「スザンヌ」とは?

関連ニュース

チーズを詰まらせたアライグマがピンチ⇒キャンプ中の男性が背中を叩いて救う - 07月12日(金)13:29 

(イメージ画像)アライグマアメリカ・ミシガン州で、キャンプをしていた3人の男性が、チーズを詰まらせたアライグマを救った。USAトゥデイによると、このアライグマは6月15日、3人がキャンプファイヤーをしていた場所に現れた。初めは人間を怖がっていたものの、次第に慣れて近寄ってきたという。3人のうちの1人ジョン・プタゼンスキーさんは、アライグマは一度姿を消した後に戻ってきたが、奇妙な動きをしていたとUSAトゥデイに説明している。アライグマは後ろ足で立ち上がり、口を開けて奇声を発していたという。窒息していると思ったプタゼンスキーの友人のビル・メッセンジャーさんが、アライグマを助けるために背中を叩いた。プタゼンスキーさんが撮影した動画には、メッセンジャーさんがアライグマの背中をトントンと叩く様子が映っている。【🎥動画】窒息したアライグマの背中を叩いて助けようとするメッセンジャーさん「もう少し下の方がいいんじゃないか」と言われたメッセンジャーさんが叩く場所を変えると、アライグマの口から何かが飛び出た。アライグマの口から出てきたのはスライスチーズで、異物を出したアライグマは、ホッとした様子で歩き始めている。アライグマはゴミの中からチーズを探し出したと見られるという。プタゼンスキーさんは「信じられない光景でした。撮影していなければ、誰も信じなかったでしょう」とCBSに語っている。 メッセンジャーさ...more
カテゴリー:

「太平洋島嶼国ウィークス」スタート! 第10回太平洋・島サミット(PALM10)に先駆け - 07月10日(水)17:23 

公益財団法人笹川平和財団  笹川平和財団(東京都港区、理事長・角南篤)の「太平洋島嶼国ウィークス」が7月8日、開幕し、財団ビルではオープニングセレモニーとセミナーが開かれました。太平洋島嶼国ウィークス(https://cp-entry.com/pinw/)は、多くの方に太平洋島嶼国とその課題について広く知ってもらおうと、19日までの期間中、安全保障や持続可能な観光、廃棄物管理、災害管理、海面上昇の影響などをテーマにセミナーを開催。文化体験、映画上映などのイベントも実施されます。 ■初日イベントダイジェスト動画:https://youtu.be/tQ1H0vg-o1c (日本語動画)    オープニングセレモニーでは笹川平和財団の笹川陽平名誉会長(日本財団会長)をはじめ、穂坂泰外務大臣政務官、マーシャル諸島共和国のワイズリー・ザカラス法務移民労働大臣があいさつ。笹川名誉会長は「笹川平和財団は36年にわたり太平洋島嶼国との関係を築いてきました。一人でも多くの日本国民がこの素晴らしい国々について知り、実際に観光に訪れるという関係を築くことが(ウィークスの)第一の目的です」とコメント。穂坂外務大臣政務官は「PALM10では太平洋島嶼国の友人たちとの信頼の絆が一層強まることを期待したい」と述べました。この後、太平洋島嶼国ウィークスとPALM10により、各国の友好関係がさらに構築...more
カテゴリー:

スザンヌ「人魚みたいでキレイ」な海での姿を披露→「とてもお美しいスイム」「見惚れた」と絶賛の声 - 07月10日(水)20:31 

タレントのスザンヌさんが7月5日にInstagramを更新。沖縄の海でダイビングする姿を披露しました。ファンからは「人魚みたいでキレイ」「ずーっと見てられます」などの声が寄せられています。View Entire Post ›
カテゴリー:

豪の保護区で「コアラ抱っこ」が禁止に。野生生物との自撮りはもう古い? - 07月06日(土)16:24 

ローンパインコアラ保護区のコアラ(2005年4月3日撮影)オーストラリア・クイーンズランド州の「ローンパインコアラ保護区」が7月1日、「コアラ抱っこ」を終了すると発表した。ローンパインは1927年にできた世界初で最大のコアラ保護区で、コアラ抱っこは来園者に人気の体験プログラムだった。アメリカの人気歌手テイラー・スウィフトさんも、ここを訪れてコアラを抱いている。 【画像】2009年にローンパインを訪れ、コアラを抱くテイラー・スウィフトさん🐨ローンパインコアラ保護区は、人気プログラムを終了させる理由について「抱く以外のもっと有意義な形でコアラと長い時間を過ごしたい、という来園者の強い要望に応えたもの」と説明している。今後は抱っこに代わり、より有意義で長い時間をコアラと過ごせる新体験「クローズアップ」を導入するという。リンドン・ディスコム園長は、「国内外の来園者の間で『オーストラリアの野生動物を間近で見たいが個人的な体験をしなくてもいい、コアラが最善の状況で食事や睡眠、くつろいでいる様子を知りたい』という変化が起きていることを嬉しく思います」とコメントしている。また、保護区は動物の福祉について「動物たちのメンタル面や肉体面、感情面でのウェルビーイングは、すべての活動で最優先される」と述べている。ローンパインコアラ保護区を訪れたテニスのペトラ・クビトバ選手(2012年12月28日)オースト...more
カテゴリー:

こんなの見てる