「スタイリスト」とは?

関連ニュース

スタイルアップを狙うなら、ストンとしたシルエッ.. - 09月22日(水)19:45 

スタイルアップを狙うなら、ストンとしたシルエットが無難。 ワンピースで気をつけておくべきポイントをスタイリストが解説!
カテゴリー:

メンズスキンケアの素朴な疑問に、メンズ館1階コ.. - 09月22日(水)18:30 

メンズスキンケアの素朴な疑問に、メンズ館1階コスメティクスのスタイリストが1問1答!ケアアイテムを求めて来られるお客さまが増えている「スカルプケア(頭皮ケア)」について伺いました。
カテゴリー:

山崎まさよし「手こずりました」と語るデビュー25周年のメモリアルアルバム - 写真・山本嵩 取材、文・かわむらあみり | ananweb - マガジンハウス - 09月21日(火)20:00 

【音楽通信】第90回目に登場するのは、現在、デビュー25周年というアニバーサリイヤーを迎えている、シンガーソングライターの山崎まさよしさん!アーティストとしての原点は地元のライブハウス【音楽通信】vol. 901995年にデビューし、現在デビュー25周年というアニバーサリーイヤーを迎えている、シンガーソングライターの山崎まさよしさん。音楽活動はもちろんのこと、主演映画『月とキャベツ』(1997年公開)の主題歌「One more time, One more chance」がロングヒットし、近年も主演映画『影踏み』(2019年公開)で俳優としても活躍するなど、さまざまな顔をわたしたちに届けてくれています。そんな山崎さんが、2021年9月22日に、メモリアルとなるニューアルバム『STEREO 3』をリリースされるということで、音楽的なルーツなどを含めて、お話をうかがいました。――おさらいとして、まず山崎さんがデビューする前によく聴いていたアーティストから教えてください。たくさんいますが、基本的にはシンガーソングライターで、楽器を演奏する人の音楽をよく聴いていました。(イギリスのミュージシャン)エリック・クラプトンであったり、(アメリカのシンガーソングライター)スティーヴィー・ワンダーであったり。他にもギタリストの曲や洋楽を聴くことが多かったですね。でもやっぱりザ・ビートルズ、なかでもポ...more
カテゴリー:

成田凌「『ケンチャナヨ』で気持ちが通じ合った」 転機となった出会い | ananweb - マガジンハウス - 09月20日(月)19:10 

役者デビューして今年で8年目。悩んだ先にはいつも、出会いや発見という転機があったという成田凌さん。オファーが止まらない人気役者の新たなるターニングポイントとは!?何がなんでもこの仕事を続けると決めたのが、役者人生の第一歩。19歳で『MEN’SNON-NO』の専属モデルに選ばれた成田凌さん。翌年役者デビューをすると、以降、途切れることなくドラマや映画などに出演し、活躍を続けている。そんな成田さんには、ターニングポイントとして思い当たることが、いくつかあるという。「デビュー作のドラマはW主演を務めさせていただきました。いま思えば、そのありがたみもよくわかっていないし、撮影の段取りや流れもさっぱりわからないまま飛び込みました。それでも毎日、精一杯向き合いながら撮影に挑んでいたんですが、最終回を撮影していたある日、台本の僕のセリフのところに“泣く”と書いてあったんです。そういえば役者はみんな、泣く芝居ってどうしているんだろう、僕は泣けるのかな…と不安になっていたら、本番直前に共演者の津川雅彦さんが『成田くん、ここのセリフまで僕の目を見ていてくれないかな』っておっしゃって。本番で、言う通りに目を見ていたら自然と涙が溢れてきて、止まらなくなったんですよね。それで、さらっとそういうことをしてくださった津川さんのかっこよさにやられてしまって、僕はこういう役者になりたいんだ、何がなんでもこの仕事を続...more
カテゴリー:

「下半身カバーにも期待できるので、腰回りや脚に.. - 09月20日(月)00:00 

「下半身カバーにも期待できるので、腰回りや脚にお悩みがある人にもすごくおすすめです」 プリーツスカートの最新攻略法をスタイリストが伝授!
カテゴリー:

柏木由紀「目を背けていたら一生変われない」 コンプレックス解消法に共感の声! | ananweb - マガジンハウス - 09月22日(水)19:10 

いまやコンサートのセットリストや演出も手がけ、AKB48を牽引している柏木由紀さん。自身のYouTubeチャンネルでは「コンプレックス解消メイク」をすっぴんから配信するなどして、多くの女性からの共感や支持を得ているが、5~6年前までは悩むことも多かったそう。自己プロデュース力を生かし、“共感できるアイドル”の新境地へ。「20代半ば頃かな、コンプレックスから目を逸らし、メイクで隠し続けていた時期が私にもありました。でもテレビに映る自分を見るたびに、自分の嫌いな部分が真っ先に目に飛び込んでくるんです。ある日ふと、目を背けていたら一生隠し続けて変われないと思った。それで、あえてコンプレックスと向き合い、手をかけてあげようとメイクを研究し始めたら、目に見えて変わるのがすごく楽しくなって。体型に関しても、私は体を鍛えれば鍛えるほど、どんどん脚に筋肉がついて太くなってしまうことが大きなコンプレックスでしたが、全身の写真を撮る時はつま先立ちをしたり、少し歩きにくいけどスニーカーにインソールを入れて底上げして全身のバランスをとり、印象を変えるなどの工夫もするようになりました。少しの工夫で好きな自分に近づけるとわかってからは、あそこもここも変えようって、逆にコンプレックスを見つけたくなったほどです。もしそれでも納得できなかったら、“これが私だ”って諦めることにしました(笑)。脚についても、筋肉質だけ...more
カテゴリー:

海を越えてK-POPの世界へ。ユウトの、“好き”を貫く生き方。 | ananweb - マガジンハウス - 09月21日(火)20:10 

韓国の芸能事務所が開催したグローバルオーディションに合格し、15歳で親元を離れて韓国へ。現在、K-POPグループPENTAGONのメンバーとして世界で活躍するユウトさん。その生き方からは、「今、やりたいからやる」ことの大切さが学べます。「先に行っている日本人がいる」そう聞いて心に火がついた。――東方神起の「どうして君を好きになってしまったんだろう?」を聴いたのをきっかけに、K-POPの世界にハマったのは小学5年生の頃。「学校から帰ると、YouTubeでK-POPのMVを見ながら、見よう見まねでダンスを踊っていました。純粋にそれが楽しかった。その頃、“韓国の芸能事務所に日本人の練習生がいるらしい”という噂も聞いていて。『オレより先に行っているなんて! オレが先にデビューするんだ!』と心に火がつきました。歌唱法も知らないし、韓国語も話せないし、ダンスも独学だけど、どうにかなるだろうと(笑)。10代の自分は怖いもの知らずで、なんでもできちゃう気がしていたんです」――韓国事務所のオーディションを受け始めると、高校に上がる頃、今とは別の事務所から誘いを受けた。「高校1年の秋くらいです。文化祭も終わり、学校生活も単調になってきた頃、“このまま3年間ここにいても人生つまらないな”と思いました。お声をかけていただいていた状態だったので“よし、今行こう”と」――今でこそ、“日本人K-POPアイドル”...more
カテゴリー:

森崎ウィン、ブレイクまでの11年間…「僕以上に悔しがってくれる人がいた」 | ananweb - マガジンハウス - 09月20日(月)20:10 

ハリウッドの超大作への出演を契機として、映画やドラマ、ミュージカルに音楽活動とその実力をいかんなく発揮し続ける森崎ウィンさん。10月にも主演最新作『僕と彼女とラリーと』の公開が控える今、彼の真摯な姿勢に迫ります。元々自分自身がやりたいこと。頑張るのは当たり前なんです。10歳の時に両親とともにミャンマーから日本にやってきた森崎ウィンさん。その後、スカウトを経て芸能界入りし、’18年に公開された世界的巨匠スティーブン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー1』で主要キャストのひとりに選ばれ、一躍注目を集めるようになった。「自分のターニングポイントといったら、確実に、両親に日本に連れてこられたことと『レディ・プレイヤー1』に出演したことですね。そうじゃなければ、今こうして取材を受けている僕はいなかったので」そう言って屈託のない笑顔を向けた。とはいえ、来日当初はまったく話せない日本語に苦戦したりと、ここまで順調だったわけではない。「たぶん人に恵まれたんだと思います。悔しいなと思うことがなかったわけじゃないけれど、身近には僕以上に悔しがってくれる人がいてくれたりもして、それで救われていたことはすごく多いと思います」スカウトされたのは14歳。『レディ・プレイヤー1』への出演が決まったのは25歳だ。その間のことを尋ねると、「目立った動きはなかったですね」と。しかし、その言葉に悲壮感も自虐も感...more
カテゴリー:

LiLiCo、スタイリスト・マネージャーなし後悔? .. - 09月20日(月)18:28 

LiLiCo、スタイリスト・マネージャーなし後悔? イケメン俳優撮影できず嘆き(写真 全6枚) #LiLiCo #映画
カテゴリー:

ムロツヨシ「辛い顔をしても辛さは減らない」 理不尽に耐える父親を熱演 | ananweb - マガジンハウス - 09月19日(日)22:10 

妻が他界してから男手ひとつで育ててきた娘が、じつは自分の実の娘ではなかったことが発覚したとしたら。しかもその娘が白血病に侵され、血縁者を探すことが娘を助けるための一番の近道だとしたら。映画『マイ・ダディ』で、そんな辛い運命を背負うことになった父親・一男を演じたのがムロツヨシさん。名バイプレイヤーの初主演映画は、親子愛を描く感動作。「これまで僕は、どの作品でも『役作りはしてません』と言ってきましたが、とはいえ多少はしてきてたんですね(笑)。でも今回は、演じるということに関して、いままでの経験や記憶、過去のデータといったものに一切頼らずに臨ませていただきました。僕は父親になったことがないですが、この親子愛が軸にある作品で“父親のフリ”はいらなくて、物語世界の中に、僕という人間から生まれてくるもので父親として生きていなければと思ったんです」それはムロさんにとって新しい取り組みで、それだけ強い想いで臨んだ役だったということ。しかも今作においては、作品自体にも俳優として以上の関わり方をしているそうだ。「プロデューサーや監督が、折に触れて僕に聞いてくださったこともあり、台本作りの段階で結構意見を言わせていただきました。一度、当初のプロットから大幅に話が変更しそうになったことがありましたが、その時には、主演をお引き受けした立場からは受け入れ難いとお伝えしたりも。この物語はもちろん“作りもの”では...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる