 11月12日(火)11:34 

今年4月19日に東京・池袋で乗用車を暴走させ母娘2人が死亡したほか計12人が死傷した事故で警視庁は12日午前、車を運転していた旧通産省・工業技術院の飯塚幸三元院長(87)を自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で書類送検したとNHKニュース、共同通信、産経新聞など各メディアが報じた。飯塚元院長は、「容疑者」という呼称で報道されず「元院長」と表記されることなどから、ネット上では「上級国民」などと呼ばれ、現在も批判の対象になっている。 池袋暴走事故 飯塚元院長を書類送検 過失致死傷容疑https://t.co/cSxcHjuZdk →飯塚元院長は当初、「ブレーキをかけたが利かなかった。アクセルが戻らなかった」などと説明。しかし車の機能検査で異常は確認されず、その後、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性もある」と供述を変えた — 産経ニュース (@Sankei_news) November 12, 2019 【ニュース速報】 池袋暴走事故 飯塚元院長を書類送検 東京・池袋で車が暴走し母親と3歳の娘が死亡した事故で、警視庁は車を運転していた旧通産省・工業技術院の飯塚幸三元院長(88)のアクセルとブレーキの踏み間違えが原因だと断定し、飯塚元院長を過失運転致死傷の疑いで書類送検した。#AbemaNews — AbemaTVニュースch (@news_abematv) November...more
カテゴリー:

千鳥CM起用のスマートニュース「クーポンチャンネル」を生んだマーケティング手法 - 11月01日(金)15:00 

大悟「このクーポンチャンネル最近知ってよ」ノブ「あークーポンな」大悟「そう店ごとにズラーっと並んでんよ」ノブ「すごい量やな」大悟「そうそう便利やから毎日つこーとんのよ、貴様は?」ノブ「貴様?」2人「スマートニュース 今すぐダウンロード」 人気お笑いコンビ・...
カテゴリー:

【乞食速報】 マックのチキンナゲットが無料 - 10月31日(木)15:25  poverty

になるクーポン配布中 スマートニュースにて 吉野家は今日までです https://i.imgur.com/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

Webエンジニア採用で用いる「コードテスト」ができるまでの軌跡 - ログミーTech - 10月29日(火)10:26 

Webエンジニア採用で用いる「コードテスト」ができるまでの軌跡 - ログミーTechWebエンジニア採用で用いる「コードテスト」ができるまでの軌跡 QuipperのWebエンジニア採用におけるコードテスト 2018年11月26日、スマートニュース株式会社にて「"GO GLOBAL" meetup#1」が開催されました。海外の活動や海外のエンジニア文化に関心のあるエンジニアが集い交流を行うことを目的とした本コミュニティ...
カテゴリー:

プレイステーション、AI、そしてSmartNews――久夛良木健が語る、世界中で愛されるプロダクトを生み出す"妄想力" - スマQ(スマキュー)|スマートニュースの「はたらく」をみつける - 11月07日(木)18:22 

プレイステーション、AI、そしてSmartNews――久夛良木健が語る、世界中で愛されるプロダクトを生み出す"妄想力" - スマQ(スマキュー)|スマートニュースの「はたらく」をみつける2019年6月20日、スマートニュースの創業7周年パーティーで、同社社外取締役の久夛良木健(くたらぎ・けん)氏とCEOの鈴木健氏が対談しました。その様子を紹介します。 久夛良木氏は「プレイステーションの父」。ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)時代には、初代プレイステーションを開発し、家庭用ゲーム機...
カテゴリー:

「得られるものが明確だ」:日本の スマートニュース は、パブリッシャーにお金を払う - 11月01日(金)08:50 

日本のニュースアグリゲーションアプリのスマートニュース(SmartNews)は、「SmartView First(スマートビュー・ファースト)」プログラムにおいて、一部対象パブリッシャーへコンテンツ利用料を支払っている。同プログラムに参加している関係筋の話では、年額で数万ドル強から10万ドル単位にのぼるようだ。 The post 「得られるものが明確だ」:日本の スマートニュース は、パブリッシャーにお金を払う appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

スマートニュースメディア研究所「SmartNews Fellowship Program」の募集を開始 - 10月31日(木)11:00 

2019年10月31日 スマートニュース株式会社 スマートニュースメディア研究所、 地方紙・地方局の若手記者の海外取材を支援する 「SmartNews Fellowship Program」の募集を開始 スマートニュース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木 健、以下「当社」)のシンクタンク「スマートニュース メディア研究所」は本日、地方紙・地方局の記者のみなさまによる海外での取材活動・情報発信の支援を行う「SmartNews Fellowship Program」の募集を開始したことをお知らせいたします。 今回の「SmartNews Fellowship Program」では、地方紙・地方局に所属する記者、アナウンサー、カメラマンなどを対象に、2020年の大統領選で注目される米国の「地方」の「今」を取材し、伝える取り組みを支援します。 2014年10月の「SmartNews」米国版のリリースから5年。ウォールストリートジャーナルやブルームバーグでの長年のジャーナリスト経験を持つリッチ・ジャロスロフスキー(コンテンツ担当ヴァイス・プレジデント)のもと、ニューヨーク、サンフランシスコ、パロアルトに拠点を広げ、米国内でのユーザー数も増えてまいりました。一方で、都市部にいると見えにくい地方の貧困や情報格差の問題が深刻化し、いわゆる「分断」が進む状況を体験してい...more
カテゴリー:

「スマートニュース」の画像

もっと見る

「スマートニュース」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる