「スポーティー」とは?

関連ニュース

トヨタC―HR、スポーティーに  - 10月19日(土)10:30 

トヨタ自動車は18日、スポーツタイプ多目的車(SUV)「C―HR」を一部改良して発売した。スポーティーな外観に加え、スポーツドライブを楽しみたい客層に向けて「GRスポーツ」を新たに追加した。 空気を取り入れるエアインテークの位置やランプの変更などで、スタイリッシュなデザインに刷新。GRスポーツは、モータースポーツ活動を通じて得た知見や技術を市販モデルに生かしたスポーツカーシリーズ一つで、C-HRのラインナップを充実させた。
カテゴリー:

女子「男のスキニーパンツはキモい」←じゃあ何穿けばいいんだよ代案を示せ - 10月18日(金)17:58  poverty

第2位はスキニー! 女性ウケの悪い「男性のデニムの種類」ランキング! https://woman.mynavi.jp/article/160507-13/ ・「私より足細かったら萎える。」(27歳/電力・ガス・石油/営業職) ・「男のピチピチしたジーンズ姿を見たくない。目のやり場に困る。」(34歳/商社・卸/事務系専門職) ・「あまり細い足を魅力的だと思わないから。女の子っぽくて。」(25歳/食品・飲料/専門職) ・「股間にピタッとして、もりっとしてるのを見たくない。」(23歳/不動産/事務系専門職) ・「体型に合わないパツパツのスキニーを...
»続きを読む
カテゴリー:

【バイク】ヤマハは“人の幸せ”をテーマにさまざまなモビリティーや自立移動ビークルを出展 東京モーターショー2019 - 10月10日(木)20:42  newsplus

ヤマハ発動機は2019年10月10日、第46回東京モーターショー2019(開催期間:2019年10月23日~11月4日)の出展概要を発表した。 毎回、趣向を凝らしたユニークな仕掛けや出展内容でモーターショーを盛り上げているヤマハ。今回は「人はもっと幸せになれる ~ART for Human Possibilities?」というテーマのもと、モーターサイクルや電動コミューター、自律ソリューションビークルなど18モデルを出展するとしている。 主な出展モデルは以下の通り。 【ライドリンク コンセプト】(世界初公開) 周囲をセンシングしながら自動で移動す...
»続きを読む
カテゴリー:

【自動車】クルマは「FFよりFRが楽しい」「4WDは安定する」などというけど一般人が公道を走っても違いは感じられる?★6 - 10月06日(日)19:19  newsplus

■普段乗りで駆動方式の違いを感じることはあまりない  クルマの駆動方式というと、FF、FR、4WDが一般的で、その他、スポーツカーなど一部のクルマにMRやRRというレイアウトが用意されている。乗用車に限っていえば、大半がFFもしくはFFベースの4WDで、FRもかなり少数派となってしまった。  FFが主流になったのは、室内空間が広くとれて、生産効率もよく、車体の軽量化につながるといったメリットがあるからだが、基本的な特性はともかくとして、このFF、FR、4WDの3つを、クルマにさほど興味がない人が、一般道で乗り比べたときに、...
»続きを読む
カテゴリー:

愛車に傷が... カメラに一部始終  - 10月04日(金)19:31 

防犯カメラが、その犯行をとらえていた。  スポーティーな服を着て、車の横を通る人影。  手元をよく見てみると、車に近づいた瞬間、何かを握っているのがわかる。  愛媛・松山市で10月1日、仕事から帰宅し
カテゴリー:

【自動車】「トヨタC-HR」がマイナーチェンジ スポーティーな“GRスポーツ”シリーズが登場 - 10月18日(金)19:45  newsplus

トヨタ自動車は2019年10月18日、コンパクトSUV「C-HR」をマイナーチェンジし、販売を開始した。 ■デザイン変更に加えインフォテインメントシステムを刷新 今回のマイナーチェンジは、デザインの変更、装備の強化、ラインナップの拡充が図られた。 外観デザインでは、エアインテークを左右に広げてワイドスタンスを強調するとともに、「G」「G-T」のフロントフォグランプをエアインテーク上部に移動。「S」「S-T」のヘッドランプをパラボラ式LEDとした。その他のグレードでもランプ類の意匠が変更されており、上部に伸びるLEDクリア...
»続きを読む
カテゴリー:

火星探査機?! ヤマハがAIで走路を判断する4輪ビークルのコンセプト発表へ - 10月12日(土)08:00 

ヤマハ発動機は、10月24日に開幕する東京モーターショーに出展するモデルを発表した。 バイクや電動アシスト自転車、電動立ち乗りモビリティなど計18モデルで、その中でも異色を放っているのが、惑星の表面を探査するローバーのような形状の4輪ビークル「Land Link Concept」だ。 ・画像認識で走行 Land Link Conceptは今回、世界初公開となる。車高はそれほど高くなく、地を這うローバーといった外観だ。搭載するセンサーやAI画像認識で周囲に障害物がないか確認し、障害物がある場合はそれらを避けて走行することができる。 発表によると、それぞれに操舵・駆動可能な4つの車輪であらゆる方向に移動可能という。ユースケースなどは示されていないが、産業での調査や災害救助活動などのシーンで活用できるのかもしれない。 ・電動スクーター2種 そのほかのモデルは2輪が大多数を占め、中でも多くの消費者の注意をひきそうなのが電動スクーターの「E01」「E02」だ。これまで培ってきたスクーター技術にEVの技術を融合している。 E01はエンジン出力125cc相当で、スポーティーなデザインとなっている。都市間を快適に移動でき、急速充電にも対応する。一方のE02は50cc相当で、小回りがきく日常使い向けのコンパクトタイプだ。バッテリーは着脱式になっている。 二輪以外のものとしては、小型電動立ち乗り三輪車...more
カテゴリー:

【メガネ】ルノー・メガーヌR.Sトロフィーが登場。1.8Lターボで300馬力 - 10月09日(水)14:12  news

1.8リッターターボエンジンは最高出力300PSの大台に 「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」発売 ルノー・ジャポンは2019年10月9日、「メガーヌ ルノースポール(R.S.)トロフィー」を導入し、同年10月31日に発売すると発表した。 ルノー・メガーヌR.S.トロフィーは「メガーヌR.S.」のハイパフォーマンスバージョンだ。2019年2月に限定車として導入された「メガーヌR.S.カップ」よりもハードにチューニングされたエンジンを搭載し、カタログモデルとして販売される。 搭載される1.8リッター直4直噴ターボエンジンは、メガーヌR.S....
»続きを読む
カテゴリー:

カシオ2019年秋冬の時計新製品発表会・「EDIFICE」編 - 10月06日(日)18:14 

カシオ2019年秋冬・時計新製品発表会のテーマは「先進のテクノロジー、独創のCMFデザイン~Color.Material.Finish.」。スポーティーなイメージと先進的な機能を搭載するクロノグラフ「EDIFICE」の新製品は「風防」がポイントのひとつだ。
カテゴリー:

【自動車】クルマは「FFよりFRが楽しい」「4WDは安定する」などというけど一般人が公道を走っても違いは感じられる?★5 - 10月04日(金)19:29  newsplus

■普段乗りで駆動方式の違いを感じることはあまりない  クルマの駆動方式というと、FF、FR、4WDが一般的で、その他、スポーツカーなど一部のクルマにMRやRRというレイアウトが用意されている。乗用車に限っていえば、大半がFFもしくはFFベースの4WDで、FRもかなり少数派となってしまった。  FFが主流になったのは、室内空間が広くとれて、生産効率もよく、車体の軽量化につながるといったメリットがあるからだが、基本的な特性はともかくとして、このFF、FR、4WDの3つを、クルマにさほど興味がない人が、一般道で乗り比べたときに、...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「スポーティー」の画像

もっと見る

「スポーティー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる