「ジェンダー平等」とは?

関連ニュース

【SDGsナンバー3.4.5に貢献】薬剤師ホメオパス・月岡しのぶさんインタビューを公開【syufeel取材】 - 07月18日(木)12:00 

主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア-syufeel(シュフィール)https://www.syufeel.com/では、薬剤師ホメオパス・月岡しのぶさんインタビュー記事を、2019年7月4日に公開しました。▼取材記事https://www.syufeel.com/shinista/snt089/syufeelではSDGs達成への取り組みとして、何かに向かってチャレンジしている主婦やママ『シャイニスタ』の活動を通してSDGsへの関わり方を発信しています。公開する月岡しのぶさんの活動は「SDGsナンバー3 すべての人に健康と福祉を」「SDGsナンバー4 質の高い教育をみんなに」「SDGsナンバー5 ジェンダー平等を実現しよう」に関連。子どもの病気をきっかけに、病気にかかりにくい身体作りと、薬に頼りすぎず人間が本来持つ自己治癒力を高める健康作りの活動をされています。薬剤師の知識・経験を活かしたセミナーや個別相談などにも積極的な月岡しのぶさん。そんな月岡しのぶさんが活動を始めたきっかけや、今後の夢までお話を伺いました。*******************■薬剤師から自然療法への転身―― 元薬剤師という事ですが、現在の活動を始めようと思ったきっかけが何かあったんでしょうか。結婚し2人の子をもうけたのですが、2人目の出産後、食物アレルギーのあった上の子供がアトピー性皮膚炎になり、下の子...more
カテゴリー:

【SDGsナンバー3.5.4.8に貢献】Salon de Statice代表/スマイルアップアーティスト・三ツ木 美奈さんインタビューを公開【syufeel取材】 - 07月16日(火)12:00 

主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア-syufeel(シュフィール)https://www.syufeel.com/では、Salon de Statice代表/スマイルアップアーティスト・三ツ木 美奈さんインタビュー記事を、2019年7月2日に公開しました。▼取材記事https://www.syufeel.com/shinista/snt085/syufeelではSDGs達成への取り組みとして、何かに向かってチャレンジしている主婦やママ『シャイニスタ』の活動を通してSDGsへの関わり方を発信しています。公開する三ツ木 美奈さんの活動は「SDGsナンバー3 すべての人に健康と福祉を」「SDGsナンバー5 ジェンダー平等を実現しよう」「SDGsナンバー4 質の高い教育をみんなに」「SDGsナンバー8 働きがいも経済成長も」に関連。女性の笑顔のパワーで未来を変えようという、オリジナルメソッドを考案。個人向けだけではなく企画セミナーやイベント講師もこなすなど、精力的に活動されています。そんな三ツ木 美奈さんが活動を始めたきっかけや、今後の夢までお話を伺いました。*******************■お顔が上がれば気持ちも上がる!顔ダンスとの出会い―― 現在の活動を始めたきっかけを教えてください。25歳の時に出産した子どもの手が少し離れた頃に、自分も何か好きなことを仕事にしていきたいと...more
カテゴリー:

【SDGsナンバー3.5.8.16に貢献】日本おひるねアート協会認定講師兼・アーティスト/松田薫さんインタビューを公開【syufeel取材】 - 07月12日(金)16:00 

主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア-syufeel(シュフィール)https://www.syufeel.com/では、日本おひるねアート協会認定講師兼・アーティスト/松田薫さんインタビュー記事を、2019年6月26日に公開しました。▼取材記事https://www.syufeel.com/shinista/snt084/syufeelではSDGs達成への取り組みとして、何かに向かってチャレンジしている主婦やママ『シャイニスタ』の活動を通してSDGsへの関わり方を発信しています。公開する松田薫さんの活動は「SDGsナンバー3 すべての人に健康と福祉を」「SDGsナンバー5 ジェンダー平等を実現しよう」「SDGsナンバー8 働きがいも経済成長も」「SDGsナンバー16 平和と公正をすべての人に」に関連。赤ちゃんだけではなく、幅広い年齢層が参加できる「おすわりアート」を考案。お子さんの可愛い写真を撮り形に残すことで、産後の辛さを抱えるママの心の平穏や家族の幸せにつながる活動をされています。そんな松田薫さんが活動を始めたきっかけや、今後の夢までお話を伺いました。*******************■おひるねアートに魅せられ講師の道へ―― 現在の活動を始めたきっかけを教えてください。小物や背景を使って赤ちゃんの写真を撮るというおひるねアートを知ったのは、現在6歳の二男が0歳だった頃...more
カテゴリー:

【SDGsナンバー1.5.8.10.12に貢献】「ナチュラルリボン協会」代表・「Hamoriナチュラルリボン教室」主宰/矢野 麻衣子さんインタビューを公開【syufeel取材】 - 07月04日(木)12:00 

主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア-syufeel(シュフィール)https://www.syufeel.com/では、「ナチュラルリボン協会」代表・「Hamoriナチュラルリボン教室」主宰/矢野 麻衣子さんインタビュー記事を、2019年6月17日に公開しました。▼取材記事https://www.syufeel.com/shinista/snt080/syufeelではSDGs達成への取り組みとして、何かに向かってチャレンジしている主婦やママ『シャイニスタ』の活動を通してSDGsへの関わり方を発信しています。公開する矢野 麻衣子さんの活動は「SDGsナンバー1 貧困をなくそう」「SDGsナンバー5 ジェンダー平等を実現しよう」「SDGsナンバー8 働きがいも経済成長も」「SDGsナンバー10 人や国の不平等をなくそう」「SDGsナンバー12 つくる責任 つかう責任」に関連。娘のために作ったリボンをきっかけに、縫わずに作れるオリジナルリボンを独自に考案。裁縫が苦手・ミシンを持っていない方にも作れるリボンの販売から、子育てや介護など家庭の事情で外で働けない女性が時間を有効に活用してもらいたいという想いを元に、ご自身が考案された技術を伝え、講師を育成する活動も行っています。そんな矢野さんが活動を始めたきっかけや、今後の夢までお話を伺いました。*******************■...more
カテゴリー:

世界一幸福な国デンマークとあまりにも違う日本国民の不幸な生活 - 06月27日(木)19:35 

世界一幸福な国として知られるデンマーク。25%の消費税をはじめ世界有数の高税率国家ですが、それでも国民の80%が幸福を実感していると言います。一体なぜ?今回の無料メルマガ『おやじのための自炊講座』では著者のジミヘンさんがその理由を探るとともに、我が国の「惨状」についても記しています。 デンマークの「ヒュッゲ」を知っていますか? 皆さん、お元気ですか。ジミヘンです。 世界一幸福な国として、デンマークが再び注目されている。キーワードは3つ。「ジェンダー平等」、「ワークライフバランス」、そして「Hygge(ヒュッゲ)」だ。 ジェンダーとは男女の性区別を云い、デンマークは世界で最も男女差の少ない国だと云われる(国会議員の37%が女性)。ワークライフバランスとは、文字通り仕事と生活の調和を指し、昨今わが国でも議論されている「働き方と生き方」の問題をいう。 そして、話題の「ヒュッゲ」。NHKテレビ『世界はほしいモノにあふれてる』でもデンマークのヒュッゲが取り上げられた。モノに注目する番組なので、この国の照明器具にまつわる話題が中心になった。北欧の長い冬、市民は家の中で、いかに快適に過ごすかをずっと考えてきた。薪ストーブを焚き、キャンドルのやわらかい灯りの許で、香り高いコーヒーとケーキを楽しむ。この快適な空間、心地よい雰囲気のことを彼らは「ヒュッゲ」と呼ぶようだ。 『幸せってなんだっけ?』という...more
カテゴリー:

【SDGsナンバー3.5に貢献】ヨガインストラクター/女性の為の骨盤底ヨガセラピスト・高山理恵さんインタビューを公開【syufeel取材】 - 07月17日(水)12:00 

主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア-syufeel(シュフィール)https://www.syufeel.com/では、ヨガインストラクター/女性の為の骨盤底ヨガセラピスト・高山理恵さんインタビュー記事を、2019年7月4日に公開しました。▼取材記事https://www.syufeel.com/shinista/snt087/syufeelではSDGs達成への取り組みとして、何かに向かってチャレンジしている主婦やママ『シャイニスタ』の活動を通してSDGsへの関わり方を発信しています。公開する高山理恵さんの活動は「SDGsナンバー3 すべての人に健康と福祉を」「SDGsナンバー5 ジェンダー平等を実現しよう」に関連。自身の経験からヨガを通じて自分の持って生まれた体を慈しみ、心身を健康へ導く活動をされています。企業のヨガクラスの講師担当、体を動かすだけではなく様々な恩恵を届けたいと願う山理恵さん。そんな高山理恵さんが活動を始めたきっかけや、今後の夢までお話を伺いました。*******************■ヨガとの出会いでパニック障害を克服―― インストラクターとして活動を始める前から、ヨガの心得があったんでしょうか。いいえ、全く。32歳で、パートで受付をしていたフィットネスクラブでヨガをたまたま初めて体験した時に、「ヨガインストラクターになろう」と思ったんです。それまで興味...more
カテゴリー:

今月、国連は「2030年までにジェンダー平等を実現.. - 07月13日(土)22:30 

今月、国連は「2030年までにジェンダー平等を実現する国は皆無」であると報告した。これを受け、イギリス人コメディアンで活動家のデボラ・フランシス=ホワイト、別名、ザ・ギルティ・フェミニストが特別寄稿。…
カテゴリー:

サッカー女子W杯、決勝戦後スタジアムが「平等な報酬を!」の歓声に包まれる - 07月08日(月)12:59 

フランスで開催されていたサッカー女子ワールドカップは7月7日(現地時間)に決勝が行われ、アメリカがオランダに2-0で勝って2連覇4度目の優勝を果たした。大きな注目を集めた女子ワールドカップだが、女子選手と男子選手の報酬格差が長年の問題になっている。決勝戦後、国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長とフランスのマクロン大統領が競技場に入場すると、スタジアムは平等な報酬を求める声に包まれた。Followed by chants of ‘Equal Pay’ #FIFAWWCpic.twitter.com/8N3y7ihFCl— Ameé Ruszkai (@ameeruszkai) July 7, 2019 「『平等な報酬を!』の声が続く」The #FIFA president just walked in along with President @EmmanuelMacron and #EqualPay is chanted in unison in the stadium. pic.twitter.com/9HW4058tNo— Bénédicte Demarle (@BDemarle) July 7, 2019 「FIFA会長とエマニュエル・マクロン大統領が入場してくると、スタジアムが一体となって『平等な報酬を』...more
カテゴリー:

なでしこ初のビジネスクラス移動に田島会長「賛同」 - 06月30日(日)17:52 

日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長(61)が30日、UNウィメン(国連女性機関)が都内の国連大学で開催した「HeForShe プラスワン!」イベントに参加した。 このイベントはジェンダー平等(男女平等)の推進と連帯を呼びかけるもの…
カテゴリー:

2030年までに男女平等を実現させよう! ザ・ギルティ・フェミニストの提言。 - 06月27日(木)12:00 

今月、国連は初のSDGジェンダー指標を発表し、2030年までにジェンダー平等を実現する国は皆無であると報告した。これを受け、イギリス人コメディアンで活動家のデボラ・フランシス=ホワイト、別名、ザ・ギルティ・フェミニストが『VOGUE』に特別寄稿。今という時代の力を借りながら、この報告結果を行動への契機と捉えようと訴えた。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ジェンダー平等」の画像

もっと見る

「ジェンダー平等」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる