「スケーラブル」とは?

関連ニュース

【コラム】量子優位性を量子「有用性」に置き換えるべき理由 - 11月30日(火)11:30 

量子コンピューティング業界の進化が続く中、ゴール設定もやはり進化している。 長い間追求されてきたのは、量子「超越性」を達成することだった。量子超越性とは、地球に存在する従来のコンピューターではなし得ない計算を、実際的な利益があるかどうかに関わらず、量子コンピューターが解くことができる、という意味である。 Googleは2019年、その画期的な学術論文で量子超越性を実証したと発表したが、IBMはこれに正面きって異議を唱えた。いずれにせよ、それは現実世界にはなんら実質的な関連性のないコンピューターサイエンス界での出来事だった。 Googleの発表以来、業界内では量子「優位性」を達成しようとする努力が多くなされている。これは関連するアプリケーションで最大のスーパーコンピューターの演算能力を超えることで、量子コンピューターのビジネス上または科学上の優位性を達成することである。 量子優位性は比較やベンチマークを行う上では、量子超越性よりも確実に有用であり、量子優位性が薬の開発、金融取り引き、バッテリー開発などにおける大きな進歩と関連付けられていることはよくある。 しかし、量子優位性という概念は重要な点に目を向けていないように思われる。私たちは、量子コンピューターのもたらす結果が実用性があるものかどうかわからないままに、100万量子ビットを備えた量子コンピューターがスーパーコンピューターを凌駕...more
カテゴリー:

SuborbitalがスケーラブルなサーバーアプリケーションWebAssemblyプラットフォームで1.8億円調達 - 11月26日(金)13:00 

スケーラブルなサーバーアプリケーションを作るためのオープンソースのWebAssemblyプロジェクト、Atmoを提供しているSuborbitalが、Amplify Partnersがリードする160万ドル(約1億8000万円)のシードラウンドを調達したことを発表した。このラウンドには、GitHubの前CTOであるJason Warner(ジェイソン・ワーナー)氏やAtlassianのCTOであるSri Viswanath(スリ・ヴィスワナート)氏、FastlyのCTOであるTyler McMullen(タイラー・マクマレン)氏、Goliothの創業者Jonathan Beri(ジョナサン・ベリ)氏、RapidAPIのエンジニアリング副社長Vijay Gill(ビジェイ・ギル)氏、およびCommsorの創業者であるMac Reddin(マック・レディン)氏ら、多くのエンジェル投資家が参加した。 同社はまた、Suborbital Computeの公開ベータのローンチを発表した。一見するとこれは、ややおかしなプロダクトと思えるかもしれない。SaaSのサービスがベーシックなドラッグ&ドロップによる統合を超えて、自分のプロダクトに拡張性を持たせようとすると、そういう拡張をデベロッパーがプロダクトの中に書けるためのツールが必要だ。しかしそれらのユーザーファンクションは大量のセキュリティ問題を抱...more
カテゴリー:

スケーラブルなAIを実現--米銀大手Capital OneのMLチーム責任者に聞く、3つのアプローチ - 11月19日(金)06:30 

米国の10大銀行の1つであるCapital Oneの機械学習(ML)チームは、スケーラビリティーの高いMLの土台を作り上げ、運用の課題に対応するための3つのアプローチを採用している。チームの責任者が詳細を語った。
カテゴリー:

GMの自動運転部門Cruiseがロボタクシーを「どのように」実現するのかを発表 - 11月29日(月)13:30 

米国時間11月4日の夜、Cruise(クルーズ)の自律走行技術の詳細について語ったエンジニアたちがTesla(テスラ)の名前を口にすることはなかった。あるいはそうする必要もなく、明確なメッセージが伝えられたのだ。 GM(ゼネラルモーターズ)の自動運転部門であるCruiseが、極めて詳細な技術および展開ロードマップを発表した。これは高度な運転支援システムを搭載した車両を含め、人間が運転するどんな車両よりも安全で拡張性の高い自律走行車を同社がいかにして構築してきたかを誇示することを目的としたものである。 イベントでCruiseが自社の技術をアピールしていたのはもちろんだが(当然のことながら才能ある人材のリクルートのためでもある)、同時にこのイベントは自律走行車全般についての議論の場ともなっていた。木曜日に登壇したエンジニアやプロダクトリーダーらは、シミュレーションの利用方法や独自のチップなどのハードウェア開発、アプリや車両の設計などさまざまな要素を紹介してくれた。 「Under the Hood」とブランディングされたこのイベントは、2021年10月に開催されたGMの投資家向け説明会でCEOのDan Ammann(ダン・アマン)氏が、Chevrolet Bolt(シボレー・ボルト)の改良版を皮切りに、数年後には各目的に合わせた自律走行車Origin(オリジン)を何万台も展開して、商用の...more
カテゴリー:

ユーブロックス、センチメートル級の精度を数秒で実現、最高水準の高精度GNSS測位性能の利用を容易化する製品群と追加機能を発表 - 11月25日(木)10:00 

~ZED-F9P高精度GNSSレシーバー、2つの新しいGNSS補正サービス・レシーバーとファームウェアをアップグレード~2021年11月24日、スイス、タルウィル - スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表入山鋭士)は、産業用ナビゲーションおよびロボティクス市場向けの信頼性の高いセンチメートル級の測位精度の利用を容易にする製品群と追加機能を発表しました。アップグレードされたZED-F9P(*1)高精度全地球測位システム(GNSS)レシーバー・モジュールおよびこれに対応するGNSS補正データ・レシーバーのNEO-D9S(*2)とNEO-D9C(*3)は、ロボット芝刈り機、無人自律走行車(UAV)、半自動/全自動機械装置など、特定のユースケースに応じたスケーラブルなソリューションを組み立てるにあたり、これまでにない柔軟性を提供します。欧州、アメリカ大陸、日本の幅広い地域をカバーする新しい補正サービス・レシーバーソフトウェアがアップグレードされたu-blox ZED-F9P-04B高精度GNSSレシーバーは、セキュアなSPARTN GNSS補正データ・フォーマットをサポートする初のレシーバーです。さらに、通信衛星から補正データをストリーミングする2つの新しいGNSS補正サービス・レシーバー・モジュールとシームレスに接続します。u-blox N...more
カテゴリー:

ユーブロックス、「Bring Your Own SIM」方式の拡張により低消費電力のIoTセンサー・ネットワーク向けMQTT通信を提供 - 11月11日(木)10:00 

2021年11月10日、スイス、タルウィル - スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表入山 鋭士)は、IoTセンサー・ネットワークの開発者が任意のセルラー接続とMQTT(Message Queueing Telemetry Transport)通信のすべての利点を融合させることを可能にするサービスを発表しました。u-blox MQTT Flex(*1)サービスは、SIMベースの接続にMQTT-SN(*2)通信を活用できるようにするものであり、コストの予測が容易であるほか、オンデマンドの拡張性を備えています。MQTT Flexは、スケーラブルで高性能なMQTT(*3)ブローカーと強力なData Flow Manager(*4)を基盤として構築されており、IoTデバイスと企業間のデータ通信を簡素化します。このサービスは、資産追跡、センサー・ネットワーク、監視など、特に低帯域幅と低消費電力で動作する必要があるアプリケーション向けに最適化されています。他の方式に見られる制約を克服ユーブロックスではすでにMQTT Anywhere(*5)サービスとIoT SIMカード(*6)を通じてあらゆるタイプのIoTデバイス(*7)向けにグローバル接続(*8)ソリューションを提供しており、2G、3G、LTEネットワークでのシームレスなグローバル・ローミングを...more
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる